武蔵(たけぞう) さん プロフィール

  •  
武蔵(たけぞう)さん: 武蔵のめだか三昧
ハンドル名武蔵(たけぞう) さん
ブログタイトル武蔵のめだか三昧
ブログURLhttps://ameblo.jp/sounan2179/
サイト紹介文めだかを中心にザリガニやその他の生き物の紹介や飼育についての記録的内容
自由文飼育めだかの紹介・飼育について・日々思うことなど気ままに更新していきますので宜しくお願い致します。
ヤフオク出品めだかなども掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/02/23 10:01

武蔵(たけぞう) さんのブログ記事

  • ブルーラムズホーンについて
  • 現在我家には、ラムズホーンが3種います。 レッド(繁殖力はNo.1です。食べるエサにより赤黒くなったり薄くなったりします)ブルー(エサのより色合いが変化しやすいで巣。繁殖力はやや弱い)ピンク(ブルーラムズからも生まれてきます。アルビノ系のラムズホーン。繁殖力は普通です) ラムズホーンの定番と言えば、レッドラムズホーンですね。今日は、レッドラムズホーン以外のブルーとピンクのラムズホーンについて思うこと [続きを読む]
  • めだかの梱包
  • めだかの梱包方法の紹介 ヤフオクなどで注文を受けためだかは、すべて80サイズの発泡スチロール箱で発送しています。80サイズの理由は、めだかを入れた梱包袋を縦置きに入れることができるため、袋内のゆさぶりが少なく、めだかに負担が少ないからなのです。ちなみに、80サイズ箱には、2袋の梱包袋が入ります。同梱は2つまで可能です。 ☆☆☆梱包の手順を紹介☆☆☆ ①これが80サイズの発泡スチール箱(高さが20cmあります。) [続きを読む]
  • めだかのサイズについて
  • めだかのサイズについて ヤフオクにてめだかのサイズを標記していますが、時々、サイズ標記を勘違いされることもございますので、今回は当方でのサイズ標記の基準を公開しご理解いただければと思います。 基本的に♂♀判断不可能な固体を稚魚♂♀判断可能な固体を幼魚・若魚・成魚と判断しています。詳しくは下記のとおりです。 SS・・・0.5〜1.0Cm程度    稚魚(♂♀選別不可)S・・・・1.0〜1.5Cm程度  [続きを読む]
  • オレンジ月虹 交配中
  • オレンジ月虹 今年の6月にクリアブラウンヒカリ×月虹の交配を行ないました。F1の中に、♂♀1匹ずつ光彩を背負ったオレンジ系の固体がいました。 現在、1:1交配中です。F2固体も10ミリサイズになってきており今後が楽しみです。 今後はこの系統をオレンジ月虹として識別して行こうと思っています。 オーロラ系の血筋らしく頭頂部がピンク色が出ています。 10月に入りましたが、常温でも産卵してくれています。 こち [続きを読む]
  • みゆき 鉄仮面  常温で産卵中
  • 改良めだかの金字塔 幹之(みゆき)めだかの鉄仮面 9年くらい前でしょうか、みゆきメダカがヤフオクに登場したのは?当時は点光や弱光のみゆきでも高価な固体でした。卵も10粒程度で10000円近くしてました。産卵中の♀(上)と♂(手前) 私もその卵を購入したのですが、良い出品者様にめぐり合い卵20個程度と針仔(5ミリ程度の稚魚)を一緒に送ってもらえまして、とても嬉しかったことを思い出します。 涼しくなり夜間 [続きを読む]
  • 魔王<改>Ver.2 Mサイズ 6匹 ヤフオク出品
  • 魔王Ver.2 Mサイズ 6匹(♂2♀4) ヤフオク出品中 8月に、新・魔王<改>として紹介させていただいた固体たちも成長とともに体色・光彩などが変化してきました。 この画像は8月に紹介したときの新・魔王画像です。 魔王<改>との違いは、なんと言ってもオロチの血が混ざり黒くなったことです。又、光彩が長めになったことも特徴のひとつです。 今回出品の♂画像2匹。この画像は赤く変色していませんが、撮影ストレス [続きを読む]
  • 鳳凰ダルマ 産卵が始まりました。
  • この夏、鳳凰から生まれた鳳凰のダルマは10匹程度いましたが♂が多く、ペア組みができたのは2ペア程度でした。大事に飼育してきましたが、大きくなるのに時間がかかり、そろそろ産卵しそうな1.0Cmになった頃には夜間水温が20度をきる日もあり、産卵が難しくなってきました。 均整のとれた体型の鳳凰<改>♂ 先週末、ガラス水槽に移し加温、エアレーションを行い様子を見ること数日、やっと昨日♀が産卵してくれていま [続きを読む]
  • アイボリーみゆき ラメ F2 
  • 昨年の11月に アイボリー虹ラメ♂ × 黄丹頂ラメ♀ の交配を行いました。 翌年4月にF1×F1の交配を行いF2を飼育場の片隅に放置しておりましたが久しぶりに画像を撮り、ついでにF2ペアを選別してF3に向けて交配を開始しました。 今回撮影したF2画像をと最初の交配時の親画像を見ながら今後の展望を考えてみたいと思います。まず、初代親画像を見てみましょう。 ♂親 綺麗なアイボリーホワイトにラメが乗った固体です。生憎 [続きを読む]
  • 魔王<改> SMサイズ 10匹 ヤフオク出品
  • 魔王 SM サイズ 10匹 ヤフオク出品中です。 6月に種親種親を選別し交配してきた子たちがSMサイズになってきました。まずは出品固体の画像をご覧下さい。一瞬一瞬背中の光彩は変化しています。美しい、そして癒されます。 親譲りのカラフルな光彩で水面を賑やかしてくれます。そのSMサイズの10匹を先々週から出品してきました。今回の出品が最後のSMサイズ10匹になるかもしれませんのでブログでも優秀なカラフル光彩を [続きを読む]
  • めだかの紹介  オールドオレンジ 
  • 深みのあるオレンジ色のメダカ・・・オールドオレンジ ランプの灯りのような色・・・・オールドオレンジと、作出業者のホームページに説明されています。♂のほうがオレンジ色が濃く、♀のほうが薄いと説明されています。 我家のオールドオレンジも例外なく♂のほうが何とも言えない深みのあるオレンジ色がでており、♀はオレンジ色が薄くクリアブラウンでも通用しそうな体色です。 楊貴妃とは一風違ったオレンジでまさにランプの [続きを読む]
  • 宝鱗無双について
  • 宝鱗無双と異種交配について思うこと 宝鱗無双の種親選別を行いました。まずは、赤く変色した薄黒固体の画像です。 見事に赤い光彩が出ているSMサイズの固体です。 この固体は♀です。光彩系の固体は圧倒的に♀の方が光彩は派手です。 宝鱗無双は3年前に広島の作出業者より入手しました。交配を繰り返していくと、どうしても累代継承の影響で体型やヒレに奇形が出やすくなったり光彩があまりでなくなったりしてきます。そんな [続きを読む]
  • 魔王<改> 今夏種親選別
  • 魔王<改>の種親候補の選別について 数日前に魔王<改>の種親選別を行いました。年4回程度種親を選別します。基本的に春夏秋冬の四季に一度の種親選別です。 今夏の種親は優秀で種親選別以外にも多くの土派手な赤光彩の固体がいました。SMサイズで♂♀不確定の10匹を、オークションに出品しております。 さて、種親に選んだ5匹は♂2匹♀3匹の5匹です。この5匹を♂1:♀1の交配と♂1:♀2の2組の交配水槽で次世代の子 [続きを読む]
  • 田の土をメダカ水槽に使おう!!
  • 田んぼの土をメダカ水槽に使おう!! 先日は水草について自論を述べさせていただきました。今日は田の土について少々語らせていただきます。参考になればと思います。 田の土をメダカ業者は肥土と言っています。まさに肥料分を多く含んだ土ですので、まさに肥土ですね。 妻の実家の休耕田です。大草が生えています。近々、草刈をする予定です。 田の土もいろいろあります。①毎年、お米を作っている田の土。②畑として時折利用し [続きを読む]
  • 水草ついて思うこと
  • 水草について・・・言いたい放題 メダカの水槽に水草を入れる人、入れない人さまざまだと思いますが、私は入れています。では、何故入れるのか! 基本的な考えとして、水草は水の浄化作用を一番に考えています。メダカにえさを与えると食べ残しが出ますよね。そうなると水に栄養分が多くなり藻が生えたり水が腐敗したりします。そんな時、水草があるとその余分な栄養分(残りエサ)を吸収して成長します。そのため、水が汚れず浄 [続きを読む]
  • 楊貴妃ヒカリ 透明鱗 シンプル イズ ベスト
  • 10年前の主役たち 10年位前には画像のような楊貴妃系の透明鱗がもてはやされていましたね。我家にもペアで楊貴妃ヒカリの透明鱗を維持継承しています。 画像のペアで今年も交配を行い、50匹程度の稚魚を現在飼育中です。 ヒカリめだかには銀帯という独特の銀色の帯があります。その銀帯は美しい反面、背曲がりの原因にもなります。(詳しくはわかりませんが・・・) そんな楊貴妃ヒカリ透明鱗ですが飼いこんでいくと横見画像で楽 [続きを読む]
  • 新・魔王<改>の紹介
  • 新・魔王<改> 昨年秋に、魔王<改>とオロチヒカリの交配を始めました。F1ではオロチ遺伝子が強く黒いヒカリメダカがほとんどでしたが、中に数匹ほど背中に魔王の光彩がわずかに出ている子がいました。そのわずかな魔王の光彩を受け継いだ♂♀で交配し、F2固体の中から再度、光彩の強いペアで交配を行いF3の採取を行い、その後F4までその繰り返しを行って来ました。 画像は現在F4固体になりますが、地道な交配活動で [続きを読む]
  • 灯(あかり)めだかの現況
  • 灯(あかり)めだかのすばらしさを実感 灯(あかり)めだかが我家に来て2年程度経過しています。最初は稚魚〜幼魚の10匹程度からスタートしました。 入手した10匹のうち3匹程度は背曲がりやヒレの奇形で親には使えない有様でしたが幸い2ペア程度体型・色合いの良い固体がいましたので、その4匹で交配スタートしました。 次に生まれて来た子達は色体型バラバラで半ダルマも多く生まれてきました。 色合いは黄白系や黄黒系 [続きを読む]
  • 黒蜂ヒカリの現況と色飛びについて
  • 7月27日(木)終了の黒蜂ヒカリ 1ペアについて質問がございました。「透明水槽又は白色容器で飼育したら、色飛びしますか?」という内容のものでした。 画像を交えてこの場でご回答したいと思います。 結論から言うと、色飛びははありません。我家の黒蜂ヒカリはブログでも作出方法を紹介していますとおりオロチの血も混じっています。その影響もあり一度黒さが増した固体は、白容器やバクテリア水の透明水槽などでも色飛びはし [続きを読む]
  • 水生植物用ソイルで繁殖水槽を立ち上げてみました。 
  • 安価なソイルで繁殖水槽に挑戦中 今年の春から、水生植物用ソイルを利用して繁殖水槽を立ち上げるようになりました。        スイレン鉢にこのソイルを使い、めだかを入れて飼育される方もいるんじゃないか と思ったのが使用の発端です。そんな発想で、植物に害がなく栄養分のある水に仕上がるこの土を利用してみることにしました。 めだか専用のソイルなどは5リットルで1000円以上します。中には3000円近くす [続きを読む]
  • 里親募集  プラティ レッド系 S〜ML 100匹程度
  • プラティ レッド系 S〜MLまで 里親募集 4年くらい前から、レッドプラティを飼育しています。いつの間にかレッドプラティからミッキーマウスプラティやサンセットプラティも生まれてくる様になりました。今年の冬、水槽内に水草を多量に入れたことから爆発的繁殖して現在60Cm水槽に100匹程度(もっといるかも)Sサイズ〜MLサイズ(30ミリ程度)が混泳しています。 この100匹程度の各種・各サイズすべてをお [続きを読む]
  • 「熊蜂」の紹介
  • 熊蜂 熊蜂(クマンバチ)・・・ハチの中では大きく丸々とした黒いハチ、胴体の一部が黄色い)私の地方ではクマンバチと呼んでいました。 今日はハチの紹介ではありません。我家オリジナルのめだか、熊蜂(クマバチ)の紹介なのです。 熊蜂(クマバチ)・・・?聞いたことないなぁ〜?と思われる方も多いと思います。それもそのはず、私が勝手にハウスネームとして付けためだかですから。 体色が黒くヒレに褐色又は黄金色が出るめ [続きを読む]
  • ミジンコ水槽の紹介
  •  ミジンコの繁殖・維持について ミジンコ、不思議なイキモノですね。生まれてしばらくは単体で過ごし、成長するとそれぞれが♀となりからだの中に子供を抱卵し孵化させて放出死ながら、子孫を増やす生き物です。2匹のミジンコがいれば増えていく理屈になりますが、最低10匹程度はいないと不安ですね。 そんな私も10匹程度まで減っていたミジンコを慎重に増やす努力を試みました。昨年からミジンコを繁殖させていたのですが、い [続きを読む]
  • 鳳凰<改> 次の季節に向けての種親選別
  • 種親選別 日本には四季があります。めだかの交配を年中していますと種親の選別をしますよね。基本的に3ヶ月に1度の割合(春・夏・秋・冬)で種親を選別して累代交配を行っています。 鳳凰<改>の選別を昨日行いました。孵化後2ヶ月から3ヶ月経過したよう魚群の中から選別です。 今回の幼魚は粒ぞろいでオレンジの光彩が超派手な表現で黒容器に入れてみて驚きました。 この画像の固体はすべて兄弟めだかです。♂1♀2の交配 [続きを読む]
  • 雲州三色 飼育開始
  • 雲州三色  今をときめく雲州三色めだかをヤフオクにて入手いたしました。直接雲州めだか様からの入手は金額的に無理ですので、信頼のおける出品者の方から落札させていただきました。 福岡のAめだか様から稚魚10匹。稚魚10匹は約10ミリサイズで色柄はまだ確認できない大きさです。 これは親画像です。出品されていた画像をお借りしました。無断でお借りして申し訳リせん。この場をお借りしてお詫び申し上げます。この場の [続きを読む]
  • 訳ありの交配
  • 久しぶりの更新です。 今年の春先に広島業者様から購入した紅白パンダの稚魚30匹程度が大きく育ってきたのは良いのですが、なんと、すべて♀なんです。 この業者は他にもこのような♂♀の偏りが激しい系統があります。そういうわけで、大きいサイズでのペア売りがないのもうなずける話です。 そんな系統ですが、紅白柄とパンダ目の組み合わせは中々面白い組み合わせだと思います。しかし♀だけでは次世代継承ができません。上の [続きを読む]