Chip さん プロフィール

  •  
Chipさん: 森のはずれの洋館ぐらし
ハンドル名Chip さん
ブログタイトル森のはずれの洋館ぐらし
ブログURLhttp://chip002.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文仕事で来たこの町を一目で気に入り移り住む事に。そして謎の洋館・・・・一体何が私達を待ち受けるのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/02/23 15:35

Chip さんのブログ記事

  • 刺激 大好き!
  • 相変わらずしゃけを作っている。燻製ね。燻煙箱も改良を重ね仕上がりは安定してきた。毎日飽きずにシャケの燻製を食べているのは、イラチの奥さんがアレルギー満載だからだ。アレルギーと嫌いな物とを混同していたり、誤解されている事は給食のそばを食べなかった子供に無理に食べさせて殺してしまった教師を見ても明らか。アレルギーに無縁な人は、好き嫌いとアレルギーの区別が付かない。アナフラキシーショックが出る程の激烈な [続きを読む]
  • 贅沢の極み
  • ホコリ受けと化したバイオリン江戸の名残を残した明治大正は、貿易や近代化で金持ちが増えた時代でもあった。華族だけでは無く、贅を尽くした家が数多く作られた。そんな家は必ず使用人を使っていたし、出入りの大工も必ず居た。家は、ガワはしっかり作られていたが、意外に中はゆったり仕上げ、使用人の数や使い勝手に応じて、常に手直しが行われていた。庭も庭師が入り常に植え替えもしていた。手直しをするのはその家を手掛けた [続きを読む]
  • 「細腕衰退記」 古すぎて分かんねーだろうな
  • 秋を待つたたずまい。稲刈りが終わり、草が刈り取られた後にも来年に備え緑が芽吹く。近所の切り通しブログ村を覗くと、みんなせっせと家を作っている。本当に凄い。ハイパーだね。大体、みんな従来工法に倣っているみたい。ツーバイフォーでやる人のブログは何故か見掛けないな。2×4は材料も安いし、作業も簡単だし、ネットを探せば部品図まで10万位で手に入る。さらに、小さな小屋なら人手も要らず、ほぼ一人で作業可能なのに、 [続きを読む]
  • 1年目のバラ 2
  • バラの情報に限らないが、ネット情報は量が多い割に孫引き情報の同じネタの繰り返しばかり。まんず欲しい情報に突き当たる事がねーなー。ネット創世記に、マニアが開設したホームページには、希に濃い情報も拾えたが、今ではそこへ行き着く事も出来ない。そうなると、書籍、紙情報に頼るのだが、バブルの洗礼を受けた紙媒体も見た目綺麗なばかりで、薄っぺらな情報ばかり。結局、自分で痛い目に遭いながらカットアンドトライと言う [続きを読む]
  • 田舎で超一流のソリストと遭遇
  • 今日は留守番房総御宿にバイオリンのソリストが住んでいる。メキシコにずいぶん昔から住んでいたんだけど、終の棲家に御宿を選び帰国したのだ。御宿に来た事で、一応引退なんだけど地元で子供に教えたり、今日の様にミニコンサートを開いている。若い頃は聞きたいミュージシャンは逃さなかったが、段々次もあるだろうと行かなくなっていた。しかし、今回は逃せない。僅か20人位の観客を前にしたミニコンサート。一流のソリストの演 [続きを読む]
  • 2018/03/29 また15年に一度の桜
  • この前、15年に一度の凄い桜を見せたら、なんと今年も桜の直前に寒波襲来で、桜が15年に一度の大満開。15年に一度が二度続いたから、次は30年後だ。ホンマかいな。ちょうど犬のウンコを拾う所。本当に花びら一枚落ちていない。と言っていたら、はらはらっと少し花びらが舞った。見にくいけど、斜面に咲く山桜とソメイヨシノの供宴。今、まさしく房総の春満開 [続きを読む]
  • 1年目のバラ
  • 涼むワンコラ犬引っ越してきてから3年、初めは雑草も生えない土地で、不思議に思っていたら、大量のナメクジが出る草出る草みんな食う様な庭だった。ナメクジ退治をして、ガスボンベの下に住むマムシを追い出し、大分草が生える様になってきた。そこで、今年はバラ。大体、庭と言っても一番広い所はデッキで埋め尽くし、残っているのは軒下。犬走りと呼ばれる巾90センチの、家をグルッと囲む細長い地面。さらに、その内の南側と [続きを読む]
  • 犬の柵 8 塗装
  • いつ作るかも分からない設計ばかり、せっせと寝ながら考えているオトーサンを見て、待ちくたびれて「塩垂れた」ワンコラ犬。「早く塗ろうよ、早く」犬の柵を作って満足している私を急き立てるイラチの奥さん。ペンキ缶のフタは、十年一日本当に戦前から、いや江戸時代から?変わらない。最近はフタの材質も薄くなり、ヘタにこじると縁のロールが緩むばかりで、ちっとも開かない。ウチの奥さんはこれが大の苦手だから、塗装をすると [続きを読む]
  • 急にバラマニア?
  • 写真を撮るときは、常に私がクッションとなにやらとグチャグチャになって寝っ転がり、決して全容を表さなかった謎のソファーが遂にその姿を現す!ヤフオクで19000円送料込みで50000円弱。生地、柄、手触り、座り心地すべてお気に入り。チョット手に入らないモノが超格安で手に入った。これは、我が家で咲いたバラ、バフビューティ。そのバラが綺麗だったので、撮った写真で、この中には今迄紹介したヤフオク品ばかりで写っていない [続きを読む]
  • 犬の柵 7
  • 当事者意識の無いワンコラ犬我が家の正面の壁も塗り終わり、せっかく綺麗になったから、中途半端な場所にあり、キッチリ固定も出来ず、扉もヘナヘナしていた犬の柵を、再度、囲い直した。今回、階段部分ギリギリまでせり出したので、柵を気にせず歩き回れるスペースが出来たので家の周りをうろうろ、うろつき回りながら仕事をするのにも楽になった。バラの水やりにバケツを持って歩くのも楽になったしね。大体、犬の柵シリーズ7と [続きを読む]
  • 家の正面がやっとシンメトリー
  • 前回公開しなかった全景がこちら。玄関の両側にひさしが付きました。左側にひさしが付いたので、予てより考えていた物入れも設置。中には太陽光発電のインバーターも入っています。「なかなかイイじゃ無い。こっちにも付けてよ」言われると思ったので、残して置いた図面からもう一つ。右側にも物入れを製作。それでこんな感じに。忘れていたが、ひさしが足場代わりになるので、壁塗りも簡単。壁塗りついでに、ドアも塗りました。物 [続きを読む]
  • 左のひさしの追加
  • テーブルの上に我が家で咲いたバラ。前回パソコンにフィルターを貼り付けた話を書いたが、去年の5月写真を一枚も撮っていない。何故撮らなかったかと言うと、生まれて初めてバラを植えたが、バラって本当に手が掛かるんだね。驚いた。よっぽどハッパも蕾みも花粉も美味しいらしく、次から次へとアブラムシからコガネムシまでもの凄く虫がたかる。一方、みつばち小屋まであるから、殺虫剤は使いたく無い。そうなると、天然の殺虫剤 [続きを読む]
  • 花粉症なのに杉山に引っ越す愚かさ
  • 私は花粉症がこの世に無かった頃から花粉症で、車なんかまだまだ少ない北海道に住んでいても5月は鼻が詰まって苦しくて大変だった。機械の設計をやっていたから、工場でも働いていたんだが、工場のサンダー仕事の工員さんは3Mの超微粒子防止マスクを使っていた。これは35年前には破格の値段で、一枚500円。20枚入り一箱で一万円もしたんだな。0.5ミクロン粒子捕獲率99.3%だったかな。超高性能でマスクをしたまま口笛が吹けた。当 [続きを読む]
  • とーちゃん手芸
  • すっかり忘れていたが(ウソ)忘れてないが、昔何かを縫うのにミシンが要るとヤフオクでミシンを5000円か何かで買った。これは本当に衝動買いで、多分ミシンにしては高いんじゃ無いだろうか。結局使わずそのまま3年程塩漬けになっていたのだが、突然神が舞い降りた。イラチの奥さんの捨てるジーンズを貰い、早速思い付くまま縫製。使ってみたら、このうるさいワンコラ犬がなんとも大人しくウットリしながら入っている。犬用バッグ [続きを読む]
  • 念願のメダリオン
  •             また同じ曲天井にメダリオン。 北米住宅ならメダリオンは欲しいな。それで、もう3年以上eBayで探してるけど、メダリオンは安くても送料が高くて結局高いモノに付いちゃうんだよね。せっかく付けるなら、何がいいか。予算はどの位出せるかずっと考えてたら、イラチの奥さんがついに乗り出した。「あのねー、ブログやってる人で個人輸入した人が居てそれが安いんだよ。買ってイイ?」「まーイイっちゃイイ [続きを読む]
  • 桜満開 嘘です 去年の話
  • おおっ凄い部屋。誰んちだ。                  種明かしは鏡越しの我が家現実の時間に遅れて始まったブログなんだけど、胆石になったりして何時まで経っても現実の時間に追いつかない。それで妙な時間割になってしまったのが今日。家を決めたときには、こんな公園があるとは知らずに、此所に住んでからこんな場所が、それも歩いて8分位の所にあると気付いたのだ。イラチの奥さんは、私がもう一生分犬の散歩をし [続きを読む]
  • ばら じゃ無くて しゃけの完成
  •         フェルメール     賛美歌を聞く犬しゃけの燻製が完成しました。予想以上の出来具合と、火の管理のしやすさ。専用燻煙箱を作った甲斐があったよ。しゃけの燻製と一言で言うが、燻煙だけでも72時間は掛けてるのかな。北海道みたいに寒くて乾燥してれば、軒先に吊して充分乾燥させてから、くん煙小屋でざっくり燻煙すれば、いい燻製が出来るんだけど、内地、特にこの辺は本当にウエット。だから、現代の燻製作り [続きを読む]
  • サケとばらの日々
  • 東西線もひっくり返した房総の春の突風。今年の被害は、燻煙箱。この燻煙箱は、ベース部分には、昔室内使用限定で作ったボックス形状の木枠の様なモノを使った。転用だな。素材はODF材よりも細かいチップで出来た圧縮ボード。厚さ25ミリで重量感抜群。常に燻煙するし、外側にベニヤを張るし、ブロックの上に置くから大丈夫だろうと考えたのが甘かった。雨は掛かるし、なんと言っても下から上がる湿気は凄いんだね。知らないうち [続きを読む]
  • 鮭と薔薇の日々
  • 薔薇を始めると決めて、実際ばらの品種も決めて、手に入れて庭植えはとっくに済んで、後は春を待つだけなんだけど、ばらを始めたとなると、やたらバラ情報に目が行き、近所のコメリで予想以上にバラ苗が豊富。それに安い。ただ、在庫の品種が気に入ればの話。それでも、苗の健康状態も良好だし、行く度についつい引き寄せられてしまう。一鉢880円だか980円に仰け反っていたら、イラチの奥さんは即買いを指令。買えって言われてもな [続きを読む]
  • 謎の巣箱
  • 中途半端な長さの端材が増えてきて、どうするか考えに考えた。南側のフェンスの上に作った花台に、さかんにミツバチが来ていた。西洋ミツバチなのだが、本当に可愛い。中に日本ミツバチも居たので、ミツバチの巣箱を作れば入ってくれるかもしれない。西洋ミツバチの他にマルハナバチもたまに来る。これらのハチは、農業資材として近所のハウス内に放されたモノ。その中のはぐれ蜂か、1キロぐらい先に置いてある箱から飛んでくるん [続きを読む]
  • 寒中バーベキュー
  • お客さんでも来るのかな。このくそ寒い中、何をやっているのかと言えば、火熾しだ。犬は火よりも焼く物の方が気になる。寒い中で火を熾すのは最高に気持ちいい。その日の為に、冷凍焼き鳥を買っておいた。鳥が串に刺さっているやつだね。さらに、今日は真鱈の子、本物の方の大きい方のタラの子を塩にした塩たらこがある。これは北海道の道産子しか食べないから、ココ房総では格安で手に入る。ほんの30年前なら、生筋子も東京のスー [続きを読む]
  • さらにハッスル 屋根のペンキ塗り
  • これこそ遅れに遅れた予定。屋根の表側?をペンキだ。相当放っておいたので、木は大丈夫かな。色は黒。ヤフオクで安い所を買ったら、少しプルプルっぽくなってた。慌てて、缶ごと良く振って使う。今回は面積が少ないから、チョイチョイだ。屋根の内側は白く塗られているし、来年用のバラのトレリス?も固定した。雨といも付けたぞ。もちろんフェンスも増設塗装済み。こんな感じ。 近寄るとこんな。ちょっと区切りが付いた。 [続きを読む]
  • 病み上がりの大ハッスル+犬の柵 6
  • 綺麗だ。今日は写真が無い。それぐらい動き回ってたって事だな。身体が軽くなって、調子が良くてしょうが無い。ずっと先送りにしていたコマゴマとした作業が、苦も無く出来る。先ずワンコラ犬。道に面した所は、ブロックが高く積まれているので、飛べなかったのに、雨の日も風の日も毎日40分散歩で鍛え上げた脚力と、すっかり我が家に馴染んで気が大きくなりブロックの段差も軽く飛び出す事を覚えてしまった。そこで、道側のフェン [続きを読む]
  • 本当の西洋アンティーク家具
  • 2018年1月23日 リアルに雪が降ったが、この記事はその約1年ちょっと前。窓の外にゼラニウムが咲きながらの雪景色。いやー、千葉は本当に温暖だ。そしてたまの雪は綺麗なだけ。雪国の大変な生活を知っているが故に、雪を見ても呑気に過ごせるありがたさ。そして今日は特別な日。なんたって、ヤフオクで出物が出た。そして強引に落としきったのだ。それが、このスペインのアンティーク。仕入れが恐ろしいほど安く、それをクリーニン [続きを読む]
  • 園芸の目覚め
  • 玄関犬我が家のメインの庭は北側にあるから条件が悪い。それでもわずかに光が差す所があるので、西洋アサガオを植えてみた。お隣はものすごく綺麗にアサガオが咲いて、秋深くまでずっと咲いてた。反対側のお隣はバラのアーチを作っていたから、バラは大変だから、アサガオを巻き付けて秋まで花を楽しもうと考えたんだな。ところが、全然ダメ。なんとかツルを巻き付けた株もあったが、花の気配も無い。ほじくって見ると、植えた所か [続きを読む]