Kozu さん プロフィール

  •  
Kozuさん: khong sao dau
ハンドル名Kozu さん
ブログタイトルkhong sao dau
ブログURLhttps://khongsaodau.amebaownd.com/
サイト紹介文ベトナムのローカル飯を中心に紹介! フォーや生春巻きだけではない、ベトナム料理の魅力を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/02/24 17:38

Kozu さんのブログ記事

  • 【ホーチミン】イカ粥&豚足がたまらん店
  • いいかんじの客入り具合に、年季の入った看板。各々の持ち場でキビキビと動く女たち。食べる前から旨い、とはまさにこのことで、絶対外さない確信があったイカ粥屋さん。タクシーで通りかかったときに見つけたのですが、運転手さんも「安くてウマいよ」とのことで。よいですよね、タクシーのおいちゃんのおすすめって。よさげ感に一層拍車がかかる気がして。*************************** [続きを読む]
  • めも
  • 大切な人の死を私はまだ知らない。大切な人がそばに当たり前にいてくれる奇跡を、私はまだ実感できていないのかもしれない。今日の朝は温かく優しい、けれどふわっとしたものとは全く違うあのこの言葉に触れて、考えている。思いやりをもつことについて、いっしょにごはんを食べることについて、ありがとうについて、ただいまについて。ともに眠る夜とともに迎える朝について。 [続きを読む]
  • 【東京・渋谷】ネパールの優しきダルバート定食
  • 雑誌『Hanako』の9月号に掲載されているアジアごはんの数々!ベトナムにタイ、ミャンマー、シンガポールなど東京にはこんなにもアジアごはんを提供するお店があるのかと、地方出身者の私は感動で胸が震えます。今回雑誌を読んで訪れたのは、女優・小島聖推薦のネパール料理店「ネパリコ」!食べたのは、小島聖並びにお店の方のおすすめの「ダルバート(ノンべジ)」! *************** [続きを読む]
  • 東京・船堀フォトギャラリー
  • 私出没率が高い船堀。謎。ごろごろを引く丸まった背中を追ってしまう駅周辺。この地に縁もゆかりもない私が心和らぐ赤茶色の駅構内。銭湯までの目新しいものは何もない道のり。かの金玉三郎氏もたまにいる。なぜに船堀。 [続きを読む]
  • めも
  • 以前自分が書いた記事の言葉。少林寺拳法の監督にインタビューしたときのもの。ふいに思い出して、こうやってどこかに記しておく。『相手を打ち負かそうと力むと、身体が強張り、必ずどこかに隙ができる。大切なのは平常心を保って相手の動きを見極めること。そして、絶対に逃げないこと。斜め方向にうまく交わしながら、前進していけばいいのだから。こうした動きのどれもが、生活に反映できるものなんです』自分がもっ [続きを読む]
  • 【ホーチミン】渡り蟹のあったかボタージュ
  • 東京はぐぐぐっと気温が下がり、秋というか冬。大好きな秋をすっとばして、ここまで情緒なく有無を言わさず寒くなると身も心もやられますね...。そんなしばれるここ数日、豚汁やお鍋を食べてもかき消せないほど激しく恋しいベトナム料理がコレ。 「BANH CANH GHE MUOI OT XANH」の汁麺、渡り蟹どーんのバンカン・ゲ(Banh Canh Ghe)!沁み出た渡り蟹エキス&コ [続きを読む]
  • ベトナムのれんげとスプーン
  • ベトナムのローカル市場を訪れたら、ごっちゃりと持ち帰ってほしい「ベトナムれんげ&スプーン」。どれもこれも万能な憎いやつらです。ん〜、憎い!憎いぞ! 柄が長くてきゅっと曲がっているものは、食べる以外にも味噌をこんもりと盛ってお味噌汁を作るときに重宝。猫足れんげは見た目がかわいく、ちょっと取り分けるのに器に添えておくと便利。小さなスプーンは砂糖の小さじ1くらい [続きを読む]
  • 別府の惑星、クーポノス
  • 2週間ほど実家のある宮崎へ里帰り。ラスト2日は、ベトナムと同じくらい私の心を育ててくれた別府と福岡へも足をのばしました。#育ててくれたって書いた瞬間泣けてきた#老い #日々老い別府では、フックと園ちゃんの惑星「スパイス食堂クーポノス」に初着陸。facebookページはいつも更新されているので、詳細はこちらをチェック!https://www.facebook.com/Cuhponos 店に入る前からこの [続きを読む]
  • ソンベー焼きでKAWAIIティータイム
  • 日本の雑誌万歳! ということで、様々な雑誌を読み漁る日々。FRaU8月号では、ダナン・ホイアン・ホーチミンがフィーチャーされています。https://frau.tokyo/_ct/17097881ページをめくるたびに、ためいき。ベトナムってこんなにおしゃれだったけかな...。こってこてのガイドブック本にも、フォトジェニックに洗練された本にもできる。ベトナムって色々な魅せ方がある国だったのだなあと思います。ところがどっこい!  [続きを読む]
  • 【お土産】プラカゴじゃないベトナムバッグ
  • 女子に最適なベトナム土産といえば、元気な色遣いが特徴のプラカゴですが。今日はちょっと置いておいておきます。帰国して使用頻度が高いのは、”プラカゴじゃないベトナムバック”。実用的でいけてるバッグの存在をお知らせしたい一心で、下記2つをまずは紹介しますね。(実はあと2つほどありますが、また後日)*****************●「Annam Gourmet Market」のオリジナルエコバッグ● [続きを読む]
  • 続・これは使える!ベトナム土産②
  • またもや器がメインじゃない投稿を続行したいと思います。帰国して料理をまじで手探りで頑張ってるから許してほしい。①ミンロンのスープ皿ベトナム食器のミンロンは、ベトナム人御用達スーパーCoopmartで購入しました!マダムが使う華やかな皿という印象が強かったミンロンですが、こんなシンプルなものも。深さもちょうどよく使いやすいです。何より緑のラインがかわいい。食器コーナーで「Minh Long」とシールに記載 [続きを読む]
  • これは使える!ベトナム土産①【食卓編】
  • 「〜〜〜〜〜①」シリーズにしても、結局②で終わるんでしょ感が漂いますが、せめて⑤までは! 頑張って続けようと思います。************日本帰国までの数カ月は徐々にテンションマックスになって、ここぞとばかりに様々なものを購入しました。「何を見ても、何を手にとっても、何もかもが今この瞬間だけのスペシャル」そんな"帰国ハイ"を通り越し、静かなる現在もなお素敵だと思う土産は何ぞや! ということで。実際 [続きを読む]
  • 帰国しました!!
  • 今更だし、ばればれなのは知っていますが、無事帰国しました! 今 宇宙兄弟にはまっていて、ちょっと、無事帰還、みたいなことを言いたくなっただけです。19歳、2004年かな? から足掛け約6年とか7年(曖昧)、わたしはベトナムで生活ができてとってもよかったです。色んなことがあったけど、まあ今思えばたいしたことないことだし今はそのすべてにありがとうです! Its a piece [続きを読む]
  • 帰国直前、かけこみ土産②
  • さて、本日は突然のおみやげ【タイ編】です。この前タイに行ってきたのでですね。せっかくだし!たたたっと!①ホーロー食器 in チャトゥチャット週末市場事前チェックしていたタイのホーロー。しかし市場の規模がでかすぎてもう諦めたころに突然発見しました!大興奮、けれど冷静に。ちゃんと使うかを吟味して選んだ結果、このラインナップ。 ②かわいいおはし&箸置き in チャトゥチ [続きを読む]
  • 帰国直前、かけこみ土産①
  • 気がつけば帰国まであと2週間!!!はやい!!どうしよう!予想以上のスピード感!ということで、最近はお土産に目を光らせています。自分用のお土産な。なんというか、帰国が近づいてきてからというものの私は少しずつこの国を外からみるような不思議な感覚をもっていて。留学以来訪れていなかった観光地に行ってみたり、新たな発見がいっぱいで楽しいです。帰国すればベトナムとの関わりは終了してしまうようで悲しか [続きを読む]
  • ●旨●ウコッケイの漢方煮込み
  • 何だか弱っているなと感じたら、とっととウコッケイを食べに行くに限る!私の中ではそう決まっておる! じゃーん! 黒々丸ごとウコッケイの漢方煮込み!※首から頭にかけては見ないように心掛けてはいる専門的な効能は知りませんが、見てごらん...少しだけ漢方をかじった私が見るところによると...クコシ、センキュウ、トウジン、(おそらく)タイソウが入っておる.......... [続きを読む]
  • 【メモ】日本で作りたいベトナムおかず①
  • いよいよ帰国まで1か月をきり、突然いろいろと焦ってきています。そのひとつが、ベトナムのおかずを覚えて帰ること!#ええ、そうですね、遅いですね#誰がどうみても、遅いですね#ぎりぎりの女負けじととにかくこれだけは!な何品かだけでもと思い、友人に連絡したところです。来週習い始めます。目標10品!!!!がんばる!!!ということで、今日大衆食堂で食べて ん〜やっぱりすき〜と思った一品をメモ。「ひき肉づめ [続きを読む]
  • 【カフェ】本当に古いサイゴン喫茶
  • ここ数年、チンイクス"9X"とよばれる90年代うまれを中心にホーチミン市がまだサイゴンだった時代を思い起こさせるようなカフェが流行しています。スマホでいつでもどこでもつながれる時代を生きる90年代以降生まれの若者たち。この世代に話を聞く機会があったときに、心のどこかでいつも寂しさがある、といったことを思い出します。つながっているようで、つながっていない。心が通っていない、といったニュアンス。だか [続きを読む]
  • 【カフェ】喫茶店の白青タイル
  • 2年前、ホーチミンにきたばかりの頃にタイルが素敵なカフェだったか、古いカフェだったかを検索していたときにひとつ惹かれたカフェがありました。タイルなんて乙女なものに元々興味がない人間なのですが、記事にあった白と青のタイルが妙に心に残ってしばらく忘れられなかったのです。残念ながら記事内にカフェの名前や場所は書かれておらず、そのまま...。しかし先日。古い佇まいが気にいったカフェ、というより喫茶店 [続きを読む]
  • 【日々のこと】壁写真コレクション
  • カメラは最近、ズームがきかないデジカメを使っています。よって「ああいいなあ 雰囲気がいいなあ」と思う人がいても、密着カメラマン並みに近づく必要があり、そうなると写真をとっていいか聞くことになり、thoooooooooi thoithoithoithoi(やめてやめてやめて)と言われることになり....なかなか難しいです。でも、動かないものも大好きです。歩き回っているときに足を止める頻度が高いのは、壁。もしくは扉。写真の [続きを読む]
  • 【ローカル飯】南部の大衆皿飯「コムタム」
  • 南部を代表する大衆皿飯といえば、Com Tam(コムタム)!Comとはご飯のこと、Tamとは小さく砕かれたものを指し、日本語では一般的に「砕き米」と翻訳されることが多いです。では具体的にどういった料理かというと?砕いた米を炊いたご飯に豚肉やらなますやら、豚の皮やら目玉焼きやらを乗っけた....つまりはワンプレートご飯! じゃーん!これです。コムタムは街の至るところで見かけ [続きを読む]
  • 【ローカル飯】激混み食堂、"キムタン"
  • キムタン(KIM THANH)といえば、ベトナムガイドブックへの掲載常連店。ヨーグルトとプリンを求めてこの店に訪れた人も多いと思います。たしかにおいしいプリン。たしかにおいしいヨーグルト...........。 が! わたしは!!ガイドブック片手に訪れる日本人観光客を見かけるたびに!「キムタンは食堂だよ!スイーツ食べにくるとこじゃないよ!」と言わせていただきたい気持ちでいっぱ [続きを読む]
  • 【日々のこと】ちりんちりんアイス
  • Ong ban KEM ONG @ Vo Thi Sau Street, HCMC フーティウ屋にいたとき、ふと店番のおばちゃんに目をやるとおいしそうに2人並んで棒アイスを食べている。急いで大通りへ出て、ちりんりちりんアイスのおじいちゃんお〜〜いと呼び止め緑豆と小豆の2本買いました。あずきバーのような、濃厚でまったりした口当たり。KEMはアイス、ONGは筒状のものを指すベトナム語で、KEM ONGとは筒状の型で [続きを読む]
  • 【精進料理】マクロビで邪気ばいばい!
  • 仕事でむしゃくしゃ、人間関係でむきー! 日本と比べてノンストレスに思われがちなベトナムでだって、当然日々のストレスはあり、心がざわついている在住者も多いと思います。私のようにストレス食いに走る方は特に!意識して訪れてもらいたいのが、ホームフードというマクロビオティックのお店です。 日本の健康食品が人気を集めるなど、徐々に健康に対する意識が高まっているベトナ [続きを読む]