plus2016 さん プロフィール

  •  
plus2016さん: やわやわと
ハンドル名plus2016 さん
ブログタイトルやわやわと
ブログURLhttp://plus2016.exblog.jp/
サイト紹介文長男まさかの不登校?! 小中学生男児2人とパパとの日々の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/25 21:54

plus2016 さんのブログ記事

  • 何が正しいのか・・・
  • おはようございます。plusです。犬を飼うことになりました。里親会で出逢い、只今トライアル期間中です。名前はチロ。とても愛おしく、家族全員で可愛がってます。わんこのことはまた改めて紹介したいと思います。・・・4月に入りました。長男は・・・塾の春期講習に行かなくなりました。あと数日だけなんだけどなぁ・・・塾の先生も心配してくれて、春期講習で遅れ... [続きを読む]
  • 春休みに入りました。
  • こんにちは、plusです。ようやく最近の記事が書けるようになりました。過去の記事のカテゴリの整理もしたいと思います。これまでお読みいただきありがとうございます。これからも日々のことをやわやわと書き綴りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。・・・さてさて、長男と次男、春休みに入りました。塾は春期講習に入り、次男も今春から長男と同じ塾に通い始めることになりました。... [続きを読む]
  • 終業式と成績表
  • 一昨日は中学校小学校ともに終業式。次男はいつも通り登校。長男は家でゲーム。母は荷物を取りに学校に出向き、担任の先生と教室へ。大量の荷物と成績表を受け取りました。成績表を「ここで見ますか?」と先生に促され、覚悟を決めてみてみると・・・前期の評価に比べ少し落ちたくらいでほぼ変わらず。後期の前半は普通に登校していたので、そこで評価をつけてくださったようで... [続きを読む]
  • 毎日ゲームですが・・・
  • 家では、長男が羽を伸ばし始め・・・少々伸ばし過ぎにも見え・・・塾からも部活からも足が遠のいているなぁと感じ・・・母は、学校との関わりが薄れていかないようにプリント類をもらいにいくなどして、ちょくちょく先生方のもとへ足を運びました。中学の生徒指導のB先生も気にかけてくださり、長男さえよければ一度家庭訪問に行きたいと申し出てくださいました。『学校においでよ』と登校刺激をする... [続きを読む]
  • 中学校との新たなやりとり
  • 小学校のD先生の素早い対応により・・・さっそく中学校の生徒指導の先生(B先生)と母で面談することに。長男との面識はないようでしたが、こちらの気持ちに寄り添って真摯に話を聞いてくださり、今までにない対応に安堵感で胸がいっぱいに。と同時に、「1ヶ月以上も対応が遅れてすみませんでした」と謝られて、ちょっぴり困惑。やっぱり・・・情報の共有はなされていなかったのか、さほど問題視す... [続きを読む]
  • 卒業した小学校にて
  • 中学校の対応に限界を感じ、家族でなんとかするしかないのかなぁと悩んでいた時のこと・・・次男のほうで役員の仕事があり、小学校へ。長男も6年間通った小学校です。学校のPTA活動に関しては、その時その時の仕事や家事に差し支えなければ、力になれるかは別として、誰もなり手がないのなら引き受けてもいいと思っています。そりゃぁ面倒は面倒ですし・・・『長』と役職が付いちゃうのも避けたいです... [続きを読む]
  • 新たな支援を求めて
  • 長男がほぼ不登校になってから1ヶ月以上が経ち、家では落ち着いた様子を見せ始めた頃・・・学校からの対応は担任の先生からの長男の様子を伺う電話のみでした。その日も先生から電話があり、ちょうど長男の「学校に行きたくない理由がわからない」というカミングアウトがあった後でした。「長男がやっと本音を話してくれたんです!!」というテンションでこのことをお伝えしたところ・・・「そこは自分のこ... [続きを読む]
  • 安心して過ごせる場所に
  • 長男が、そわそわと、はにかみながら、「学校に行きたくない理由がわからない」と本音を話してくれました。ありがとう。辛いよね、辛かったよね。今までさ、「なんで?どうして?」と隙あらば聞かれたくないことばかり聞こうとしていたね・・・ごめんね。厳しく言っても優しく言っても、聞きたくない登校刺激には変わりない。ようやく気がつき、長男との距離が縮まった気がしました。これで... [続きを読む]
  • 不毛な時間を経て・・・
  • 学年末試験に向けて数日登校して、不発に終わった長男・・・親としても、これといった登校刺激をするきっかけもなくなり、こんなことなら行かせなきゃよかったなぁ・・・と後悔したりで・・・無意味な登校刺激をできるだけしないでおこうと思うようになりました。ただ、朝はやっぱり普通に起きてほしくて、優しく、優しく、、、時に声を張ることもありましたが・・・起きるまで数回声がけしていました。... [続きを読む]
  • 間違った登校刺激
  • カウンセラーの先生へ相談に行った翌日、長男が登校しました。登校できた理由が相談の成果ならよかったのですが、そうではなく・・・おそらく、おそらくですが・・・よかれと思ってのことでしょうが・・・夫が長男と次男に『○○できたらご褒美』的な約束をしたのです。次男には『テストで100点とれたら〜』、長男には『きちんと薬を飲んで早寝早起きをして登校できるようになったら〜』って・・... [続きを読む]
  • カウンセラーに相談
  • OD治療と平行して、母は担任の先生以外のところにも助けを求め始めました。担任の先生や養護の先生からの勧めもあり、まずはスクールカウンセラーの先生のもとへ。子供たちの通う学区は中学校と小学校の連携が密に取られており、こちらの先生は長男の通う中学を拠点に、次男の小学校にも来校します。また、区役所の相談窓口でも同じ先生に相談ができます。今まではこのような各学校の姿勢方針などなんと... [続きを読む]
  • 規則正しい生活
  • 先日長男に聞いてみました。どうして苦手な漢方薬が飲めるようになったのかを。「わからない。子供が苦手だったことがいつの間にかできるようになったみたいな?」だそうです。もう少し、こう、なんていうのかな、気持ちの変化とか、、、聞きたかったよね、、、。まあしょうがない、本当になんて言っていいかわからないのだろうね、、、すみません、こんな感じでした、、、。・・・起立性調節障害の... [続きを読む]
  • 漢方薬
  • ODと診断を受け、治療が始まりました。「症状は軽度だと思うから、まずは漢方薬を飲んでみて、効かないようなら血圧を上げる薬にしよう」と先生。漢方薬の名前は『半夏百朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)』。胃の働きを改善、頭痛やめまいを和らげる、と書いてあります。漢方薬で治ってほしいなぁ・・・薬飲ませたくない・・・その前に・・・漢方薬が飲めるか不安・・・長男... [続きを読む]
  • 起立性調節障害でした。
  • 起立性調節障害(OD)の検査当日の朝。その日小児科にかかることは長男も承諾してくれていたのですが、やはり朝起きるのは至難の業で・・・何度も何度も起きるように声がけ、機嫌(具合)の悪い長男をなんとか引っ張り出し、予約の11時にぎりぎりで間に合いました。ODは朝に症状が現れ夜に向けて元気になっていきます。検査結果を出すには午前のできるだけ早い時間に検査を行うのがよいとのこと... [続きを読む]
  • 少しずつ
  • 時系列が前後して申し訳ないのですが、忘れる前に最近の様子も記していきたいと思います。只今、不登校7週間目。横浜は今日、雨の一日でした。傘を持って出たはずの次男がずぶぬれで帰宅。小学2年生、あるある、よくある・・・。夕飯の時に「頭がくらくらする・・・」と。またインフルエンザか?! だから言ったじゃん?濡れたままだと風邪ひくよって、、、ぶつぶつ。もし... [続きを読む]
  • 起立性調節障害かもしれない
  • 具合悪そうにふらつく長男が「鬱っぽい」・・・と夫が。それは私もうっすらと感じていました。これで心療内科などに行ったら・・・きっと安定剤とか夜眠れる薬とか処方されるだけだろうなぁ・・・もっと先にかかるべきところがあるはず!小学生の頃に詳しくは分かりませんが朝起きられない病気があることは知っていました。うちの子もそれかもと冗談で思ったこともありました。その経緯があり、ま... [続きを読む]
  • 不登校2週間目
  • ふらふらになりながら登校した長男は・・・予感的中・・・昼過ぎに早退して帰ってきました。朝授業が始まる前に仲直りして授業を受けたものの具合が悪く保健室へ。保健室って長く居られないらしく、一度お昼に弁当を食べに教室へ戻り、再び保健室へ。養護の先生曰く、友達との仲直りはできてすっきりしたとのことでした。帰宅した長男は少しふらっとしていましたがほっとした様子に見えました。... [続きを読む]
  • 不登校1週間目 〜学校の対応〜
  • 学校へは毎朝休みの連絡をし、母には何も話してくれないことを伝えると、話はすぐに家庭訪問へと進みました。長男に「担任の先生が家庭訪問に来てくれるって。どう?話せる?」と聞くと「うん、いいよ」とまずまずの返事。先生と会って話せるなら、そんなに状況は悪くないと思いました。担任の先生の家庭訪問1回目。本人に母も同席したほうがいいか否か尋ねると、「どっちでもいい」と。それならと、... [続きを読む]
  • 不登校1週間目 〜家での様子〜
  • 長男の不登校が始まり、母は毎日一喜一憂。朝はどれだけ起こしても起きません。学校に行かなくてもいいけど、朝起きて普通の生活をしてほしいと思い、無理やり起こそうとしていました。最後には怒って怒鳴って・・・必死でした。昼くらいにようやく起きてきて、そこからは元気になっていくのです。ご飯は食べるし、ゲームもする。勉強は、しない・・・「へぇっ?行けんじゃない?学校に??」と... [続きを読む]
  • 中学生になり 〜秋から冬にかけて〜
  • 夏を過ぎた頃から、お金やものに関してのちょっとしたトラブルが目に付くようになりました。友人関係もうまくいっているのかいないのか。思春期だし反抗期だしよくあること?でも心配だし。解決に向けての糸口を探ろうとするとしょうもないうそをついたり、うそにうそを重ねたり、最後には「わからない」「知らない」の一点張りで。このような不安定さに母は毎日が気が気ではありませんでしたが、長男は相変わらず学校... [続きを読む]
  • 中学生になり 〜夏の頃〜
  • のほほんと、のらりくらりと過ごしてきた長男にとって、中学校生活は過酷なものだったかもしれません。今までサッカーや野球などこれといったスポーツの経験がない長男が入部した部活動はテニス部。当時仲良くしていた友達と一緒に仮入部し、手ごたえを感じたようでそのまま入部することに。平日土日問わず毎日活動があり、週1で朝練も。最初は美術部や吹奏楽部など文化系の部活への入部を勧めていた母でしたが、... [続きを読む]
  • 小学生のころ
  • 長男が不登校になるまでのこと、思い返してみました。小学生のころは・・・学校では特に問題のない男の子、家では自由奔放にふるまう、いたって普通の内弁慶タイプ。いつだったか担任の先生との個人面談で「お友達から嫌なことをされても嫌といえない、笑ってごまかすところがある」と。そこが長男の優しいところでもあり弱いところでもあり、自分の気持ちをきちんと言える子になってほしいなぁと思っていまし... [続きを読む]
  • テニスしてきました。
  • この週末はテニスコートのある公園に長男を連れ出し家族で遊んできました。千葉、ロマンの森共和国。アスレチック(結構難易度高い!)、おもしろ自転車、巨大迷路、ゴルフ、テニス、等々。気持ちを決めてしまえば大人の私もかなり楽しめます。昼近くに起きて、ご飯食べて、勉強してるふり?して、ゲームして、ご飯食べて、ゲームして、風呂入って、テレビ見て、お布団に入って、眠れなくて、本読んだり... [続きを読む]
  • うちの子にかぎって
  • こんにちは、plusです。現在午前10時半・・・今日も長男はまだパジャマです。長男が学校に行かなくなり1ヶ月以上が経ちました。その日も朝7時過ぎ、長男と次男を一緒に一度だけ起こし、あとは放っておくことに。(年末ごろからこのスタンスでいこう!と決めてみたもののやはり一度の声がけでは起きないので、結局、何とか起きないものかとドタバタと音を立てたり大声で長男にも聞こえるように次男に話... [続きを読む]
  • はじめに。
  • こんにちは。中学生と小学生の男児2人の母です。長男がほぼ不登校になり早1ヶ月。まさか?!うちの子に限って!!「学校に行きたくない」から始まり、四苦八苦した後に小児科にかかり、「起立性調節障害」であることが判明。ざわつく心は止みませんが、その時々に不登校や起立性調節障害について色々な記事を拝見し気持ちが楽になりました。我が家も一つの例として、日々を記録していきたいと思... [続きを読む]