e−Study さん プロフィール

  •  
e−Studyさん: 自立学習塾塾長の独り言
ハンドル名e−Study さん
ブログタイトル自立学習塾塾長の独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/nomu222/
サイト紹介文愛知県一宮市の次世代型自立学習塾e-Studyの塾長が日々思っていることなど綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/02/26 09:52

e−Study さんのブログ記事

  • 「いつでもやれること」をいつやるか
  • 部活や他の習い事で忙しく、通塾できない子どもにはベネッセなどの通信教材を考えられるご家庭も多いかと思います。通信教材の「いつでもやれる」って利点は時間の制約がある子にとっては助かりますからね。うちの塾でも利用しているICT教材を使って遠隔地(といっても県内か隣県くらいですが)でもコーチとして見させていただいている生徒さんもいます。通塾生にも試験前以外はそのコンテンツから課題もだすけど、こういうICT教材 [続きを読む]
  • できているとホッとする科目
  • 今の時期、先月末に実施され、返却されてきた生徒の期末テストの答案をチェックしています。一応全教科みていますが、ほとんどの生徒が普段は英語と数学をメインで学習しているので、その2教科は特に気になりますね。塾講師目線での気になる度は小学生だと、算数>>国語>>>>その他(理、社)中学生だと、英語>数学>>>>その他(国、理、社)高校生だと、英語=数学>>>古典>その他(現代文、理、社)という感じでしょ [続きを読む]
  • 「覚えること」と「考えること」の割合
  • 学習において「覚えること」の占める割合はかなり多いです。漢字や理社の用語だけでなく、算数や数学の計算や応用の類題といったパターン暗記も含むとすると、小学校のテストなら(中学受験をのぞく)、そのあたりをしっかり覚えていれば、90点以上はとれるのではないでしょうか。しかし、「ただ覚えればいい」というだけの問題は中学、高校と履修内容が進むにつれ、その割合は少なくなってきます。それでも中学レベルだと数学で [続きを読む]
  • 自分で学習計画をたてるための第一歩として
  • 一昔前っていうか、今もですが「コーチング」ってよく耳にしますよね。最近は某大手フランチャイズチェーンの個別指導塾も「○○式コーチング」なんて宣伝してますし。あれはCMみる限りは本来のコーチングとはなんかちょっと違う気もするけど。私個人としてはコーチングの定義は「ただ単に指示するのではなく、現状分析や改善点を自問自答させるように誘導して、本人に取り組むべきテーマをある程度考えさせること」ってとらえてい [続きを読む]
  • 兄弟姉妹で学力差がつく要因
  • 同じ環境で生まれ育つ兄弟姉妹は基本的には似たような学力になることが多いと思います。それでも三男一女をすべて東大理三に合格させた佐藤ママみたいな方はさすがに珍しいし、若干の差はもちろんありますが、まあ高校入試だと偏差値で上下5くらいの差にはおさまるイメージですね。しかし、中にはもっと差がつくケースもあります。例えば、男の子と女の子とで教育方針が違う場合。父親にありがちですが「男の子は一人で生きていく [続きを読む]
  • 早めのスタートがおすすめ!中学準備講座
  • 早いもので今年もあと一ヶ月ちょっとですね。11月は来年度進学を控える小6生や中3生の保護者方と面談をさせていただいたのですが、その際に小6の保護者の方には「小6生は半年先くらいが人生最初の定期テストの時期ですよ」というお話をさせていただいています。三学期制の中学校だと大体5月に1学期の中間テストを行うところが多いですからね。うちの塾の場合、小学生でも5年生くらいから通っていただいているお子さんだと [続きを読む]
  • 高専という選択肢
  • 中学生の進学先は全日制の高校がほとんどで成績下位層で定時制高校や専門学校という子がたまにいるという感じになります。それとは別に機械いじりやコンピュターが好き、理数系が得意なんて子には高専という選択肢も出てきます。普通の高校と一番違うのは在学期間が3年間ではなく、5年間ってとこですね。その名称通りに通常の教科だけでなく、それぞれの学科(機械、化学、電気、情報、建設など)でより専門性の高いものをみっち [続きを読む]
  • 「知らない」はリスクになる
  • 以前の記事で、「知っている」ということはそれだけで武器になる、ってことを書いたことがあります。https://ameblo.jp/nomu222/entry-12373334220.html専門知識を持って難関の資格でもとれば他の人がお金を遣わなければいけないところで逆に稼げるようになるし、企業でも補助金の出る事業の情報をいち早くしれたりすればビジネスチャンスも生まれます。法律や制度というのは必ずしも弱者の味方というわけではなく、「それを知って [続きを読む]
  • 「あと一歩の踏み込み」の積み重ねで差をつけよう
  • 定期テストで平均点よりちょっと上くらいの点数は教科書の類題レベルのものが解ければ到達することは可能です。平均点が60点くらいのテストであれば70点はオーソドックスな問題を着実にとっていくことでクリアできるでしょう。勉強さぼって平均点を下げてしまう層もいますからね。ただ、平均+10点くらいだと内申点的には3の上の方だけど、4までは届かないって感じだと思います。平均点+20点、+30点としていくには類 [続きを読む]
  • 2018年二学期期末テスト用社会時事問題
  • うちの塾のある学区の中学校は来週が二学期の期末テスト。なので、10月15日以降のニュースで社会の時事問題対策プリントを作ってみました。中間テストから一ヶ月ちょっとしかたってないからインパクトのあるものは少な目かな。塾生には今日の授業から配布していきます。1.10月15日、安倍首相は来年10月からの消費税引き上げを表明した。実際されると現在の8%から何%になる?2.10月17日、ウルグアイに続いて、 [続きを読む]
  • その答えで本当にいいの?
  • 同じ学校で同じクラスで同じ先生の同じ授業を受けていてもそこにいる子たちの成績はピンキリですよね。もちろん通塾している、していないの差もありますが、問題演習への取り組む姿勢の違いが一番大きいと思います。塾講師としては忸怩たる思いにもなることもあるけど、「通塾しているけど真面目に課題をやらない子の成績<<<通塾していないけど真面目に課題に取り組む子の成績」となるのは致し方ないかなとも感じますね。平均点 [続きを読む]
  • 理科は実戦形式のものをゴリゴリやる
  • 理科があまり好きではないって子はちょくちょくいます。社会だと一問一答形式の単純暗記でそこそこいけるけど、理科の場合はそれでいけるのは中学だと生物分野くらい(高校生物ではそれも通用しないですけど)。基礎知識としての単純暗記はもちろん必要ですが、実際のテストでは実験問題や図解問題でそのデータから読み取って解答していくものがほとんどです。「一生懸命覚えたのにテストでは点数がとれない」なんて子が出てきやす [続きを読む]
  • 言い直しさせる言葉
  • 宿題の量を決めるのは塾講師にとってもなかなか悩ましいものです。もちろん自宅でもしっかり問題演習をしないことには学力はつかないですが、まずやるべきは学校の課題だし、量が多すぎるといい加減にやる、あるいは解答を丸写しにするような子の出現率も高くなります。集団塾の講師だと他の科目との量のバランスも気にしたりしますね。通塾回数が多ければ、問題演習も含めてがっつり塾内でやれますが、週2回くらいの通塾だと宿題 [続きを読む]
  • 「なぜ?」を理解していると忘れない
  • 仕事をしている時間的にテレビのバラエティ番組を視聴する機会はなかなかないのですが、改変期で新しいコンセプトのものがあるとちょっと気にはなりますね。最初は面白かったのに、視聴率が振るわないとすぐにコーナーをかえてしまうものもあるし、最初から「あーこんな企画だと長くはもたないかな」なんて思うものもあります。で、ここ数年で一番「この企画はさすがに無理があるやろ」って当初思っていたのが、日曜22時からやっ [続きを読む]
  • ほんの一手間で正確性は上がる
  • 生徒を指導していて一番もったいないなって思うことの一つは数学で無理に暗算して間違えられることです。途中式を一つ増やすだけ、ひっ算をするだけで正解にできるはずでも、その一手間を惜しむ子ってなかなかいなくなりません。正確性がアップするだけでなく、頭の中で考えるより速くなることがほとんどなのに。今の時期の公立中だと中2は三角形の合同、中3は相似をやっているところが多いと思います。それぞれ対応する点や相似 [続きを読む]
  • 定期テストの目標をたてるときは
  • 受験勉強の最終的なゴールは入試での合格なので定期テストはあくまで通過点ではあります。ただ塾のある地区の中学では定期テストの試験範囲や提出課題が発表されるのが1週間前で、ほうっておくとそこからようやく腰をあげるような意識の低い子もいるため、塾では定期テストの大体3週間前くらいに目標設定シートを渡して記入してもらうようにしています。実際には3週間なんてあっという間なんで意識だけでも早めにさせておきたい [続きを読む]
  • サボりだしたらハマりやすい英語の成績推移のパターン
  • 英語は一旦落ち込むとなかなか成績を上げにくい科目ナンバーワンです。試験科目としては中学に上がってからヨーイドンなので、中1の一学期の定期テストでは他の科目よりも点数はとりやすかったりします。基本的な単語や表現、文法をしっかりおさえていけばその時点で80点以上はいけるでしょう。(逆にここで脱落するようだと相当つらいです)ただ、ここがまず一つ目の落とし穴。中1の二学期くらいに疑問詞や三単現の一般動詞な [続きを読む]
  • 数学の証明問題は自力で全部書けるように
  • 公立中学の中2、中3の今の時期だと数学は図形の単元をやっているところが多いと思います。中2なら三角形の合同、中3は相似ですね。そして次の定期テストではそれぞれの証明問題が試験範囲に入ってくるでしょう。面倒だから苦手な子も結構いますよね。証明問題については以前も記事にしたことあるけど、コツをつかめば点取り問題にすることも可能です。なにせ結論がわかってますからね。仮定からわかる条件をどんどん書きだして [続きを読む]
  • 小テストでの頑張りが定期テストや入試につながる
  • 学生時代に受けるテストっておおざっぱにわけると、小テスト、定期テスト、模試などの実力テスト、入試といろいろ種類がありますよね。それぞれの範囲は小テストは単元あるいはユニットごと、定期テストは前の定期テストからそれまでに習った間の内容、模試はそれまでに習ったとこと全部、入試は中学、高校3年間で習ったところ全て。後者になるほど重要度は高く、範囲は広くなるし、難易度も上がります。入試はその点数がそのまま [続きを読む]
  • 塾講師目線での「間違いのない塾選び」の基準
  • 子どもがテストで凹んだりして「塾にでも通わせようかしら」と思っても、今は選択肢がいっぱいあってどれにしようか迷いますよね。集団塾もあれば、個別指導塾もあるし、家庭教師という選択肢だってあります。集団塾の中に多店舗展開している大手塾から4,5人の少人数集団だってあるし、個別指導も1対2から1対6はたまたうちの塾のように映像と併用した自立学習系のところもありますからね。HPやチラシだとどこも自塾のシステ [続きを読む]
  • 「戻り学習」のハードル
  • 英語や数学のような積み上げ科目で学校進度に後れをとっているような場合は戻り学習が必要です。前の単元がわかっていることを前提で新たな単元にすすんでいくので、そのまま授業をうけてもわからないことが積みあがっていくだけですからね。なので、基本的には戻り学習は必要なら絶対にやらないといけません。では、「戻り学習って簡単か」って言われると、簡単な部分もあり、そうでない部分もあるかなって思います。一度は学校で [続きを読む]
  • 大変そうに思えても意外になんとかなる
  • 定期テストの範囲や提出課題が発表されると、「えー、こんなに範囲広いの?」ってビビることありますよね。1教科あたり教科書だと100ページ近くなって、課題のワークも40ページ分くらいあると「ほんとに終わるんだろうか?」って。5教科分だとワークも200ページ分くらいになるので、本1冊分くらいの分量ですし。確かに一気にやろうとするとこれは大変です。試験3日前くらいからあわてて取り組んでいては間に合わないし [続きを読む]
  • 国語の短文記述問題を解答するときの作法
  • 一口に国語の記述問題といってもバリエーションはたくさんありますよね。一文で解答するものから国公立の二次試験で出題されるような何百字も書く必要のある要約問題みたいなものもありますが、今日のところは前者の小中学生が解く問題によく出てくる短文記述問題の解答の仕方について。Ⅰ.文末表現に気を付ける例えば、「A君はこのときどういう気持ちでしたか?」という設問があった場合、A君の気持ちが「うれしい」という感情だ [続きを読む]
  • 志望校を偏差値で決めるのはそんなに悪い事ではなくない?
  • 塾のある地方も先週あたりからだいぶ涼しくなってきました。今の時期になると大学受験生も高校受験生も志望校は大体絞れてきていると思います。高校だと基本的には自宅からの通学になり、まだそこまで選択の余地もないし、またその次に大学がありますが、大学受験となるとそこが最終学歴になることが多いので、いろいろ考えることもありますよね。志望校選びの最優先事項は「本人のやりたい学問ができるかどうか」でOKです。なりた [続きを読む]
  • テスト直前まであがくのはカッコ悪くない
  • 塾の近隣の中学は明日から二学期の中間テストのところが多いです。ほとんどの塾生には一昨日の土曜日は理社の特訓、昨日は教室開放できてもらいましたが、みんな静かに学習できていて、それなりにやった甲斐があったのではないかと思っています。学習の基本は普段からの積み上げが一番大切だというのは当然ですが、試験範囲がある程度限定されている定期テストなどの場合は直前にどこまでやり込めるかというのでも5〜10点くらい [続きを読む]