ふわふわ さん プロフィール

  •  
ふわふわさん: 二番目の山羊
ハンドル名ふわふわ さん
ブログタイトル二番目の山羊
ブログURLhttp://fuwameg.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」
自由文実在のアイヌは部族社会でした。統一された民族などではありません。私は母方(東北蝦夷)の父祖をフィクションの先住民族に引き抜かれ、不快に思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/02/26 14:28

ふわふわ さんのブログ記事

  • 福島から水力エネルギーを発進!発信!全速前進!
  • 今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる。by竹村公太郎【福島水力発電促進会議】 https://www.fukushima-suiryoku.com/↑ 写真は明治13年(1880)に建造された、安積疎水十六橋水門(あさか・そすい・じゅうろっきょう・すいもん)。猪苗代湖(いなわしろこ)をダム化する時、設置された門なんです。福島県の猪苗代湖。琵琶湖・霞ヶ浦・サロマ湖に続いて、日本で4番目に広い湖です。 会津富士と名高い磐梯山が聳え立っ [続きを読む]
  • 【原発7】 セシウムは除去できる! 〜20km圏内、復活の牧場
  • 【原発・7】 福島第一原発20km圏内  浪江町末の森 〜復活の牧場〜  ※下画像3枚は で拡大(194KB、45KB、195KB)(引用)  ※高田純医師[写真中央]の著書より 震災2年目の2012年正月明け、札幌医科大学物理学教授室に、福島県から年賀状が届きました。その差出人は、前年4月の最初の調査で偶然、現地で会った元浪江町議会議長の山本幸男氏でした。そのとき、私は牛たちの科学調査を約束したのです。 [続きを読む]
  • 【原発6】 震災後、住民の避難場所だった女川原発
  • 【原発・6】 震災後、住民の避難所だった女川原発   福島第一とて安全に停止した(引用) 牡鹿半島の女川町の被害は甚大でした。人口1万14名中、569名が死亡。住宅被害総数4,411中、全壊66.3%、大規模半壊と半壊合わせて7.9%です。 牡鹿半島内の道路は寸断し、発電所周辺の集落は陸の孤島状態となりました。雪も降る寒い日でした。夕方になり、集落の人びとが山道を歩き、自主的に発電所に向かったので [続きを読む]
  • 【原発5】 福島の線量は世界平均よりも低い
  • 【原発・5】 福島の線量は世界平均よりも低い(引用  ※mSv ← ミリシーベルト) 新聞やテレビの報道は、最も高い地点や、1日の最大瞬間値ばかりを流していたのです。私の胸に装着した値が、現実に人間が受けた線量です。外にいたり、屋内にいたり、車に乗ったりの生活が現実です。ニュースの値は、現実の値の100倍くらい過大で、社会を混乱させていたのでした。 (略) 田原総一郎司会のテレビ番組「徹底討論 原発!」 [続きを読む]
  • 【原発3】 北朝鮮は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉を保有
  • 【原発・3】 北朝鮮は、  チェルノブイリと同じ黒鉛炉を保有(引用) チェルノブイリの原子炉は、減速材に水を使用する福島第一原発の軽水炉とは違って黒鉛が使用された黒鉛炉だったため、事故によって黒鉛が高温になり大きな火災が発生した。それにより、格納容器のなかった原子炉から10日間にわたって放射性物質が大量に放出され、上空に舞い上がり、数百キロ遠方でさえ、高レベルに核汚染した。 黒鉛とはつまり炭素なの [続きを読む]
  • 【原発2】 メディアはスルー、中国の核実験・核災害
  • 【原発・2】 メディアはスルー、  中国の核実験・核災害(引用) 1964年10月東京オリンピックの会期中に始まったチャイナの核爆発は、シルクロードの地で、全く安全策を講じないまま1996年まで続いた。1回の威力が最大4メガトンにも達し、総爆発威力22メガトン、延べ46回の核の炸裂は、現地のウイグル人148万人以上を殺傷したと推定された。その犠牲者には軍の兵士も含まれている。未曾有の核爆発災害であ [続きを読む]
  • 【原発1】 家畜を見殺しにした菅民主党政権
  • 【原発・1】 家畜を見殺しにした菅民主党政権(引用) 日本政府は家畜を放置したまま避難させなかったことも見逃してはならない。あのソ連ですら家畜を避難させている。チェルノブイリ事故直後に、4万9千人の住民とともに、牛1万3千頭、豚3千頭を、300台のバスと、1100台のトラックを用意して避難させたのだった。 福島の避難区域では牛などの家畜が、次々に死んでいる。死因は放射線ではない。餓えと渇きが原因で [続きを読む]
  • 東北の雄・安倍貞任の子孫は総理大臣
  • 東北の雄、 安倍貞任の子孫は総理大臣文学博士・歴史学者である山本博文教授の著書より紹介します。源頼義、義家親子に討伐された安倍氏の子孫は、なんと総理大臣! 安倍貞任(1019?-1062) 平安時代中期、奥州(東北地方)に勢力を誇った安倍貞任は、前九年合戦で源頼義の率いる軍勢と衝突。頼家[引用者注:誤植と思います]の息子で八幡太郎と呼ばれた義家と五分にわたり合うなど善戦する。しかし、同じ蝦夷の清原氏が頼義側 [続きを読む]
  • 夏期企画3:エイズ拡大、原因は注射針の使い回し
  • 【夏期企画・3】 HIV感染拡大の原因は、  注射針の使い回し【夏期企画1】 医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説【夏期企画2】 ワクチンは絶対という信仰(子宮頸がん)  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1727.html折角なので、ワクチンネタをもう一つ。20年近く前の話なので、ご存知の方も多いかと。※アイヌ記事をお求めの方は、サイト上部6件か [続きを読む]
  • 夏期企画2:ワクチンは絶対という信仰(子宮頸がん)
  • 【夏期企画・2】 感染力も弱い、発症率も低いのに、  全人類の半数に投与を目指す?前記事からの流れです。 夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説(2017/08/11)  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html方々のブログで、ヒトパピローマウィルス(HPV)の型やアジュバンドについては解説されているので、ここでは割愛します。***どう考えたって、ワリに合わないですよね?ハイリスク型の [続きを読む]
  • 夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説
  • 【夏期企画・1】 医者の不正が独り歩きした   自閉症ワクチン説前記事で私が抱える自閉症スペクトラムについて触れたので。今回は、巷を騒がす自閉症ワクチン説について解説します。※アイヌ問題をお求めの方は、サイト上部6件からどうぞ★***先ずは、大隅典子先生の著書から引用します。脳神経や遺伝子の基礎研究に携わっているお医者様です。ワクチンは自閉症を誘発しない  (前半部省略、改行を加えました)1998 [続きを読む]
  • 【小休止】 反皇室ブログは病身舞?
  • 【小休止】  反皇室ブログは病身舞?アイヌ問題をちょっとお休みして、保守全般に掛かるお話。  夏休みだしね!(^p^)以前から拙宅にお越し下さっている皆様には周知の事実ですが、不破はアスペルガー症候群です。自閉症スペクトラムの中、自閉が軽度でIQ(知能指数)が高い。で、「発達障害」という名称だけを受けて、人格発達障害ぐらいに勘違いしている人もいますが、厳密には「神経発達障害」が、より正確な表現とな [続きを読む]
  • 差別の再生産 〜人権教育のウソ
  • 人権教育のウソ。記事本題に入る前に、昔話に付き合って下さい。私の子供時代、自分がアイヌ系だと全く気付いていなかった頃のこと。***私の自慢は、7つ上の姉でした。私と違って、引っ込み思案な性格の姉は、外に遊びに行くこともせず、幼い私の面倒を見てくれました。私はいつも、友達に声を掛けられました。「メグちゃんのお姉ちゃん、凄く美人だね!」その度、私は有頂天になります。「皆が言うんだから、お姉ちゃんは凄く [続きを読む]
  • 北海道は中国の三十二番目の省になる?
  • 北海道は中国の三十二番目の省になる?暑さで頭が働きません。※体温調節に難があります(神経発達障害)ほぼコピペという手抜きでスミマセンが、チャイナ・ウオッチャーの第一人者として高名な、宮崎正弘先生のメルマガ(の書評欄)から。↓〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 勉強するほど、騙される。
  • 勉強するほど、騙される。前記事の後半部分。私の危機感が伝わらないと思ったので、今回は補足です。2017/06/23 先住・後住を証明しても、アイヌ利権は潰せない。http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1721.html#more***私の標的(ターゲット)は、アイヌ利権そのものではなく、学界の定説であると述べました。どういう事か?だって皆さん、騒いでいるじゃないですか。「日本の先住民族であるアイヌを左翼が利用しているー [続きを読む]
  • 先住・後住を証明しても、アイヌ利権は潰せない。
  • 先住・後住を証明しても、アイヌ利権は潰せません。重要なのは、少数民(マイノリティ)を自称すること。その上で、「差別」「弾圧」と騒ぐことだからです。皆さんもよくご存知でしょう?「女性の人権」と騒ぎ立てるハリウッド女優は略奪婚者。「差別反対」を唱える女医は、中指を立てるのが大好き。こういう人達をWスタンダード(二重基準)と呼びます。そしてメディアが、その表の顔だけを取り上げ、「人権主義者」「平和運動家 [続きを読む]
  • 擦文とオホーツク、最初の融合 〜トビニタイ文化
  • 擦文とオホーツク、最初の融合 〜トビニタイ文化〜私は北海道へ飛ぶことが出来ませんので。本記事はあくまで、「紹介」のレベルに留まりますこと、ご了承下さい。ウィキの内容で(一般的な知識としては)問題なさそうです。以下、転載です。読み易いよう、改行を加えます。トビニタイ文化  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』トビニタイ文化(トビニタイぶんか)は、9世紀ごろから13世紀ごろにかけて、北海道 [続きを読む]
  • 対立構図でアイヌを語る危険性
  •   ←サムネイル、279KB (1293 x 728)そう言えば、拙宅ではまだ北海道の年表をアップしていませんでした。やっぱり篠田謙一先生の著書からですけれど(分子人類学に激ハマリ中)。※DNAで語る日本人起源論 p155&167より、2015岩波現代全書本土日本とは、流れが大分違うでしょう?ちなみに、北東北にも続縄文時代がありました。以降も擦文文化人との交流が盛んだったことから、東北を「プレアイヌ(プロトアイヌ)」と位置付け [続きを読む]
  • シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY
  • 北海道縄文人骨から検出されるmtDNAのN9b、D4h2、G1b。極東シベリア少数民も保有しています。   (引用) 山梨大学の安達登のグループは、 北海道の各地で発掘された56体の縄文人骨を分析して、 ミトコンドリアDNAのタイプを決めることに成功した。 そこで見られたのはN9b、 D4h2、G1b、M7aという4種類だったが、 中でも多いのはN9bだった。 面白いことに、アジアの現代人集団の中 [続きを読む]
  • 縄文・弥生の二重構造説はもう古い。
  • 縄文・弥生の二重構造説はもう古い。※国立科学博物館のリーフレット(3万年前の航海徹底再現プロジェクト)より***前記事の後半で、以下の事柄について簡単に触れました。 [1]アイヌ集団は13世紀以降、シベリアからの新規流入を受けて、    先住の擦文文化人や和人(蝦夷)との混交により形成された。 [2]生活文化的な連続性を追えば、アイヌ集団はシベリア少数民に近い。新たな科学的証拠や学説はどんどん登場 [続きを読む]
  • 熊と猪 〜マタギはアイヌに非ず
  • 都立多摩動物公園に行って来ました。こういう本を図書館で見付けまして。実物を見てみたくなったんです。マタギ 矛盾なき労働と食文化/田中康弘 (2009年4月、枻出版社)***過去記事にアップした通り、不破の親戚には山猟師がいます。北海道(エゾ)の父方じゃないですよ、東北蝦夷(エミシ)の母方。幼い頃、遊びに行きました。母の実家から車で30分の距離。狩猟を続ける母方の親戚[東北蝦夷/福島県](2016/07/13)http: [続きを読む]
  • アベの語源はアイヌ語のアフィじゃない。
  • アベ(阿倍・安倍・阿部)の語源は、アイヌ語のアフィ(火)ではありません。プロアイヌが言い出した事なのか、シンパが言い出した事なのか。はたまた、オカルト信奉者が言い出した事なのか。定かではありませんが、まことしやかに語る研究者がおりますので、釘を刺す意味で書いておきます。※著書もお持ちの方です。  所蔵しておりますが、ご本人の名誉の為に記載は避けます。  (政治的な意図があるワケではないのが見て取れ [続きを読む]
  • アイヌクォーターの親父。
  • アイヌクォーターの親父。コレ(↓)、アタシが子供の頃には、もう喧伝していましたよねぇ。『アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利〜!』30年近く前になるのかなぁ。その時も、テレビでそのプロパガンダを垂れ流していました。お茶の間で寛いでいる時、父が言ったんです。「有利になんてならない。ロシアにもアイヌがいるから」で、大雑把な流れを話してくれたんですよ。日本が条約を結んで(榎本武揚の千島・樺太 [続きを読む]
  • 【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学と、蘇州夜曲で台湾の歌
  • 【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学とか。こんにちは〜。ワンエイス(8分の1)のアイヌ系、ふわふわで〜す。今回は、ちょっとアイヌ問題をお休みして本の紹介。計3冊です。※後半に、蘇州夜曲で作った台湾のイメージソング。最近いらして下さった方は、是非この機会に、サイト上部、横並び6件のアイヌ記事に目を通して下さ〜い★(少し前に、半分くらい入れ換えました)***で、先ずは渡部昇一先生オススメの栄養学。 [続きを読む]