pinboke親爺 さん プロフィール

  •  
pinboke親爺さん: セントバーナードとピンボケ親爺の写真/呟き
ハンドル名pinboke親爺 さん
ブログタイトルセントバーナードとピンボケ親爺の写真/呟き
ブログURLhttps://pinboke.muragon.com/
サイト紹介文純粋スイス/アメリカセントバーナード写真とピンボケ親爺が綴るピンボケなブログ。
自由文純粋スイスアメリカセントバーナードは、キングスウッヅ犬舎の犬及び誠実なファミリによる繁殖犬のみでです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/02/27 01:53

pinboke親爺 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Paul(ポール)の死
  • 2018年6月15日午後9時頃 ポールは、彼の生涯を7歳半で閉じました。 昨晩外食から戻った時には、頭をなでてあげたら尾を振り、死ぬという素振りを見せもしなかったが女房が玄関の扉を閉めようとした時横たわっていたので動かそうとしたが動かず息が絶えていたと言う事でした。私もすぐにポールを触り身体を揺さぶりましたが息を吹き返す事無く彼は、天命を全うしました。 外食から帰宅した折に声をかけ頭をなで僅かなが [続きを読む]
  • 何故『近親交配』は、疎んじられるのか?
  • 今日の写真は、全て先週パソコンが壊れリカバリーも不可能と宣告され、やり場のない腹だたしさと怒りでカメラをぶら下げて近くの国設「滝野すずらん公園」にチューリップが見ごろと言う情報を得ていたので憂さ晴らしに公園の身障者用電動カートを借りて撮りまくった写真の一部である。 この種の写真は、得手でなく善し悪しを考えずに場当たり的に取り出したもので上手か下手かは、皆さんの判断に委ねるしかない。 さて、本題に入 [続きを読む]
  • 「みちのく一人旅」 Bingo「ビンゴ」 
  • ↑の写真は、ビンゴ(Bingo)の父親 K. W. Steling 10か月時 当犬舎からデトロイト市の愛好家の所に行く予定であった“ビンゴ“がロングのラフコートのメスでないと嫌だと発送直前にキャンセルを申し込まれ其のまま当犬舎に残っていた。いまいる仔犬達5頭の中で最も美しくプロポーションも良いきれいな犬であるがアンダーショットになってしまったので日本のドッグショーでは、無理なので思案していた。 [続きを読む]
  • 諸悪の根源は、【繁殖屋】
  • 初めに 私は、【繁殖屋】という言葉を侮蔑的に使う。 「繁殖」というのは、生まれてくる仔犬の将来像を考えて、スタンダードからの逸脱度の少ない精神的、肉体的健全な“より良い子犬”を作出することである。 繁殖屋というのは、場当たり的、短絡的にそこにオスとメスが居るから交配した。仔犬の将来的な出来上がり等に関係なく自分の懐勘定で仔犬を作出し仔犬販売の儲けを生活の糧にする商売人を言う。 繁殖屋と言っても少数 [続きを読む]
  • 日大よ! お前もか?とジョンハナコその3
  • 5月6日に開催された日大対関学のアメリカンフットボールの定期戦 試合中の日大チームの 同一選手が3度にわたる危険違反行為を繰り返したにも関わらず日大常務理事そして監督であり日大アメフト部の最高責任者である内田正人は、試合後「アーやるしか勝てなかった」「監督の指示と生徒の受け取り方に乖離(カイリ)があった。」とまるで俺たちには、責任がない。と言わんばかりの発言を繰り返し内田監督は、試合後は、雲隠れし [続きを読む]
  • 番外地にも初夏
  • キングスウッヅファミリー会も無事終了し関西地区のファミリーに加え札幌と伊豆からの参加者も含め14世帯約30名近いファミリーが参加した。集合したワンちゃんは、仔犬を含め14頭であった。 私にとっては、参加された犬1頭1頭の成長ぶりを確認し系統の血液が如何なく発揮されているかを再認識する絶好のチャンスでもある。 6歳7歳(雷電君、ジョニー君、サン君)の当犬舎出身の個人愛好家飼育のセントバーナードが元気 [続きを読む]
  • 当犬舎の仔犬は、97万2千円
  • 「下の仔犬の一胎前の仔犬の1頭名前は、シーザー」 だと良いが一桁間違えた。 97,200円だった。 この子たちは、ファミリーで生まれている仔犬達です。 勿論DNA鑑定は、正真正銘のものでどこかのおっちゃんの様にそこいらに居るノラ侯爵のDNAではありません。 この価格は、購入希望者が犬舎に取りに来られての希望価格でありこれに地方発送となると諸経費で5万円ほど必要になり血統書が必要となれば、付加価値と [続きを読む]
  • 豪華なボロ家にも春の兆し。
  • たんぽぽ 札幌南陵の電気もガスも水道もないこの豪華なボロ家、あるのは、犬のクソだらけ! でも、季節は、無料で春を運んでくれた。 花らしきものは、何もない雑草とゴミだらけの庭の片隅に西洋タンポポの黄色い花を見つけた。 雨と寒さ続きの先週、目の調子も悪く灰色の世界。 何処に行っても灰色一色。 息抜きにピンボケ写真でもと・・・、撮ったが侭ならず。 『学ぼう』その3 セントバーナードの【被毛(毛種)と【色 [続きを読む]
  • ゴミだらけの犬舎掃除
  • (写真は、今年で8歳になるPaulポール) 連休前に完全に雪がなくなり地面も乾燥したので半年間埋もれていた黄金のお土産と噛み散らかしたプラスチック類、寝小屋から引っ張り出しずたずたにした絨毯の端っきれ、大量の落ち葉とで犬舎内は、荒れ放題である。 糞は、脱色して乾燥し、手で持っても臭いもつかず土の塊の様になっており落ち葉で腐葉土の様になっている黒い地面の上で際立って白く目立つ。 あと10日もするとイ [続きを読む]
  • 愚か者・詐欺行為実行者
  • 香川県坂出市のある繁殖者 【FB上のハンドル名および生年月日】 1992年11月8日生まれ(これも嘘) 実年齢60代 讃岐花子⇒Jon Hanako⇒ジョンハナコ(現在) 【本名・勤務先・住所】現時点では、公表しない。 【詐欺行為の実態】 当犬舎から8年前譲渡した牡と5年前譲渡した雌の間に仔犬が10頭産まれ当犬舎のブラド犬舎号の方が子犬が売れやすいからキングスウッヅの犬舎号で仔犬を販売して欲しいと [続きを読む]
  • JKCからの虚偽申請の問い合わせ。
  • 写真左は、JKCからの問い合わせ文書 写真右は、ジョンハナコ宅にいると思われる父親として登録したカク 先日来お騒がせしているDNA虚偽登録及び科学的なDNA鑑定結果による親子関係不存在による不正虚偽申請に関してJKCからの調査および経過報告書の文書が書留で届いた。 私は、ジョンハナコより当犬舎出身同士の交配犬による仔犬の一胎仔なので両親の名義変更もまだ終わっていなとの事と当犬舎のブランドで売った方 [続きを読む]
  • 雑種セントバーナードと呼ぶ根拠
  • 私は、20年以上前から【雑交配】という言葉を引用し多用している。 その意味は、1970年代日本のセントバーナード全盛期時代日本は、イギリスセントバーナードがほとんどであった。 その為セントバーナードの原産国は、イギリスであると言われていた。他方一分の有識者の間では、辞典や、図鑑では、原産国は、スイスと記述されているのに何故かという疑念が理由が分からないまま常に語られていた。 既に私は、純粋セントバ [続きを読む]
  • Pipp Leaving. ピップの旅立ち。
  • 2月28日はれ 今冬最後の日である。日一日と春めいてきている。 明日からは、春である。残念ながら未だ北の大地北海道では、つくしんぼうの発見には、ほど遠い。 その代わり春らしいものを沢山目にする。 真っ白なはずの雪の表面に空気中の細かいゴミがあぶりだされてきたからである。雪解けの始まりだと私は、理解している。 さて、昨年肺がんの病に倒れ自分で愛犬を管理不能になていた極悪の環境下でやせ細り落ち着かない [続きを読む]
  • オイラも成長したけど・・・
  • オイラは、チビで短足の田舎サムライ顔のX-Dayだよ。 世界で一番醜い顔だと言ってフェイスブックに紹介されちゃった。 しばらくボケ親爺は、お前のような野暮ったい顔は、10年から20年前には、いたが今はもう前世紀の遺物的存在だ。」と言ってカメラを少しも向けてくれない。 セントバーナードは、”知的な表情”と規定されているのでアホに見える顔や陰険な攻撃的な顔の犬は、飼育する意味がない。と言っていつも知ら [続きを読む]
  • 久し振りの完全休養日曜日
  • オイラは、チビで短足のペット犬”X−Day”だ。 今日7月31日7月最後の日曜日ボケ親爺は、久し振りに一日家にいるということだ。 ??K.W. Ana and Snow Queen (twenty one months old). ?? Jpn.Ch.K.W. Hey Paul V Stone Jr このところ親爺は、オイラ達を [続きを読む]
  • イタズラ仲間
  • 今年は、天候のリズムがおかしいと親爺は、言う。 今週に入って朝晩は、必ずと言ってよいほどストーブを炊いている。我が家は、生協の定期給油を契約しているのだというが、その給油も5月でストップ、また10月から再開されるようだが今月給油してもらわないと給湯のボイラーも危うくなるといっている。 天気は、良いが涼しい。 オイラとは、あまり遊ばなかったが「ピーター」と「リブ」がそれぞれ新しい家庭での生活が始まっ [続きを読む]
  • 7か月の誕生日を迎えました。
  • オイラはカッペのポチ公X-Dayだ。 今日で丁度7か月 ピンボケ親爺は、4月5月と壱銭にもならない雑用でちっともオイラやほかのお兄ちゃんお姉ちゃん達の遊び相手をしてくれず写真すら撮ってくれなかった。 4月には、ドッグショー愛好家(Show Fncier)からオイラを欲しいと言ってきた初心者がいたのだが迷った挙句お断りしたんだって。だけどオイラをショードッグとして他人様に譲るには、何年もドッグショー [続きを読む]
  • 過去の記事 …