変形性股関節症の方々の応援をしています。 さん プロフィール

  •  
変形性股関節症の方々の応援をしています。さん: 変形性股関節症とともに歩んで半世紀
ハンドル名変形性股関節症の方々の応援をしています。 さん
ブログタイトル変形性股関節症とともに歩んで半世紀
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nagatanikimie
サイト紹介文変形性股関節症と言われて、60年!手術3回経歴をもち、元気に健康になろうといろんなことをやってます。
自由文変形性股関節症の方々に自分の体験談やテニスボールでほぐす教室を案内してます。
いかに自分の股関節を一生もたせるか「長谷ほぐし教室」を企画して頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/02/29 14:04

変形性股関節症の方々の応援をしています。 さんのブログ記事

  • 泣いてしまう動画
  • いつも某民放テレビのカラオケバトルを主人と見ます。この水曜日は18歳以下の学生さんのバトルでした。四天王の女の子が半崎美子さんの「サクラ〜卒業できなかった君へ〜」を歌われました。この歌の本来の歌手は、下済み歌手生活17年、ずっとショッピングモールで歌われてた半崎美子さんという36歳?の女性です。子供を亡くした知人の実話をもとにして作った歌だそうです。泣ける歌で有名な方です。昨年有線放送大賞をとられ [続きを読む]
  • 緩消法って、すると痩せるの?
  • 最近、3ヶ月で3.5キロ痩せました。5月の終わりに内科の検診に行ったとき、体重を計るのですが、急な体重減少に看護師さんが体重計が壊れたのかしらと体重計に乗りなおしを指示されました。なにか減量されましたか?と聞かれると、私は体を左右に揺らし、こんな運動をしたら、痩せました。と笑いながら言いました。継続は力ねっと笑われました。ほんとに、緩消法を真面目にすると、痩せます。3ヶ月で3キロだから、すごいです。( [続きを読む]
  • 変形性股関節症の方は自分の原因筋が、わかりますか?
  • 5月10日3回目の緩消法の先生を岡山からお呼びして施術してもらいました。今回は変形性股関節症で重症だった(深圧2年、自然形体療法1年半年)を経過した彼女の経過を書いてみます。深圧を2年間受け、テニスボール教室を真面目に1週間に1度されましたが、急な激痛に襲われ、観音寺の自然形体療法に変わりました。数ヶ月は痛みの波はひどかったですが、1年未満で痛みは完璧にとれたようです。よく通われました。しかし、痛み [続きを読む]
  • 高松で2回目の緩消法出張施術をします。
  • 先月の29日緩消法の出張施術を5人の方が終え、どうなったか。変形性股関節症の一人の患者さんは、未手術で鼠径部から足が前に曲がらない方です。1時間の施術の間、2回、足のもも上げをして、床からの距離を計ってみました。最終的に最初の上がり方から、プラス9センチ上がりました。ご本人もびっくりしてました。もう一人は変形性股関節症の体重がしっかり股関節にかけれない患者さんです。施術を受け、たびたび歩きを診ても [続きを読む]
  • 緩消法認定医の先生を高松に呼びます・・・
  • 3月は私には過ごしにくい日々でまた、冷えては胃が動かなくなって、寝込んだりしてました。そんな期間なのでちょっと企画をしてみました。3月3日広島の緩消法学習会で無料DVDを頂きました。その中に・・・当時47歳 大阪 Nさん中学時代から股関節痛で、ここ数年特に痛みがひどく、洗濯干し、炊事、食料の買い物も辛い状況でした。仕事も通勤が大変で休んだり、同僚にも迷惑をかけていました。医師の診断は、先天性変形股関節で [続きを読む]
  • 緩消法講習会の裏話
  • 日曜日、坂戸孝志先生の緩消法の広島学習会の裏話です。午前中の講習は無料です。先生の研究までの苦労話や全国を900回以上講演して歩いていること、東京のほうでは、先生は新聞に出たり、テレビに出たり、マスコミにも沢山出演され、私が知らないだけで有名人らしいです。本も33万部売れ、何冊も出されています。午前中の最後に仕方を教えてくれます。ウェスト部分に親指を両側から、当てて、左右に体を揺らす。それだけ教え [続きを読む]
  • 腰痛緩消法学習会に行った来ました・・・
  • 先々週の金曜日から風邪をひき、全身いたるところに関節痛がおこり、ひさびざ、15年ぶりに左股関節に痛みが出ました。(自骨手術キアリのほうです。)おもだるく、寝てても力が抜けませんでした。15年前もあったのですが、風邪の菌がまるで、股関節についたような感じです。片足になれず、力が入らず、お手上げでした。胃が弱いので、吐き気もして、休日当番院に行って、吐き気止めの栄養剤点滴を打ってもらいました。金曜日に急 [続きを読む]
  • 股関節痛を自分で治せるかも・・・緩消法のかんたん理論
  • 坂戸孝志先生の緩消法(字を間違えて書いてました。正式には緩衝ではなく緩消法です。)のかんたん理論の勉強です。鼠径部と太ももの痛みを緩和する緩消法の仕方を簡単に説明しましたが、いったいあとはどうすれば股関節まわりは、ほぐれていくのか。それが問題です。だから少しでも理論を知ってください。坂戸先生の一言一句を書いておきます。緩消法という方法で、筋肉をどうやって弛緩させて、柔らかくしていくか。これは、緊張成 [続きを読む]
  • 太ももの筋肉痛の緩衝法
  • 太ももは変形性股関節症の方はよく痛みを感じる部位です。本当の痛みの原因はその太ももではない場合もあるのですが、まずは痛みのある太もも、固まってる太ももを緩衝法で自分でしてみましょう。1、椅子に座ります。2、太ももの痛い部分に親指を筋肉に直角にあてます。 1?の面積を守らないといけませんので、指をマッサージみたいに広く置いてはためです。 ほぼ指先です。3、注意しないといけないのは、500gの圧力にす [続きを読む]
  • 痛み緩和テクニック2
  • 羽生くん、やりましたね。!!!主人と日本の宝だといいながら、二人で泣きました。緩衝法の問い合わせがあって、腕も効くのですかとメールを頂きました。関節で動かせる体全部の筋肉に効きます。(まだ十分勉強してないのですみません)右腕、力こぶの所が痛いそうですが、教室の生徒さんで、筋膜の勉強をしてらっしゃるので、肩からでしょうか?と言われます。今までの私だったら、筋膜マッサージから考えたら、肩か肩付け根、肘と [続きを読む]
  • 股関節痛の方への痛み緩和テクニック
  • 以下は坂戸先生のDVDの中の動画の解説を忠実にうつしました.股関節痛の即効緩衝法のテクニックです。今回は鼠径部の痛みについて、いかに早く痛みをとっていくかお伝えします。鼠径部の痛みで多くは大腰筋、腸骨筋の緊張により痛みを訴える方が多いのでこの場合、大腰筋、腸骨筋は鼠径部の、鼠径靭帯の深部にあります。まず鼠径部のこの部分に指をあてるのですが、少し足を曲げた状態で、鼠径靭帯がここにありますので、鼠径靭帯の [続きを読む]
  • 股関節痛の方へ・・・股関節周囲を緩める準備運動2
  • 昨日の続きです。次は、足首まわしです。私が、足首まわし、足指回しを語ると、うんちくが長くなります。足首は全身を緩めるスイッチです。基本、体を緩める施術と思ってやってます。意外と皆、軽視するんですよね。足が反対の足に組める方は、軽く足を組んで、片手で足先を持って、足首を回していく。私はだいたい左回し、右回し50回は回します。回しながら、ちょっと方向をいろいろ変えてどこの筋肉に響くが頭で感じながらして [続きを読む]
  • 股関節痛の方へ・・・股関節周囲を緩める準備運動
  • まずは股関節痛の方用に、股関節周囲を緩める準備運動です。足の状態が、個人的にそれぞれが違いますので、なんともこれがいいとも言えませんのでランダムに書いていきます。体が冷えてないか、確認して、部屋を暖めてします。特に、お尻、太もも、ももの横、足首、足先が冷えていましたら、お風呂で温まるか(必ず15分は湯船につかること)ホッカロンをお尻の真ん中か、鼠径部(ももの付け根)にやけどしないように、下着の上から、 [続きを読む]
  • 今、股関節の痛みがでて困っている方へ・・・
  • 早々に、今、股関節の痛みがでて困っている方への対処方法を書いてみます。絶対にすぐやめることは・・・筋トレは全部やめる。ストレッチの中でも筋トレと同じものがあるので注意。歩く練習もやめる。(ノルディックポールでも痛いときはやめる。)プールで歩くのもやめる。整形外科で教える、仰向けに寝て、片足を上げ、そのまま10数えて止め、下し、反対の足もする。・・・これは最悪の筋トレです。この数日NHKEテレで今日の健康 [続きを読む]
  • 股関節痛で悩んでいる方へ・・続き
  • 今、高梨選手がビッグな記録を出してくれました。ヤッホー!!!そうだ続きです。なんなんだこの痛みはっと、答えてくれたのが深圧の松本先生です。「筋肉の拘縮、癒着ですよ。股関節痛はほぐして筋肉を正常にすれば、治ります。」2年間、3ヶ月ごとに高松のホテルに来てくれてほぐしてくれました。初めてから、半年は、ほぐすのに痛いのなんのって、痛いのに涙がでました。カチカチに固まった私の太もも、おしり、手術痕、親の死 [続きを読む]
  • 股関節痛で悩んでいる方へ・・・・
  • 夕方、高松は大吹雪!!!山形は4m降ったとか、信じられないー久しぶりに股関節ブログ村にいき、他人のブログを読んできました。まさに今、痛みのある方のブログを読んでしまいました。((+_+))リハビリに筋トレしたり、自転車乗ったり、いろいろしてらっしゃるのだけど、痛み止めを飲むほどの痛みがでてる状況の方でした。私のブログを読んでみてとコメントしたので、初めから思い出してみます。よいアドバイスができればと思う [続きを読む]
  • 変形性股関節症の方へ・・・先生との相性って大事よ
  • 今日のNHK朝ドラ「笑ろてんかい」!!!!(^^♪今日の土曜日は楽しみにしていました。ミス ・リリコと史郎 がどうなるか、1週間いじいじしてました。笑わん漫才はどうなるか・・・リリコと史郎が泣いてるのを見て、私、つられて泣いてしまいました。((+_+))今日は主人が出張から帰って疲れて寝てますので、その間に書いてみます。お医者さんと患者さんの相性は大変重要なものと感じてます。変形性股関節症のお友達のお一人の方は [続きを読む]
  • 変形性股関節症の原因は・・・腰?
  • 坂戸孝志先生の緩衝法は本を見ながら、一昨年教室でやっていました。生徒さんには股関節痛なのに、なんで腰痛体操なのって、不人気でした。坂戸先生の腰痛の表現は下半身の腰、臀部、膝、ふくらはぎ、が入り、痛みの範囲は、膝痛、ふくらはぎの痛み、太ももの痛み、股関節痛、も入ります。緩衝法という治療を2007年に作られ、肩こり、偏頭痛、古傷の痛み、慢性痛25種類に効力があるそうです。腰痛がなぜ痛くなるか。動画では [続きを読む]
  • 腰痛改善緩衝法坂戸孝志先生の無料動画配信のご案内
  • 坂戸孝志先生とは痛みに関する研究の第一人者。専門は「筋肉生理学」。18歳の時、事故により重度の腰痛を発症。総合病院や日本中の治療院を渡り歩き300万円以上を投資したが症状は回復せず、寝たきりの生活となる。そして「誰にも治せない痛みは、自分で直すしかない」と覚悟を決め、海外の研究資料をヒントに筋弛緩法を考案。腰痛を克服することに成功した。以前から注目して坂戸先生著「9割の腰痛は自分で治せる」の本を買 [続きを読む]
  • 人工股関節置換術最小侵襲手術MISの欠点・・・・
  • 雪が降るので、部屋にこもってます。今日は高松でも寒いーー・・・((+_+))先週の日曜に香川県の大学病院の先生の講演会でした。誰か知り合いはいないかなーと期待して行ったのですが、のぞみ会の方々はホテルで昼食会を開いていたので、誰にも会えませんでした。MISは人工股関節置換えの最新手術法です。詳細はインターネットでいろいろ出てます。特徴は、筋肉、ずじを切らないで、表面の傷を最小限に小さくするというものです。今 [続きを読む]
  • 足が前に上がらない曲がらない方へ・・・太ももを使わない歩き方
  • 福岡に住んでいたころ、変わった歯医者さんが教えてくれたことです。(朝、岩合さんのジャンプするネコちゃんを見て、思い出しました、(^_-)-☆)世間では、水中で、もも上げ歩き、筋トレで、もも上げをしてますよね。そんな太ももなんて、鍛えなくても、人間歩けるんだよ!とその先生は何度も廊下を歩かせました。面白い先生だなって思ってのですが、変形性股関節症の方で太ももが前に上がらないというメールをもらい、参考になれば [続きを読む]
  • 変形性股関節症の方でコキコキ音が鳴って心配な方へ・・・
  • こんなに重ねて書かなくても・・・と自分でも思うのですが・・雪で外にも出れないし、・・主人が飲み会の時に書いておかねばブログの書く時間がなくて・・・単身赴任から戻った主人と5年ぶりの同居が始まりました。朝出勤して、会社が近いので、お昼に帰って昼食を一緒にし、夕方6時には夕飯になります。夜は一緒にテレビを観るのを楽しみにしてるので(私だけ)、一人でパソコンに向かう時間を少なくしました。一緒にいるときくら [続きを読む]
  • 変形性股関節症の方の施術中に激痛・・・の話
  • 先週の変形性股関節症の方達のランチ中の話です。ランチ中の患者同士の気軽な話でので聞き流してね。自然形体療法の先生達は初めての患者さんに、施術中に痛みが出る時もありますって言えばいいのにねっていう話題です。そう言えば、施術中に痛みが出た方を2人、施術あと日が変わって出た方も2人知ってます。結論は、固まった筋肉、筋膜、すじが動き出した時に痛みが出るそうです。重症患者さんは特にでるみたいですよ。お一人は [続きを読む]
  • 「腕の動きは股関節の動きに通じる。」って本当?
  • 今日は朝から、ルンルンと、家事がこなせました。日頃の2倍は動きが早かったー(^_-)-☆なぜかと言うと、この前、変形性股関節症の皆とランチをしたときに、「先生が、真横に寝た状態の私に、肩甲骨の角に片手でひっかけて、その側の腕を少し曲げ、肘を天井にひっぱる施術をしてくれたそうです。あと、足が軽くて軽くて、小走りができそうなくらいでした。」と言われたのを思い出しました。そういえば、地元のマッサージの先生もし [続きを読む]