NHお姐 さん プロフィール

  •  
NHお姐さん: NHお姐のログレス奮闘記♪移り行く日々…
ハンドル名NHお姐 さん
ブログタイトルNHお姐のログレス奮闘記♪移り行く日々…
ブログURLhttp://mika4308.blog.fc2.com/
サイト紹介文スマホRPG剣と魔法のログレスいにしえの女神と、私のリアルな毎日を書き留めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/02/29 15:32

NHお姐 さんのブログ記事

  • 決意!(日記のようなもの…)
  • 思い通りに進めぬ道を右へ左へさ迷いながら歩く我が身の影見つめれば右へ左へまとわりついて離れぬ影は重たくて重たい影をひきずりながら霞む未来を見つめてみたら揺れる心が連れてきた涙で何も見えなくなった…おはようございます。ブログ更新サボってました(^_^;)そんな今の私は…毎日が耐え難い間接リウマチの痛み…腎臓に関しては真っ赤な血尿もまだ出てる…リウマチも腎症も進行性の病気と言われ、これといった治療法もなく進 [続きを読む]
  • 吐息の色…心の色…
  • 緑の吐息にありのままの自分を写し青い吐息に穏やかさを見つけ…黄色い吐息に不安を溶かし赤い吐息に励まされる心…クリスマスのイルミネーションに色付いた私の吐息…美香。。。と、いうことで…どうも、おはようございます。最近、病気に負けそうなワタクシ??????ふぇ〜まぁ、病気もそうだけど収入が無いことも不安の要素(^_^;)全くないわけじゃないけど…社会保険の傷病手当てのみ…先日の診察で、本来入院した方が良いと [続きを読む]
  • 涙は思いでの中に…
  • 夜毎貴女の夢を見てアルバム出してページをめくり前に見つけた思いでの欠片を見ながら零れる涙…本の間に挟まっていたしおり代わりの買い物のメモ…今でも色褪せる事もなく貴女が書いたその時のまま折り目ひとつ無く綺麗なままでもう何年も経っているのにまるで貴女がいま書いたようでまるで貴女が傍にいるようで…久しぶりに涙が溢れた…哀しみの涙じゃない…貴女を思い出すための涙…寂しいんじゃない…お姉ちゃんを思い出すため [続きを読む]
  • 参ったわ…
  • どもです(。・_・。)ノめっきり寒くなり気付けば師走の12月…。未だに仕事に復帰することができず、腎臓障害患いながら追加で来ました間接リウマチ( ;∀;)これが痛いのなんの…最初は、ただの腱鞘炎かバネ指、主根幹症候群が悪化したのかと思いきや…(腱鞘炎もバネ指も主根幹症候群も持っていたわたしです)これが今までの腱鞘炎とは比べ物にならない激痛に変わったのであります。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ゲキツウー両手はパンパンに腫れ [続きを読む]
  • 横浜の夜に…
  • 秋は枯れ葉の舞う季節色付く木の葉はドレスのように静かな風のリズムに合わせ踊る木の葉は楽し気に秋を彩る舞踏会…と、いうことで…(*^.^*)昼間は暖かくなったり、朝晩は寒かったりと…体調崩しやすいこの時季、いかがお過ごしでしょうか♪どうぞ体調管理にはお気をつけくださいね(*^.^*)bさてさて…今日から12月なのであります(^_^;)ハヤイネー私は相も変わらず自宅に引きこもり療養中ですが…炎症が中々治まらず、炎症があちこちに [続きを読む]
  • リネージュ2二次創作長編小説16 
  • アラン・ケイス結盟軍とインナドリル傭兵軍隊アラン・ケイス血盟軍、インナドリル傭兵軍隊の両隊長の合図により両軍が激しく動き出した。アラン・ケイス血盟軍、弓部隊の弓が一斉に放たれた。敵軍の中に1000本 の矢が雨のように降っていった。当たったのかどうか判らないが、続けざまに弓の第二掃射が放たれた。数人が倒れたように思えた。アラン血盟軍の前衛部隊のファイター達も槍と剣を振り上げインナドリル軍に向かってい [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 15
  • 悲劇のアラン・ケイス血盟軍処刑場にて処刑場の監視者を倒したクラゥディとガルシニア一行。シルバーレンジャー、マリマルの話を聞いたガルシニアとクラゥディ達は、兄を探しに行くというマリマルの支援のためギランへと向かうのだった。途中、処刑場の様々なモンスターの襲撃に合いながらも、クラゥディ達は無事に最上段を抜けようとしていた。『なんとか処刑場を抜けられそうだ。あと少しってとこかな』ガルシニアが言ったその時 [続きを読む]
  • 今の私とリネージュ2レボリューション
  • はい♪どうも〜(*´∀`)ノこのところ、家に閉じ籠りなワタクシです(^_^;)と、言うのも…今週、11月13日の月曜日の朝、体調悪化。(身体の随所に炎症をおこしていた。結膜炎、両手腱鞘炎、肩、膝の関節炎)今の腎臓の病気であるC3腎症について、ある教授の論文を読んでみたところ、自分の症状に当てはまること多々あり、おそらく腎症の影響と思われ…前回の受診の時にも、身体のあちこち痛みがあり、それを先生に告げたけど曖 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 14
  • 処刑場の監視者サラが血盟軍に助けられた頃。クラウディ、ガルシニア一行は夜の処刑場の最上部に差し掛かった所で身を潜めていた。処刑場は三層になっていて、一番下の最下部、中段部、最上部に分かれていた。下部、中段部を抜けて、最上部の階段を上がりきった所で処刑場の魑魅魍魎の塊、処刑場をさ迷い続けるモンスター、身長が2メーターを優に越える処刑場の監視者と言われる者に行く手を塞がれていたのだった。『奴が警備兵の [続きを読む]
  • 新種現る(;`・ω・)ノマジカヨ…
  • どもです〜(*´∀`)ノお久しぶりな未分類記事なのであります(^_^;)朝晩と昼の気温差が著しく上下する秋…朝の冷たい空気に浮かぶ白い息に移ろいゆく季節を感じ…色付いてゆく木の葉に深まる秋を見つめ…深まる秋に自然の営みを思いつつ…コスモス咲けば 秋が来て木枯し吹けば 枯れ葉は落ちて残る木の葉は 色気付き春の桜に 負けまいと人目を引けば 恥ずかしく赤くなりなりつつ散る紅葉…と、いうことで…自然のサイクルは、毎年変 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 13
  • 血盟軍隊ギランへ…処刑場で、クラゥディとガルシニア達がヌルカ血盟集団と闘っていた頃…リザードマンの縄張りでオルマフムとリザードマンに襲われリザードマンに装備を全て奪われたサラは、今更ながらギランへ行こうとしたことを後悔していた。サラを生け捕りにしたリザードマン達は、また旅人を襲うためにサラを囮にしようと考えた。そして体の大きなリザードマンに担ぎ上げられたサラは海岸の方へ連れていかれるところだった。 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 12
  • 極悪非道ヌルカ血盟軍 処刑場の中の中断層へと繋がる階段でグラディエーター、レディックを追いかけてきた集団を、ガルシニア、ラシュ、レディック三人のグラディエーターが階段を塞いだ。メリーはセシル、ローズ、ハミル、アンナ達メイジのガードに着いていた。バタバタと階段を駆け降りてくる集団が、ガルシニア達に月明かりの下で、はっきりと見えてきた。ガルシニア達のパーティーより遥かに人数が多かった。20から30人は [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 11
  • 処刑場…アドロの元へ向うサラがリザードマンに捕まり装備を全て取られ、恐怖の中にいる時…その頃ディオンの町に宿泊していたクラゥディ、セシル、ガルシニアの一行はディオンで知り合ったシルバーレンジャーのマリマルという女性と意気投合し、彼女もギランへ行くとの事なのでクラゥディ達と同行する事になった。そしてギランへと向かうべく時間短縮の為に、シルバーレンジャー(弓を得意とするエルフ人種)、マリマルが加わった [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 10
  • サラの危機 サラは腰に巻き付けた小物入れの中から、自分の魔力を高めるエンパワーポーションを素早く飲み込み、特別に魔法攻撃力を高める祝福されたスピリットショットをデーモンスタッフに込めた。サラは、ちらっとミミに目を向けた。ミミの尻尾が少し動いた。同時にミミの尻尾のすぐ横にナイフが突き刺さった。『あっ!!チキショー!!外れやがった!!』数匹いるリザードマンの一匹がミミの尻尾を投げナイフで遊び半分で狙っ [続きを読む]
  • 空のアルバム 14頁目 【記憶…】2017 10月7日撮影
  • 静かな風に誘われて思わず空を眺めれば流れる雲は形を変えてゆっくりゆっくり消えていった…忘れたい記憶も雲のように消えて無くなればいいのに…消したい過去消したくない過去どちらも過ぎたことだけど…それでも…忘れた頃に私を悩ます黒い過去…忘れたいのに記憶のかけらが甦らせるそれなのに…忘れたくないのに薄れていく大切な記憶…消したい過去もあの雲のように消えて無くなればいいのに…忘れたくない思い出は…写真のよう [続きを読む]
  • トマトと洗濯物と夜のデート??
  • どもども〜(*´∇`)ノ暦も10月に入り朝晩はめっきり涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか(*^.^*)昼間はうっすら汗をかく陽気ですが、朝晩の気温の差で体調崩したりされませんよう、お気をつけくださいね(*^.^*)bそして私は先日の腎臓検査入院をして、仕事復帰の2週間目になりました。1ヶ月以上、仕事お休みしていたので疲れる疲れる(^_^;)でも、なんとかリズムを取り戻しつつあります♪そして、昨日の10月9日 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 9
  • 旅立ちサラは 一人で家にいた。夜はアドロと一緒に食事をする約束をしていたのだ。また新婚の気分になれるな〜…。サラは、そう考えて一人にやけていた。そして、夜になり食事の支度も終わり、アドロが来るのを待っていた。しかし、いくら待ってもアドロは来なかった。そして、とうとう朝になった。『なによ!一緒に御飯食べる約束してたのに!』独り呟きながら、サラはアドロの家に向かった。サラはアドロに会ったら、文句の一つ [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 8
  • ギラン城陥落…アドロ達が村に戻って一時間位してからリキと側近一人がグルーディンに着いた。村の広場にいれば、リキさんが来たときわかりやすいだろう、とアドロ達はリキが来るのを広場で待っていた。そして、遥か上空にワイバーンの姿が二つ見えた。『あっ!来た来た!あれリキさん達じゃない?』サラが上空を指さし叫んだ。上空に見えていた二つの黒い影はみるみる大きくなり、地面に降り立つワイバーンは翼を目一杯広げて、ふ [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 7
  • 血盟主 ギラン城主リキ ハリスはリザードマン6匹相手に勝てるとは思っていなかった。だがハリスは闘志剥き出しで短剣を抜いてリザードマンを睨み付けていた。ハリスは左手に短剣、右手に投げナイフを隠し持っていた。ほんの少し睨み合いが続いた。先に動いたのはハリスだった。隠し持っていた投げナイフをリザードマンの胸を狙って投げた。ナイフはリザードマンの胸に深く食い込み、リザードマンは倒れてのたうちまわっていた。 [続きを読む]
  • 空のアルバム 13頁目 2009年 9月撮影
  • 爽やかな風吹く朝…彼岸の花咲き訪れた秋…夏の名残のお日様に暖められた町並みは…秋の夕陽に冷めてゆく…夕暮れ栗の木夕陽の影に偲ぶ心に想い出の笑顔見つめて想い出滲み時を忘れて見つめる夕焼け…ふと振り返り空見れば…綺麗な三日月浮かんでた…夜空に浮かぶお月様振り返る度着いてくる幼い私は月が怖くて握りしめてた優しい姉の優しい手…虫の音俄に音を出し眠りについた静かな空…町にも星が瞬きだした…お休み…大好きな空 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 6
  • 経験2             【ステラ】遺品回収を兼ねて、モンスターとの実戦経験を積むためにリザードマンの生息地へ足を踏み入れた、アドロ達。リザードマンの罠にかかり、前後からリザードマンに挟み撃ちにされていた。アドロたちのパーティーを前後から10匹のリザードマンが襲い掛かってきた。エリウスは怯む事無く、五匹のリザードマンに突っ込んでいった。『ステラ!前は頼んだわよ!』ティアラはそう言ってアドロとス [続きを読む]
  • 私の入院日記 憂鬱な3日目…( -。-) =3
  • 9月15日 (金)腎臓検査入院3日目であります(^_^;)前夜は激しい痛みと、仰向けで寝なければいけないという過酷なミッション インポッシブル(´;ω;`)膝も曲げてはいけない…横を向いてもいけない…況してや上半身を起こすのは論外なのであります。でも、痛みを和らげるには…横向きに寝るか、仰向けのまま両膝を抱え込むと腰骨が伸びるのでとても気持ちいいのであります(⌒‐⌒)しかしながら、これら全部やってはいけないこと… [続きを読む]
  • 私の入院日記 一日目…
  • 2017年9月13日(水)どもどもども〜(^_^)/はい!本日から某大学病院へ検査入院となったわたくしであります。ことのいきさつは、長年漏れ続けている尿淡白と血尿。それに加えて、今季の夏にぶっ倒れること2回(^_^;)いささか仕事に支障が出たので、会社より強制入院を命ぜられたワタクシは、既に一月近く休んでいるわけで…当初は、毎日お休み嬉しや楽しやでしたが…今では、とても仕事をしたがっている私なのです(^_^;)お給料保証 [続きを読む]
  • リネージュ2 二次創作長編小説 4〜5
  • 【予定…】ラットマンの山賊に襲われたクラゥディ達は、それから二日後にようやくグルーディオに着いた。『やっと着いたわね〜』ローズが独り言の様に呟いた。『さてと、とりあえずは今夜の宿を捜すとしますか』ガルシニアはそう言ってストライダーを装備の中に戻した。宿はすぐに見つかった。セシル、ローズ、アンナ、メリー達は身体の汗と汚れを落としにいった。クラゥディ達も汗を流し始めた。それぞれ汗を流したあと一つの部屋 [続きを読む]