月灯りのランプ さん プロフィール

  •  
月灯りのランプさん: 月の灯りがつむぐ物語
ハンドル名月灯りのランプ さん
ブログタイトル月の灯りがつむぐ物語
ブログURLhttp://lot-moonlight.blog.jp/
サイト紹介文感じてはイケないのに・・・羞恥、露出、NTR。妄想を小説にしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/29 23:09

月灯りのランプ さんのブログ記事

  • 小道具
  • いつも私の作品を紹介してくださる古川様のblogで「夫の妄想・妻の“もうひとつの”現実」で最近登場した小道具の推察が書かれております。いろいろと推測していただいていますが、結論を先に言うと本作のお祭り編で登場するのは架空の玩具になります。でも古川様の推察はほ... [続きを読む]
  • 第8章 15話 揺れる滴と揺れる心
  • 第8章 15話 揺れる滴と揺れる心−□−□−□−こんばんは。Tです。ボウリングですか、楽しそうですね。それに松浦さん・・・つい吹き出しちゃいました。でもお互い他人のふりをする分だけ興奮が高まりますか?せっかくなので私からもスパイスをお贈りします。次のゲー... [続きを読む]
  • 久々の更新
  • こちらは久々の更新となりますが、8章第12話と13話をアップしました。“もうひとつの現実”の方は順調に進んでおりますが、こちらの方も少しずつ更新していきますので宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 第8章 11話 小悪魔の策略
  • 第8章 11話 小悪魔の策略◇◇◇「え〜! それじゃ啓太くんは女の子とお付き合いしたことないの?」「・・・はい」「あら。お姉さんキュンキュン来ちゃうかも」「おい! お姉さんって。智美も啓太と同い年だろ」場所を優衣ちゃんお薦めのタイ料理店に移すと、簡単な自... [続きを読む]
  • 第8章 10話 愛しの小悪魔
  • 第8章 10話 愛しの小悪魔***「綾乃お姉様〜!!」すでにテンションMAXの優衣ちゃんが両手を広げ駆けてくる。「ちょっと待って!!」周りの目を一切気にせず抱き付こうとする優衣ちゃんを私は両手を前に出して何とか止めた。「何でですか?!」優衣ちゃんは私の胸... [続きを読む]
  • 新作始めました。。。
  • こちらに書くのを忘れてましたが、新作が「妻と勃起した男達」 様の2219文庫でスタートしております。前作の最後に予告しておりましたが、タイトルは「夫の妄想・妻の“もうひとつの”現実」。綾乃の新たな冒険のお話となります。ストーリーの序盤は綾乃がT様(夫)... [続きを読む]
  • もう咲いちゃいました?
  • kei様。コメントありがとうございます。桜が咲く頃には新作を・・・なんて言いながら、もう3月も終わっちゃいますね。進捗具合はと言うと・・・色々と身の回りがバタバタしており、執筆の時間も意欲も厳しい状況が続いておりました。現在の進捗度は70%と言ったとこ... [続きを読む]
  • 第8章 9話 消えない余韻
  • 第8章 9話 消えない余韻◇◇◇<ダメ...>子宮で渦巻く淫欲はいとも簡単に心から恐怖の色を消し去り、痴漢の脈打つ塊に私の心は支配されてしまう。“ダメ...”それは痴漢に対する恐怖ではなく、子宮から襲いかかる己の淫欲に対しての叫びだった。「んふっ」痴漢の... [続きを読む]
  • 第8章 7話 汚された妻の想い
  • 第8章 7話 汚された妻の想い(なんてことを・・・・・・・)あまりの衝撃に私の意識が目の前の光景を拒絶する。カッと目元が熱くなり張り裂けそうなほど鼓動が跳ね上がる。妻の後ろに立つ男は相変わらず自分のものを妻に押し付けていた。だが妻の手のひらが・・・・・見... [続きを読む]
  • 第8章 4話 鏡の中の小悪魔
  • 第8章 4話 鏡の中の小悪魔***「...ごちそうさま」とりあえず空腹の妻をなだめるため、ビルのレストラン街で食事を取ったが食べ終わっても妻の元気が無い。「どうしたの?」「.....」「ん?」「朝ね。オモチャで大きくされたでしょ?それから..ず〜っと擦れ... [続きを読む]
  • 第8章 2話 淀んだ視線
  • 第8章 2話 淀んだ視線“ブブーッブブーッ”「あっ! メール...T様からだ♪」−□−□−□−おはようございます。Tです。今日はサーカスを見に行かれるんですよね?私も小さい頃に連れて行ってもらった覚えがあります。そんな昔の話はいいとして、せっかくのお出か... [続きを読む]
  • 第8章 1話 追いかけっこ
  • 第8章 1話 追いかけっこ(・・・はっ!)まぶたを通して感じる部屋の明るさに私の意識が覚醒する。充実した“夜”を過ごした後の目覚めは悪くなかった。体にじわ〜っと広がる鈍い疲労感も今日、新たに起こるであろう出来事を妄想しているうちに自然と消えていく。私は極... [続きを読む]
  • やっと1日目
  • 今日は一気に2話更新。それでもやっと旅行編の1日目。まだまだ先は長い。それに新作も書かなくては。。。(ちなみに新作の完成度は6割ぐらい?) [続きを読む]
  • 第7章 11話 密室の真実
  • 第7章11話密室の真実スマホがメールの着信を伝えたことで気付く。私の手が震えている。あまりの興奮に体の感覚がおかしくなっている。妻からのメール。間違いなく写真が添付されている。そしてその写真の中身は・・・どんな卑猥な物なのか。もう見る必要も無い。メールが... [続きを読む]
  • 第7章 10話 その向こうを望んで
  • 第7章 10話 その向こうを望んで***店内に戻るとちょうど妻もトイレから出てきたところだった。妻は一緒にいた男性の後ろからひょこっと顔を出すと“失敗しちゃった”とでも言うようにペロッと舌を出して微笑んでみせる。(ん〜。可愛い)私は自分でもバカだと思う。... [続きを読む]