BEのぶ さん プロフィール

  •  
BEのぶさん: 昭和考古学の旅へ
ハンドル名BEのぶ さん
ブログタイトル昭和考古学の旅へ
ブログURLhttp://parupuntenobu.hatenablog.jp/
サイト紹介文昭和の遺物を訪ねる「昭和考古学」を続けています。懐かしい、今まで知らなかった昭和をお楽しみ下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/03/01 09:44

BEのぶ さんのブログ記事

  • 吉田茂からのメッセージ
  • 「日本の歴代首相の中で誰がいちばん好きですか?」と聞かれたら答えに詰まってしまうので、以下の条件をつけます。「戦後の首相では」この条件なら、真っ先に吉田茂の名前を思い浮かべます。たぶん、これに同意する人も多いと思います。吉田茂は有名なので、私がくどくどと書くには及ばないですが、敗戦直後の国中が焼け野原になった日本を、それ以上に歴史始まって以来の敗戦ショックで、精神的に生きた屍状態になった日本人の [続きを読む]
  • 淳仁天皇陵−淡路島に残る唯一の天皇陵
  • ハンバーガーとくれば私はモスバーガー派なのですが、島には遺憾ながらモスバーガーはありません。マクドことマクドナルドで我慢しています。マック?iMacはやっぱ照り焼きに限るわ・・・ってなんでやねん。マクドの経営不振は小耳に挟んだことがあるのですが、やはり天下のマクドと言えども胡座をかくと屋台骨が揺らぐか、しばらく行かない間にけっこうメニューが増えていました。モスバーガーは都会に出る愉しみにしておいて、島 [続きを読む]
  • 台北のローマ字に見る台湾アイデンティティ−ウェード式からピンインまで
  • 台湾にはないはずの○○が何故ここに・・・?先々月、久しぶりに台湾にやって来て早々、違和感を感じたことがあります。そもそも台湾にあるはずもないものなのにそこにある。なんというか、花粉症のような、アレルギーに近い強烈な「異物感」が。それは一体何か。違和感その①。違和感その②。夜に撮影したものなので少し見づらいですが、看板に注目。違和感その③。これも看板の、ローマ字に注目。違和感その④。なんで [続きを読む]
  • 肥満はつらいよ
  • 今年の5月に禁煙して、もう5ヶ月目になります。ここまで来ると、自分が過去にタバコを吸っていたことすら、普段は忘れています。マルボロが値上げだそうですが、そんなことはもはや他人事。痛くも痒くもありません。そしてここまで来ると、再び吸おうとも思いませ・・・と胸を張って言いたいのですが、そうならないのがタバコの怖いところ。先日上司と会社の別の課の人二人の合計4人で、仕事の打ち合わせで少し遠出の日帰り出 [続きを読む]
  • プーチンだけど、国民よ何か質問ある?
  • おっす、オラ、ウラジミール・ウラジミローヴィッチ・プーチン!ロシアって世界一デカい国で大統領をやってんだ!オラに何か聞きたいことがあったら、何でも聞いてくれよな!おめーらからの質問、待ってんぞ!おそロシアことロシア共和国のプーチン大統領のイメージは、強権・強面・冷たいなど、概して良いものとは言えません。何かヘタなことを言うと、ボタン一つで消される的な!?しかし、イメージだけで語るのは愚策。実際 [続きを読む]
  • 9月28日はパソコン記念日
  • 今日の通勤時にラジオを聞いていると、こんなことを言っていました。「今日は、パソコン記念日です」パソコン記念日という、なんだかちょっと変わった「今日は何の日」に反応してしまいました。私にとってはパソコンがないと日常生活に支障が出る、テレビは別に要らんがパソコン(とネット回線)は絶対に要るというほど、生活用品の一部となっています。今はパソコンがなくても、スマホやタブレットでもほぼ用事が済みます。 [続きを読む]
  • 読めたらあなたも立派な大阪人!−大阪の難読地名10選
  • まけもけさんのブログのコメントを、この場をお借りして、敢えて泉州弁でコメントします。だんじりでうぉーの地域で生まれ育った泉州人やけど、ワシ吹田も交野も読めるで〜。泉州人の第一人称は、男も女もワシです。かわいらしい小学生の女の子が『ワシもぅえらいわ』などと言っている地域です。いちおうお上品に翻訳すると「わたくし、もう疲れましたわ」ですが、リアルで聞くと大阪市内の人もビビります。www.gw2.bizま [続きを読む]
  • 新世界のゲーセンでレトロゲームを堪能しよう!かすが娯楽場編
  • 大阪は新世界には、レトロゲームに特化したレトロゲーセンがいくつか存在しています。以前紹介した「ザリガニ」が、知名度では一歩抜きん出ているようのですが、他にもブログのネタにすべきゲーセンがいくつか存在しています。今日は、その一つを紹介します。ゲームセンターかすが平日でも観光客の足が絶えないジャンジャン横丁の雑踏の中に、そのゲームセンターはあります。ただでさえ狭い上に人通りが激しいジャンジャン横丁、意 [続きを読む]
  • 軍事施設の撮影には気をつけろー中国での日本人拘束に添えて
  • 日本人をスパイ容疑で逮捕へwww.jiji.comどういう経緯で捕まったのかが書かれていないので、詳細は不明ですが、2つの可能性が考えられます。①日本に対する政治的圧力②軍艦などの軍事施設を、もの珍しさで撮ってしまった①は、中国が十八番にしている「指桑罵槐」(しそうばかい。「桑を指して槐(えんじゅ)を罵る)です。簡単に言うと、日本人を「スパイ容疑」で一人捕まえたのはあくまで「桑」でありカモフラージュ。本丸 [続きを読む]
  • X68000
  • 最近力が入らざるを得ない記事の連続で、肩が凝って少しお疲れ気味の私。今日は体の力を思い切り抜いて書こうと決めました。するとあら不思議、力を抜くと「素」が出てしまうのか、すらすらと文章が大阪弁に。最後まで書き上がったところでそれに気づき、すべて書き直しかよ〜!とぐったりしてしまったのですが、たまには大阪弁垂れ流しも乙なものかもしれないと、なおすの面倒くさいのでそのままにしました。よって、久しぶりの大 [続きを読む]
  • 旧制台北高等学校物語ー外伝 『台北高校物語』
  • 台湾に残る旧制高校の面影を3回に分けて紹介してまいりましたが(リンク先は巻末で)、このシリーズを書くために、いろんな方向から資料・文献を参考にさせてもらいました。「昭和考古学」はほとんど文献とのにらめっこと言っていいほど、本やPDF化された国会図書館の蔵書などと向き合う時間が長いのですが、今回その一つに、少し変わった本があります。『台北高校物語』という、台湾人が台湾で描き台湾で販売されているマン [続きを読む]
  • 淡路島の温泉へ行こう−南あわじ市の天然温泉、ゆーぷる
  • 今までのんびり、ほぼストレスフリーで島流しライフを満喫していたのですが、少し厄介な仕事を仰せつかり、先週あたりから雲行きが怪しくなってきました。島流しなんやからのんびりさせて〜、そんな仕事契約書に書いてへんやん〜と言っても、猫どころか鼠の手も借りたい人材不足なので仕方がない。自分ひとりが蜂の巣を突いたような騒ぎになり、ストレスが蓄積されていっているなと感じるほどになりました。「ストレスフリー」は一 [続きを読む]
  • 旧制台北高等学校物語ー第2話【昭和考古学】
  • (台北高等学校の帽章)第一話、parupuntenobu.hatenablog.jpに引き続き、台北にあった旧制高等学校(「台高」)の歴史を書いていきます。尋常科と高等科1922年に創立した台高ですが、まず作られたのが「尋常科」というクラスでした。旧制高校は3年制だということは説明しましたが、高校によっては7年制の所も存在していました。台高もそのうちの一つでした。小学校から大学へは、中学校・高校と受験を乗り越えていかなけ [続きを読む]
  • 旧制台北高等学校物語ー第1話【昭和考古学】
  • 台灣には、2005年時点で145校もの大学が、島内のあちこちに建てられています。台湾人の大学進学率は7割近くに達するようで、学問熱心のお国柄もあいまって日本以上の学歴社会となっています。その中の一つに、台北市内にある「国立台湾師範大学」という大学があります。台湾は「繁体字」という漢字の旧字体を使うので、正式には「國立臺灣師範大學」と書かないといけないのですが、画数が多すぎて読みにくい。そんな硬いことを言 [続きを読む]
  • 2017年台湾の旅−高雄牛乳大王・・・あれ?
  • 旅行の時、現地に着いたらまずこれをやりたい、○○を食べたいなどという事が誰しもあると思います。テレビやネット、写真などで見て体験してみたい、友達が是非にと薦めていたなど理由は様々だと思いますが、その目的の一つに「思い出」というものもあります。幼いころに食べたあの味、大人になってもう一度味わいに行く、そういう旅行も浪漫があり誰にも干渉できない自分だけの世界に浸ることができます。かく言う私も、今回台湾 [続きを読む]
  • ブロガーとしての基本信条@あるブロガーさんの疑問に答える
  • ブログ巡りをしていると、編集部ではないこんなお題が目につきました。doronpa316.hatenablog.com元々はわっとさんの関連記事から飛んだのですが、我がブログは台湾関連の記事がけっこう続くので(←何気に予告)、気分転換にこういう記事も良かろうと書いてみました。その前にこの「お題」を書いた他の方のものも見ていたのですが、それぞれ個性があって各ブロガーのものの考えや生活のにおいすら感じるものもあります。 [続きを読む]
  • 2017年台湾の旅−台北のゲストハウスOxygen Hostel
  • 台湾旅行の入り口の台北で今回、予約した宿がここでした。Oxygen Hostel(中国語名:奥斯金旅店)というところ。旅行慣れしている人ならピンとくると思いますが、HotelではなくHostelです。HotelとHostelは、元々「旅の客」という "hospes" というラテン語を親に持つ単語です。親単語の形から"Hostel"の方が原形に近く単語として兄貴分なことがわかります。"Hotel"がフランスからイギリスに入ってきたのは17世紀のことだから [続きを読む]
  • 2017年台湾の旅ー台北よ、私は帰ってきた!ものの・・・
  • ==前回までのあらすじ==四捨五入すると約20年ぶりに台湾へとやってきた私。初めての関空第二ターミナルに初めてのLCCを満喫し、台北に降り立った。開通数ヶ月の空港鉄道の、まるでツッコんでくれと言わんばかりのサービスに、お言葉に甘えてツッコミを入れながらついに台北駅へ。parupuntenobu.hatenablog.jp桃園空港MRTの台北駅は、さすがまだ開通して数ヶ月ということもあってか、構内にはまだ新品の香りがプンプンし [続きを読む]
  • 2017年台湾の旅ーいざ台湾へ
  • 予告通り、8月のお盆に台湾へ久しぶりに里帰り・・・ではなく、旅をしてまいりました。今回の旅の目的を出発前にまとめたのですが、大きく分けて4つ。20年前に住んでいた時とどれだけ変わったか観察(Observation of Taipei)鉄道で台湾を一周する錆びついた中国語の錆びを取り、台湾人が使う日本語のテキストをGETせよ台北などにまだ残る「昭和考古学ネタ」を収集(要はブログネタ取ってこい)あれもやりたい、これもやりたい [続きを読む]