ArcX さん プロフィール

  •  
ArcXさん: ArcX(アークス)のスタッフブログ
ハンドル名ArcX さん
ブログタイトルArcX(アークス)のスタッフブログ
ブログURLhttp://arcxpl.blogspot.jp/
サイト紹介文ArcX(アークス)で働くスタッフのブログです。健康関連の内容を投稿しています。
自由文兵庫県宝塚市にあるパーソナルトレーニングスタジオ「アークス フィジカル ラボ」です。
http://arcx.amsstudio.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/03/02 18:05

ArcX さんのブログ記事

  • 11/26(日)開催 第9回アスレティックリハビリテーションセミナー
  • 今回はセミナーのお知らせです。【日時】11/26(日)10:00〜12:30【場所】大阪リゾート&スポーツ専門学校1号館 1F TRルーム【講師】合同会社ArcX日本体育協会公認アスレティックトレーナー川上 喬也【タイトル・内容】『評価したものを矛盾なくアスリハに組み込む方法 〜足関節編〜』視診や触診、ROM、筋力、スペシャルテストなど評価をしたが、指導するアスリハはほとんど同じ。そんな経験はありませんか?圧痛でも、 [続きを読む]
  • 合同会社ArcX2号店、ついに完成!
  • 9/1開院予定でしたが、諸事情により9/19(火)に開院する運びとなりました。以前もブログでお話させていただきましたが、宝塚店に来られるお客様の最も多い目的は【痛みをなんとかして欲しい】というもの。この度、ご縁をいただき弊社二号店が宝塚を離れ大阪府に誕生します。トレーナーの知り合いやお客様からも「なぜ整骨院をするの?」とよく聞かれました。全ての整骨院・施術者に当てはまる訳ではありませんのでその前提で書き [続きを読む]
  • 合同会社ArcX2号店 〜続編〜
  • 工事が始まって3週間が経ちました。9/1開院に向けて着実に進んでおります。場所は、大阪府八尾市山本町南1-7-12近鉄河内山本駅から徒歩1分のところです! 〜宣伝〜肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 【体験パーソナルトレーニング】http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】http://arcxpl.blogspot.jp/2016/02/blog-post_25.html痛 [続きを読む]
  • 合同会社ArcX2号店
  • 8月に入り夏真っ盛りの中、弊社の新しい事業がスタートしました!宝塚店に来られるお客様の最も多い目的…それは【痛みをなんとかして欲しい】というもの。たくさんの口コミやトレーナー仲間からのご紹介をいただき、遠方からもお越しいただいております。本当にありがとうございます。この度、新たなご縁をいただき弊社二号店が宝塚を離れ大阪府に誕生します。オープンまで1ヶ月、いろいろやることありますが、勝手にみなさまへ進 [続きを読む]
  • 9/2(土)第8回アスレティックリハビリテーションセミナー
  • セミナーのご案内です!!第8回アスレティックリハビリテーションセミナー 【日時】9/2(土)10:00〜12:30【場所】大阪リゾート&スポーツ専門学校3号館 1F トレーナールーム〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1-4-18【講師】合同会社ArcX日本体育協会公認アスレティックトレーナー川上 喬也【タイトル・内容】『評価したものを矛盾なくアスリハに組み込む方法〜肉離れ編〜』視診や触診、ROM、筋力、スペシャルテスト [続きを読む]
  • 高校野球
  • 先日、全国高校野球選手権大阪大会の2回戦がありました。 弊社がサポートしております桃山学院高校は城東工科高校との試合でした。3-3のまま、延長へ。14回裏に1点を入れられてしまい、敗戦となりました。桃山学院 3-4 城東工科桃山学院高校硬式野球部3年生のみんな、お疲れ様でした。夏は残念ながら終わりましたが、次は秋季大会に向けて気持ち新たにサポートしていきたいと思います。※画像はSNSよりお借りしました。〜宣伝〜肩 [続きを読む]
  • 社名の由来
  • よくお客様から、ArcXはなんて読むの?どんな意味があるの?と、ご質問いただきます。Arc = 架け橋X  = 未知数・無限 ArcX(アークス)という言葉には「無限の可能性を持った架け橋」という意味を持たせました。私共も無限に成長しお客様にとっても無限の可能性がある場所でありたい、そしてお客様の希望の架け橋になりたい。社名にそんな思いが込められています。どこに行っても治らない、という方、是非一度、ArcXへいらし [続きを読む]
  • 神経を考える。 〜坐骨神経編②〜
  • こんばんは。古川智章です。前回、坐骨神経の後面のチェック方法についてお話させていただきました。 こちら↓http://arcxpl.blogspot.jp/2017/03/blog-post.html今回は仰臥位での身体を評価する際の考え方をお伝えしていきたいと思います。 仰臥位で大腿四頭筋・前脛骨筋が働いているか評価した際に 、例えば、①大腿四頭筋に力が入っていないが、前脛骨筋には力が入っている。 ②大腿四頭筋に力が入っていない、前脛骨筋も力が入 [続きを読む]
  • 1回のセッションで最大限の効果を。
  • こんにちは。辻本薫広です。一般の方の頭痛。スポーツをされている方の腰椎椎間板ヘルニア。スポーツをされている方のシンスプリント。スポーツをされている方の持久力向上。一般の方のぎっくり腰(当日)。先日、ご来館された方の改善依頼でした。最近こういう依頼が増えてきました。ありがたいことです。この前は頭痛・吐き気だけで3件1日あったので世間で何か起きてんじゃないのか?なんて疑う日もありました(笑)とりあえず全て [続きを読む]
  • 6/25(日)第7回アスレティックリハビリテーションセミナー
  • 川上喬也です。今回はセミナーのお知らせです!【日時】6/25(日)19:15〜21:45【場所】ココプラザ 803【講師】合同会社ArcX日本体育協会公認アスレティックトレーナー川上 喬也【タイトル・内容】『評価したものを矛盾なくアスリハに組み込む方法 〜肩関節編〜』視診や触診、ROM、筋力、スペシャルテストなど評価をしたが、指導するアスリハはほとんど同じ。そんな経験はありませんか?圧痛でも、スペシャルテストの [続きを読む]
  • 腸内細菌、腸内フローラって?③
  • こんにちは!川上喬也です。だいぶ日が経ちましたが腸内細菌についての三回目の記事です。1回目はこちら↓ 腸内細菌、腸内フローラとは?http://arcxpl.blogspot.jp/2016/01/5_13.html2回目はこちら↓ 腸内細菌、腸内フローラはどういった働きをしているのか?http://arcxpl.blogspot.jp/2016/01/blog-post_25.html私たちが健康でいられる要因の一つに腸内細菌の働きがあります。それは栄養素を生み出したり、善玉菌が悪玉菌を抑 [続きを読む]
  • 神経を考える 〜坐骨神経〜
  • こんばんは。古川智章です。前回、神経が筋肉にどのような影響を与えるか?というのを大腿神経に神経絞扼を交えてお話しました。今回は「坐骨神経」について数回にわたり説明していきたいと思います。まずは基礎知識として・・坐骨神経はL4-S3神経根から分岐して、梨状筋下孔を通過後、大腿後面下部で総腓骨神経(深腓骨神経・浅腓骨神経)・脛骨神経に分岐して下腿部〜足底の筋肉を支配します。坐骨神経を意識して人の身体を評価 [続きを読む]
  • LINE公式アカウント
  • 本日はお知らせです。少し前ですが、ArcX physical labのLINE公式アカウントができました!セミナー情報の発信はこのLINEから行なっております。セミナーに関するご質問もお受けいたしますので、お友達にもご紹介いただけると幸いです!また、これにともない以前まで使用していましたメール配信を停止させていただきますので、お手数ですが下記の流れで登録をお願いいたします。◆LINE◆その他⇒画面中段左側「公式アカウント」か [続きを読む]
  • 3/19(日)機能改善セミナー
  • 辻本薫広です。長らくお待たせして申し訳ございません。セミナーのお知らせです!3/19(日)19:15〜21:45【場所】ココブラザ702【料金】8000円【定員】12名【対象】トレーナー、治療家、ドクター、研究者それらを目指す学生【内容】参加者の体を使って、体で何が起こっているのかを、考え方から評価、アプローチ、再評価まで説明しながら改善していく過程を見ていただき、体験(直接全員は出来ませんが)、質疑応答を行いたいと [続きを読む]
  • 神経を考える
  • 古川智章です。このブログをお読みのトレーナーやストレングスコーチ、治療家の皆様は日頃から仕事をしていくなかで、数多くの外傷や筋肉系のトラブルに遭遇するかと思います。トラブルのどの時期に出会うかは業種によって違いますが、私は根本的に怪我の治療もパフォーマンスアップの筋力トレーニングも同じだと考えています。手で原因にアプローチしても、筋力トレーニングで本来の正しい動きを誘導しても症状は改善していきます [続きを読む]
  • 前十字靭帯損傷後のリハビリテーション
  • 先日、ACL再建(BTB)と外側半月板縫合オペ後、退院して約2週間の選手がリハビリでアークスに来られました。来られた時は患側に荷重することが不安でできるだけ体重をかけないようにしていたとのことで、両足のカーフレイズでもほとんど健側に荷重して行っていたそうです。「とにかく不安、怖い」と言っていました。“関節に対する不安感”というのは、出力されるべき筋肉が十分な出力をせず、関節の固定力をあげていけないときに [続きを読む]
  • 物事を論理的に考えるために。
  • こんばんは。辻本薫広です。先日、フェイスブックでも話題になっていました画像です。球体がA〜Eまでの人で誰に一番に当たるか、というものでした。(〜診断だったので少し違うのですが)この絵を見て、最初に怪我をするのがAのパターン、BのパターンとEまで全てにいろいろな可能性があるので、ちょっとやんちゃするものから、条件がどうなれば〜、ときっちりと物理的に説明していきたいと思います。なんとなくこうなりそうという [続きを読む]
  • 高校野球
  • こんにちは(^_^)暑い日が続きますね。少し前ですが、7/24に全国高校野球選手権大阪大会の4回戦がありました。弊社がサポートしております桃山学院高校は2015年秋の覇者大商大堺高校を破り、挑んだ4回戦。勝てばベスト16でしたが残念ながら負けてしまいました。 桃山学院 9-10 北摂つばさ 桃山学院高校硬式野球部3年生の皆さま、お疲れ様でした。夏は残念ながらここで終わりましたが次は秋季大会に向けて気持ち新たにサポートしてい [続きを読む]
  • 怪我の評価
  • こんにちは!川上喬也です。タイトルにもありますが、先日、トレーナーの友人と【怪我の評価】について話をしていました。私たちは、どこか痛みがあった場合、何が損傷しているのか、何が原因で痛みが出ているのかなどを調べ、そして改善させるためにストレッチやトレーニングを指導をするわけですが。この評価ができないとストレッチの指導もトレーニングも的確な指導ができません。なぜ的確にできないかというと、痛い理由がわか [続きを読む]
  • アークスの出張整体
  • こんにちは! 古川智章です。 先日、自己紹介させていただきましたが、今回は僕がメインで行っている出張整体診療のご紹介です。 自己紹介はこちら↓http://arcxpl.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html?m=1今、抱えている痛みが無くなれば何がしたいですか?何ができますか?「膝、股関節が痛くて長時間歩けない」「正座ができない」「腰が痛くて夜に熟睡できない」「治療所に行きたいけど、痛みのために行けない」「自 [続きを読む]