高杉桂 さん プロフィール

  •  
高杉桂さん: All's right with the world!
ハンドル名高杉桂 さん
ブログタイトルAll's right with the world!
ブログURLhttp://beth-stella.kyrie.velvet.jp/
サイト紹介文BL漫画描きの日常。
自由文稲荷神社と睡蓮と鉱石をこよなく愛するBL漫画描きです。
横浜、鎌倉、京都が舞台の創作BLを描いています。
電子書籍にて配信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/03/02 22:45

高杉桂 さんのブログ記事

  • 1シリングの椿姫企画やりますよー!
  • お久しぶりです。生きてます!いきなりですが、今月「椿姫企画」なるものをやろうと思いまして、告知であります。実は私、新連載研究会に入っておりまして、そこで有志が毎月何かしらの研究をしたりするのですよ。先々月はおじさん研究班で、とても楽しく活動いたしました。で、今回は全力宣伝班に入ったのです。自作を全力で宣伝して、どの程度効果があるかというものなのですが、「新連載も始まるし、やっちゃえ〜。」と参加した [続きを読む]
  • 005:火のないところに煙は ★★★☆☆
  • 恐怖とは、なんぞや?この前に観てきた展示「くりかえしみるゆめ」の作者さんのツイートで知りました。「王様のブランチ」で取り上げられたんですね。とても怖いという事で、大期待で購入!怖い話、待ってた!!!…………え?怖すぎて取り扱いたくない書店さんがあるとの話でしたが、この書店さんは「耳袋」あたりを扱ったら恐怖で倒れてしまうのではないかしら。えー??感想は<続き>から! [続きを読む]
  • イリュージョニスト ★★★★☆
  • とても期待して、ずっと観たかったけれどご縁がなかった作品。やっと観られました。もうこの絵とあらすじだけで泣けるんですよ。ショメの映像は、どうしてこうも染みるのだろう。1950 年代のパリ。時代遅れのマジックを披露する老手品師タチシェフは、かつての人気をすっかり失い、場末のバーでドサまわりの日々。ある日、スコットランドの離島に流れ着いた彼は、やっと電気が開通したばかりの片田舎のバーで、貧しい少女アリスと [続きを読む]
  • 003:ぼぎわんが、来る ★★★★★
  • きたああああああ!!!!! 話題になって気になってはいたのですが、最近世間の評判が信じられなくて手を出さずにおりましたが、…………早く読んでおけばよかったー! 文句なく、怖くいて面白いです。 系統的にはリングですかね? 「リング」「残穢」がお好きな方には、全力でオススメします! 映画化するそうですが、何でタイトルから「ぼぎわん」を取ったんだろう? 感想 [続きを読む]
  • クリムゾンピーク ★★★☆☆
  • ずっと観たかった映画ですが、そういやギレルモ・デル・トロ監督でしたね。忘れてましたよ。仕事が進まないので、インプット!インプット!ギレルモ・デル・トロ監督の映画は、「パンズ・ラビリンス」「シェイプ オブ ウォーター」[「パシフィックリム」と観たので、4作目。ロマンス系ゴシックホラー大好きおじさんの評価は、背景の美術★★★★★  服飾★★★★☆  話★★☆☆☆ って感じです。総合では、うーん、一回見れ [続きを読む]
  • 明日は誕生日。
  • 明日、誕生日の高杉おじさんです。毎年、誕生日に仕事を抱えているのが目標でしたが、おかげさまで今仕事5つ抱えてます!やったね!ですが、今年は誕生日に連載を始める約束をしているので、ただいま焦りながら制作中。いろいろハードル上げすぎた! [続きを読む]
  • 001:犬神の杜 ★★★★☆
  • 昔、渋谷で衝動買いした小説が大当たりで、ずっとシリーズを追いかけています。その4冊目?建築事務所のOLがヒロインで、毎回民俗系の怪異に巻き込まれるシリーズです。怪談としてはそこまで怖くないですが、大体すっきり終わるので読後感がとてもいい!今回も安心して読めました。あらすじはこんな。死体は全身噛み痕だらけだった。嘉見帰来山にトンネルを通す工事のさなか、事務員二人が不吉な黒犬を目撃し、相次いで不審死を遂 [続きを読む]
  • 怪談千夜一夜
  • こんばんは。怖がりの怪談好き、高杉です。いやー、怪談って本当いいですね。最近、怪談朗読の動画をBGMに仕事やってました。でももう、好きな動画はほぼ見終わってしまったのです。(AYAさんのかなこさん、めっさよかったよー!!)で、夏ですね!怪談の季節ですよ。大好きなシリーズが2冊も刊行されたので一気に読んだら、とまらなくなってしまいました。怪談楽しい!なので、今年の夏は怪談たくさん読む事にしました。お勧めが [続きを読む]
  • 002:鬼神の岩戸 ★★★☆☆
  • これもまた、ずっと読んでいる拝み屋怪談シリーズ。今回は最初の短編集に戻ったかな?わぁい!と思ったら、短編に続きものを入れるいつものパターンでした。突然関係ない話になったりするので、これすごい読みにくいんですよね。あらすじはこんな。地下室の扉を開ければ、事態はすべて収束するはずだった……都内で起こった幽霊騒動。解決を要請された拝み屋を営む著者は、現地の地下室に騒動の原因があると判断。閉ざ [続きを読む]
  • ゆれる人魚 ★★☆☆☆
  • 人魚大好きおじさんなので、公開時から「行くぜ!」というテンションのままで東京の公開が終わり待ちに待った横浜の公開も今日が最後という日に観に行きました。仕事が忙しかったんだもん。横浜唯一の単館映画をやってくれる映画館「ジャック&ベティ」、実は初です。噂通り小さな映画館で、応援の意味を込めてメンバーズクラブに入会してきました。映画沢山観るどー!今の時点で「修道士は沈黙する」「軍中楽園」「君の名前で僕を [続きを読む]
  • 左手がしびれています。
  • 健康が宝だと思っているので、基本病気自慢はいたしません。ただ「この症状何?」というのは、情報が欲しいので時々ツイートしたりしています。今回もそんな感じで、2週間前くらい突然左腕がしびれ、今も続いてます。医者に行くにしても何科だかわからず、用事が続いているのでまだ行っていないです。指は人差し指と中指がずっとしびれている感じ。大事じゃないといいなあ。 [続きを読む]
  • 五日物語−3つの王国と3人の女− ★★★☆☆
  • 全く持って仕事が進まず、頼まれたイラストも上手くいかない。あかんですよ。せめて頼まれたファンタジー系のイラストだけでも!と、気分を盛り上げるため気になっていたこの映画を観てみました。ホームグラウンドが近代なので、中世は全くわからんのですよ。ファンタジーなら中世であろうという安易な発想。えー!?なんじゃ、こりゃー!!!美術はとてつもなく美しいのですが(でも時代考証的なもんはあかん感じ)話はどうなの! [続きを読む]
  • 渋谷迷宮
  • 6月です。お久しぶりです、生きてます。 5月はほぼ風邪ひいて終わってしまいました。本当、こんな酷い風邪久しぶりです。 で、本日は打ち合わせ?コンサル?的なお仕事っぽいような違うようなお話をしに渋谷へ。 昔は勤務先で庭でしたが、今は全くわかりません。 でもまあ、改装されてからも何回も行ってるし平気じゃろと思いながら、定時で退社後渋谷へ。 時間に余裕もあるし、多少迷っても平気でしょう。 か [続きを読む]
  • 娼年 ★★☆☆☆
  • 何でか行ってきました。仕事が詰まっているというのに!前回から続けてのノンストップ修羅場3連目なので、ちょっくら休憩。アウトプットだけじゃ枯渇するので、インプット大事!「娼年」は原作は未読ですがコミカライズを「逝年」まで読了。かなり原作通りという評判のコミカライズが、結構面白かったので映画にも期待してました。一般映画(?)のR18って初めてです。エロ漫画描きなのに、エロを描いてもエロくないと定評のあるワ [続きを読む]
  • イケメン落語「はてなの茶碗」「笠碁」
  • 年末にヒーヒー云いながらイラスト60枚ほど描いたのですが、それが配信になりました。イケメン落語シリーズの「はてなの茶碗」と「笠碁」の本文イラストを担当させていただきました。表紙は人気BL漫画家さんなので美麗です!!BLって条件でお仕事いただいたのですが、普通の落語です。普通に面白いので、「落語は聞いたことない!」という方は是非是非読んでみてくださいませ。『はてなの茶碗』京都・清水寺の参道にある小さな茶店 [続きを読む]
  • 飛 浩隆「自生の夢」★★★☆☆
  • ずっと新刊を待っている作家の一人に、飛 浩隆がいる。昔、少し気になるという程度であらすじも読まずに「グラン・ヴァカンス」を購入したのだが、今となってはあの時少し考えた方がよかったかもしれないとさえ思う。私がSFを好きだったのは小学生までで、その頃あらかた有名なSF(海外のもの)を読み終えてしまっていて、中二で中井英夫に出会い、現在に至る。それからずっとミステリーと幻想小説と純文学漬けだった所為か、すっ [続きを読む]
  • インフルエンザにかかりました。
  • 土曜はクロッキー会に参加し普通だったのですが、日曜からくしゃみが止まらず。 ああ、風邪かなあと思っていたらいきなり38.6度の高熱に。平熱が36度いかないので、37度越えると動けなくなります。京都のためにも早く治そう!と思って医者に行ったら、 インフルエンザでした。 まじかー! 薬はたった一回。 タミフルではなく、イナビル。熱は比較的早く引いていると思うのですが、頭痛と関節痛が全く引かない。これがある [続きを読む]
  • メゾン ある娼館の記憶 ★★★☆☆
  • 今年はたくさん映画を観ようと決意!で、何故一作目にこれを選んだのか?比較的高評価なイメージでしたが、個人的には「うーん」1889年の高級娼館が舞台の、娼婦たちの物語。いや、物語ではないのかも。筋がほぼないです。格式高い(笑)高級娼館が家賃の高騰により経営難で閉鎖するだけの話です。主人公はマドレーヌかな?とおもいきや、特に定まらず。その所為か、話もかなり散漫。衣装や娼館の内装など雰囲気はたまりませんでし [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます。
  • あけましておめでとうございます。何もできないまま…………新年。今年は色々しっかり生きていこうと思う次第です。 昨年後半から仕事が詰まりまくり、色々ご縁のある一年でした。でも一年で結果を出せず、やっとこ今月に配信が決まりました。こちらは改めて告知いたしますね。 今まだ納品できていない案件があるので、そちらを終わらせたら何かお年賀イラスト描こうかな。昨年は何故か無駄にヴィクトリア [続きを読む]
  • 30日冬コミ参加しております。
  • お久しぶりです。生きてます。冬コミ、明日カ26b「Stella Maris」で参加です。いつも通り創作BLです。今告知すんやって感じですが、まだ仕事してます。たくさんお仕事があるのは有難い事ですが、新刊はないです。それでも宜しければ、お立ち寄りくださいませ。 今年無駄にたくさん描いたレイモンドさんの折本くらいは出したかったです。そ、それよりも今年中に納品しなくちゃ!情報解禁になったら、お仕事は告知しますね。色々どう [続きを読む]
  • 生きてます(笑)
  • ご無沙汰です、生きてます。6月からずっとネームを描き続け、完成したネームはコンペで落ち、今連載3話目のネームをやっています。作画に入れるのはいつだろう。 気付いたら、いろいろな事があり、庭も終わってしまいました。ちょうど区切りがいいから、10/15から頑張るぞ!(笑) [続きを読む]
  • 夏コミですね。
  • 夏コミは、二日目東3オ51b「Stella Maris」で参加しております。新刊はないですが、コミケ新刊は不眠症の睡蓮の2巻です。よろしかったら遊びにいらしてください。 1本目のネームの締め切りが11日なのに真っ白。その後にも連載のネーム3本が待ってるので、が、頑張ります! [続きを読む]