東洋医学への門 さん プロフィール

  •  
東洋医学への門さん: 東洋医学への門
ハンドル名東洋医学への門 さん
ブログタイトル東洋医学への門
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nagasakitouyou
サイト紹介文長崎東洋針灸館の院長、臨床工学技士であった私が、寄り道しながら東洋医学を少しづつ学び、感動をつづった
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/03/02 23:21

東洋医学への門 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 余話 夏だ!ビールだ!二日酔いは苦しいぞー!はて、漢方は?
  • 余話 夏だ!ビールだ!二日酔いは苦しいぞー!はて、漢方は?東洋医学では、冷たいものは良くないと治療中は、患者に説いている。「冷たいものは、駄目だよ。お腹を冷やしたりしてはだめだよ。」告白しよう。・・・私は昔からビールが好きだ。運動もビールをおいしく飲むためにやっている。でも、あまり、強くないので時に飲みすぎたときは、二日酔いになる。年を取り、お腹をビールなど飲み冷やすと下痢をする。帰りがけに、トイ [続きを読む]
  • お灸を考える その二 小さな火傷による治療
  • お灸を考える その二 小さな火傷による治療お灸の名人と呼ばれる人の灸法は焼ききりのお灸だ。小さな火傷を付けて、その治る力で治療する。絶大なる力を持っている。傷も周りにお灸するだけで短い期間で治癒する。風邪もひきにくくなる。しかし、熱い、跡が残る。など鍼灸師もこの方法をとらない方が多い。当館のお灸は、基本は焼ききりだ。でもこの御時勢、患者の意向なくできないので拒否される方は、台紙をつかったり、せんね [続きを読む]
  • お灸を考える その一 せんねん灸
  • お灸を考える その一 せんねん灸当館では、お灸を多用する。印をつけて、自宅でもさぼりながらでもやっていけるように、もぐさのひねり方、火のつけ方をレクチャーする。当館は「せんねん灸」サポーターなので、いろいろコツを教える。「せんねん灸」は一番弱いのから二番目に弱い灸を推奨する。私もそうだが、なんも感じない、暑さもぬくもりも・・・効くのかなーと思ってたが、あるとき、お母さんの治療に小学低学年の子がつい [続きを読む]
  • 不妊に出てくる 瘀血(おけつ)の色
  • 不妊に出てくる おけつ 瘀血の色東洋医学系の本には必ず(瘀血)おけつという単語が出てくる。それだけ、重要なワードです。お血という字はパソコンにはない字です。血が滞る?子宮筋腫、子宮内膜症もこの原因本には色がどす黒く、唇、目のくまが多い学生のころ、そんなに顔に出るものかなと思ってましたが臨床に出ると、意外と多い病院では、(西洋医学)では医学的にさほど気にしない症状だけど東洋医学を学ぶとテレビを見てて [続きを読む]
  • お酒
  • お酒を考える適度なら血流も上がり、昔から百薬の長と言いますがこの適度が難しい臭い嗅いだだけで具合が悪くなる人どんだけ飲んでもケロッとしている人昔、4月大学の新人歓迎会で東京のお堀でゴミ袋を顔に突っ込み、座り込んでいる姿が春ゆうしょくの風物詩でした。今ではダメだろうなー、パワハラ、未成年飲酒 昭和は遠くになりにけり私も病院に就職した3日間返してもらえず、宴会ずけ病院に泊まりました。ベットはいっぱいあり [続きを読む]
  • 妊娠と体重
  • 妊娠と体重 腹八分目当館に治療に来る方はやせ型が多いよく「痩(や)せる治療ありますか?」  「痩せるツボありますか?」聞かれる現代病の悩みわかるんですが・・・「長い歴史の中で、こんなに食べれた事は、ないんで 勉強不足かも知れないけど私はわからない」と答えるテレビ、本などダイエット関係の情報はあふれているが近隣の人で成功した人はいない。解っているのは、鍼灸を長くやっていると適正体重に自然となる人が多 [続きを読む]
  • 私はタバコが嫌い
  • 私はタバコが嫌いテレビなどで喫煙権などという人がいるが、他の人の健康をも害する嗜好品に権利はあるのでしょうか?禁煙外来は健康保険がきいて、不妊治療は健康保険がきかない。タバコって好きで吸うものでしょう。高い健康保険代は将来を担う子供を願う人に使ってほしい。チャンスを与えてほしい。タバコはすべての臓器に影響する。糖尿病も膵臓の血流を落として、なる確率が上がると言われる。卵巣も例外なく、卵巣機能の低下 [続きを読む]
  • 妊活に必要な運動 まずは簡単な事から
  • 妊活に必要な運動 まずは簡単な事から不妊治療を行う患者さんの足の下腿(かたい)の裏側すなわちアキレス筋の上の筋肉を観察するのは必須条件である。それは、足の冷えを診たり、ヒラメ筋で筋肉量をみる。そこには、女性の大切なツボ三陰交(さんいんこう)や陰陵泉(いんりょうせん)がある。生理痛や更年期障害の人は触っただけで痛いヒラメ筋は第二の心臓と呼ばれる妊活している人は、だいたい〜ふにゅあふにゃあ〜である。血 [続きを読む]
  • 舌が腫れている。胖大舌(はんだいぜつ)
  • 舌が腫れている。胖大舌(はんだいぜつ)この梅雨の時、もしくは排卵前後に体に水分がたまる人がいる。舌を出すと、口からはみ出して見える。虚証、陽虚証、気虚証気の働きがおちると、肺脾腎の働きが悪くなる。湿痰証水の運搬が低下し、湿痰が下に停滞舌は内臓の現れ、子宮も腫れている?足のむくみはどうだろう?脛骨を指で押し、浮腫を確かめる。跡がしばらく残るようなら浮腫だ。胃経の豊隆穴(ほうりゅう)で水分を出そうか? [続きを読む]
  • 舌診2 寒熱 症例 長崎県 鍼灸
  • 舌診2 寒熱前回簡単な舌色の判別を書きました。患者の訴えをうのみにするなということを書きました。症例を一つ(年に数人来られる症例)訴えが真冬なのに、夜足が暑くて眠られず、ひどい時は氷で冷やす病院にいったら、精神薬とシップを足に貼るように指示されたが軽減せず。当館鍼灸受診脈弱沈腎虚、腹部軟弱拍動、舌診 色青 無苔 細腎虚による冷えからくると判断失眠 多壮灸、復溜鍼置鍼 調整の鍼灸を施術家で足を湯たん [続きを読む]
  • 舌診1 色 冷えと熱
  • 舌診1 色 冷えと熱舌診を見る場合舌の色を見る正常は小学生低学年までの舌が基準である。家族か親戚の子に見せてもらいましょう。(決して知らない子に見せてなど言わないように捕まるか、不審者のビラが配られる可能性があります。)色の正常は淡紅舌(ピンク色)それより、赤かったら熱それより、青または黒かったら寒、冷え寒熱は患者の訴えはあてにならない。足首や手、腹の感熱を実際触れてみよう。意外と舌は正確に現れて [続きを読む]
  • 良導絡 尺沢 一穴で肩こり軽減
  • 長崎治療研究会 7月22日長崎東洋針灸館 で開催されました。良導絡の治療スタディ左肩こり男性右手首H1の太淵で電気測定をすると異常な値左尺沢に置鍼15分右肩こりがペインスケール100⇒20に痛み軽減動きも良くなりました。少数穴で効果がでて、感動しました。 [続きを読む]
  • 飛蚊症 ひぶんしょう 鍼灸治療
  • 飛蚊症 鍼灸治療30過ぎから目の前を虫が飛ぶ、払ってもいる目を動かせば動く黒い物体うざすぎる、老化でしょう医者は言う発生機序は偉い先生にまかせてこの病名つけた人 ネーミングセンスすばらしい。長い時間待合室で待たされて「老化でしょう。」「老化ですね。」と片付けられてという言葉に、どんだけ、患者さん傷ついているか意外と鍼灸治療効果があるんです。みなさん、知らないから、飛蚊症で治療に来る人いないですけど世 [続きを読む]
  • 豊隆(ほうりゅう)というツボ
  • 豊隆(ほうりゅう)というツボ前回、胃の調子が・・・というブログで豊隆(ほうりゅう)というツボも有効なのをたしといてください。和胃化痰ということで、足のむくみによく効くツボです。やはり、焼ききりのお灸が有効火が体の中に入ってくるように気持ち良い。冷房の足のだるさ良いですよ。長崎東洋針灸館 [続きを読む]
  • 長崎治療研究会 東洋医学編 7月22日土 開催
  • 長崎治療研究会 東洋医学編 7月22日(土) 開催場所 長崎東洋針灸館時間 7時より会費 一回1000円 学生500円今回テーマ ツボを測定しよう。 (ツボの大きさ、場所を電気抵抗の機器で測定する。)参加規程 医療国家資格をお持ちの方、その学生、それを目指す方10年の歴史ある会です。こだわらずいろんな意見が言える場でありたいと願ってます。資料の関係で21日(金)までに長崎東洋針灸館に電話、メールでお送り下さい。 [続きを読む]
  • 針灸舌診アトラス 読んでみて
  • 針灸舌診アトラス舌診の本何冊か持っているけどこの本、治療穴は書いてありますし治療後も舌の変化が書いてあり、予後も書いてあります。感動しました。さすが、藤本蓮風先生です。舌診を行う鍼灸師、漢方を扱う方は読まれたほうが良いと思います。患者さんにも舌診は見えるものだから、説明しやすいからもっと勉強、研究しなくてはいけませんね。長崎東洋針灸館 [続きを読む]
  • 真夏日 胃の調子が悪いんです。
  • 真夏日 胃の調子が悪いんです。暑い日が続き、つい冷たいものを東洋医学に冷たいものはいけないのですと言うものの昼にアイス、アイスコーヒー、冷えた炭酸飲料、夕方少し我慢して、冷えたビール過激な冷房、くわー気持ち良い!しかし、その後、腹壊して下痢するは、体重増える、力が出ないそんな時、自分の体の声に耳を傾けましょう。なんか、足がだるい、特に前の外側、そうそう弁慶の泣き所のところここは、足の陽明胃経のライ [続きを読む]
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギーはもともと自分を守る体の制御システムですがなかなかつらいアレルギー鼻炎の人は胃腸が弱い人が多い腸内細菌の影響といわれるがお腹を冷やしたり、暴飲暴食はいけない水分の取りすぎはてきめん症状が悪化する。症状を今抑えるには、鍼で、鼻の両脇のにおいを迎えると書いて「迎香げいこう」頭の「上星じょうせい」を使うその時は鼻がすいてくる。長期的にはお灸で胃腸を整える。しばらくかかるが、根本治療は時間がかか [続きを読む]
  • 四十肩 五十肩 夜うずいて痛いんです。
  • 四十肩 五十肩 おじさんおばさんの象徴のように人に言うと「くすっ」と鼻で笑われる。場を察知して「ハハハハハ」と笑ってごまかすが痛いんです。ある角度になると力が抜けるくらい痛い夜は奥がうずいて痛いんですそれは、腕を切りたいくらい痛い 大げさでなく中には放置しても治ったという人がいるが、まれです。放置して安静にして腕が上がらないまま放置し固まってそのまま生活して意を決して鍼灸に来られるが、筋肉と関節が [続きを読む]
  • スマホ症候群
  • 近頃スマホ、インターネットの普及で情報が簡単に得られそれは、すごいことなのだが情報が多くあり、自分の症状に当てはめていくととんでもない病気になっていきそれで、心を病む人が多くなっている。スマホ症候群など、患者さんに教えてもらった。皆さん首の後ろ、肩がはり、ひどい人は頭痛、吐き気、自律神経、軽いうつ?状態になる人もいる。睡眠不足、同じ姿勢なども原因だろう。東洋医学では目の使い過ぎ、睡眠不足、ストレス [続きを読む]
  • 過去の記事 …