はるお さん プロフィール

  •  
はるおさん: お義母さん、出て行って。
ハンドル名はるお さん
ブログタイトルお義母さん、出て行って。
ブログURLhttp://springman0302.blogspot.com/
サイト紹介文念願のマイホームに転がり込んできた義母への愚痴ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/03/03 07:55

はるお さんのブログ記事

  • 気が狂いそうだ。
  • 突然、最近断捨離に目覚めた妻に、勝手に大事な過去の日記とスケジュール帳を、捨てられてしまった。僕はもう10年以上、日記帳に日記を書いている。過去の日記は箱に入れて、クローゼットの中に保存していた。またスケジュール帳も保存しており、日記と共に箱に入れていた。もちろん不要なものだろと言われれば、そうかもしれない。全ての日記を読み返すことなんてないのだから。しかしたまに、数年前の今日は何をしていたっけ、何 [続きを読む]
  • 断捨離という言葉はあまり好きではない。
  • 義母が新居のインテリアを考え始めた。連日家具のカタログやネットなどで、モデルルームの写真などを参考にして、構想を練っている。僕は新居に住むわけではないので、義母の思うようにやればいいと思う。僕としては、今の家から全て義母が引き払ってくれればそれでいい。しかし、頭が痛いことが起きている。義母の構想に触発されたのか、妻も「インテリアを替えたい」と言いだしたのだ。まあ、それも自由に替えればいいと思うのだ [続きを読む]
  • バレンタイン文化は必要ないと思う。
  • 昨日はバレンタインデーだった。妻からは手作りのチョコレートケーキ、義母からはお酒、そして女性の同僚たちから、チョコレートを数個頂いた。頂いておいて文句は言えないが、義理チョコの風習が、僕はあまり好きではない。女性側も何故職場でチョコレートをあげなくてはならないのだろう、どうでもいい男性社員に、って思っているはずだ。僕だって、女性社員からチョコレートを頂く意味がわからない。それにホワイトデーのお返し [続きを読む]
  • どうにかならないものか。
  • 妻と義母の揉め事は、ふとした瞬間に突然起こる。それは予想もしないタイミングで、それまで楽しく話していたにも関わらず、何かが急にぶちっと切れたように勃発するのだ。先日も夕食を終えて一杯飲んでいたときに、突然口論が始まってしまった。僕は居間でお酒を飲みながら、飼い犬のダンちゃんと遊んでいた。妻はお酒を飲みながら、雑誌を読んだり、テレビを観たり。義母もスマホをいじりながら、それぞれ思い思いに過ごしていた [続きを読む]
  • なんだか大事になってきた2。
  • 自分は特にどこも悪くないと思っている。しかし、やはり一日に数回、脂汗や動悸などの症状があるので、試しに、心療内科で処方して頂いた精神安定剤を服用してみた。ネットで精神安定剤のことを調べると色々怖くなるような事例がでてきたが、逆に効かないことを示す事で、自分は精神の病気ではないと自信を持てるのではないか、と考えた。自分にそもそも自分は絶対にどこも悪くない、悪くないと思いたい。僕はそういった心の悩みと [続きを読む]
  • なんだか大事になってきた。
  • 先日から続く、無気力というか、体の不調は、やはり良くならなかった。仕事中も動悸が止まらなかったり、寒いはずなのに脂汗をかいている自分がいた。このままでは生活に支障が出ると判断し、僕は午後を半休にして、病院に行ってきた。妻が付き添うと言ってくれたが、それは断って、一人で病院に行った。まずは内科に行ったのだが、どこも悪くなかった。ひとまず安心、と同時に「ストレスですかねえ」と無責任な言葉で片付けようと [続きを読む]
  • 何かおかしい。
  • 今日突然、ぷつんと何かが切れたように、やる気がなくなった。心がざわついて、頭の中に靄ががかかったように、集中力が低下してしまった。仕事はなんとかこなしたが、帰宅中の電車の中で、立っているのが苦しかった。家に帰ると、妻に、脂汗をかいている、と指摘された。その時僕は妻に指摘されてはじめて、自分が脂汗をかいていることに気づいた。具合が悪かったわけではないが、無性にだるかった。すぐにお風呂に入って、食欲は [続きを読む]
  • 嬉しいニュース。
  • P { margin-bottom: 0.21cm; } 義母が建てている家だが、完成にはまだ程遠いのだが、業者さん方の尽力により、着々と前進している。一時は、川谷さんとの破局により、この家もどうなってしまうんだか、と思っていたが、再び息を吹き返したかのように工事が進んでいる…ただ、正月休みと破局が偶然重なっただけではあるのだが…。その新居は、僕の家の隣にある。なので僕はその新居の様子を、朝の出勤の時と、夜の帰宅時、そして家 [続きを読む]
  • 忙しい、忙しい。
  • 先週の金曜日はプレミアムフライデーだったそうだが、僕にはまるで関係なかった。というか、ネットのニュースで見るまで忘れていた。SNSを見ると、一部の友人がプレミアムフライデーを満喫している写真を投稿していたが、大半の友人たちが、その写真に、羨むようなコメントを残していた。プレミアムフライデーに恵まれている人は、ほんの一部なのかもしれない。プレミアムフライデーの日、僕は久しぶりに終電を逃すほどの残業をし [続きを読む]
  • 雪の日。
  • この数日は、天候、雪に左右された日々だった。つい僕は、雪が降ってきたこと、そして僅かながらに雪が積もったことに、ソワソワ、ワクワクしながら、1日に何回も窓の外を眺めていた。仕事中、妻からも喜びのラインが届いた。妻は家の庭に積もった僅かな雪をかき集めて、雪だるまを作ったのだ。その写真が送られてきた時は、僕も嬉しくなった。だが喜んでばかりもいられなかった。会社からは16時までに退勤しろと言われ、仕事の途 [続きを読む]
  • お年玉をもらってしまった。
  • 1月2日だったろうか、義母が川谷さんとの旅行から帰ってきた。義母はとても機嫌が良く、僕に「いつもお世話になっているから、お年玉よ」と現金をくれた。結構ですと断っても、「いいから」と言われた。妻には「機嫌がいい時ももらっておきなよ」と言われたので有り難く頂戴したが、気持ちはかなり複雑であった。ところで、妻は川谷さんの調査を再会するそうだ。僕たちの疑問は、川谷さんが一緒に住んでいた女性とどうなったのか、 [続きを読む]
  • 年末の出来事3。
  • 今思い返しても、嘘みたいにふざけた話だ。大晦日の日に、川谷さんは我が家に来た。お金に非常に困っているらしく、義母にお金の工面を懇願しに来たのだ。もちろんそれだけではない。義母の機嫌をとるためか、これまでの自分の行いを猛省しだし、ついには義母に復縁を申し出たのだ。川谷さんと別れて毎日落ち込んでいた義母にとってみれば、願ってもない話だったのだろう。何せお金さえ出せば、川谷さんと復縁できるのだから。こう [続きを読む]
  • 年末の出来事2。
  • なんで年末に…という感じなのだが、大晦日の日、我が家に川谷さんが来た。先日の電話で言ってたお金のことなのだろう…と思った通り、川谷さんはお金のことで我が家に来た。しかも僕にではなく、義母に言いに。別れた川谷さんが突然我が家にやってきたとわかった瞬間、義母はすごく困惑したようだ。しかし余程嬉しかったのか、用件も聞かずに、川谷さんを家の中に上げてしまった。僕と妻は、年末年始の準備で台所にいた為、義母を [続きを読む]
  • 年末の出来事1。
  • 12月29日か30日のことだっただろうか。年末年始の買い物をするため、妻と百貨店へ出かけた。いつもであれば、義母が、普段は年末年始の指示をしてくる。しかし、今年の義母は川谷さんとの件であまりの憔悴ぶりで準備ができなかったので、僕と妻が年末年始を仕切ることになった。年始には、僕の実家にも行く予定になっていたので、その手土産や、年末年始に食べる食材などを、購入した。その帰り道で何か食べていこうかという話にな [続きを読む]
  • クリスマスの出来事3。
  • クリスマスの夜の口論の後、寝室で妻から聞いたのだが、義母は川谷さんに、相当な額を負担してあげたそうだ。これが義母の"悩み"だったわけである。川谷さんのために、一体何のためにいくら義母が使ったのだろうか。もはや義母本人も、自分がいくら川谷さんにつぎ込んだのか、把握していないそうだ。しかし金額は、数十万円とかのレベルではないのは確実だ。僕と妻の知らないところで、義母は川谷さんに、高価な洋服やブランド品、 [続きを読む]
  • クリスマスの出来事2。
  • クリスマスの時の話の続きだ。自宅で妻が作ってくれたクリスマスディナーを楽しんでいた、妻と僕と飼い犬のだんちゃん。 義母は友人とクリスマス会に行ったのだが、思いの外はやく帰ってきた。僕と妻がクリスマスディナーを食べているのを見た義母は、妻に「あなたはいいわね」とボソッと言った。義母は少々お酒に酔っていたこともあり、いつもより絡んできた。義母は妻に「悩みもなくて、いい旦那もいて、毎日気楽でいいわね」と [続きを読む]
  • クリスマスの出来事1。
  • 今更という感も否めないが、ついこの間のクリスマスのことを思い出して、ムカムカしてきた。ブログに書くことで気持ちを落ち着けたい。昔からクリスマスに特別強い思いはない。一部の方からは強がりだと言われそうだが、クリスマスは本当に普通の日常だと思っている。幸いそれは妻も同じ考えなので、妻と交際している時、クリスマスだからといって気合をいれる必要はなかった。だが、いくらクリスマスにこだわりがないとはいえ、今 [続きを読む]
  • 今年の年末は…
  • 今日はこれから、自分の実家に行く。まだまだブログに書き切れていないのだが、クリスマスから年末にかけて、義母や川谷さん関係で色々あった。僕ら夫婦もげっそりという感じだったし、もう年末くらい義母たちから離れようと、年末は僕の実家に、と妻を誘った。しかし、それはそれで妻には気苦労があるようで、残念ながら拒否されてしまい、飼い犬のダンちゃんを連れての2人ぼっちでの帰省となった。お互いがお互いの親に気を遣う [続きを読む]
  • 川谷さんの過去。
  • 川谷さんの動向を調査してもらうべく、妻は探偵事務所に調査をお願いしたのが先日。その結果が、最近送られてきた。探偵事務所は仕事がはやいなと思った。それと同時に、別に僕に身に覚えはないが、いつどこで誰かに見られているかもしれないと思うと、用心しながら行動すべきだなと背筋が凍った。ちなみに義母が計画していた我が家の隣に建てている新しい家は、工事がどんどん進んでいる。川谷さんは、現在女性と二人で暮らしてい [続きを読む]
  • 良い歳して…。
  • 個人的に僕に川谷さんから連絡が来た。何故僕に突然…とドキッとしたと同時にイラッともしたが、「お義母さんは元気?」文面を読んで妙に納得してしまった。血のつながりがある妻に義母の様子は聞けない、何のつながりもない僕になら聞いてもいいだろうと、川谷さんは思ったのだろう。僕はその川谷さんからの連絡には、返信しなかった。返信しないつもりだ。妻には川谷さんから連絡があったことを告げ、文面をスクリーンショットし [続きを読む]
  • ピリピリしたムードだ。
  • 妻と義母が、大げんかをした。発端は義母だ。夕食を終えた後、僕と妻は後片付けをしていた。いつもなら「キッチンをいじらないで!」と言う義母が片付けをするのだが、今の義母にそんな気力はない。僕がお皿を食洗機に入れ、妻が食洗し終わった食器を食器棚に入れていた。そして妻は、義母のために、ワイングラスとちょっとしたチーズなどのおつまみを用意した。義母はそれを食べていたのだが、ふと「私の気持ちを知らないで暢気ね [続きを読む]
  • 大問題。
  • 妻は独断で、正式に探偵事務所に、川谷さんの動向調査を依頼した。僕は妻から全て、事後報告を受けた。まあ事前に色々相談を受けたところで、僕の制止を妻が聞くはずもなかった。だから僕はどう転がっても、妻の意思に従うしかない。妻の懸念は、現在建築中の義母と川谷さんの家のことと、義母が川谷さんに負担した多額の金銭関係について。そしてこれは知らなかったのだが、義母が川谷さんの連帯保証人になってしまっていた。これ [続きを読む]
  • 義母は随分やつれた。
  • 週末、関西の出張から自宅に帰宅した。僕を出迎えてくれた義母は、川谷さんと別れて以降、本当に元気がなく、かつての活気や覇気はまるでなかった。習い事やジム通いに勤しんでいたはずなのに、それにすらも行かなくなってしまった義母。我が家に入り浸る川谷さんには辟易していたので、義母と川谷さんが別れたことは良かったと思う反面、義母の弱った姿を見るのはつらかった。元々体型管理に厳しく痩せ型だった義母は、川谷さんと [続きを読む]
  • また探偵。
  • 今出張で関西にいる。出張中にまさかブログを書くことになるとは思わなかったが、今日は思いの外時間ができたこともあり、早々にホテルに帰宅した。今はホテルの部屋でのんびりしているところだ。妻は僕がいない間に、色々川谷さんのことを調べているようだ。実は妻は今日、妻から「探偵事務所に行った」と連絡があった。は?探偵事務所?なんで?というのが最初の気持ちだった。そしてその後僕は、「なんか僕したかな?探偵に調べ [続きを読む]
  • 関西へ出張だ。
  • 明日から数日間、関西に出張に行かねばならない。とある企業との会議や視察などがあるため、どうしても関西に行かねばならなくなった。本来であれば先方がこちらに来てくださるという話だったのだが、何故かいつの間にか僕たちが関西に行くことになってしまった。出張は嫌いだ。例えば仕事を終えて一人ホテルにいると、普段味わえない一人の時間が得られるので、いいこともある。しかし基本ビジネスホテルは乾燥していることもあっ [続きを読む]