はるお さん プロフィール

  •  
はるおさん: お義母さん、出て行って。
ハンドル名はるお さん
ブログタイトルお義母さん、出て行って。
ブログURLhttp://springman0302.blogspot.com/
サイト紹介文念願のマイホームに転がり込んできた義母への愚痴ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/03/03 07:55

はるお さんのブログ記事

  • 口答えできない。
  • 出張で関西に行くことになったのだが、その件を妻に伝えると、突然妻に怒られた。「あなたばっかり、外に出てずるい」と、妻は僕を責めるのだ。「仕事だから仕方ないだろ」と言うと、妻の感情を逆なでするので、「ごめんね、好きなお土産たくさん買ってくるからね。その間家のことよろしくね、いつもありがとう」と言った。僕は、出張に行きたくて行っているわけではないし、むしろ出張に行きたくない。妻は、僕の出張が羨ましいの [続きを読む]
  • 止められない。
  • 妻がストレス発散で買い物をしたわけだが、その額が結構な金額で、正直悩んでいる。何を買ったか聞けば、名の知れた高級ブランド店などで、バッグや洋服や靴などを買っていた。なかなか思い切らないと使えない金額だ。僕はその額を使おうと思っても、そう簡単に使えないし、絶対に躊躇ってしまう。絶対的に必要な物になら使えるが、正直バックや靴には、使えない。僕は妻に、何も高級ブランドを買うなとは言わない。むしろおしゃれ [続きを読む]
  • 妻の浪費が限度を超えている。
  • 女性の中には、買い物でストレスを発散させる人が少なからずいるかと思う。妻も例外ではなく、溜まったストレスを、買い物や習い事などにぶつける傾向がある。それでストレスが発散されて、リフレッシュできれば全然いいと思う。ちなみに僕のストレス発散方法は、お酒を飲むか、飼い犬のダンちゃんと遊ぶか、お風呂に長く入っていることくらいだろうか。しかしいくら買い物でストレス発散といえど、限度がある。最近妻はストレスが [続きを読む]
  • 出産ラッシュだ。
  • この頃僕の周囲では、出産ラッシュだ。今年に入ってからというものの、僕の友人知人に、次から次へと子供が産まれている。特に自分の同年代が、親になっているのかと思うと、なんとも言えない気持ちになる。すごいな…あいつが親か…という気持ちと、自分は何やってるんだろうなという気持ちだ。そういうこともあってか、最近やたら「子供欲しくないの?子供とか考えてないの?」と聞かれることが多くなった。友人に聞かれる分には [続きを読む]
  • 母の日だった。
  • 昨日の母の日。僕は妻と相談して、僕の母には、お花とブランドコスメのスキンケアセット一式をあげた。また母の日にかこつけて久しぶりに実家に帰ろうと思い、妻と一緒に実家に帰り、両親とランチをした。普段義母と一緒に住んでいるわけだから、たまには僕の実家に帰って(帰るといってもランチの数時間だ)、食事をするくらい罰はあたらないだろうと思った。妻もそれには了承してくれたし、和やかな母の日ランチになったので、僕 [続きを読む]
  • 義母が立ち直ってきた…が。
  • 義母が中高年の結婚相談所に話を聞きに行ったらしい。行動力のある義母には本当に頭が下がる思いだが、結婚相談所に話を聞きに行ったという点には困惑させられる。少しでも顧客を増やしたい結婚相談所のことだ。入会を考えあぐねている義母に対して、彼らはうまい話しかしないだろう。そして、自由に使えるお金を持っていて、失恋で傷心の義母が悪く思うはずが無い。案の定、居間で妻と話している義母の声のトーンは、張りを取り戻 [続きを読む]
  • 僕はタクシーじゃないんだが。
  • 義母の婚活したい欲は、本当に本気だったようだ。つい数日前、時間があった僕は、家の敷地内で洗車をしていた。洗車を終えて、そろそろ飼い犬のダンちゃんをお風呂に入れようかなと思っていた矢先、庭にやってきた義母に「ちょっとこのお店まで車出してくれない?」と言われた。要は僕に送迎をしろということだ。せっかく洗車したばかりなのにと思ったが、渋々義母の言葉に従い、義母に指定されたお店の前まで、義母を送り届けた。 [続きを読む]
  • 休みが終わってしまう。
  • 連休も、もうすぐ終わる。本来であれば今日は仕事だが、僕は休みだ。連休初日は「休みなんていらない」と思っていたが、終りが近づいてきた途端、なかなか寂しい気持ちになった。なんだかんだいって、疲れていた体は休まったので、いい気分転換になった。今日のお昼は、犬友達に誘われて、バーベキューをした。僕たち夫婦と飼い犬に加えて、三家族が参加した。皆、犬が縁で知り合った人々だ。犬友達の一人の家の庭でバーベキューを [続きを読む]
  • 運動でリフレッシュできた。
  • 気分転換に、スポーツジムに行った。最近は仕事の忙しさや家庭のいざこざを理由にして、全然スポーツジムに行っていなかった。同僚の「マラソンに出ようと思っているんです」という言葉で、僕は自分がジムに入会していたことを思い出したくらいだ。一通り軽めにマシンで筋トレをして、エアロバイクをやった。久しぶりに汗を流したのだが、気持ちが良かった。心が軽くなった気がした。なんとも単純だが、これからは真面目にジムに通 [続きを読む]
  • ちょっとついていけない。
  • 妻に聞いたのだが、義母が婚活したいと言ってきたそうだ。それを聞いた時「え!?」とつい声がでてしまった。川谷さんと別れた今、色々気持ちが落ち着かず焦っているのだと思う。何か行動しないとだめだと義母は思っているのだろうが、僕はこういう時こそ焦らないほうがいいと思う。というか、ちょっと気が動転しているのではないか、と思ってしまった。それに…老後という言葉がしっくりくる年齢に近づきつつある親に、「婚活した [続きを読む]
  • 連休の過ごし方。
  • せっかくの連休だが、残念ながら僕には連休の予定はない。当初は犬仲間のグループに「皆で一泊二日の旅行に行かないか」と誘われていたので、それに妻と飼い犬と一緒に参加しようかなと考えていた。しかし我が家の雰囲気が悪く、とても旅行の提案を言い出せる状況ではなくなってしまったのだ。だから僕は家にいる。とはいえ、ずっと家にいるわけではなく、飼い犬とドッグランに行ったり、飼い犬と行けるカフェに行ったり、飼い犬と [続きを読む]
  • 久しぶりに料理をした。
  • 今我が家は、大荒れだ。「私がやるので、一切手を出さないで」と言い、僕がキッチンに入ろうとすることさえ嫌がっている義母は、川谷さんとの別れを機に、家事どころではなくなった。妻は、一応家事をするにはするのだが、義母に任せていたこともあり、すごく手抜きだ。別に手抜きが悪いわけではない。 けれどインスタント食品ばかりを使いまくるのはな…と思う。なので、時間のある時は、自分で料理をすることにした。料理は好き [続きを読む]
  • 案の定の結果。
  • 川谷さんと別れた義母の意気消沈ぶりがあまりにひどい。いつも背筋がしゃんとしていたのだが、頭を片方に傾けて溜め息ばかり。独り言も増えた。少しでも元気付けたいと、妻の提案で、週末に妻の姉弟を、我が家に呼んで食事会を開いたが、結果的に義母のストレスや苛立ちを更に拡大させる結果になってしまった。いや、僕は絶対そうなると思っていたので、事前に妻に異を唱えていたのだ。しかし妻は僕の意見を真っ向から否定、更に「 [続きを読む]
  • 妻は探偵か。
  • 今日妻は、義母と別れた川谷さんが住んでいる家を、見に行ったらしい。妻は、義母と川谷さんが別れたことは嬉しいのだが、義母から搾り取れるだけ搾り取って別れた川谷さんのことが、許せないらしい。確かにその気持ちはわかる。しかし一方的に川谷さんが悪いわけではなく、川谷さんに金銭などの援助をしたいと自ら買って出たのは、義母なのである。 ところで、相変わらず妻の行動力というか、探偵力には、尊敬の念すら覚える。妻 [続きを読む]
  • 荒れる義母。
  • 新居の完成を待たずして、川谷さんは義母との別れを選んだ。その理由はわからないが、なんとなく僕は、川谷さんは義母に利用価値をもう見出せなくなったのではないかなと思った。これまでの川谷さんの態度から、川谷さんは貪欲で、目的を達成するためならば、手段を選ばないタイプであることははっきりしている。なので、義母以上に、利用価値のある女性を見つけたのではないかなと思っている。 義母は今、とてつもなく荒れている [続きを読む]
  • またか…。
  • 突然だが、義母と川谷さんが、別れたらしい。今朝妻から聞いた。義母は、すっかり落ち込んでいて、憔悴している。その姿は十歳以上も老け込んだように見えて、痛々しかった。が、僕にとっては「またか…」という言葉しか浮かばなかった。何が原因で別れたのかはわからない。 昨年の年末も別れただのくっついただの、痴話喧嘩のようなことをやっていた。大学生カップルじゃあるまいし、と思ったのを覚えているが、4ヶ月ちょっとでま [続きを読む]
  • ネズミ。
  • 最近近所で、ねずみが出現しているという話を聞いた。帰宅途中、駅で偶然ご近所さんに遭遇したため、世間話をしながら一緒に歩いて家まで帰ってきたのだが、その時に教えてくれた。しっぽが長くて、体は大人の拳くらいの大きさのドブネズミだそうだ。ハムスターは以前に飼っていたことがあるので、ネズミときいて最初は大丈夫かな、とは思ったが、そんな大きなネズミさすがに気味が悪い。僕だけではなく、妻も義母もご近所さんから [続きを読む]
  • 新居が完成間近。
  • もう少しで、義母が現在建設中の新居が完成する。義母は今か今かと待ちわびているが、それは僕も同じだった。義母の新居と僕の家は、繋がるように建設された。中からお互いの家に行き来できるのだ。それはものすごくストレスだが、キッチンや水回りなどを義母に占拠されないと思うと、ほっとする。特に僕がお風呂に入っている時に、義母に勝手に入ってこられないことは、大袈裟だが僕の人権が守られるとさえ思った。川谷さんと義母 [続きを読む]
  • 久しぶりに友人と飲んだのだが。
  • この間の休日、久しぶりに友人と飲みに行った。ここしばらく、家のことでイライラがたまりっぱなしだったので、友人からの誘いに二つ返事でOKした。家のことなんて忘れて、昔の思い出話でもして楽しい気分に浸ろうと意気込んでいたのだが、その席で友人が、友人の奥さんのことを愚痴り始めてしまった。この時友人は結構酔っていて、お酒の力もあってか、奥さんのこと、仕事のこと、子供のことを延々愚痴っていた。相当ストレスに苛 [続きを読む]
  • 心療内科に行ってきた。
  • 今日は、心療内科に行ってきた。本当は行きたくなかったが、先日のカウセリング中に、次回予約を入れてしまったので、行かざるを得なかった。当初はキャンセルの電話でもしようかと思ったが、そこの心療内科の受付の方は、根掘り葉掘り聞いてくるタイプ。親身になって聞いてくれていると思えば良いのかもしれないが、煩わしい気持ちの方が強かった。口下手な僕が、電話口であれこれ説明して説得するのも面倒だったので、カウセリン [続きを読む]
  • 疲れた顔。
  • 昨日、実家に顔を出した。特に用はなかったのだが、母に「お歳暮の残りがたくさんあって食べきれないから」と言われたので、貰いに行ったのだ。妻にも声をかけたが、「気を遣うから行きたくない」とはっきり断られた。残念だった。両親は妻に会いたがっていたし、僕も妻に来てほしかったからだ。それに僕も普段、義母と暮らしている時にそういう気持ちなんだけどな…と複雑な気持ちになった。僕だけ不公平だと、子供じみた気持ちに [続きを読む]
  • 妻の監視。2。
  • 今日の仕事中、職場に妻から電話がかかってきた。普段であれば僕に用がある場合、直接連絡をくれるはずなのだが、何故か今日は職場に連絡が来た。どうしたかと思えば、「あなたがきちんと仕事をしているか、確かめたくて」と言われた。この時ばかりはさすがにカチンと来て、大きい声を出してしまいそうだったが、職場と言うことで何とか抑えた。事務的に、感情を込めずに対応し、早々に切った。妻は僕が自室に部屋をつけたことで、 [続きを読む]
  • 妻の監視。
  • 鍵の一件で、妻の監視が、すごく厳しくなった。毎日帰宅後に、妻に携帯を見せるのが、日課になった。友人からのメッセージも、事細かく妻はチェックする。僕はあまり友人が多い方ではないし、異性の友人はいない。それにやましいことも一切ないので、後ろめたいことは何もない。しかし職場の女性の同僚からの業務連絡を見た妻が、「これはなに?」としつこく追及してきたのには、参った。もうこちらもヤケになってしまい、学生時代 [続きを読む]
  • 消え去りたい。
  • 結局僕は、自分でつけた自室の鍵を、とった。鍵のことで妻、そして義母と散々揉めてしまった。揉めることが嫌で僕は鍵をとった。そして妻にはきちんと謝った。今後は勝手に鍵をつけないと誓った。だが妻は、「やましいことがあったから、鍵をつけたんでしょ」と譲らない。義母もこれに同調、そして何故か腹立つことに、義母の彼氏である川谷さんまで参戦してきた。お前に言われたくないと終始思ったが、川谷さんに「誠意を見せない [続きを読む]
  • 妻は絶対謝らない。
  • まあ、予想通りというか…自室に鍵をつけたことで、妻と口論になった。確かに、妻に何の相談もなく独断で自室に鍵をつけたことは、 喧嘩を売っているととられても仕方ない。今思うと、あの時頭に血が上っていたとはいえ、相当判断力が鈍っていたな、とは思う。僕が妻の立場だったら、不審に思うだろう。突然鍵をつけるだなんて、何かあるんじゃないかって、考えるのだ当然だ。だがこれ以上僕の領域というか、僕の大事な物を捨てら [続きを読む]