はるお さん プロフィール

  •  
はるおさん: お義母さん、出て行って。
ハンドル名はるお さん
ブログタイトルお義母さん、出て行って。
ブログURLhttp://springman0302.blogspot.com/
サイト紹介文念願のマイホームに転がり込んできた義母への愚痴ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/03/03 07:55

はるお さんのブログ記事

  • 多分これは、、、。
  • 妻に「12月旅行に行ってもいいかな?…友達と」と言われた。普段なら僕に相談もせずに勝手に決断する妻が、何故急にしおらしくしてくるのだろう。別にいんじゃない…と言いかけたが、僕ははっとした。友達って、例の男性のことだろうか。「ちょうどクリスマス周辺なんだけど、はるおはその辺り忘年会とかだよね?」と妻は、僕のスケジュールや様子を慎重に伺っているようだった。クリスマス…そう聞いただけで僕は悟った。もしかし [続きを読む]
  • 探偵を雇うかどうか。
  • 妻が不貞行為をしているかもしれないという疑念を抱いて以降、僕の頭の中に、”探偵”という文字が、チラチラと浮かんでくる。元々、探偵の存在なんて知らなかったのに、妻や義母が過去に雇ったことで覚え、そして今や自分が雇うかどうかなんて考えているんだら、皮肉なものだ。しかし、まだ何も、妻が浮気したと決まったわけではない。ただ「また会おうね」というメッセージが、自分以外の男性が妻に送ったというだけだ。それなの [続きを読む]
  • 特定できてしまった。2。
  • SNSによると、妻に「また会おう」と言った男性の職業は、経営コンサルタントと書いてあった。失礼ながら経営コンサルタントという職業をよく知らない無知な僕は、それを見て「なんか胡散臭そうだな」と感じた。彼の交友関係は広く、アクティブで活発な印象を受けた。載せている写真や投稿が頻繁で、仕事に関するセミナーなどに関することから、プライベートのことまで、詳細に載せている印象を受けた。投稿にはよく「未来に繋がる [続きを読む]
  • 特定できてしまった。
  • 妻に「また会おうね」と送ってきた人の名前を、僕は念のため記録しておくことにした。携帯を盗み見たわけではない。妻の通知を見ただけだ。そう自分に言い聞かせて僕は、相手の名前を自分の携帯のメモ帳に控えた。SNSで検索してみると、相手の男性はいとも簡単に見つかった。当初僕は、名前だけでは相手の男性を見つけられないだろうなと思っていた。そもそも顔もわからない。それに相手の名前は珍しいものではなく、ありふれた名 [続きを読む]
  • 見なければよかったかもしれない。
  • 嫌な予感というのは、当たってしまう。妻は特定の男性と連絡を取り合っていた。 見たくて見たわけではない。居間でテレビを見ていた時、妻のスマホが振動した。その時妻は席を外していた。僕はキッチンにる妻に、「スマホ鳴ってるよ」と声をかけた。その時にふと画面が見えてしまったのだ。メッセージが来たという通知が目に入ったのだが、どうもその文章が怪しく見えたのだ。一瞬だが「また会おうね」と書いてあった。別に「また [続きを読む]
  • 考えたくなくても考えてしまう。
  • 妻の浮気を疑っている自分に、嫌気がさす。そんなはずはないし、自分が生涯のパートナーとして選んだ妻が自分を裏切るわけがない。そう思いたい。それなのに、一度懐疑的に思ってしまうと、妻の一挙手一投足が全部怪しく見えてしまうのだ。僕は浮気をしたことがない。浮気をしたいという願望もない。第一自分は既婚者だ。そもそも、どうやって相手に出会うかもわからない。普通に仕事をして、普通に妻がいる自分には、職場を除いて [続きを読む]
  • 浮気されている気がする。
  • 僕は妻に、浮気されている気がする。確信がないので滅多なことは言えないのだが、どうしてだろう。最近そう感じるのだ。不思議なことに、妻が以前よりも華やいでいて、キラキラしていて、笑顔が溢れているのだ。笑顔が溢れているだけで浮気を疑うだなんておかしいのだが、我が家にはあまり笑顔がない。どちらかと言えば、妻と義母の口論で発生するギクシャク感とか、妻の苛立ちとか、そういう尖った雰囲気の方が多く、笑顔が溢れた [続きを読む]
  • 理解に苦しむ。
  • 妻が、新しい自分専用のパソコンを買った。最近、妻は僕に一切の相談もなく、電子機器を新調している。パソコンを始め、スマートフォンやスマートウォッチなども手にしていた。特にスマートフォンの買い替えのペースが、かなり早い。去年購入したばかりではなかっただろうか。こういう言い方は良くないかもしれないが、例えば仕事でスマートフォンを駆使している人ならばまだしも、専業主婦の妻には、何台も必要?と言いたくなって [続きを読む]
  • 困った人だ。
  • 今朝いつもより早く目が覚めたので、飼い犬のダンちゃんと、普段より早く散歩に出かけた。例の単身マンションの前を歩くと、大きな声が聞こえてきた。どうやら窓が開いているらしく、声が筒抜けだった。アパートのお隣に住んでいる方は、たまったもんじゃないだろうなと思った。我が家でさえ、多少の騒音が聞こえて迷惑しているのだ。そう思ってそばを離れようとした瞬間、大声で喋っている人が何をやっているかわかった。どうやら [続きを読む]
  • 怪しい隣人。
  • 最近近所に、単身者用のアパートができた。そのことで色々と悩みがあるのだが、今日朝偶然会ったご近所さんが、「あのアパートには、パソコンを常に持って出歩いている人がいる」と言ってきた。それのどこがおかしいのだろう。パソコンを常に持ち歩く人なんて、今時ザラだ。僕はご近所さんの言っている意味がいまいち理解できなかった。その話を妻にすると、妻は「なんかパソコンを開きながら歩いていて、そのパソコンに話しかけて [続きを読む]
  • 妻のリサーチ力。
  • 妻の探偵並みのリサーチ力で、義母の恋愛事情がわかったらしい。相変わらず妻はすごいなと思うと同時に、妻には隠し事はできないなとつくづく思った。義母は最近、熟年層対象の婚活パーティーに参加したそうだ。そこで出会った男性と、いい感じになり、デートを重ねているらしい。どうしてわかったのか。どうやら妻は、義母の日記帳を盗み見たようだ。義母は毎日欠かさず日記をつけているそうなのだが、それを知っている妻は、義母 [続きを読む]
  • 騒がしい隣人。
  • 我が家のすぐ近くに、単身者向けのアパートが新しく建った。現在続々と新しい住民が入居していて、特に若い男性が多かった。この一帯は、昔ながらの住民やファミリー世帯が多いので、単身者マンションが建つことに違和感があったが、街の雰囲気が若返っていいかもしれない。でも、そう思って後悔した。単身者アパートのとある一室が、頻繁に騒ぐのだ。連日仲間らしき集団が、そのアパートを出入りし、わけのわからない音楽を流して [続きを読む]
  • 構わなくていいじゃないか。
  • 僕は妻に、義母に「女性の着物姿を男性はどう思うのか」と聞かれた話をした。すると妻が「あっ」という顔をした。どうしたのかと聞くと、「この間、ママと着物を仕立てに呉服店に出かけた」と妻は言うのだ。「私の着物も作ってもらったから、てっきり礼服とかそういう準備のものかと思った」と妻は言い、「どうしてもっとはやく気づかなかったのだろう」と悔やんでいた。でも別によほどの相手でない限り、義母が誰と恋愛してもいい [続きを読む]
  • 少女漫画じゃあるまいし。
  • 妻に大阪出張のお土産を渡したのだが、妻はそれどころではなかった。僕のお土産を「そんなものはどうでもよくて!」と言ったかと思えば、妻はこう言ったのだ。「ママは懲りずにまた、誰かと交際しているらしい」と。義母が誰かと交際…もう別にいいじゃないかと思う。義母が誰かと交際しようとしなかろうと、僕にさえ迷惑がかからなければ、全然問題ないし全然関係ない。正直どうでもいい。けれども妻は義母の交際のことしか考えら [続きを読む]
  • 出張が終わった、複雑な心境。 
  • ようやく出張先での仕事が終わった。明日家に帰宅するのだが、とてつもなく気が重い。義母に面倒をみてもらっている飼い犬ダンちゃんに会えるのは嬉しいが、妻に会うことを思うと、少し緊張だった。妻に怒られたりしたくないので、とにかく今回の出張は、妻の好きそうなお土産をたくさん買った。インスタをやっている妻のことを思って、所謂インスタ映えってやつを意識して、選んでみた。だがきっと妻は、僕が何を選んでも、何かし [続きを読む]
  • 気分が悪い。 
  • 僕にはすごく嫌いな上司がいる。かつてその上司と数年一緒に働いていたが、その上司が関西に転勤になったため、離れることができた。しかし縁が切れたわけではなく、僕がこうして関西に出張する際は、必ずその上司に会わなければならないのだ。その嫌いな上司は、とても不機嫌だった。会うなり僕にイライラをぶつけてきた。口調は乱暴で、「お前はいいよな、災害にあってなくて」と言ってきた。この上司は単身赴任で大阪在住なのだ [続きを読む]
  • 離れると改めて気づく変化。 
  • 仕事で関西方面に出張中なのだが、一週間ほど自宅に帰らなくていいと思うと、何故だかほっとしている自分がいた。家に帰らなくていいと思った途端、どこかで安堵している自分が嫌なのだが、そう思ってしまったのだ。特に、妻に会わなくていいと思うと、気が楽だと感じている。嫌だなと思う。妻に会わなくていいのだと思って、気持ちが楽になる自分が嫌だ。でもそう思う気持ちが止められないのだ。怒られたり、八つ当たりされたり、 [続きを読む]
  • やれやれだよ。
  • 明日から僕は、関西に出張だ。ここ一週間は出張の準備をしたり、プレゼン資料を作ったり、成果をまとめたり、何度も会議があったり…色々大変だった。疲れた。休みたい時に限って、妻と義母は大げんかする。僕が仕事から帰宅すると、どうでもいいことで二人は口論していた。今回の原因は…義母の洗濯の仕方と、妻の洗濯の仕方が、ぶつかったようだ。義母は自分のやり方を妻に押し付けたい、妻は自分のやり方が洗濯したい。その主張 [続きを読む]
  • 服を選べない。 
  • おそらく妻は、夫の洋服はプチプラでいいと思っているのだろう。僕がユニクロ以外のブランドで洋服を買おうとすると、不機嫌になるのだ。この間別のブランドで洋服を買ったのだが、「えー別にユニクロでいいじゃん、どうせそのブランド似合ってないんだし」と辛辣に言い放った。僕はユニクロは好きだし、否定するつもりもないが、ユニクロはユニクロだとわかってしまうデザインが多い。だから一番外側の服は、できたら避けたいなと [続きを読む]
  • トイレの流儀。
  • 僕は朝に、トイレに篭ることが好きだ。きっと共感してもらえないだろうし、「忙しい朝にトイレを占拠しないで」と、怒られることは間違いない。それは僕もわかっている、迷惑なことをしているのだろうことは。我が家にはトイレが3個ある。1階に二つ、2階に一つ。1階のそれは、洋式と立って用を足す男性用のトイレだ。僕は不要だと思ったが、家を建てるときに、妻は男性用のトイレを作ろうと言い張った。僕は朝、妻の迷惑にならない [続きを読む]
  • 頭のおかしい上司。
  • 最近職場の飲み会があった。正直僕はあまり職場の飲み会は好きではないのだが、昔気質な上司は余程のことがない限り、全員参加を義務付ける。飲み会に参加できなヤツは、配慮や仕事ができないヤツだそうだ。以前この上司は、妊娠中の同僚に対しても、飲み会の参加を強制させていた。その上司が飲み会の席で、いきなり全員に説教してきた。突然なんなんだという感じだ。乾杯には絶対ビールを強制させるかと思えば、いきなりの怒号だ [続きを読む]
  • 昔は優しかったな。
  • この数週間は、僕にとって勝負の時期だ。というのも仕事で大事な局面を迎えており、この仕事の勝敗で、今後の僕の仕事の人生が変わる、と言っても過言ではない程、本当に大事な時期なのだ。前々からそのことを妻には伝えていた。「これから俺は忙しくなるから、協力してくれよ」という、強気で当たり前を強要するような態度ではもちろん言わず、「大事な仕事で数週間は忙しくなるから、お互い協力しあって頑張ろうね」と言った。僕 [続きを読む]
  • 妻の人を見る能力。
  • この週末、久しぶりの家族のイベントがあった。近々結婚する妹の結納のため、両家で顔合わせが行われたのだ。当初僕一人で参加予定だったが、妹の旦那さんの妹夫婦も参加予するらしかったので、僕と妻も参加することになった。僕の妹は少々気が強く、時々正義感をぶつけすぎて、人と衝突することがあるような性格なので、正直ご縁があるかずっと心配だった。しかし妹の相手は、頭が切れ、かなり優秀で聡明な人だった。気が強い妹を [続きを読む]
  • 自然災害が多すぎる。
  • 今年は自然災害が本当に多いなと思う。北海道の地震もそうだが、大阪地震、台風や大雨もひどい。幸いなことに今の所僕自身は被害を受けていないが、他人事ではない。しっかり対策しておくに越したことはないな、という気持ちが出てきた。今回の地震を受けて、僕は防災グッズをきちんと見直して、万が一の時に備えていこうと思った。それに我が家には犬がいるので、ペットの避難グッズや、 ペットがいる時にどう避難すべきか、しっ [続きを読む]
  • やっぱりおかしいよな。 
  • 普段は体型維持や健康のために、お菓子やジャンクフードを食べないように徹底しているのだが、時々無性に食べたくなる時がある。それが今日だった。起床後からずっとポテトチップスのことが頭から離れなく、朝食を終えても食べたくて仕方なかった。気を紛らわせようと飼い犬のダンちゃんと散歩してみたが、コンビニやスーパーの前を通るので、余計思い出してしまう結果になってしまった。もう今日は食べようと諦めた僕は、早速ポテ [続きを読む]