望月岳陽 さん プロフィール

  •  
望月岳陽さん: 日本初の「姓名判断・命名・改名」
ハンドル名望月岳陽 さん
ブログタイトル日本初の「姓名判断・命名・改名」
ブログURLhttp://blog.gakuyo951.jp
サイト紹介文日本で初めての「姓名判断・命名・改名・名づけ」の方法で、占いではなく、人文科学として認められた説。
自由文プロフィール「望月岳陽」
 1938年生まれ。島根県出身。山口県下関育ち。県立下関西高卒。関西大学法学部卒。同大学院法学研究科卒(法学修士)。「(旧)総理府行政管理庁行政監察局」を30年、企業7年勤務。著書3冊。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/03/03 08:02

望月岳陽 さんのブログ記事

  • 『ユダヤの法則(78:22の法則)』
  • 私たちが遭遇する事象は、思うように行かないことが多くあるように思います。勿論、親が愛情を持って我が子に名前を付けても「100%の幸運」になることは難しいことです。古来、伝承されている『ユダヤの法則』をご存知でしょうか。一つの事柄を「100」と考えた時... [続きを読む]
  • 『9月1日に寄せて』
  • 9月1日は「防災の日」です。1923年(大正12年)9月1日に大被害が生じた「関東大震災」にちなみ、1960年(昭和35年)に「防災の日」として、「政府・地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風・高潮・津波・地震等の災害についての認識を深め... [続きを読む]
  • 「コメント欄の質問」に答えて (2)
  • コメント欄に、次のようなご質問が来ていました。≪質問内容≫具体的なお話しでとても興味深いです。一点気になったので質問させてください。81より大きい数字の場合、80を引くとありますが、なぜ引く数が81ではないのでしょうか?81の次の数、82は1になるので... [続きを読む]
  • 『系列(下1桁)』の早見表
  • 「系列(下1桁)」の持つ意味1  ◎・・・指導力、企画力、計画性、几帳面、健康運2  ×・・・事件・事故に遭遇、経済的・精神的な苦労         物事にこだわらず朗らかな性格3  〇・・・温厚で円満、思いやりがあり平和主... [続きを読む]
  • 『姓と名との関連性』
  • 私たち日本人の名前は大変美しいと思います。「姓」にも語意があり、「名」にも語意があります。この「姓」と「名」との関連性において、『語意』が通じていることも、運気を呼ぶ重要な要素の一つです。例えば、「山」に関連する姓「山本・山中・高山・・・」... [続きを読む]
  • 『天命数霊術における画数』
  • 「画数」は、あなたが日常的に良く使用している画数から判断します。≪例≫      高 (10画)  ・・・  ? (11画)     恵 (10画)  ・・・  惠 (12画)     沢 ( 7画)  ・・・  澤 (16画)     竜 (... [続きを読む]
  • 『数の吉凶早見表(姓名判断編)』
  • いよいよ姓名判断・命名・改名など、人名について触れていきましょう。私の『天命数霊術』では、「天格」にあたる数(漢字)を、非常に大切に見ています。先にも話しましたが、「天格」は、その人の人生の運気を大きく左右していきます。社会的発展性・周囲からの... [続きを読む]
  • 『数の陰陽のサイクルは81』
  • 「数にも霊が宿る」これまでも繰り返し述べてきた、『天命数霊術』の根幹です。この宇宙三千世界をつかさどるのは、『陰と陽の世界』です。今、仮に「1〜9」の九通りの数字を「陰」とし、もう一つの「1〜9」の九通りの数字を「陽」とします。このことか... [続きを読む]
  • 『天格・地格・総格・補格』『系列』の説明
  • ★『天命数霊術』における、天格・地格・総格・補格の説明【天格】主として、その人の外面的な吉凶を表す。社会的発展性・周囲からの信用・信頼・人望などの評価が現れる。外的要因による災難(事件事故など)に遭遇する、またはそれらの有無を判断する。この『天格』こそが、人生の運気を大きく左右する。【地格】主として、その人の内面的な吉凶を表す。内面的な性格・能力・思考力・意志の強弱・精神状態・潜在的資質。これらから [続きを読む]
  • 『天命数霊術』における姓名判断
  • 私たちの氏名は、「姓」と「名」から構成されており、「天地陰陽」から成り立っています。私の『天命数霊術』では、その理念から「姓」にも天地があり、「名」にも天地があると考えて、多くの事例を基に研究を深めてきました。姓の1字目を「天」、2字目を「地」として考え、名についても同様に、名の1字目を「天」・2字目を「地」として考えます。「姓の天」と「名の天」を加えた画数を「天格」とし、「姓の地」と「名の地」を [続きを読む]
  • 『0(ゼロ)』の数の意味
  • 『0(ゼロ)』は、「正でも負でもない実数」・「なにもない状態」と解釈されています。日本では『0(ゼロ)』のことを、『零(れい)』と表記されることもあります。漢字で書く『零(れい)』は、「雨+令」の会意文字で「雨のしずくが落ちる」・「落ちぶれる(零落れる... [続きを読む]
  • 『9(九)』の数の意味
  • 『9』は数ある数字の中で、私の『天命数霊術』の根幹となる、最も大切な数です。世間では、『9(ク・キュー)』と言う発音から『苦(苦しみ・苦境)』や『窮する』などを連想し、どちらかと言うと良い意味に使われてきていないように思います。しかし私はこの『9』こそ、様々な重い意味を持つ数字として、多くの研究を重ね、今日に至っています。ブログ歴10年の中で、『9』の重要性について繰り返し書いていますが、それだけ [続きを読む]
  • 『8(八)』の数の意味
  • 「8」という数は「2」で割り切れる一桁の整数「1〜9」のうち、一番大きな偶数です。そのことから「8」という数字が姓名にある人は、落ち着きがある・話し上手で温厚円満な人・明るく人気者・社会的な評価がある人・目上の人から引き立てがある人・・・など、良い印象を持たれることが多いです。セールスマン・タレント・政治家など、他人の評価が成功につながる職業に向く「8」という画数なのですが、「安定」を意味する偶数 [続きを読む]
  • 『7(七)』の数の意味
  • 「7」は、「1」〜「9」の数のうち「7」だけが、円満を意味する円の360度を割り切れない自然数です。したがって「7」という数は、円になりきれず(円満になりきれず)、「あまり」を出してしまう唯一の自然数です。そこから「7」の性質として、その他の数と違い円満を欠くことから、外見上は我が強く・協調性に欠け・頑固な面が強調されやすいところが短所として現れます。また一方で、姓名の中に「7」だけでなく「9」また [続きを読む]
  • 『6(六)』の数の意味
  • 「6(六)」という数は、吉にも凶にも暗示ができる不思議な数です。それは有機化学の「ベンゼン環(正六角形の環状構造)」の構造と性質によく似ています。その「ベンゼン環」に合わせる分子次第で、毒にも薬にもなる性質が、姓名判断をする上での考え方に酷似しています。「6」に最大吉数「9」、または大吉数「5」という分子を結合すれば、その「6」は薬として役立つことになります。例えば、「6+9」⇒「15」の大吉数へ「6+ [続きを読む]
  • 『5(五)』の数の意味
  • 「5(五)」という数は、1〜9の数の中心であり、「神亀の図」でも亀の生存に必要な腹の位置にあたります。「五」は、もともと「二」の天地が陰陽でクロスした形「X」を表すので、その接点で作用を起こす積極的な数です。「5」という算用数字は、四方の接点に中心点を加えて「5」となることから、グループの中心・中庸の精神・信頼(敬愛)をよせる・人や物事をまとめる力・中心の王座から正義を持って成功(栄誉)・やがて金運を呼 [続きを読む]
  • 『4(四)』の数の意味
  • 「4」は漢数字で「四」と書き、「シ・よ・よ(つ)・よっ(つ)・よん」の読み方があります。4は偶数であり、奇数と比べて積極性・行動力・思考力が劣るため、進歩・発展性に弱く、私は、「4(四)」を凶数として位置づけています。語呂合わせの好きな日本人は、「四」の読み方の中で、「シ」という読みを『死(シ)』と連想し、不吉なモノ・凶数だと判断してきました。「シ」と読む漢字は、「死(シ)」だけではありません。良い意味を持 [続きを読む]
  • 『3(三)』の数の意味
  • 「3」の漢数字の表記は「三」です。「二」の数の意味で説明したように、上の横一は「天」、下の横一は「地」を表し、「三」の場合は、そこに「人」を表す横一が加わります。そこで「三」は、「天・地・人」が揃った、三位一体の安定数を持つことになります。三脚が、どのような環境や状態にあっても、四脚より安定するように、「三」は常に平穏や安定を表します。このようなことから、安定・安泰・平穏・平和・幸福・円満・温厚・ [続きを読む]
  • 『2(二)』の数の意味
  • 「2」という数霊の意味を、物の多少を表すことではなく、「不思議な運命」という観点から考えてみよう。「2」を漢数字では「二」と表現し、上の横一は「天」、下の横一は「地」を表し、形から見ると、天地が平行し、相交わることがない、いつまでも天地は対立している形状を表しています。そのために、平行・対立・分裂・離別・未完成・事件・事故・苦労・困難・・・などの意味を持ちます。『天命数霊術』においては、大凶数の一 [続きを読む]
  • 『1(一)』の数の意味
  • 数には、「1・2・3・4・5・・・」という『算用数字』と、「一・二・三・四・五・・・」という漢字の意味を持つ『漢数字』があります。「1(一)」は、すべての数字の始まりです。数字の出発点であり、奇数の始まりです。そのことから出発点を表し、「物事の始まり」という観点から、夢や希望の計画・企画などの意味を持ち、統一・同一や統合など、出発から到達までを、総合的にまとめる意味もあります。また、漢数字である「一 [続きを読む]
  • 『龍』の不思議なパワー
  • 最近、ある質問を受けました。「以前のブログに、『龍』という漢字が名づけに良いと書かれていました。それは何故ですか。」たいへん良い質問です。一般的には、実在の動物や植物を表す漢字を人名に使用すると、その漢字を持つ動植物の寿命や運命などから、短命や苦労性などになりやすく、運命が限定されてしまうと言われています。例えば、動物では「虎・馬・牛・亀・鹿・・・など」植物では「桜・梅・桃・菊・杏・・・など」具体 [続きを読む]