M&M さん プロフィール

  •  
M&Mさん: 気ままに映画を楽しんで〜セミリタイア日和
ハンドル名M&M さん
ブログタイトル気ままに映画を楽しんで〜セミリタイア日和
ブログURLhttp://kimama-cinema.ldblog.jp/
サイト紹介文2017年3月に早期退職。大好きな映画鑑賞や美術館巡りなど、気ままなフリーライフの日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/03/03 20:34

M&M さんのブログ記事

  • 『僕のワンダフル・ライフ』
  • まだ腰痛を発症する前に観た映画です。シンプルなストーリーで、子犬のときに命を救ってくれた少年イーサンに再び出会うため、何度も転生して、独身の中年男になっていたイーサンにやっと再会するというお話。 全編にわたって、わんこ目線で話が展開していくところが面白かったですね。わんこ目線なので、家の中を散らかしたり、飼い猫の死骸をわざわざ掘り起こしてみたり、いろいろなとんでもないこともやらかすんですが、飼い主 [続きを読む]
  • またまた腰痛で引きこもり・・・。
  • 3月に早期退職してからすぐは、体調がすぐれなかった。よく風邪を引いたし、持病の腰痛も出て歩くのも辛い日々だった。気分も滅入ってましたね体調が戻った夏ごろから、「こりゃいかん!!」と思い、近所の公設体育館でフィットネスを始めた。もともと細身で筋肉量が少ないので、細マッチョにはなれないけれど、週3日は出かけてカラダをほぐしてました。これで、腰痛や四十肩、五十肩の後遺症も緩和されるかなと思ったのですが、 [続きを読む]
  • ぼっち図書館、ぼっちカフェ・・・。
  • 昨日、スマホに上がってきたダイヤモンドオンラインのコラム記事ですが、定年後の男性の実態を描いた内容でした。「一人ぼっち」で過ごす定年退職者の哀愁、午前中の図書館、カフェ、ジム・・・要約すると、定年後のシニア男性は、一人でカフェでモーニングを食べ、図書館で新聞を読み、ジムでヒマ潰しをしているという。だからこうならないように、今のうちから、退職後を見据えて、人との「関係をつくる」作業をしておくことを推 [続きを読む]
  • 『ドリーム』偏見の壁があっても自分軸を持ち続けることができるか。
  • 1960年代にNASAであった実話をもとに制作された作品だそうです。わたしの中では、今年のベスト作品になるかも知れません。 *******************人種差別があからさまに横行し、堂々と「白人用」「非白人用」とプレートが掲げられる時代。あのNASAの施設内でさえ、仕事をする建物、トイレ、昇任など、あらゆる場面で差別があった。しかしそこには、天才的な能力を持つ3人の黒人女性がいた。彼女たちは、 [続きを読む]
  • 人生100年時代というわけで。
  • 今年9月に政府が「人生100年時代構想」を掲げてから、テレビやネットでもよく見かけるようになった言葉ですが、実際、町会の高齢者の名簿などを見ると、80代は当たり前で、90歳、100歳超えのご長寿さんがほんとに多いです。因みにわたしの母も90歳になりますが(祝)これだけ高齢者人口が増えれば、社会保障制度や徴税システムの見直しはせざるを得ないのでしょうね。定年延長なんて、も〜とんでもないことですわ〜(笑 [続きを読む]
  • 人は幸せのために生きているんだ
  • 御年80歳の加山雄三氏の言葉です。やはり「海の若大将」、説得力ありますね〜(^_^)ニコニコ実はわたし、小さい頃から加山雄三さんのファンなんです。スケールの大きな歌が好きで。最近加山さんは、どうもご自分の船の中で生活しているようですね。別荘がわりに使っているみたいです。yahooニュース別荘といえば、森の中と思いがちですが、海派の人にとっては、正に水の上で生活することが、くつろげる空間なのでしょうね。ずっと航海 [続きを読む]
  • 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』誰かが誰かに繋がっている…。
  • 東野圭吾原作の小説を映画化した作品です。32年も前に、人々の悩み相談に、手紙のカタチで答えてあげていた、ナミヤ雑貨店のオヤジさん(西田敏行)がいた。その悩み相談の手紙が、32年後のいまに舞い込んでくる。そんな時空を超えた、心の交流が一本の糸で紡がれていく話。ちょっと説明しずらい内容ですし、設定にもちょっと無理がある気もしましたが、誰かの放った想いが、誰かに影響を与え、また、誰かが影響されていく。そ [続きを読む]
  • 「ゼロ」になったわたし。
  • ちょっと遅ればせながら、堀江貴文氏の『ゼロ』という本を読みました。ゼロなにもない自分に小さなイチを足していく【電子書籍】[ 堀江貴文 ]彼が証券取引法違反で服役して、仮釈放になったのが2013年3月なので、この本はその6ヶ月後に出版されたことになる。もう4年も前のことだ。強制リセットされた堀江氏のゼロからの再出発を書いている。現在では、大分TV番組などでも見かけるようになってきて、ライブドア時代ほどでもないに [続きを読む]
  • カラダを動かすことの効用
  • 9月になって始めたフィットネス。運動が苦手でインドア派なわたしが、取りあえず1月続いています。体育館(内のスタジオ)へ向かうときは、ちょっと足取りが重いのですが、身体を動かして帰るときには、心身ともにスッキリしています。そもそもは、インドアな趣味(読書や映画など)や家の中の断捨離作業などで、引きこもり気味だった生活の改革のために始めたのですが、エアロビクスなどでは、ステップを覚えなくてはいけないの [続きを読む]
  • 小さな幸せを感じる日々
  • 久しぶりの青空を見上げて、美しいなと心から思う。風も心地よく吹いて、やさしさを感じる。木々は、次の季節への支度で忙しそう。遊歩道を歩いていると、以前は見かけなかった蝶々を見つけた。生まれてからずっと、東京暮らしだけれど、子どものころから、鳥といえば、スズメ、ハト、カラス。蝶々といえば、モンシロチョウ、モンキチョウ、アゲハチョウくらいしかいなかった。最近は、メジロなどさまざま野鳥や、上の画像のような [続きを読む]
  • 息子の働く姿を見て思ったこと。
  • 立派なオトナに成長してくれて、母はうれしいよ(涙)・・・・・って話ではありません(笑)わたしには、成人している一人息子がいまして、未だに同居しているわけですが、その彼が毎日会社に行って働く姿を客観的に見ていて、ふとこれまでの自分の姿と重なった瞬間がありました。朝起きて、朝食を取って出掛けていく。雨の心配などをしながら・・・・。夜11時ごろ帰宅し、ご飯食べてから少しテレビの録画しておいた番組などを視て寝 [続きを読む]
  • ちょっと憂鬱なこの時期の風物詩
  • 夏はどこ行った〜!?って言ってる間にじわりじわりと秋へ移ろっているようですね。東京では、昼はゼミの鳴き声、夜は秋の虫の音が聞かれるようになりました。サクラの葉も少し色づいてきました。さて、この時期に、ちょっと憂鬱になるわが家の風物詩があるんですよ。《閲覧注意》それがコレ!! わかりますかね。”G"じゃないです。セミなんですよーわが家のマンションのベランダで、チカラ尽きてひっくり返っているんですよね〜 [続きを読む]
  • スタジオプログラムを始めた〜世はまさにシニア時代を実感した。
  • リタイア生活の中で、気になる点のひとつに運動不足がありますね。わたしも少し前から、気が向いたときにウォーキングをしていたのですが、このところの天候不順でなかなか続かず、次なる策として、以前から考えていたスポーツジム通いを実行に移すことにした。在職中は、会社が法人契約しているジムがあったので、何度か行ったことはあるのだけれど、やはり続きませんでしたね〜。まずもって、会社帰りには疲れていて、とてもじゃ [続きを読む]
  • 832億当たったら?!
  • たら・れば の話で申し訳ないですが、実際にこの金額を手にしたらどうしますか?アメリカの宝くじで大金を当てた女性の話が話題になっていますね。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000033-reut-intこの女性は、その日のうちに「もう職場には戻らない」と伝えたそうですが、皆さんだったらどうしますか? このカテの方には、当然聞くまでもないですよね〜、即アーリーリタイアでしょうね、きっと。因みにわたしも同 [続きを読む]
  • 本が好きです♪
  • わたしの趣味のひとつに、読書というのがありまして、経済書から哲学書、小説などいろいろなカデゴリーを読みますけれど、一番好きなのはファンタジーものです。子どもの頃は、ミステリーが好きで、10代くらいまでは、「少年探偵団」に始まって、アガサ・クリスティーまでいろいろ読んでましたが、いまはさっぱりミステリーからは足を洗っています(笑)いまのお気に入りは、上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズや小野不由美さんの [続きを読む]
  • 『ワンダーウーマン』
  • 今回も観てもいいかな〜シリーズで鑑賞しました。Yahoo映画の評価があまり芳しくなかったので、観るのを迷いましたが、まあ外れてもいいかなDCエクステンデッド(バットマン、スーパーマンの会社)だし、そこそこは楽しめるんじゃないかというわけで鑑賞してきました。 結果、なかなかよかったですよ、楽しめました。女性版スーパーヒーローって、ちょっと箸休め的な感じがしますけど、見た目に美しく、しなやかなボディの武舞。ま [続きを読む]
  • おひとり様上手はアーリーリタイア向き?
  • わたしは若い頃から、よくひとりで旅行をしていました。語学力が乏しくてもっぱら国内でしたが・・・・。今でこそ「おひとり様」という言葉が市民権を得たようですが、昔は女性ひとりだと宿泊先を探すのが大変でした。もちろんお友だちと旅行することもありますが、そのときは集団行動なので、それに合わせた旅になります。所謂、観光地巡りといったものですね。ひとり旅をする目的は、自分のエネルギーチャージのため。ただ海を眺 [続きを読む]
  • どんどん名前を忘れていく。
  • 3月末に早期退職してから、気がつけば早5か月。最近気がついたのですが、以前の職場の同僚や上司の名前を徐々に忘れ始めているのです。顔は思い浮かぶのですが、名前が出てきません。我ながら唖然とします。もともと人に対しての関心が薄く、名前覚えるのが苦手なんですけれどね。内心(来たか来たか、アルツハイマー!!!)と思って怯えるのですが、逆に買い物リストや図書館での予約本のタイトルはよく覚えているのです。若い [続きを読む]
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』
  • 映画業界では、この時期、親子向けの作品上映が多くて、映画好きオトナとしては寂しい季節なのですが、そんな中でも、まぁ観てもいいかな〜と思える作品ということで、『スパイダーマン』を鑑賞しました。 今回の作品では、スパイダーマン=ピーター・パーカーは、「若く幼さの残る高校生」という設定が前面に押し出されていました。フレッシュでコレはこれでなかなかよかったですね。アベンジャーズに憧れ、スーパーヒーローにな [続きを読む]
  • 昼間のTV番組を視るようになって思うこと。
  • セミリタイア生活に入り、当然ながら今まで視ることのなかった昼間のTV番組を視る機会が増えた。そして思ったことはひぇ〜、なんだこりゃー!!(よい子はマネしないでね‼)面白くなーい!!!わが家では、昔から朝はTVを視ながら出勤時間を測っていた。退職後は、家族が出勤してもわたしが家に残っているため、そのままTV番組が流れっぱなしになっていたりした。そして気がついた。昼の番組って、ずーっと同じニュースや芸能ネタ [続きを読む]
  • 人は見た目で判断するのか?
  • セミリタイア生活に入り、平日の昼間にふらふら(笑)近所に出かけることが増えた。特に金融機関などは、会社勤めのころはめったなことでは昼間に訪れることはない。給料の引き出しはコンビニATMだし、振込はネットバンキングだしね。退職してからは、税金の支払いや口座開設の手続きやらで出かけることが多くなった。その時のわたしのいで立ちといったら、大抵の場合デニムのパンツとTシャツだ。そんな時の行員のおねいさんの態 [続きを読む]
  • 家で過ごす時間が多くなったので・・・。
  • 今年の「夏」はどこに行ってしまったんでしょうね・・・毎日よく雨が降ります。涼しいのは有難いですが、お米などの作物への影響が心配になりますね。(イメージです!)わたしは、昔からお盆やゴールデンウイークなど、観光地が込み合う時期には、東京でじっとしているのですが、こう雨ばかりだと、ちょっとした外出も億劫になりますね。何せいまは、大雨の中無理に出かけたりしなくてもいい身分なので、なおさらのこと引きこもり [続きを読む]
  • 『22年目の告白』いい意味で裏切られました。
  • 少し前に鑑賞していましたが、レービューをあげていなくて今日になりました。テレビのCMで、藤原竜也扮する殺人犯が、時効を迎えてふてぶてしく名乗り出て会見を開いているシーンが放送されていましたね。この時点では、鑑賞の予定はしていませんでした。ちょっと陳腐な臭いがしていたからですが、評価が意外に高くて、遅ればせながら観ることにした作品です。鑑賞後の感想としては、ツッコミどころはあるものの、ストーリー展開 [続きを読む]
  • あるんですね、こんな事。
  • 世の中お盆に突入しましたね。みなさん地方のご実家へ戻られたり、思い思いのバカンスを楽しんでおられるのでしょうか。今年は例年になく東京も人が多いように感じます。この時期、繁華街は割と空いていたりするのですが・・・。さて4月から始まったセミリタイア生活ですが、何故か急に我が家の家電が次々と壊れまして、まず最初に洗濯機が壊れ、つい先日もテレビ番組を録画していたHDDが壊れてショックを受けていた訳ですが、な [続きを読む]
  • 持家派ですよ、わたしの場合。
  • 退職して、現在は預貯金取り崩しで生活している訳ですが、住まいはさほど広くない分譲マンションです。住宅ローンを組んで購入しました。退職するときには、多少の残債が残っていましたが、それを預金で返済して、現在は、管理費のみの固定費になっています。ふと気がついたのですが、賃貸だったらと思うと早期退職は望めなかっただろうな・・・・ということ。東京は家賃が高いです。わたしが暮らしているところは、東京でも周辺区 [続きを読む]