M&M さん プロフィール

  •  
M&Mさん: 気ままに映画を楽しんで〜セミリタイア日和
ハンドル名M&M さん
ブログタイトル気ままに映画を楽しんで〜セミリタイア日和
ブログURLhttp://kimama-cinema.ldblog.jp/
サイト紹介文2017年3月に早期退職。大好きな映画鑑賞や美術館巡りなど、気ままなフリーライフの日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/03/03 20:34

M&M さんのブログ記事

  • 自分にとって心地よいペースを探る。
  • このところ、遊んだり、学んだり、計画事の活動したりと、忙しくしていました。そして、ホッと息つくことのできる日が出来たとき、何となく落ち着かなかったんですよね、家でじっとしているのが・・・。体力的には多少疲れていて、身体を休められたり、メンタルを落ち着かせたりできるのは有り難いはずなんですが、なんとなく動いていないことが居心地悪いような感覚なのです。退職してから、天候の不順だったり、人ごみの中に入っ [続きを読む]
  • 臨機応変がきくのがフリーライフの強み。
  • 劇団四季のミュージカルをたまに観に行きます。しかし、人気のチケットは半年先じゃないと手に入らない。行きたいとなったら、なるべく早く行きたいじゃないですか(笑)そこで、最近はリセールというシステムがあるんですよね。チケットを一旦は手に入れたけど、行けなくなったときに、ヤフオクとかメルカリとかじゃなくて、正規プライスで売買できるシステムなんです。それで、行きたい公演を登録しておくと、リセールが出たとき [続きを読む]
  • 人生の後半に考えること『マイ・インターン』
  • 前回の続きです。マイ・インターン(字幕版) [Prime Video]ロバート・デ・ニーロ2016-01-13『マイ・インターン』の中では、70代で妻に先立たれた男性(ロバート・デニーロ)が、”不幸なわけではない”と感じながらも、一抹の寂しさや虚しさのようなものを感じて、今どきの若いベンチャー企業にインターンとして入り込みます。オフィスは元工場だった場所、周りはスーツ姿はなく学生のようなラフな服装の若い社員ばかり。当然、周 [続きを読む]
  • セミリタイヤーと『マイ・インターン』
  • わたくし、映画好きですが、劇場に足を運ぶのは基本として、その他にもAmazonビデオ、レンタルビデオ、TVロードショーでも鑑賞します。(どんだけ〜!!フルッ)先日、TVロードショーで『マイ・インターン』を放映していたので、録画したものを観ました。マイ・インターン [Blu-ray] [Blu-ray]ロバート・デ・ニーロワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント2016-08-10インターネット通販が盛り上がり始めたころの映画ですね〜 [続きを読む]
  • 健康には気をつけよう!
  • 台風が過ぎ去って、翌朝の交通機関の混雑ぶりといったら、ホントにすごかったですねニュース番組での映像を視て、ゾゾっとしましたよ(笑)あーぁ、リーマン辞めてよかったぁぁぁ(ちえみ風)さて在職中は、有難いことに毎年健診があって、メンタルチェックまでやってくれて、体調の良し悪しは別として、健康管理はバッチリだったんですけれど、セミリタイアに入ってからは、その点は自発的に管理しなければなりませんね〜。自治体 [続きを読む]
  • マンション管理組合の理事になった。
  • まぁ、タイトルの通りです(笑)フリーライフの身ですから・・・時間はありますからね〜打診を受けたときには、二つ返事でお引き受けしました。決してこのようなことが好きなわけではないのです。できればやりたくないわけで(汗)でも根が生真面目なもので、このマンションに居住している以上は、マンション内の問題や課題に目を向けなければいけない、理事だって応分の負担として引き受けないと思ってしまうんですね(笑)セミリ [続きを読む]
  • 抑圧の反動
  • 憧れのセミリタイア退職したら、アレもして、コレもして、こんなものも買うぞ〜ってね、思うんですよね(笑)セミリタイア予備軍のあなた!そう思っているでしょうでも、実際フリーライフを手に入れると、それらの煩悩は、抑圧された日々の反動だったんだなぁ・・・ってつくづく実感します。最初のウチは、それらの夢を実現させようと思うのですが、ちょっと実行してみたりもするのですが、次第にアレ? なんか違うかも・・・とか [続きを読む]
  • 久しぶりに息子と出かけた。
  • 息子とピアノ・コンサートに出かけました。場所は築地の朝日ホールです。こうして息子と出かけるのは、しばらく振りのことです。息子とは、共通の趣味が多く、以前はよく映画やクラシック、美術展などにも一緒に出かけていました。周りの人には、「仲良がよくていいですね」と、よく言われてましたが、内心では親離れ、子離れできない親子と引き気味で視られていかも知れませんね(笑)もちろん、最近では彼女べったりな息子なので [続きを読む]
  • セミリタイア生活、メリハリがなくちゃね!
  • 今日はクラシックのコンサートに行きました。プログラムはベートーヴェンでバイオリン協奏曲と7番。Vlのソリストがとてもすごくうまかったなぁ・・・( ..)φメモメモコンサートの後はアロマトリートメントを受けに。大好きなアロマの香りに癒されて、最後の方はウトウトしてしまいました。その後レストランで夕食。食後のマスカットゼリーの載ったパフェに大満足!イメージです。いつもは、自宅で料理。ジムに行って〜本読んで〜 [続きを読む]
  • 資産形成の光と影・・・わたしの場合。
  • わたしは、セミリタイアして1年半が経過したところで、もちろん年金も支給されておらず、目ぼしい収入があるわけでもないので、現在は資産を取り崩して生活しているわけです。先日、某証券会社に15年くらいほったらかしていた投資信託を解約しました。この投信の投資対象は国内株式で、わたしが購入した時の基準額を上回ることがずーっとなかったんですよね。なので、ほったらかしていた訳です。金額もたいした額でもなかったの [続きを読む]
  • 自分を評してくださる方に出会う。
  • 毎日暑いですね〜。もうそろそろ夏休みも終わって、子育て中のお母さんは、ホッとしているのではないでしょうか。それとも、宿題の追い込みに親子で取り組んでいるとことでしょうか(笑)わたしがセミリタイアしてから、かれこれ1年半が経とうとしています。この間、カレンダーは加速していくようにめくれて過ぎ去っていきました。いや早かったなぁ〜(笑)さて、セミリタイア後には、人間関係が劇的に変わるという話を以前にUP [続きを読む]
  • 涙もろくなっちゃう年頃なんだね〜(笑)
  • わたしの好物と言えば、美しいモノなわけですが、例えばそれは、絵画であったり、音楽であったり、焼き物や料理、イケメン&美女だったりするわけです。そしてその中には、「内面の美しさ」っていうのも含まれるんですよ〜。先日、たまたまテレビで視たドラマ「グッドドクター」では、自閉症兼サバン症候群の小児外科研修医(山?賢人)が、幼い頃に兄を亡くした経験から「子どもたちをみんな大人にしたいです!」という信念を持っ [続きを読む]
  • 暑すぎて、引きこもり!?
  • 日中、働いている皆さま、酷暑お見舞い申し上げますいや〜、暑すぎですよねぇ!?東京青梅市、熊谷、多治見で40℃超って、一体ココどこですか??日本なんですか??玄関のドアを開けた途端、熱気に包まれて、まるでサウナみたいです。とても出歩く気分になれません。出かけるとなれば、バッチリUV対策しないといけません。家の中で、にゃんことまったりタイムを過ごすしかないですね〜(;'∀')お蔭で録画した番組がどんどん消化 [続きを読む]
  • 億り人、ハンパないって!
  • とあるセミナーで、リアル億り人に会いました。話題にはよく上るビットコイン長者さんですが、直にお目にかかるのは初めてのことですセミナー後の懇親会で、短い会話を交わしましたが、Tシャツ+デニムパンツ+ブーツといったいで立ちでした。もちろんユニ〇ロ、〇Uなどではないデザイン性のあるもので、ブーツもオサレでしたね〜。わたしが、「もう、働く気は無くなっちゃうんでしょうね〜?」と尋ねてみたところ、『いや、今日も [続きを読む]
  • リタイア後の繋がりは程よく自分ペースで。
  • 前回の記事で、リタイア後の人間関係が劇的によくなる話をした。付き合いを自分の意志でコントロールできるのは、わたしにとっては、とてもいいことなのだが、いつかの同期入社組の飲み会での、「リタイアすると社会から孤立しそう」の理由から、非正規で働いている男性がいたのを思い出した。これからアーリーリタイア、セミリタイアを目指す方にとっては、この点が不安材料になるのかも知れませんね。わたしは、もともと人と群れ [続きを読む]
  • リタイアすると人間関係が劇的によくなる。
  • 少し前に、知人間でモノの貸し借りをめぐってトラブルがあった。LINEのグループ内でやりとりをしていたので、その一部始終が否応なしに目に入って来てしまう。他人事ながら決して気分のいいものではない。ずっとスルーし続けていたのだが、だんだんとやりとりする内容が、凄みを増し、いよいよ険悪な雰囲気をプンプン漂わせてきた。これはもう限界、マズイことになると、お節介にも仲裁に入った。そして、この事件が解決した段階で [続きを読む]
  • わたしにはSPがついている・・・!?
  • わたしには、しばらく前からSPがついています。ただし、家の中だけですけど・・・・。どこに行くのにもついてくる。料理しているときも、トイレにも、お風呂にも、クローゼット部屋で着替えているときも。ドアの前で待機している。リビングで寛いでいるときには、窓から屋外を眺め、警戒警備している。(ときには寝ながら・・・)着替えに手間取って、なかなか部屋から出てこないときは、ドアをたたき、「おかあしゃん!大丈夫でし [続きを読む]
  • セミリタイアすると世の中の動きがリアルタイムにわかる。
  • 退職して昼間家にいるようになって、昼のテレビ番組をみることが増えた。以前の記事にも書いたが、各局の昼番組は、やや報道がかったバラエティー番組といった感がして、朝から夕方のニュース番組までは、同じ内容の繰り返し、ちょっと痛いアナウンサーとコメンテータがわいわいガヤガヤと世間話をしているようなものです。なので、昼はテレビ番組をみる意味もないので消している(にゃんこのためにつけてることもあるけど)ことが [続きを読む]
  • 「共助」の時代は来るのか!?
  • このところの昼番組の話題と言えば、「紀州のドンファン」「日大アメフト部」「5歳女児虐待死」だろうか。わたしが何よりイヤなニュースは、子どもの虐待死事件である。もう、心臓を鷲掴みされるように胸が苦しくなる。特に自ら逃げ出すことができず、ひたすら親の愛情にすがろうとする幼き子の虐待は世の中で一番酷いことなのではないだろうか。小さき人は、親に叱られてもなお、親の愛を求める。それしか生きる術はないのです。 [続きを読む]
  • キャッシュレス時代は必ず来る!
  • 以前の記事でLINE Pay カードを作ったことを書きました。LINE Pay カードを作ってみた残念なことに、最強の2%還元は5月末で終了してしまって、その上、新しいインセンティヴ・プログラムのしくみがはっきりしない、モヤモヤしたものになってしまいました。その内容というのが、LINE Payの利用状況によって「マイカラー」とかいうランク付けをされ、それによって還元率が決まるらしいのですが、その条件がはっきりと提示されてい [続きを読む]
  • 芸術の初夏!?
  • 先週末は、クラシックのコンサートと『プラド美術館展』に出かけてきました。爽やかな新緑と夏を思わせる日差しを受けながら、アートな週末を過ごしました。わたしはクラシックが好きですけれど、なんら楽器を扱うわけでもなく、すごく詳しいわけでもないです。ただ好きなだけ!クラシックのコンサートの方は、チャイコフスキーのプログラムだったのですが、演奏曲の中に『悲愴』がありました。この曲、4楽章で構成されているので [続きを読む]
  • 痴漢被害に年齢は関係ないのか!?
  • 昨日は、映画を観に日比谷へ出かけていましたが、観終った時間がややサラリーマンさんたちの帰宅ラッシュに掛かっていました。(テンションさがるわ〜)日比谷からは、地下鉄に乗って帰るのですが、車内で痴漢っぽい行為に遭遇しました。”ぽい”って書くのは、よくある限りなく黒に近いグレーな行為だからです。車内は、そこそこ混雑していましたが、ギュウギュウ詰めというほどでもなかった。当然シートには座れないので立って本 [続きを読む]
  • 笑顔は最強兵器
  • ラフォルジュルネであるコンサートを聴いていたときにふと思ったことがありました。そのコンサートは、とてもユニークなもので、舞台には2台のピアノが用意されていて、そのピアノを4人、あるいは、6人で弾くというものです。つまり、1台を2人、あるいは3人で同時に弾くわけですね。わたしは、初めて見ました。出演のピアニストは外国人の男性3人、女性1人、日本の女性2人でした。その内の男性2人は、若くて新進気鋭のピ [続きを読む]
  • GWの楽しみ方
  • GW、終わっちゃいますね〜。明日からお仕事の皆さん、今日は自宅でゆっくりして、遊びの疲れを癒しておいてでしょうか。サラリーマン時代は、GW終わると、めちゃテンション下がってましたけどね〜(笑)次のお楽しみは、夏季休暇までないんですよねわたしは、毎年GWは、どこへも出掛けず、基本、車やサラリーマンの少ない東京で遊びます。ほぼ芸術週間という感じで、コンサート、美術展、映画などで楽しみます。今年も恒例のラ・フ [続きを読む]
  • 可愛いイレーヌ『ビュールレ・コレクション展』
  • 先週のことですが、国立新美術館で開催されている印象派の絵画展『ビュールレ・コレクション展』を鑑賞してきました。この通称「可愛いイレーヌ」のポスターが目を引きますね。描かれた当時8歳とは思えぬ妖艶さです。ズバリ「美少女」の代表格でしょうか。絵画の中でも最強とも言われています。ギフトショップでも、イレーヌの商品は、飛ぶように売れていました。このイレーヌの絵は、他の印象派系の美術展で何度か目にしているの [続きを読む]