shechews さん プロフィール

  •  
shechewsさん: エクセルで学ぶ画像処理
ハンドル名shechews さん
ブログタイトルエクセルで学ぶ画像処理
ブログURLhttp://imagexcel.seesaa.net/
サイト紹介文エクセルで理解する画像処理。 画像処理をEXCELにより数値やグラフで実践して理解を深めます。
自由文エクセルで理解する画像処理。
画像処理をEXCELにより数値やグラフで実践して理解を深めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/06 19:03

shechews さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 目次 エクセルで学ぶ画像処理
  • エクセルで学ぶ画像処理  - 目次 - 空間フィルタ 「Sobelフィルタ」をエクセルで学ぶ 「Sobelフィルタ」をエクセルで学ぶ (2) 「ラプラシアンフィルタ」をエクセルで学ぶ 「シャープネスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「エンボスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「メディアンフィルタ」をエクセルで学ぶ 「ガウスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「平滑化フィルタ」をエクセルで学ぶ 「ブラー処理」をエクセルで学ぶ 「カスタム [続きを読む]
  • 目次 エクセルで学ぶ画像処理 
  • エクセルで学ぶ画像処理  - 目次 - 空間フィルタ 「Sobelフィルタ」をエクセルで学ぶ 「Sobelフィルタ」をエクセルで学ぶ (2) 「ラプラシアンフィルタ」をエクセルで学ぶ 「シャープネスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「エンボスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「メディアンフィルタ」をエクセルで学ぶ 「ガウスフィルタ」をエクセルで学ぶ 「平滑化フィルタ」をエクセルで学ぶ 「ブラー処理」をエクセルで学ぶ 「カスタム [続きを読む]
  • 中古本の消臭
  • 画像処理等の本や雑誌をヤフオクで中古の本を買ったのだが、タバコの臭いがついていて困った。ネットで本の臭いを消す方法調べて試したけど、イマイチだったので、プラズマクラスター(SHARP製)を試してみた。プラズマクラスターは、タバコの付着臭を分解・除去とかの効果があるそうです。プラズマクラスターから出てくる風を、本の1ページずつ当てた方が良いと思ったので、写真のような感じで、プラズマクラスターの上に、本を立て [続きを読む]
  • 参考文献 画像処理 Part2.
  • 参考文献を紹介します。Part2.C++による簡単実習 3次元CG入門小笠原 祐治(著)森北出版ポリゴンで、コンピュータグラフィックスの CG で表示するためC++言語を使用して実践している本です。説明の図や式も記載されていて、もちろんソースも載っているので、分かりやすいです。プログラムも出版社のホームページからダウンロードできるので便利です。ポリゴンを表示するための座標変換を学び、立体の影をつけるシェーディングや、表 [続きを読む]
  • 「色域選択・クロマキー」 をエクセルで学ぶ
  • 色域選択とは、画像の似た色の範囲を選択する方法です。例えば、画像の青色に近い色を選択して、色調を変更したり、消したりします。特徴としては、色の近さの許容値を変更したり、隣接しているかどうかで、選択範囲を自由に変更できます。クロマキー合成も、青や緑などの、特定の色を選択して別の画像を合成する、色域選択の応用例となります。 許容値の考え方としては、目標の色をRtGtBtとし、ある画素の色をRGBとすると、下記 [続きを読む]
  • エクセルのセルをRGB値で色を塗りつぶすマクロ
  • xy色度図 をエクセルのグラフで描く で、セルに入ったRGB値でセルの色を塗りつぶしました。でも、1つ1つのセルを任意の色を塗っていくのは、面倒なのでマクロで行います。エクセルの、「表示」 / 「マクロ」から、「マクロの表示」を選択します。マクロ名に適当な名前を付けます。ここでは、マクロの名前を「color」とします。「作成」のボタンを押します。下記のマクロをコピペします。このマクロは、エクセルの17行目から2 [続きを読む]
  • 「画像のテキスト変換」をimageJで実践
  • BMP画像をエクセルに変換するBMP2CSVを紹介しましたが、画像をテキストに変換するソフトは他にもあります。画像のFFTで紹介した、フリーソフト「imageJ」です。「imageJ」が便利なのは、画像からテキストファイルを生成するだけではなく、テキストファイルから画像を生成することもできることです。 画像⇔テキストの相互変換ができます。ダウンロードは、Vectorや公式サイトhttps://imagej.nih.gov/ij/から行って下さい。Vector [続きを読む]
  • 画像の「FFT」をimageJで実践
  • 画像のFFT(Fast Fourier Transfoarm)とは、画像を高速フーリエ変換して周波数成分を分析します。特徴として、画像がどの周波数にピークがあるのか、低周波数or高周波数なのかを分析できます。1次元のFFTは、エクセルでFFT(1) で1次元のFFTの基礎を学びました。2次元のFFT、画像のFFTは、フリーソフト「imageJ」で行います。ダウンロードは、Vectorや公式サイトhttps://imagej.nih.gov/ij/から行って下さい。日本語版もありま [続きを読む]
  • 参考文献 画像処理 Part1
  • 参考文献を紹介します。ディジタル画像技術事典200Interface編集部 編CQ出版画像処理の基本から最近の技術まで、かなり広範囲についてくわしく書かれています。例も画像が載っており、分かりやすいです。フィルタ、画像合成等の、基本も学べますし、組込ライブラリ、OpenCV等の、実際に使用してみるための応用もありますし、超解像、3次元計測、ホログラフィ等の、最近の技術も載っています。第1章 色と輝度を整える第2章 画像の [続きを読む]
  • 「xy色度図」をエクセルのグラフで描く
  • xy色度図とは、色度を2次元の平面に表した図です。特徴としては、人間の色覚の三刺激値XYZから、XYZの混色比を下記の式で計算すると、x+y+z=1となり、xとyからzの値が分かるので、xyだけで色度を表せます。X,Y,Zは、それぞれR,G,Bに近い色です。(デバイスによりRGBは微妙に違います)まず、XYZスペクトルと検索して、波長とXYZの数値をどこかのホームページからゲットします。X軸を波長にしたXYZスペクトルのグラフができます。  [続きを読む]
  • 「アルファブレンド」 をエクセルで学ぶ
  • アルファブレンド(Alpha Blending)とは、2つの画像に係数α(アルファ)をかけて合成する画像処理です。特徴としては、2つの画像がすけて合わさったような画像ができます。2つの画像、画像Aと画像Bがあったとして、プレンドした合成後の画像Cを作るとします。C=αxA+(1-α)*B と計算します。各画素で考えると、下記の表のように、白:255、黒:0で計算すると、2つの画素値に重みづけをして足すことになります。BMP2CSVで作成したエ [続きを読む]
  • 「ブラー処理」 をエクセルで学ぶ
  • ブラー(blur) 処理とは、ぼんやりにじませて、カメラでぶれを生じさせたような画像処理です。特徴としては、ぶれにより動いているような処理をかけることができます。簡単なブラー処理のフィルタ係数としては、ぶれの方向により、下記のようになります。それぞれ、左から X方向、Y方向、斜め方向 に、かける場合のフィルタ係数の例です。フィルタサイズを大きくすると、より大きく動いているように見えます。ぼかしフィルタの [続きを読む]
  • 画像処理の資格や通学講座・通信講座
  • 画像処理をもっと学びたい、実際にソフトで応用を行いたいという人には資格・通学講座・通信講座もあります。●画像処理の資格には、CG-ARTS協会の下記があります。  CGエンジニア検定        エキスパート/ベーシック  画像処理エンジニア検定 エキスパート/ベーシック●通信講座には、下記があります。  ・DTP(DeskTop Publishing)関連では下記等があります。  DTPデザイナー   DTP [続きを読む]
  • 過去の記事 …