小笠原誠治 さん プロフィール

  •  
小笠原誠治さん: 経済ニュースゼミ
ハンドル名小笠原誠治 さん
ブログタイトル経済ニュースゼミ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/columnistseiji/
サイト紹介文経済ニュースを通して世の中の出来事を考察するブログです。難しい経済や金融の話を易しく解説します。
自由文ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供449回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2016/03/04 20:17

小笠原誠治 さんのブログ記事

  • 森友・加計疑惑追及議員の当落
  •  それにしても、こんなにも与党に票が集まるなんて! 私、及びこのブログを毎日みて下さっている読者の皆さんには信じられない結果です。 でも、原因はなんであれ与党が大勝ちした訳ですから、禊は済んだとなるのでしょう。 これでは日本がよくなる筈がありません。 いずれにしても、森友・加計疑惑を追及していた議員さんは今回どうなったのか? 一つだけ明るいニュースがありました。 それは、民進党が割れ、無所属で出馬 [続きを読む]
  • 小川榮太郎のゴマすり本
  •  とうとう投票日がやってきました。 でも、まだ誰に投票するか決めていない人がいるかもしれません。 或いは決めていたも、心変わりがするかも… そんな人たちに訴えたいのでしょうか? 森本・加計事件 朝日新聞による戦後最大今日の報道犯罪 安倍総理は「白さも白し富士の白雪だ!!」(加戸守行 前愛媛県知事) 小川なる人物は、どういう気持ちでこの本を出版したのでしょう? 大体想像はつくと思うのですが… 高橋洋 [続きを読む]
  • アベノミクスで景気を回復させたという嘘
  •  安倍政権の支持者たちはよく次のように言う訳です。 「民主党政権時代には円高不況が襲い経済を滅茶苦茶にしたではないか。あの頃に戻りたいのか」 如何にも安倍政権の下での経済政策が成功しているかのように言う訳ですが… 実質経済成長率でみる限り、安倍政権に戻った後とそれまでの民主政権時代を比べると、民主政権時代の方が成長率は高いのです。  これ、本当!<実質経済成長率の推移:暦年ベース>2010年:4.2%2011 [続きを読む]
  • 日銀のイカサマ
  •  神戸製鋼のインチキは皆さまご承知のとおりです。 東京スカイツリーにも使われているのですってね。 そして、新幹線にも。 基準に満たない製品をよくもまあ、大事なお客様に納入できたものだ、と。 しかし、不思議なことに、基準に満たない製品を売りつけられた側の反応がイマイチ不可解なのです。 意外にも怒らないのですよね? どうして? 感情的にならないまでも、損害賠償くらいはしたらいいのにと思ってしまうのです [続きを読む]
  • AI政治家
  •  選挙には必ず行けと言われれば、そのとおり! でも、私が投票権を有する長崎2区には立憲民主の候補者は立ってはいないのです。 どうすりゃいいのさ、思案橋? それにしても古臭い顔ばかり並んでいます。 こんな人たちが議員になったとして、新しい日本が拓けるのか、と。 私思うのですが、政治家の仕事こそAIに任せたらどうか、と。 よく、選挙になると、経済をどうにかしてくれという声が大きくなります。 普通なら、景 [続きを読む]
  • 選挙戦における高橋洋一の役割
  •  本日、新聞を読んでいると、高橋洋一氏の新刊本の広告が掲載されていました。 見ていて唖然とする内容です。 誰がこんな本を買うのだろうか? でも、買わない、或いは読まないまでも、こうした広告を目にした人は、ひょっとしたら騙されてしまうかも知れない。 特に若年層の人たちは! だから、自民党に投票してしまう、と どんなことがこの本には書かれているのか?  次のような報道は全てフェイク報道なのだと。 ・今 [続きを読む]
  • 自民党の政見放送
  •  今朝、NHKをつけたら自民党の政見放送を見せられてしまいました。 「キャビネット(内閣)のなかにはダニが湧きやすい。 ああ、知りとうなかった、知りとうなかった、知りとうなかったよ、ゴンゴン。」 否、自民党がそんなことを言っている訳ではありません。単なる私の感想です。 それにしても、アベノミクスを加速で、所得を向上、幼児教育を無償化するのですって。 私、かねがね疑問に思っているのですが… アベノミク [続きを読む]
  • 誰も財政再建の必要性を訴えない選挙戦
  •  消費税増税は必要なのかどうなのか? 消費税増税は凍結すべきだ、或いは、将来的には必要だろうが、今やるべきではない、なんていろんなことが今回の選挙戦で言われています。 貴方はどのような考え方ですか? いずれにしても、唯一つ共通しているのは、消費税増税の必要性を強く訴える党はどこにもないということです。 消費税の増税が必要だなんて言うと、投票してもらえないと考えるのでしょうね。 ただ、ここで注意すべ [続きを読む]
  • 選挙戦
  •  昨日の枝野代表の演説会に小林よしのり氏が動員をかけていました。そして、その演説会の様子を動画でみたのですが、凄い数の聴衆が集まっていました。  但し、聞いている人の熱気はそれほでもないような… というよりも、冷静に話を聞いている、と。 枝野氏も冷静に話をし、聞く方も冷静に聞く、と。 ただ、どちらにしても凄い数。 一方で、安倍総理は田んぼの中で演説を行っている様子。 帰れコールが怖いのでしょうか? [続きを読む]
  • 何故今、高等教育の無償化なのか?
  •  先日、ある方が私の記事にコメントを寄せて下さいました。 大学の授業料の一律の無償化ではなく、大学院の授業料を無償化すべきだ、と。 私にはその理由がはっきりは分かりませんが、それが現場の切実な声なのだとか。 でも、政治家はそのようなことは言いません。 大学生全員を対象にする、と。お金持ちの子息も含めて。 どうしてでしょうか? 教育の現場を知らないから? 大阪の人間なのに何故か福岡の高校に転校してき [続きを読む]
  • 商工中金、全店で不正
  •  毎日の記事です。 国の低利融資制度「危機対応業務」を巡る商工中金の不正問題で、書類改ざんなどの不正がほぼ全店で行われていたことが商工中金の自主調査で明らかになった。件数は数千件に達している。所管する経済産業省などは不正が多かったデフレ脱却名目の融資の今年度での打ち切りを検討する。商工中金は役職員の大量処分を行う方針で、経産省出身の安達健祐社長(元事務次官)の辞任は避けられない情勢だ。 危機対応業 [続きを読む]
  • 日本がデフレから脱却できない真の原因は偽装体質にあり!
  •  本日は、朝からガーンと一発殴られた感じです。 日本はおしまいかも、と思わずにはいられません。 別の意味ではあるものの、安倍総理が言うように日本には今国難が押し寄せているのかも。 今回の選挙で自公が300議席を確保しそうな勢いなのだとか。 233議席に至らなければ責任を取って辞めるといっていた訳ですが、その差は67もある訳ですから安倍政権が続くと思っていた方がいいのかもしれません。 本当にこんなことでいい [続きを読む]
  • 神戸製鋼の製品偽装と安倍政権
  •  神戸製鋼がとんでもないことをしでかしましたよね。 基準に満たないアルミ製品等を基準を満たすものとして長年、契約相手方に納入していたのです。 で、この問題をメディアがどう報じているかと言えば…データを改ざんしたって言っている訳ですが、契約の相手方を騙した訳ですから詐欺行為だと言うべきではないのでしょうか? ロイターの記事です。 経済産業省製造産業局の小見山康二金属課長は10日、神戸製鋼所に対し、ア [続きを読む]
  • 小池百合子は選挙に出るべきだ!
  •  これまで散々小池百合子を批判してきた私。 でも、小池百合子氏が選挙に出馬することを強く切望します。 何故か? だって、小池氏が出馬すれば、否が応でも選挙戦が盛り上がる。 となれば、投票率が上がる。 自民党の票を食う可能性も大きくなる。 政権交代が実現するかどうかは別としても、自民党が議席数を大きく減らせば安倍総理の責任論が広がるでしょう。 ね、我々が望んでいたことが実現する可能性があるのです。  [続きを読む]
  • 安倍総理が退陣すべき理由
  •  今度の選挙で自公合計で300議席を獲得するという予想もあるそうですが… そんなバナナ! 私には、その予想は全く根拠レスにしか思えません。 もし、客観的なデータに基づきそのような予想がなされているとしたら、かなり多くの国民が今なお安倍政権を支持しているということであり、それこそ日本はもう終わりじゃん!と言いたい。 でも、それほど安倍政権が支持されているというのであれば、安倍辞めろコールがあれほど高ま [続きを読む]
  • 小池百合子のベーシックインカム
  •  党首討論が行われていますが…興味を引く話は少ないですね。 これでは、また投票率が低くなってしまうかもしれません。 そして、投票率が低くなると、連立与党にとって有利に働く、と であれば、党首討論では面白くない話を繰り広げ、視聴率は上がらない方がよい、と与党側は考えているのかもしれません。 では、野党、特に立憲民主党としてはどうすべきか? やっぱり、もっと国民が関心を持つような話題を提供する必要があ [続きを読む]
  • 論理が破綻している前原代表
  •  最優先事項は安倍政権に終止符を打つこと。だとしたら、小池批判はある程度に留めておいた方がいいかも。 御説ごもっとも。 で、小池批判を抑えておいた方がいいというのであれば、前原批判も同様に抑えておいた方がいいということになるでしょう。 しかし、それでも言いたくなるのです。 本日、辛坊氏の番組で、寿司友田崎が前原代表に質問をしていました。 前原代表と連合会長と、そして小池氏の3人で合意したというが、 [続きを読む]
  • 小池百合子(希望の党)の経済政策
  •  小池百合子代表が公約を発表しました。 で、その話に入る前に、昨日の記事に対して皆さまが余り をして下さらなかったので、皆さまのなかには小池氏を支持する人が多いのだろうかと、なんて考えてしまいました。 でも、そうではなかったのですね。 私は、記事を書いてアップしたつもりなのに、アップできていなかったのです。 大変失礼しました。 本題に戻ります。 テレビ映りを殊の外重要視する小池百合子氏ですが [続きを読む]
  • 小池百合子の心変わり
  •  小池都知事は必ず衆院選に出馬すると言ってきた私。 その理由は、彼女は、今回のチャンスをラストチャンスと考えているからだと説明してきました。 ラストチャンスとは総理になる最後のチャンスだということです。 今なら安倍総理の人気が落ちているし…そして、自分は都知事選、都議会選を勝ち抜いて、百合子人気が続いているし、と。 しかし、今、状況が大きく変わりつつあります。 それは前原代表を希望の党にすり寄せる [続きを読む]
  • 政局大混乱
  •  都知事選、都議会選、そして、今回の衆院選と3度目の小池劇場の上演です。 小池代表は、果たして選挙に出馬するのかなんて、小池旋風が吹きまくっていたと思っていたところ、なにやら風向きが変わりつつあります。 小池氏とツーショットの写真を撮ってもらったら3万円取られた?選挙の供託金600万円を負担する必要がある? まあ、そんなことは小さなこと。 問題は、リベラル派切りにあるのだとか。 細かいこと言わずに、取 [続きを読む]
  • ツーショットの写真代3万円を要求する小池都知事
  •  希望の党の公認候補予定者は、小池代表とのツーショットの写真を撮ってもらうために3万円支払う必要があるのだとか。 まあ、選挙にはなんやかんやとお金がかかるのは分かるのですが… 公認候補者になるということは小池氏の仲間、或いは子分になるということです。 その仲間、或いは子分からお金を取るのか、と。 しかも、3万円という中途半端な額。 むしろ、お金を請求したということでイメージが悪くなるのではないのでし [続きを読む]
  • 緑のタヌキ
  •  赤いキツネと緑のタヌキ。 まるちゃんのそばとうどんではありませんが、小池百合子都知事が、緑のタヌキと呼ばれているのだとか。 よく、まあ考えましたよね。 小池百合子のメッキも少しずつ剥げ落ちてきています。 何よりも貴方は何をしたいのか、と。 私は、小池百合子よりも、彼女にすり寄っていった前原民進代表と、それに異議を述べなかった民進党の議員に失望してしまいます。 何よりも安倍政権を倒すことが必要だ、 [続きを読む]
  • 小池氏は衆院選に出馬しないのか?
  •  安倍総理が言っています。 かつて新党ブームが起きたことがある。しかし、新党ブームのせいで経済は停滞してしまった、と。 では、今度もまた経済が停滞するというのでしょうか? しかし、新党ブームのせいで経済が停滞したというのは初めて聞きました。 安倍総理を含むリフレ派は、かつての日銀の政策が生ぬるかったから日本はデフレから脱却できないと言っていたのです。 考え方が変わったのでしょうか? それに、安倍総 [続きを読む]
  • 大義なき希望の党
  •  小池新党、即ち、希望の党に対する関心が非常に高まっている訳ですが… でも、希望の党の公認を受けて立候補する人々は、どんな政治を行いたいというのでしょうか? というよりも、そもそも小池氏は一体何をしたいのか? 自民党の東京支部に対しては戦いを臨んだが、安倍総理との関係は大切にしたいという姿勢を保ってきた小池百合子。 その小池氏が安倍政権に対して牙を?いた訳ですが、彼女は何故態度を急変させたのでしょ [続きを読む]
  • 民進党と希望の党合流の損得計算
  •  民進党が希望の党と合流することになって安倍総理が慌てているとか、いないとか。 どう思いますか? 安倍総理の表情がどうもさえないように見えたので、私は、安倍総理は衆議院解散を後悔しているのではないかと想像しているのですが… しかし、安倍総理のスポークマンである寿司友田崎氏によれば、全然慌ててはいないのだ、と。 何故かと言えば、自民党として一番恐れていたのは、民進党などが共産党と選挙協力をして候補者 [続きを読む]