小笠原誠治 さん プロフィール

  •  
小笠原誠治さん: 経済ニュースゼミ
ハンドル名小笠原誠治 さん
ブログタイトル経済ニュースゼミ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/columnistseiji/
サイト紹介文経済ニュースを通して世の中の出来事を考察するブログです。難しい経済や金融の話を易しく解説します。
自由文ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/03/04 20:17

小笠原誠治 さんのブログ記事

  • 経済財政諮問会議
  •  経済財政諮問会議ってなんのためにあるのか、なんて疑問に思ってしまいました。 コトバンクによると、次のように説明されています。 2001年の省庁再編に伴い、内閣府に新設された協議機関。財務省主導で行なわれてきた予算編成などを政治主導型に移行するのが狙い。首相が議長を務め、閣僚のほか、民間有識者なども参加する。同年4月に「官から民へ」をスローガンに就任した小泉純一郎首相の強力なリーダーシップのもと、民間 [続きを読む]
  • 片山さつきの口利き疑惑等に関するアベシンゾウのコメント
  •  しかし、片山さつきの厚顔無恥ぶりには呆れてしまいますね。 嘘を言っても平気の平左。 自分の顔をアップにしたどでかい看板を各地にぶっ立てながらも、あれは出版の宣伝のためだと言い張る。 しかし、出版社側は、自分のところで看板は立てていないと説明。 当然ですよね。 本の宣伝のために看板を立てるなんてことをする出版社はありませんから。 秘書が口利き料として100万円受け取った件については、あれは秘書ではな [続きを読む]
  • 金の密輸で日本に年間640億円の損失発生
  •  消費税の増税で海外からの金の密輸が如何に増加しているかについては以前からこのブログでも紹介しているところですが… 金の密輸が横行すると、それを取り締まるための膨大な労力、時間、経費等が発生します。 それだけではなく、密輸に伴う犯罪も増えるということで社会が不安にもなるのです。 し、し、しかし… もっと直接的な被害が国に発生しているのです。 朝日の記事です。 日本に密輸された金の多くが、大手商社経 [続きを読む]
  • 昨年だけでも外国人実習生7千人が失踪
  •  安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大を目指して出入国管理法の改正を急ぐなかで、外国人労働者の労働環境の実態が明らかになっています。 な、な、なんと、昨年1年間で7089人の技能実習生が失踪したのだ、と。 失踪の理由は様々でしょう。 実習生側に問題がある場合もあるのでしょう。 しかし、これだけ多くの数の実習生が失踪するということは、雇用者側、或いはシステム自体に本質的な問題を抱えているとしか思えません [続きを読む]
  • 悪貨は良貨を駆逐する
  •  悪貨は良貨を駆逐するという言葉があります。 グレシャムの法則です。 Bad money drives out good. 貨幣の改鋳が行われて、世の中に金や銀の含有量の多い貨幣とともに、それよりも金や銀の含有量の少ない新しい貨幣が世の中に出回った時に、もっぱら世の中に広く流通するのは金や銀の含有量の少ない貨幣になる、と。 その理由はお分かりですよね。 真に価値が高いと思われる貨幣は手許に置いておき、価値が低いと思われる貨 [続きを読む]
  • 名目賃金14か月連続上昇というニュース
  •  名目賃金が14か月連続で上昇しているというニュースに接しました。 ホンマでっか? 朝日が報じています。 名目賃金を示す労働者1人あたり平均の9月の現金給与総額は、前年の同じ月より1・1%多い27万256円だった。上昇は14カ月連続となった。厚生労働省が、7日に発表した9月の毎月勤労統計調査の速報で明らかにした。 算出方法を変えた1月以前から変えていない同じ事業所同士を比べた参考値も0・2%増だった [続きを読む]
  • アベノミクスと人手不足
  •  今朝、テレ朝のモーニングショーをみていたら、人手不足がアベノミクスの障害になっているなんて言っていました。 今、なんて言いました?と聞き返したいところです。 そんなことを言う人は、アベノミクスの意味をどのように理解しているのかと言いたい。 安倍政権の下における経済政策をアベノミクスというのであれば、多少理解できないでもないのですが…しかし、長年サラリーマンの給料が上がらないどころか下がり続けるよ [続きを読む]
  • 自己責任論を振りかざす坂上のバイキング
  •  それにしても、坂上忍のバイキングは安田さん批判のしつこさは度を越していますね。 それに、おかしいのは彼らの論理。 安田さんが、自己責任を否定するのなら安田さんは甘いと叱責してもいいでしょう。 しかし、安田さんは、自己責任でシリアに赴いたと言っています。ということは、万が一の場合、死も覚悟していたと言ってもいいでしょう。 彼らの主張に従うならば、彼らが批判すべきなのは、日本政府であって安田さんでは [続きを読む]
  • 悪者を救う黒田日銀
  •  安田純平さんの件で、未だに自己責任なんてことをテレビで言っていますが… 実名で安田さんの行動を批判するならともかく、匿名で、しかもアベシンゾウのサポーターで、記事を書いていくばくかの小銭を稼ぐために行っているかもしれない輩の批判を何故そこまでまともに取り扱うのか、と。 自己責任を論ずるなら、スルガ銀行こそ批判に値すると思うのです。 時事の記事です。 スルガ銀行が、日銀から資金供給を受ける際に差し [続きを読む]
  • 米国の10月の雇用統計
  •  1日遅れで恐縮ですが、米国の10月の雇用統計について考えてみたいと思います。 ロイターが報じています。 米労働省が発表した10月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が25万人増となり、市場予想の19万人増を上回った。失業率は労働参加率の上昇にもかかわらず49年ぶりの低水準となる3.7%を維持したほか、賃金の伸びは9年半ぶりの高水準となった。労働市場の一段の引き締まりが示されたことで米連邦準備理事会( [続きを読む]
  • 文化の日と叙勲
  •  文化の日に叙勲受賞者が発表されることは知っています。 本日の新聞に受賞者の名前が公表されています。 私は役人をしていたので、どのようなプロセスを経て受賞者が決定するのか大体分かっています。 各省庁ごとに候補者が推薦され… ということで、各省庁は所管の分野の功労者と自分の省庁のOBを推薦する訳ですが… 財務省関係者の名前も例年のように見受けられます。 しかし、かつて大蔵省の接待事件が起きた時には、大 [続きを読む]
  • 安田純平氏の記者会見
  •  今、安田氏との質疑応答が行われていますが、冷静に一つひとつ誠実に答えているような感じがします。 組織のリーダーは松平健に似ていて、自分は心のなかで健と呼んでいたと言っています。 総じて正直に話をしているということではないでしょうか? それにしても、フジテレビは、安田氏に対して何かいちゃもんを付けたいという感じがありありとしますが、一体なんなのでしょうね? いずれにしても、安田氏が提供する情報は非 [続きを読む]
  • 割引商品券という愚民化政策
  •  読売新聞の記事です。 2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策で検討している商品券を巡り、財務省がまとめた原案が分かった。1人あたり2万5000円分を2万円で購入できる「割引商品券」とし、5000円分多く買い物ができる。購入できるのは低所得者を中心とする方向だ。 希望者は、2万円を支払えば1000円の商品券を25枚受け取ることができる。買い物の際は原則としてお釣りをもらえず、使 [続きを読む]
  • 徴用工判決
  •  韓国の最高裁が下した判決に対して日本が厳しく抗議しています。 それにしても不可解な判決ですね。 個人の損害賠償請求権が消滅していないという主張が、純法理論的に全くあり得ないものではないとしても、日本と韓国の両政府間で、戦争に伴う損害賠償は解決済みとの結論が出ている以上、今更韓国の最高裁がそれを認めてしまうと、国家間の約束事が無意味になってしまい、法秩序はないに等しいものとなってしまいます。 それ [続きを読む]
  • 日銀による株価操縦
  •  東京新聞の記事です。 日銀は二十九日、日経平均株価に連動する上場投資信託(ETF)を七百十五億円買い入れ、十月の購入額が月額ベースで過去最高の八千六百七十六億円となった。十月は米国の株価急落をきっかけに世界的な株安が進み、日経平均も急落した。日銀はこれまでETF買い入れは株価押し上げのためでないと主張してきたが、市場が不安定だった同月の購入額が急膨張したことで、日銀による「株価テコ入れ政策」の色 [続きを読む]
  • 日本経済低迷の真の理由
  •  私は、日本経済が低迷しているとは考えません。 少子高齢化が進み、そして、近年、若者労働者の数が急速に減少している訳ですから、成長率をプラスに保てるだけでも御の字だと思います。 しかし、そうはいってもかつての高度成長の時代を知っている者にとっては、経済が低迷しているように感じても少しも不思議ではありません。 では、何が最大の要因か? よく、消費が弱いことが原因だなんていう人がいます。 確かに国民の [続きを読む]
  • 自己責任論
  •  ジャーナリストの安田純平さんの件で、自己責任論が取り沙汰されていると言います。 つまり、安田さんの救出はよかったが、安田さんの行動を批判する声があるのだ、と。 ホンマでっか?  私はそうは思わないのですが… でも、テレビでは批判が起きていると言う。 信じられませんよね。 もし、そのような輩がいたとしたら、極一部のネトウヨだけ。 いずれにしても、安田さんは謝罪しないと許されないのだとか。 でも、一 [続きを読む]
  • 日中、新たな関係
  •  訪中した安倍総理が、「日中両国の関係は今まさに新たな段階に移りつつある」と述べたと報じられていますが… 確かに、中国政府の日本に対する態度が微妙に変わっていることは感じるのですが… 中国の基本的な姿勢が変わったとはとても思えません。 だから、安倍総理が如何に両国は新たな関係になりつつあると言っても、国民にはぴんと来ないのです。 それに、アベシンゾウといえば、ネトウヨの親分みたいな存在であり、そし [続きを読む]
  • 痛みを伴う改革をと言う中西経団連会長
  •  痛みを伴わない改革なくして進歩はあり得ないというのは、一般論としてはよく分かります。 No Pain, No Gain! 財政再建の道もこれまた厳しい! しかし、財政再建を軌道に乗せないと将来世代の負担が一層増すのは余りにも明らか! ちゅうことで、中西というおっさんは、痛みを伴う改革を安倍政権に求めている訳ですが… ただ、冷静に考えると、その痛みというのは誰にとっても痛みなのでしょうか? 経団連というか経済界が [続きを読む]
  • 安倍政権の外国人労働者受け入れ
  •  安倍政権が外国人労働者の受け入れを拡大すると言っています。 私は、そのこと自体が政府の政策の節操のなさを示すものだと考えます。 支離滅裂な政策の一つである、と。 日本経済の長期的な問題の一つが労働力不足にあることはもはや説明を要しないでしょう。 かつての段階の世代の人々の多くが現役を退いている今、労働力不足は急速に進みつつあります。 しかし、もし、労働力不足が本当に起きているのなら何故賃金がもっ [続きを読む]
  • 日本の医療保険制度に関する麻生副総理のご高説
  •  麻生副総理が日本の医療保険制度に関して持論を述べています…なんて言うと、もっともらしく聞こえるのですが、何で酒ばっかり飲んで病気になった者の医療費を俺が支払う必要があるのだ、と文句を言っています。 但し、この10年ほどの間で若干言い振りは変化しているようです。 2008年「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」 2013年(終末期医療について)「さっさと死ねるよ [続きを読む]
  • 中国へのODA供与
  •  中国へのODA供与が本年で終了されると報じられています。 NHKのニュースです。 日中両政府は、日本がおよそ40年にわたって続けてきた中国に対するODA=政府開発援助を、今年度の新規案件を最後に終了することになりました。今後は対等な立場で新たな協力方法を話し合う「開発協力対話」を立ち上げ、途上国支援などで連携を図ることにしています。 日本の対中ODAは中国が改革開放政策を打ち出した翌年の1979年から始まり [続きを読む]
  • 節税保険
  •  朝日の記事です。 「節税」を売りにした販売が過熱していた経営者向け保険について、金融庁が生命保険会社への態度を厳格化させている。オリックス生命保険は11月に予定した販売を延期。昨年4月に業界最大手の日本生命保険が新商品を売り出してから「ブーム」となって以降、販売延期は生保で初めてだ。業界では「ブームの終わりの始まり」との声も漏れる。 問題となっているのは、主に中小企業の経営者が加入する死亡定期保 [続きを読む]
  • 麻生氏が辞任すべき理由
  •  先日、10月16日付毎日新聞夕刊の特集ワイドで私の意見が紹介されていると書きましたが、本日は、その記事についてお知らせします。   すると記事が大きくなります。忙しい方は、この記事だけ読んでもらえば結構です。 でも、詳しく知りたいという方は、次の記事も。 既に記事を読んで下さった方から、分かりにくいというコメントも頂きました。 確かに、私が言いたいことをよく理解できるという方は、この分野で相当 [続きを読む]
  • 金(ゴールド)の消費税率をゼロにすべき理由
  •  消費税率が来年の10月から上がるということで、テレビでは主に食料品であっても軽減税率が適用されない場合について報じていますよね。 たこ焼きは食品。 従って、原則としては8%の軽減税率が適用されるが、それを店のテーブルに座って食べたらどうなるのか…なんてことをやっています。 本当に、そんなバカバカしいケースというか、お店の人が判断に困るケースも多いので、軽減税率は止めてもらいたいと思います。 ところ [続きを読む]