yaizn0825 さん プロフィール

  •  
yaizn0825さん: 交通事故の怪我のお困りごと
ハンドル名yaizn0825 さん
ブログタイトル交通事故の怪我のお困りごと
ブログURLhttp://heartfullsinkyu-seikotuin.com/blog
サイト紹介文交通事故の怪我、その他事故に関するお困りごと、骨盤や肩、腰、膝に関する怪我の予防や対処法をご紹介
自由文できる限りたくさん更新していけ、お役に立てる記事を書けるように頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/03/05 01:35

yaizn0825 さんのブログ記事

  • 骨盤矯正のストレッチ part2
  • 骨盤矯正のストレッチ前回は骨盤より下の筋肉、太ももの筋肉(大腿四頭筋)太ももの裏の筋肉(ハムストリング)骨盤矯正のストレッチ足の筋肉のお話をしましたが、今回はもっと骨盤の上の筋肉についてお話ししようと思います。骨盤が前傾すると、腰が前弯するといいましたが、また下記の図を見てみてください。腹筋は腰が前弯するということは腹筋はどうなっていますか?緩んでいる状態ですよね!?緩んでいるというよりも腹筋が弱 [続きを読む]
  • 骨盤のストレッチ
  • 骨盤のストレッチ骨盤のストレッチ、トレーニングも色々ありますが、今回は前回の話の続きの流れですので、前回の記事?骨盤矯正は必要 !?骨盤が前傾してる場合 下記の図 の骨盤のストレッチについて説明していきたいと思います。図を見てわかると思いますが骨盤の三角形が前に倒れてるのがわかりますよね!?ストレッチというは緊張してる筋肉、縮こまってる筋肉を伸ばしていくために行います。 スポーツ前に行うストレッチとの [続きを読む]
  • 骨盤矯正は必要 !?
  • 骨盤矯正は必要 !?皆さん骨盤矯正という言葉は聞いたことはあるかもしれませんが、実際どうなの!?という疑問もあるのではないでしょうか!?骨盤に歪みが出ると、その上にのっかっている骨腰や背中 首の骨にも影響が出てきます。特に前後の歪み、骨盤の傾きがでてくると腰の骨がそってきたり、背骨が丸く湾曲し猫背にいなったり、背骨の湾曲が失われまっすぎなったりします。骨盤事態の歪みより、どちらかと言えば、それにより [続きを読む]
  • 野球肩 野球肘 整骨院 吹田市
  • 野球肩 野球肘 整骨院 吹田市でお探しの患者さま当院の記事をみていただきありがとうございます!野球肩ってどんな治療法なの?野球肩ってどれぐらいなおるの?野球肩って何はして大丈夫なの?正しい投球フォームは?などの疑問に答えていこうと思います。 野球肩 野球肘ってなに?まずはよく野球肩、野球肘とは言いうけどなんなの?というのがまずわからないですよね・・・簡単にいうと野球肩は肩周囲の軟部組織の損傷野球肘は肘 [続きを読む]
  • むちうち
  • むちうち とは交通事故にあってない方からしたらむち打ちって何?という感じですよね・・・むちで打たれて怪我をしたの?「まあ・・・そういう人もいるかもしれませんが(笑)」ではなく、交通事故の衝突により首が鞭のようにしなることからむちうちと言われています。 むちうち はどんな症状一概にこんな症状とは言えないのですが、多い症状として、首の痛み(安静時痛)動作時の首の痛み頭痛吐き気めまい頭が重い集中力がつづかな [続きを読む]
  • 交通事故のむち打ちは治るのか
  • 交通事故のむち打ちは治るのか ?このブログ読んでいる方は、交通事故にあったばかり?また交通事故にあい首の痛みなどのむち打ちの症状が残っている方だと思います。●むち打ちとはむち打ちとは首が交通事故の衝撃によりむちの様にしなり負傷するのでむち打ちといわれます。自身はどんな首の動きをしているのかわからないとおもいます。古い動画ですが、下記の動画ののように交通事故で衝突した場合は動きます。●正面衝突と、お [続きを読む]
  • 交通事故にあって病院や整骨院で治療にいたる流れ
  • イケダ先生交通事故にあってまず何をするか?当たり前ですが、まずは警察です。あとは、自分、相手のケガの状態をみて救急車が必要かどうか判断します。呼んだほうがいいのか?呼ぶほどでもない?と迷ったら呼びましょう。最善を尽くしておかなければ後日なにかあっても困ります。 ●交通事故の怪我はその日は痛みがない?シバ先生交通事故の場合はよく次の日や翌々日などに痛みが出る可能性があるから、病院に行ったほうがよいと [続きを読む]
  • 自賠責保険は加害者の治療費も支払われるの!?
  • 自賠責保険は加害者の治療費も支払われるのかどうか!?これは事故を起こした加害者の方は気になるところだと思います。これは一概に支治療費払らわれるとも言えないですし、支払われないともいえません。           なぜかといいますと交通事故の加害者の過失の程度で使える場合、使えない場合が出てきます。では、使えない場合はどういう場合なのか?それは加害者が過失 [続きを読む]
  • 第三者行為と交通事故
  • 第三者行為とは交通事故や暴行などによる、自分以外の人間から怪我を負わされた行為です。ですから健康保険は自分自身の不注意などで怪我をしたりしたもの、外の第三者から受けたケガに関しては健康保険は使えないのが原則なのですが、健康保険にも第三者行為の届け出を保険者に出せば健康保険を使うことはできます。では第三者行為で健康保険を使った場合の長所、短所についてお話していきます。まずは長所からまずは健康保険を使 [続きを読む]
  • 交通事故の点数はどうなる?
  • 交通事故を起こしてしまった場合の点数は、皆さんもお気になさるところではあると思いますが。まず、簡単に事故は二つにに分けられます。物損事故と人身事故です。この二つとも名前は違うのですが、交通事故を起こしてひかれる点数も違います。       まずは、物損事故はどのような事故かといいますと、単純に怪我した人がいない事故の器物のみの破損で済んだ事故になります。物損事故は刑事処 [続きを読む]
  • オスグッドの治し方にストレッチは有効
  • スポーツをしている人は、怪我の一つであるオスグッド病を知っている人もいるでしょう。この病気は、成長期に起こるものであり小学校高学年くらいから、高校生くらいまでで発症する膝の病気になります。いわゆる、関節痛なのですが、膝の皿部分の下の骨が膨れてしまうものです。膨らんでいる部分を押すと痛みを感じたりするもので、運動をするときの障害になります。サッカーやテニスのほかバレーなどジャンプをする動作を行うスポ [続きを読む]
  • サッカーする子にオスグッド多い症状
  • 人は生まれたときから成長することが多く、常に自分を高めたいと考えている人は珍しくありません。周りが子供だと思っていても、本人は強い意志で自分を高めようとしていることがあります。本人の向上心が良い形で結果を出すといいのですが、中には無理をしてしまうこともあるでしょう。大人ならある程度セーブできても、子供はセーブの仕方を知らないこともあるため、怪我に繋がることも珍しくありません。特に、真面目で責任感の [続きを読む]
  • オスグッドの後遺症を残さない為には治療が必要
  • スポーツをしていると怪我や運動障害が起こることは仕方のないことですが、問題なのはその障害や怪我の後遺症を残さないことです。オスグッドはスポーツを行なっている子供に多い運動障害のひとつです。子供は生まれてから高校生ぐらいまで身長が伸びていきます。とくに、小学校高学年から中学生にかけての時期は成長期と呼ばれ、身長や体重が急激に伸びたり増えたりします。成長期は骨がしっかりでき上がっていない成長途中にも関 [続きを読む]
  • オスグッドの原因
  • オスグッドは、思春期の年代のお子様によく見られる膝下の痛みのことで、成長痛やスポーツ痛などとも呼ばれています。思春期のお子様は、膝の軟骨部分が多く、大人に比べると骨が弱いので、運動部などで激しい運動を繰り返し行っているのが原因になっています。跳んだり、はねたり、関節を曲げるなどの運動を繰り返していると、骨や腱、筋肉などに大きな負担が掛かってしまい、膝が炎症を起こして大きく腫れ上がる場合があります。 [続きを読む]
  • オスグッドの後遺症を予防するストレッチ
  • オスグッドの正式名称は、オスグッド・シュラッター病と言い、10歳から15歳ぐらいの跳躍系スポーツや、ボールを蹴る、膝を酷使するスポーツや運動などのスポーツをしている子供たちに多く見られるスポーツ障害の一種です。痛みの原因は、膝の関節部分に発症します。成長期の骨の柔らかい時期に激しい運動等で、太ももの前の筋肉が強く引っ張られることにより、筋肉との付着部分が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてし [続きを読む]
  • オスグッドには手術しかないの
  • オスグッドというのは、成長痛のことですが、これまでは完治させるために手術という手段が一般的に行われてきました。と言いますのも、手術をしなかった場合、一時的に痛みがおさまったとしても、再発する可能性があるからです。ですから、たとえば学校の部活などでスポーツをすることが多いという方にとっては、外科的な方法で治す手段しかないと考えられてきたわけです。しかし、近年スポーツ科学が発達してきたということもあっ [続きを読む]
  • オスグッドの治し方は大人も同じか
  • オスグッドとは主に、10歳から15歳ぐらいの少年によく見られる膝の関節痛で、お皿の少し下の部分にある、骨のところがポッコリと膨らみ、押すと痛むようになります。また、走ったり、ジャンプしたり、屈伸するなどの動作をしても痛みます。サッカーなど、特に脚をよく使うスポーツをしている少年に多く見られる症状で、スポーツによって身体を使い過ぎることからくると考えられています。太ももの筋肉を使い過ぎることで、そこにあ [続きを読む]
  • オスグッドのストレッチは正座する姿勢から
  • オスグッドの症状が出てくると、膝に激痛がはしることがあります。スポーツなどの運動だけではなく、日常生活にも、影響を及ぼすということがあります。とくに、学校生活を送っている場合は、体育の時間だけではなく、歩いたり走ったりすることも難しくなりますので、生活に困るということがあるのも事実です。このように、日常生活において、大変心配な症状であるオスグッドを治すためには、手術なども行われていますが、ストレッ [続きを読む]
  • オスグッドは身長が伸びる時に多い
  • オスグットの正式名称はオスグッド・シュラッター病という名前で、10〜15歳の男の子に多く見られる膝下の痛みです。特に、ジャンプをするスポーツ、ボールを蹴るスポーツ、膝を酷使しているスポーツをする子供に多い症状です。スポーツ障害とも呼ばれる部類の症状です。痛みの原因は、骨の柔らかい時期に、激しい運動と膝付近の筋肉の付着している箇所が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることで炎症が [続きを読む]
  • 交通事故の施術体験
  • 交通事故に会ってしまった、誰しもそんな時には精神的にも肉体的にもショックを受けてしまいます。当然身体の方も心配ですが、保険会社とのやり取り、事故の相手との談判、様々な問題が降りかかり、ストレスはマックスでしょう。      ふと気が付くと、事故直後は大丈夫だったのに、何だか首が痛い、背中に違和感を感じる、など身体の不調が出てくることも。あるいは、病院に通っているのに中々事故 [続きを読む]
  • オスグッドの治し方
  • オスグッド病の正式名、オスグッド・シュラッター病といい、ある時期に発症し、膝下にかけて痛みを伴う症状のことを言います。ある時期とは、小学校高学年から高校生くらいの子供たちのことを指します。運動をする前に、入念なストレッチをしていない、同じ動作ばかり繰り返しているなどの行為を行っていると、この症状が起こりやすいです。激しいスポーツをする思春期の男女に見られます。思春期の子供は膝下の軟骨部分がまだ発達 [続きを読む]
  • オスグッドの予防方法
  • 小学校の高学年の子どもたちから、高校生くらいまでの子どもたちの中で、さまざまなスポーツを積極的に行っている子どもたちに多い疾患のひとつに、オスグッドと呼ばれる病気があります。これは、脛骨といわれる膝のお皿の下にある骨が、徐々に突き出てくるもので痛みを伴うといわれているものです。赤く腫れたり、熱を持つ場合もみられて、さまざまなスポーツをした時に強い痛みが現れるといいます。そのため、スポーツをしない期 [続きを読む]
  • オスグッドシュラッター病原因は
  • オスグッドシュラッター病とは、主に小学校高学年くらいの児童から、高校生くらいの年齢までにかけて多く発症する膝の関節痛のことです。成長過程において多くみられる膝の関節痛です。症状としては、膝のお皿の部分より、少し下の骨が隆起するという特徴があります。     押すと痛かったり、また動作をしたときに痛みを伴ったりします。「オスグッドシュラッター病原因」について、考えられることとして [続きを読む]
  • 交通事故後の後遺症 吹田市,整骨院,後遺症予防 交通事故後の後遺症
  • “交通事故に遭うと、そのときは特に意識するような痛みを感じなくても、後から後遺症となって現れることがあります。もし、交通事故に遭ってしまい少しでも痛みを感じるようであれば、専門的な治療を早めに受けることが大切です。整骨院なら、交通事故の後遺症に悩む方のための治療を行っているので安心です。痛みやしびれなどの症状が起こり、市販の塗り薬を使っても改善しなければ、根本的な治療が必要になってきます。頑固な後 [続きを読む]