aki さん プロフィール

  •  
akiさん: 幼児教育教材.com 比較・口コミ・評判
ハンドル名aki さん
ブログタイトル幼児教育教材.com 比較・口コミ・評判
ブログURLhttps://xn--d5qx43awkfa92w541d.com/
サイト紹介文幼児向けの通信教育・家庭学習教材・英語教材・幼児教室などの幼児教育関連総合情報サイト。
自由文各通信教育・学習教材などの家庭で実践できる幼児教育についてのサイトです。各教材をしっかり比較して充実した家庭での教育に取り組んでいきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/03/05 18:06

aki さんのブログ記事

  • 「ぷちドラゼミ」2018年5月号
  • 「ぷちドラゼミ」の2018年度版講座5月号の各コースの内容をチェックしていきます。これから小学校・中学校・高校では大きく教育の方向性が変わってきます。2020年度に小学校、2021年度に中学校で学習指導揚力の改訂がおこなわれ、思考力・表現力・判断力など複合的な力が求められる教育へとなり、知識の積み重ねだけではなくそれらをどう活用してどう生かしていくかが重要になってきます。その土台として幼児教育では小学校につな [続きを読む]
  • 「Z会」の2018年度5月号
  • 「Z会幼児コース」の2018年度5月号の取り組み内容についてポイントを紹介していきます。4月、5月では新生活の疲れが表面的に出はじめて体調を崩しやすい月でもあります。子供の様子や体調をしっかりとチェックして予兆を見逃さないようにしていきましょう。季節は春を思いっきり体感することができる時期。植物や花などの息吹を感じたり、陽気もポカポカ温かくなって外に出て遊びたくなる季節です。「Z会」でも各コースごとに春を [続きを読む]
  • 2018年度「ぷちドラゼミ」の特別教材
  • 「ぷちドラゼミ」の2018年度版の特別教材について確認をしていきます。主に特別教材は、入会時に届く教材と年数回ある副教材。毎月のメイン教材はワーク学習が基本となるので、特別教材を活用して豊かな取り組みをすることができます。他の通信教育との相違点は、より学習面へのアプローチが高く小学校の土台作りとして「もじ」「かず」などの領域だけでなく、幅広い「ちえ」領域を積極的に取り組んでいく内容。この教材内容は高く [続きを読む]
  • 2018年度「Z会」の副教材
  • 2018年度も中心的な幼児教材となるであろう「Z会幼児コース」。教材構成は他の通信教育と比べてもとってもシンプルで、無駄なく本質的な幼児教育を進めていきたい家庭に特におすすめしたい通信教育。一貫性のある教育方針と、将来につながる力やこれからの学びの土台をつくることに主眼が置かれており、「あと伸び力」の育成「自ら学ぶ姿勢」をつくることが教材の基本コンセプトです。毎月の教材構成は前年度と変わりなく、「ぺあ [続きを読む]
  • 幼児に人気の習い事
  • 子供が成長してきたから何か習い事をはじめよう、子供の将来を考えて幼児教育をしよう。幼児期の子供を持つご家庭は子供の将来や成長ために、習い事や幼児教育などについて周囲に色々な意見を聞いたり、ネットや本などで調べたりしていると思います。「どんなことをはじめたらいいのか?」「幼児期にやっておくと良いことは?」「子供にどうしてもやらせてあげたいことがある」など、色々な事を考えて習い事を決めていくと思います [続きを読む]
  • 新年度のスタート!
  • 4月からは新年度がスタートします。年度の切り替えは幼児期はそれほど意識をすることはないかもしれませんが、新年度から新しく園生活がスタートする人もいれば、環境が変わって新しい生活がスタートする家庭もあると思います。この新年度の区切りは新しいことをはじめるとても良い機会です。新年度のスタートに合わせて通信教育や習い事を解はじめる家庭も非常に多く、1年の新しい始まりとともに成長の歩みをさらに進めてみましょ [続きを読む]
  • 「こどもちゃれんじ」の2018年4月開講号
  • 「こどもちゃれんじ」の2018年4月開講号の内容について少しみてみます。いよいよ4月から2018年度がスタートします。ひとつづつお兄さん・お姉さんになって、保育園・幼稚園に通っている子供は新しい先生や新しいお友達との出会いもある季節です。成長を感じる4月。「こどもちゃれんじ」では4月開講号として今年1年の始まりにふさわしいボリュームで家庭教育を応援。楽しく遊び成長に合わせた取り組みができる「こどもちゃれんじ」 [続きを読む]
  • 2018年度「学研ゼミ」の幼児コンテンツ
  • タブレットで勉強ができる学習システム「学研ゼミ」。幼児向け教材でタブレット教材はそれほど多くありませんので、ICT教育を幼児期から取り入れていきたい家庭にはおすすめの学習システムです。2018年度からはコンテンツ内容を変更して、幼児向けに開発された学習コンテンツが増えました。楽しく知育学習ができるシステムになっていますので、タブレット学習をしてみたい家庭は無料の会員登録だけでもしておくことをおすすめしま [続きを読む]
  • 2018年度「こどもちゃれんじ じゃんぷ」
  • 「こどもちゃれんじ」の5歳〜6歳対応の「じゃんぷ」。2018年度は従来の教材構成の「総合コース」と新設された「思考力特化コース」の2コースから選択して目的に合わせた取り組みができるようになりました。年長さんの年代は学習面や知育面といった領域がグングン伸びていくと思います。教科・関心を広げて様々な新しいことを「知りたい!」という気持ち、チャレンジして「できた!」「わかった!」という成功体験を積み重ねて自信 [続きを読む]
  • 2018年度「こどもちゃれんじ すてっぷ」
  • 「こどもちゃれんじ」の4歳〜5歳対応の「すてっぷ」。2018年度からは「総合コース」と「思考力特化コース」の2つの教材コースから選択して学ぶことができるシステムになりました。年中さんは好奇心が旺盛でなんでもチャレンジをしたくなる年代。「自分でできた!」という体験をすることでさらに次への挑戦意欲が引き出され、色々な事への関心の幅も広がっていきます。身体面の成長も大きく、縄跳び・マット運動・かけっこ・鉄棒な [続きを読む]
  • 2018年度「こどもちゃれんじ ほっぷ」
  • 「こどもちゃれんじ」の3歳〜4歳対応の「ほっぷ」。2018年度はできることを一歩ずつ楽しく増やしていくカリキュラムで年少さんの健やかでワクワクする成長を応援。年少さんに相当する年齢で、初めての園生活がスタートする子供もいると思います。「ひらがな」「すうじ」といった学力方面への興味を引き出ながら、社会性や集団生活でのルールも学び、身体面、情操面、知力などを総合的に成長させていくカリキュラム設計です。もっと [続きを読む]
  • 2018年度「こどもちゃれんじ ぽけっと」
  • 「こどもちゃれんじ」の2歳〜3歳対応の「ぽけっと」。2018年度は「自分でできた!」という自信を生み出していくことを大きな目的としたカリキュラムで、3歳になる年の楽しい遊びと学びを応援。規則正しい生活リズム(早寝・早起きなど)を徐々に作ることができ、自分でやろうとする姿勢がグングン伸びていく年代です。生活のなかや身の回りのことを自分から「やってみたい!」と思える姿勢をつくり、実際にやってみて「できた!」 [続きを読む]
  • 「Z会」年長コースの学習のねらい
  • 「Z会」の5歳〜6歳児向けの年長コース。年長さんは園生活でも最年長になって、集団生活や社会でのルールやリーダーシップなど自分で考えながら自発的な行動ができるようになってきます。「Z会」の大きな目標が小学校への自信を身につけること。「できた!」「わかった!」というような成功体験を段階的に積み上げていくことで確かな自信へとつながり、さらに新しいことへのチャレンジや成長の芽をぐんぐんと伸ばしていくことができ [続きを読む]
  • 「Z会」年中コースの学習のねらい
  • 「Z会」の4歳〜5歳児向けの年中コース。好奇心がグングン伸びる年中さん。生活面でも一人でできることが徐々に増えて日々成長を感じることができる年代です。「やりたい!」「知りたい!」を満足させていく体験や経験がとても大切で、様々な事に興味をもつからこそ意欲をさらに伸ばしていくことができると思います。園生活でも少しお兄さん・お姉さんになり、多様な事への関心が高まって物事を理解する力が成長していきます。年中 [続きを読む]
  • 「Z会」年少コースの学習のねらい
  • 「Z会」の3歳〜4歳児向けの年少コース。これからの学びに必要な土台を楽しく作ることができるコース内容になっていて、幅広い分野の力をバランスよく取り組んで体験。年少さんならではの課題を親子で一緒にやってみたり、初めてのお勉強から学ぶ意欲を引き出していくことができる楽しい教材です。幅広い教育を設定してそれぞれに年間の学習のねらいがありますので、楽しく親子で一緒に取り組んでみましょう。年少コースの学習のね [続きを読む]
  • 2歳児が学べる通信教育
  • 幼児向けの通信教育は、基本的に年少さん(3歳児)からスタートする教材がほとんどです。年少・年中・年長の3年間を利用して小学校の土台とこれからの学びの基礎、身体面、情操面、社会性、生活習慣など、それそれの教材ごとの方針のもと成長を促していきます。一方で入園前の2歳児の幼児教育に目を向けると、まだまだ勉強という取り組みは早すぎるけど何か学びをはじめたい、色々な事を体験して健やかに成長をしてほしい、考える [続きを読む]
  • 継続率98.45%「こどもちゃれんじ」
  • 幼児教育はある程度継続させていくことでその効果を発揮できるものだと思います。いくら子供に良いものであっても単発で終わってしまうので、継続して取り組めるものとでは期待できる効果も変わってくるものではないでしょうか。通信教育でも同様で、月をまたいで数か月にわたってプログラムが組まれていたり、徐々にステップアップしたリ「できること」を増やしていくカリキュラム設定になっているので、継続した取り組みをするこ [続きを読む]
  • 片付けができるようになる5つのポイント
  • ・いつも散らかりっぱなし・遊んだ後に片付けない・いくら言っても片付けをしてくれないこんな経験がある親も多いと思います。子供が片付けないから結局親が片付けてしまうと、その後片付けができない子供になってしまいますので、できれば子供自身に片付けの習慣を身につけさせておくことが大切な事。ただ、分かっていても思うようにいかないものです。そこで、子供が自分から片付けができるようになる方法を考えてみたいと思いま [続きを読む]
  • 「ポピっこ」2018年2月号の内容
  • 2018年がスタートして、お正月や様々な行事もひと段落して日常の生活に戻ってくる季節です。2月は節分があり「福は内、鬼は外」と声をかけながら豆まきをしたり、最近では全国的に恵方巻も有名になってきましたね。「ポピっこ」でも季節や伝統行事などをテーマ・題材にした取り組みをすることができるので、冬を感じながら幼児教育を進めていきましょう。また年長さんはもう少しで卒園と小学校入学を控えています。インフルエンザ [続きを読む]
  • 2018年度おすすめ教材「こどもちゃれんじ」
  • これまで2018年度おすすめの通信教育として「Z会幼児コース」「ポピっこ」を紹介しましたが、今回は「こどもちゃれんじ」をおすすめしたいと思います。多分多くの人が知っているとても認知度の高い通信教育だと思いますし、「しまじろう」などのキャラクター、CM・広告などで多く目にする機会があると思います。やはり多くの家庭で愛されている教材ですので、2018年度もおすすめの通信教育として紹介していきたいと思います。楽し [続きを読む]
  • 2018年度おすすめ教材「ポピっこ」
  • 前回2018年度おすすめの通信教育として「Z会幼児コース」を紹介しましたが、今回は「ポピっこ」をおすすめしたいと思います。「ポピっこ」は幼児向けポピー教材として長い間にわたって家庭に愛され続ける幼児向け教材。これから幼児教育をスタートさせたい家庭や、まずは無理のない学びからはじめていきたい家庭に特におすすめの教材で、親子で楽しい学びを応援するタイプの内容。子供だけでなく親も一緒に成長をしていくスタンス [続きを読む]
  • 2018年度おすすめ教材「Z会」
  • 2018年度版の通信教育のなかで特におすすめしていきたい教材が「Z会幼児コース」。幼児向けの通信教育では教材の質や効果など総合的にNO.1の教材だと思います。2017年度も満足度調査の「イード・アワード」において最優秀賞と部門賞5部門を受賞、日本マザーズ協会が主催しているママたちの投票で選ばれる「第9回マザーズセレクション大賞」を受賞するなど、受講者・利用者の評価が高いのも理由の一つ。幼児向けの通信教育を考えて [続きを読む]
  • 通信教育年間ランキング【2017年】
  • 2017年の幼児通信教育年間ランキングを紹介。2017年の1年間の資料請求や入会などの集計してみました。幼児期では将来性を求める教材、楽しく取り組める教材などが中心となります。今の能力を向上させるよりも今後の土台作りの期間と考えて親子で楽しく学びを進めていきましょう。また、学力面だけではなく生活面・情操面・社会性・身体面などの総合的な成長をすることが求められていると思いますので、通信教育にどういった役割を [続きを読む]
  • 「Worldwide Kids」の特長
  • 「こどもちゃれんじ」も運営している株式会社ベネッセコーポレーションが運営している幼児向けの英語教材「Worldwide Kids」。教育大手の会社さんですので豊富な教育ノウハウがあり、最新の英語教育理論を組み合わせて幼児期に自然な形で英語に触れて使うことができる設計の教材内容になっています。All Englishの本格的な英語教材で、小学校までに確かな英語力を身につけていきたい家庭に特におすすめの英語教材。発達心理学的ア [続きを読む]
  • 通信教育でお誕生日のお祝い!
  • 幼児期は毎日が成長。昨日できなかったことがきっかけ一つでできるようになったり、気がついたら色々な事を知っていたり、親も驚くようなこともよくあります。その成長を後押ししてくれるのが通信教育などの幼児教育だと思います。子育てのサポートツールとして利用することもでき、知育面だけではなく情操面や社会性など幅広い領域の成長を促していく通信教育教材もあります。適度な刺激を与えたり、好奇心や関心の幅を広げたり、 [続きを読む]