f.c さん プロフィール

  •  
f.cさん: 模型とガジェットのブログ(たぶん)
ハンドル名f.c さん
ブログタイトル模型とガジェットのブログ(たぶん)
ブログURLhttp://craftsandgadgets.blogspot.jp/
サイト紹介文ガジェット(スマートフォン関係)とプラモデル(スケールモデル)なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/03/05 19:50

f.c さんのブログ記事

  • エッセンシャル・フォン essential phone PH-1 その5
  • 5回目になりますけど、あまり書くことは無いです。脱線傾向の雑談記録。端末は時々使っております。メインの機材ではないため、日常の2台持ちに加えて3台になってしまうので、、、。もちろん、UQmobile の回線は快適ですし、出したいのは山々。一番アレなのは、落としそうで怖いことです。最初に比べたら手も慣れて、すべり落とす可能性は下がってます。でも、不安ですね。あれから少し時間が経過して、ニュースも色々流れました。 [続きを読む]
  • 1/35 動物 Live stock set
  • 恐竜とは違って、時代的に問題ない動物のセットです。1/35 動物セット昔作ったことのある動物は、ロバと馬くらいでした。ここにもロバ(正確には違うようだけど)が入っています。鶏はひよこと卵も。ウサギは死んでます。ランナー 1白色のプラ成型品です。左側に小さいパーツが並んでいます。それが卵。鶏は左下に上下さかさまです。 ランナー 2こっちは犬と子豚、ガチョウなどです。見ているとちょっと興味を引きます。しか [続きを読む]
  • 1/35 恐竜
  • 気分で何時も買わないネタ物を入れてみました。1/35 小型恐竜セットスケールはAFV でお馴染みの1/35です。ただし、動物?でも恐竜となれば、組み合わせては使えませんね。ジュラシックパークとか、タイムスリップものにでもしないと駄目かな。説明書簡単な組み立て説明書が入っています。およそ手足などを取り付けるだけですから、組むのは直ぐに終わります。バリとか接合部の処理、塗装関係は何時も通りでしょうか。パーツ 1部 [続きを読む]
  • エッセンシャル・フォン essential phone PH-1 その4
  • 4回目は感想などをダラダラと書きます。この端末は、元々高い値段が付いていました。しかし、売れ行き不振が続いたためか、急に値下げしております。499ドルでも安いと思うのですが、449ドルへの下落もあるそうな。さすがに、2台目は要りませんね。白と黒を揃えるとか?いやいや、マニアといってもコレクターではないので、買いませんよw値段が下がって嬉しい反面、先行きが非常に心配です。新興企業なので、中国のベンダーにOEM [続きを読む]
  • エッセンシャル・フォン essential phone PH-1 その3
  • 3回目は回線の話。私は複数回線を維持しています。マニアだから。でも、無駄に増やすとコストも嵩みますし、そもそもあまり使いもしないです。丁度2回線を切って、1回線増やしました。その話も書いておきましょう。 接続先は、KDDI と出ます増やした回線はUQ mobile です。何となくKDDI ぽいのは分かるでしょうか。従って、AU の回線です。従来、もっぱらDocomo 回線を使っていたので、不慣れなWCDMA2000 と言いたいところです [続きを読む]
  • エッセンシャル・フォン essential phone PH-1 その2
  • その2 画像多数アルカテルのidol3 と比べて、フットプリントは1周り小さい。idol3 は5.5inch サイズ。PH-1 は5.71inch です。左側にPH-1、右側にidol3 を並べてみました。 大きな液晶を搭載するPH-1 の方が全体に小ぶりです。ただし、この液晶はアスペクト比が違うので縦長なものですね。PH-1 とOnetouche Idol3同、裏面の比較同、画面エリアの比較上の絵では画面を点灯させています。PH-1 の場合、天と左右の3辺が狭くなって [続きを読む]
  • エッセンシャル・フォン essential phone PH-1 その1
  • しばらくガジェットネタは書いていませんでした。金が無いというのもありますけど、それ程ソソル物もなし。さすがに11月です。年末に向けて色々とリリースされつつあります。そんな中、どうしようかと思っていたらPH-1 。値下がりしたのも1つの決め手ではありました。PH-1 アプリケーションドロアー(デフォルト)さて、エッセンシャルとは何かです。新興メーカーと思えば合っています。ただし、アンディーさんが起こした企業な [続きを読む]
  • 1/35 BTR-80 トランペッター製 その4
  • 塗装の続きを進めています。一番下の塗装が終わったので、上に乗せる部分を始めます。例によって境目がクッキリの3色迷彩ですから、マスキングが必要になりました。マスキングというのは、重ね塗りする時に下の塗装を生かしておく部分をカバーすること。マスクを掛ける訳です。BTR-80 マスク同上写真のように、白っぽい塗装の上に紫色っぽいマスキングを掛けました。使ったのは市販のマスキングゾル。酢酸ビニールの被膜で覆うア [続きを読む]
  • 1/144 US−2 アオシマ製 その8
  • デカールを始めました。水に浸してから貼るシールの類です。今回は架空の塗装なので、マーキングも適当にしておきます。黒い部分のデカールを貼る。「載ってよい場所マーク」を手始めにしました。それから、翼の前縁の黒い部分。これは着氷防止何とかでしょうね。US-2 デカール作業 全体全体はこんな感じで進みました。黒く見えている部分の面や線がデカールです。細い線は気を使います。 US-2 デカール 翼端付近 シルバリング [続きを読む]
  • 1/35 BTR-80 トランペッター製 その3
  • やっと塗装に着手したレベルです。前の記事までは、サーフェイサーやグレー塗装の下塗りでした。BTR-80 先頭部エッチングボディ周りは、3色迷彩を致します。最初に最下層の明るいグレー?的な色を塗装開始。何度か重ねる予定です。金色に見えている部分がエッチングパーツです。穴の開いた長い部品が4つありますが、良く見ると1個穴が開いていません。この部分、実は部品を紛失してしまい、適当に自作した物を取り付けてあります [続きを読む]
  • 1/35 BTR-80 トランペッター製 その2
  • やっと手を付けて作業開始。BTR-30 ボディ大きなパーツ2つを上下に合わせると、全体の様子が分かります。中央の側面には左右に出入り口があり、後方はエンジンスペースです。ボディ下部ボディの上側を外したところ。下部には内部パーツを一部仮置きしました。運転・戦闘室、歩兵のシートもあります。中央のシートは左右背中合わせで設置されていて、その正面に出入り口。狭苦しいのはいかにも装甲車ですね。ボディ下部 裏面ボデ [続きを読む]
  • 1/24 サイドカー タスカ製 その3
  • さっさと上げたいので、作業は進んでいます。多少はグラデーション塗装になっていますが、見た目はベタですね。サイドカーの全体一応、完成としておきます。デカールは基本無し、後ろのナンバープレートは未装着。その部分だけは、デカールを貼ってから取り付けを予定しておきます。後方のジュリ缶2個は付属物です。サイドカーの車輪サイドカー付きなので、バイクの2輪以外にも車輪があります。車輪やスポークは同じ形状です。ハ [続きを読む]
  • 昨今のスマートフォン 新型など
  • 秋になって、新型が出たり情報が流れたりしています。暇つぶしに少しメモ書き。ソニーエクスペリアのシリーズは、新しくXZ シリーズが出てきています。既に新型というよりは、前に発表されていたモデルという感覚が強いです。マニアなニュースだと、既にその先の話もチラホラ。個人的にX compact を入手しているため、新型にはあまり惹かれません。エッセンシャル例のマニア向けな一台。アンディさん(元グーグルでアンドロイド端 [続きを読む]
  • バンダイ製 ガチャポン アルティメットルミナス
  • 食玩も買った事だし、次はガチャポン。※ガチャポンはバンダイの商標です。ガチャはタカラトミーの商標。多分あっているはず。ウルトラマンのフィギュアが食玩になっています。そして、ギミックとして目が光る。さらに、ガスホルダーも、、、?とりあえず、ウルトラマンがカプセルから出たカプセルを開けると、ウルトラマンがバラバラ事件形式で納められていました。早速組み立てて、人型に戻します。足元に岩?足元に岩が張り付く [続きを読む]
  • 1/24 サイドカー タスカ製 その2
  • 2回目の記事です。既に作業は進んでおり、、、。タイヤのパーツタイヤは形状的に成型しにくいものです。この製品の場合は、仕上がりを最善にすべく複数のパーツに分割されておりました。タイヤの両サイドは円盤状に、地面に接する部分は6個に分割されております。したがって、組み立てるのは少々面倒。設置面には6箇所の亀裂(接合部)が入る事になります。 タイヤを組み上げると設置面を見ると、中央部に少し白くなった箇所があり [続きを読む]
  • エフトイズ製(食玩) ニッポンの働く車キット 消防車両1
  • 模型ジャンルとしては、少し邪道?な食玩のお話。食玩とは、玩具が付属する食べ物のこと。でも、実際にはガムの方がおまけだったりします。そういえば、昔昔ビックワンガムと言うのがありましたね。消防車ネタの模型が出たので、1個だけ買ってみました。この手の商品は、プロの抜き師がいるので、単品売りを買うと外れしか買えない事に也勝ちです。しかし、箱の裏を見ると車種は2つしかなく、個人的にどちらでも良いなと判断して [続きを読む]
  • 1/100 DC−3 童友社製 その5
  • いよいよ終わりにしましょう。DC-3 前方上からDC-3 前方下から一応、これにて完成とします。付属のデカールは貼っていませんし、塗装も省略しております。色々といい加減。模型は手を入れだせば切が無いし、技量や時間なども考えて遊びたいものです。昔は変に完成度を高めようという意欲ばかりで、腕は今よりも劣悪でした。そして、無駄に悩んでばかり。そうなると、何も完成しないのです。適当に完成させるのが正義と思う今日この [続きを読む]
  • 1/144 US−2 アオシマ製 その7
  • 塗装開始です。US-2 架空の塗装作業が遅れていたUS-2 ですが、少し前にガルグレーを全塗装しています。本来の塗装色とは違うけれど、予定通り勝手塗装に進めましょう。全体はガルグレー。その後、上面にはオレンジを入れてみます。あくまでも救難機として、目立つオレンジです。コンバットレスキューなんて興味なし。塗装のパターンは少し悩みます。今の実機を基本に、青をオレンジに置き換えるか、若しくはUS-1 的なものもありか [続きを読む]
  • 新しいスマートフォンなどの情報が流れてます
  • 国内外から、色々情報が流れてきています。前からチラチラ来ていたもの、最近の展示会での発表などもあります。最近購入した Xperia X compact の流れで、小型機は気になっています。次はハイエンドだそうで、XZ1 compact でしたか、そんな変な型番のが出るそうです。もちろん、買い換える気はありません。ですけど一応チェックはしておきました。大体、この手の端末にハイエンドはちょっとどうかなと。結局、画面はHDですし、So [続きを読む]
  • 1/100 DC−3 童友社製 その4
  • 4回目になりました。実際の製作はほぼ終わっていますが、記事的には5までは行くかな?DC-3 窓のパーツに気泡クリアパーツを良く見たら、こんな風に仕上がっておりました。酷い気泡ですね。別用途向けに入っていた穴の開いた窓の方がベターでしょうか?あっちは穴が開いているから、気泡や引けはありません。ちょっと考えますね。DC-3客室窓付近結局、気泡のある窓を使う事にしました。透明なパーツでなければ、パテ埋めなども考え [続きを読む]
  • 1/100 DC−3 童友社製 その3
  • 3回目になりました。DC-3 全体像 銀塗り初回2回目のヤスリがけが終わってから、少し進めて銀色塗装です。コックピットの窓は未装着で、内側からマスクしてあります。そのため、黄色っぽく見えます。客室の窓も同様ですが、目立たないかな。DC-3 目線を落としてこちらの画像では、客室側の黄色も分かりやすいでしょう。念のため、内部に銀色塗装が回らないように保護してあります。実効的には意味無いと思います。 エンジン上部の [続きを読む]
  • 1/100 DC−3 童友社製 その2
  • その後も、作業を進めております。サーフェイサーの後、ヤスリがけを進行。DC-3 全体の様子上の画像は、ボディと主翼などをブロック組み、その後サーフェイサーを塗装。それから、ヤスリをほぼ全面に掛けたところまでです。垂直尾翼など、グレーの部分があります。それらがサーフェイサーの残り部分。 DC-3 客室窓付近ごらんの通り、一見して白の成型品状態です。グレーに細い線が走っているのは、凹線モールドにサーフェイサーが [続きを読む]
  • 1/24 サイドカー タスカ製 その1
  • 珍しく?1/24スケールの模型です。そういえば、最近同じスケールのちょっと変わったのを買いましたっけ。ツエンダップ KS750 サイドカー付きこの模型は、日本のメーカー製です。タミヤとかの大手ではありませんけどね。地味に頑張っていると応援したい気持ちも少々出てきます。そう言えば、社名変更していたとか。アスカとタスカだと似ているので、私的には良く理解できておりません。多分、アスカに変わったのでしょう。箱にはシ [続きを読む]