ゆき枝 さん プロフィール

  •  
ゆき枝さん: 「ワタシ・ハ・アナタ」不思議の秘境ナビゲーター
ハンドル名ゆき枝 さん
ブログタイトル「ワタシ・ハ・アナタ」不思議の秘境ナビゲーター
ブログURLhttps://ameblo.jp/lightflower0803/
サイト紹介文カタカムナや物理学、日常生活から生き方を読み解く。
自由文〜楽しく生きよう!〜
プチうつを経て、引き寄せの実践を試行錯誤することから「毎日を楽しく生きる」ことへシフト(笑) カタカムナに出会って世界観・宇宙観が変わりました。「引き寄せ」に限らず、幸せに楽しく生きていくことが、きっと出来ます(*´∀`*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/03/05 23:40

ゆき枝 さんのブログ記事

  • 先週の「形(カタチ)」〜カタカムナ練習帖 その10②〜
  • つい最近お正月だったような氣もするし、ずいぶん前だったような氣もする。まああれだ。lineの友達登録がきれいさっぱり飛んでしまったから、記憶の方も飛んでるのかもしれない。 では、年越しになってしまったけど、「形」についてもう少しお話ししよう。「先週」どころか「先先先週」だな。まあ、前前前世よりは近そうだが← 「形(カタチ)」は「形(カタ)」とも読み、「型(カタ)」とも書き表す。 なぜ違う漢字を当ててい [続きを読む]
  • 凹んだ話。
  • 年が明け手間もないというのに、なんてタイトルだ(^_^;)実は夕べ遅く、母用に渡してあるタブレットのメンテナンスをしていた時にうっかりミスで自分のLINEの友達登録をまるっと全消去してしまいました(>_アカウントが無事でも、友達登録は保護されないのね・・・。去年PCが壊れて新しくしてからというもの、iPhoneのバックアップを失念していたことにもこの事態になってから気がつきました。あああ。友達登録もまるっとすかっと全 [続きを読む]
  • 新年。
  • 明けましておめでとうございます(^ ^)2017年から2018年にかけて、大変楽しく幸せな思いで過ごしました。この新しい一年は、感謝と躍動の「いま」にあると感じています。ワタシというカタチと「カタカムナ」が織りなす機織り物が一年を掛けてどのような色と紋様を描いていくのか。ワタシ自身も楽しみです。「体験する」カタカムナ。「学ぶ」カタカムナ。「実践する」カタカムナ。是非、一緒に始めましょう(^ ^)本年もよろしくお願 [続きを読む]
  • 先週の「形(カタチ)」 〜カタカムナ練習帖 その10〜
  • 「石(イシ)」の話も好評だったようでなにより。さあ、先週のお題にいってみよう。 「形(カタチ)」 カ・・・思念は「チカラ」 数靈は25タ・・・思念は「分かれる」 数靈は26チ・・・思念は「凝縮する」 数靈は27 「形(カタチ)」とは、「チカラが分かれて凝縮したもの」。まー、思念を繋げただけで、なんてスムーズな文章! でも・・・・見事に意味が分からない!!←胸を張るなだって、「チカラが分かれる」って何?!何 [続きを読む]
  • 先週の「石(イシ)」〜カタカムナ練習帖 その9〜
  • 年末も近くなって、いやはや横浜もすっかり寒くなってきた。先日はとうとうダウンコートを着てしまったのだが、ダウンコートは内側を薄着にした方が保温力があるので、あれこれコーディネートを考えなくていいシンプルさがナイスだ。シンプル イズ ベスト!重ねて言うが、決してズボラなわけではない← んでは、〜カタカムナ練習帖 その9〜いってみよう。 「石(イシ)」イ・・・思念は「陰・伝わるもの」 数靈は5シ・・・思 [続きを読む]
  • 先週の「瞑想」 〜カタカムナ練習帖その7〜 追記あり
  • はい、やってきました週に一度のカタカムナ練習帖ー。その7までやってきて、だいぶ慣れたのでは?では先週の「瞑想」いってみよー。 「瞑想(メイソウ)」 メ・・・思念は「思考する・志向する」 数靈は10イ・・・思念は「陰・伝わるもの」 数靈は5ソ・・・思念は「外れる」 数靈は30ウ・・・思念は「生れ出る」 数靈は19ふむふむ。「思考すると、伝わるものが外れて生れ出る」ほほーお。まあ、文章的にはこのままでも行けそ [続きを読む]
  • 先週の「サーチング」〜カタカムナ練習帖その6〜
  • はい。毎週恒例、水曜の「カタカムナ練習帖」。今回はその6で「サーチング」。 読み解けたかな?前出の音もあるので、割と読み解き安かったんじゃないかな(^^♪ サ・・・思念は「遮り・差」 数靈は28ー・・・比較的短い時間の経過を表す。チ・・・思念は「凝縮する」 数靈は27ン・・・前の音の意味を強める。押し出すチカラ。 数靈は48グ・・・思念は「(向こう側へ)引き寄る」 数靈は-11 「サーチング」・・・「遮りがほど [続きを読む]
  • 先週の「呼吸」 〜カタカムナ練習帖その5〜
  • 一週間に一度のカタカムナ練習帖。先週はうっかり「呼吸(コキュウ)」の思念と数靈を書き忘れてしまった。失敬失敬(^_^;) では、改めて。 「呼吸(コキュウ)」 コ・・・思念は「転がり入る・出る」 数靈は16キ・・・思念は「エネルギー」 数靈は29ユ・・・思念は「湧き出る」 数靈は37ウ・・・思念は「生れ出る」 数靈は19 ちなみに、ユは、小さいほうの「ユ」である。こういう小さい文字は「小書き」というらしい。へー。カ [続きを読む]
  • 自動翻訳機 ワタシハアナタ
  • とうとう発売が迫ってきた。ウチのブログタイトルを掲げた自動翻訳機「ワタシハアナタ」だ。https://www.makuake.com/project/i-u/もちろん、世界的視野を考えて販売用のネーミングもバッチリ。その名も「IU(アイユー)」。なんてね(笑)朝からとうとう時代が来たなとほくそ笑んでしまった。←勘違い激しすぎとはいえ、「名」は呪(シュ)であるからして、まんざら間違いではない。「ワタシ=アナタ」という構図が目に見える形で、しか [続きを読む]
  • 先週の「坂(サカ)」〜カタカムナ練習帖その4〜
  • 昔々。 日本では、古史古伝「ホツマツタヱ」が、「日本語の一音一音には、『神』が宿る」と綴った。 西方では 新約聖書 「ヨハネの福音書」が、「 初めに言(コトバ)があった。言(コトバ)は神と共にあった。言(コトバ)は神であった。」と記した。 「ホツマツタヱ」の成立時期については諸説あるものの、その内容から古事記や日本書紀の元になったとみられること、漢字以前の「ヲシテ文字」と言われる神代文字が使われている [続きを読む]
  • 「わかるー」と「なるほど」の境界線。
  • 最近テレビで小耳に挟んだんだが、「女」と「男」がなにかと分かり合えないって場面には、それ相応の理由というのがあるらしい。どちらかというと大耳の方だから、挟んだ後どこかにいってしまったようでうろ覚えだが、聞いたことは間違いない。テレビ画面では、冬枯れの景色をバックに立つ男女のうち、旦那かカレシの方が半笑いをしていた。男「何食べたい?って聞いたら、なんでもいいよって言うんで、ラーメン屋に行ったら急に [続きを読む]
  • ①「カタカムナ」とはいったい、何でしょうか?
  • 「カタカムナ」とはいったい、何でしょうか?  縄文時代を更に遡ること何万年。遠い昔、古代の人々に広く使われていたであろう「カタカムナ」は、発見者の楢崎皐月氏をはじめ、多くの先達者の方々によって、今もなお研究が続けられています。私が師事する吉野信子先生も、情熱をもって常に新たな研究をされているお一人です。古代文字の形から始まって、形式化学(数学)、自然科学(物理学・科学・生物学・宇宙科学)などの多岐 [続きを読む]
  • 先週の「イメージ」。〜カタカムナ練習帖その3
  • さて。先週のお題「イメージ」である。どうだろう?重ねて出てきた「音」もあるので、最初よりはとっかかりやすかったのではないだろうか? 何度か触れているが、カタカムナは日本語に限らず、48音の「音」にさえ置き換えることが出来れば、どこの国のどんな言葉でも思念で読み解くことが出来る。よって、「image(イメージ)」も、それが可能だ。発音に帰するなら「イメィジ」の方が正確かもしれないが、ここは通常日本で使用さ [続きを読む]
  • 十五夜と坂の上の・・・。
  • 「坂の上の雲」は、作家 司馬遼太郎氏の代表作の一つである。長年、氏が映像化を許可しなかった作品だったが、2009年から、なんと、あしかけ3年もの期間をかけ、三部作としてNHKが特別番組として放映した。 この物語の壮大さは、また次の機会に譲るとして。 NHK放送時に、主題歌として用いられたのが「Stand Alone」である。この曲は、吉野信子先生の一作目の著作「カタカムナ 言霊の超法則」の冒頭部分でも登場するので、読者の [続きを読む]
  • 先週の「笑顔」
  • 「先週の笑顔」うーん、なんだかちょっと淡いイメージ?(笑)はい。先週のお題2「笑顔(えがお)」の思念読み。 どうです?(^^♪思念読みに力が入りすぎて、眉間に皺が寄っちゃって笑顔どころじゃない?そりゃすごい(笑)直観力が研ぎ澄まされてますな! んでは、早速。 「笑顔(えがお)」 エ・・・思念は「うつる」数靈は、43ガ・・・思念は「内なるチカラ」数靈は、-25オ・・・思念は「奥深い」数靈は、40 笑顔とは、「う [続きを読む]
  • 先週の「恋」。
  • 別に先週失恋したわけではないのでご心配なく(笑)←そんな年でもない さて。 先週のお題「恋(コイ)」について。実際にやってみて、どうでした?(*^^*)例題の「愛」と並べてみて、なんとなく雰囲気がわかった方いるかなー。 「恋(コイ)」コ・・・思念は「転がり入る・出る」数靈は「16」イ・・・思念は「伝わるもの・陰」数靈は「5」 恋とは「転がり入り・出て伝わるもの」 2つの数靈を足すと、16+5=21 となり、21という数靈か [続きを読む]
  • 魔法使いの道具。
  • 魔法使いは、魔法を使うとき何を用いるだろうか?コンパクト?杖?魔法陣?どれも魅力的な小道具だが、魔法使いに共通する、最も強力な道具は一つ。 それは、「呪文」である。そう。つまり。 「言靈」。実は、この言靈は、魔法使いのみならず、誰もが気付かずに使っているものだったりする。「呪文」も。「言靈」も。すべて口から発せられた「言葉」から出来ている。ひみつのアッコちゃんが変身できるのも。ハリーが守護霊を呼び [続きを読む]
  • お題その1「恋」
  • 神さんと栗さんは大丈夫だったろうか?昨日の百里基地での事故のニュースを見たワタシの第一声だ。 さすがにもう第一線で乗ってはいないだろうが、長年の愛機だったF4の事故に心を痛めてるに違いない。うん。 同志はニヤリと同感し、わからなかった人は、華麗にスルーを決めよう。 話は変わるが、吉野信子先生のセミナーで必ず出てくるフレーズがある。「愛」と「真」。「愛と誠」ではない。ここは、さすがにワタシでもちょっと [続きを読む]
  • 吉野信子先生のカタカムナ講座。
  • 昨日、10/15(日)に、飯田橋で行われた吉野信子先生のカタカムナ講座に行ってきました。8月から始まった三回の講座の最終日。 カタカムナの不思議さは、回を追うごとにますます広大に。そして、先生の平和への思いとカタカムナへの情熱は、より深く心へ落ちていきます。 毎回のことながら、言靈と数靈によって、難解な古代の歌や、お経や、日本だけでなく海外の書物までもが読み解かれていく様子は、目を見張るものがありました [続きを読む]
  • ブログの再開。
  • ようやく新しい仕事も落ち着いてきたので、ブログを再開しようと思います(^ ^)ブログをお休みしていた間もずっとカタカムナについて思いを馳せていました(笑)不思議なカタカムナの世界は、難しいけど魅力的です。縄文時代という遥かな昔、カタカムナの精神は、きっと空気のように普通にヒトの身近にあり、呼吸のように自然に受け入れられていたことでしょう(^ ^)それは、今の暮らしにも取り入れる事が出来ます。ワタシが、カタカ [続きを読む]
  • 新PCお引越し。
  • いままで使ってた周辺機器は、もうバージョン的に使えないし、データの移行が出来なくて一から集めなおして設定しないといけないし(^_^;) 落ち着くまではしばらくかかるなあ・・・。 無線LAN設定が出来て、一番古いプリンタのインストールが可能だっただけでも御の字かしら・・・(^_^;) 今日は一日雨でしたね。 夏日になったり、また春先の気温になったり。三寒四温はとうの昔に過ぎたと思ったのに、うららか [続きを読む]
  • 押してダメなら引いてみな。
  • 店の硝子戸を、身体ごと突進して開けようとしたら、引き戸だったとか。・・・じゃなくて。なんの根拠もなしにこうだと思い込んでたら、実は真逆でしたってのは、こころも身体も似たようなもので。どうにも上手くいかないときは、反対側からアプローチすると案外すんなりいったりするんですな、これが。こころの不調には、まず身体から。身体の不調には、まずこころから。実際にはこころと身体はがっちり繋がっているから、「反対 [続きを読む]