まさぴー さん プロフィール

  •  
まさぴーさん: まさまゆ父さんの卓球ブログ
ハンドル名まさぴー さん
ブログタイトルまさまゆ父さんの卓球ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/wan-hao/
サイト紹介文卓球(特に裏面打法、中国式ペン、中ペン、中国ラバー、ラケット重量)に関する事ことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/03/06 00:56

まさぴー さんのブログ記事

  • 『左利きの選手』に弱い?
  •  皆さんは、左利きの選手と対戦しても違和感なくプレーできますか?  私は、正直言って出来ません。  右利きの選手とやるとき以上に考えてプレーをしないと、すぐに負けてしまいます。  改めて、どうして違和感があるのか整理してみます。 ①すべてのボールが逆回転になっている  ⇒例えば、順横回転のサーブを出されても、こちらのレシーブの方法は、逆横系サーブ(YGサーブやバックハンドサーブ)と同じようなラケット角度 [続きを読む]
  • 『強い気持ち』が必要なサーブ
  • みなさんは、試合で勝つ勝率を上げるために必要なサーブは何だと思いますか? 私は、ロングサーブだと思います。 どんなに、キレのよいサーブをいくつも持っていたとしても、ショートサーブばかりでは、サーブの構成が単調になってしまいます。 私の場合は、相手によって変わってきますが、4回に1回程度はロングサーブを混ぜるように意識しています。 ロングサーブを相手に意識させることで、相手のフォア前のショートサーブが効果 [続きを読む]
  • 粘着ラバーの『劣化』と『貼り替え時期』
  •  最近の中国ラバーは、10年前の製品とは隔世の感があり、本当に品質が高いとつくづく思います。  価格も3,000円〜4,000円で十分に良いものが買えるので、本当にありがたいな〜と思います。  さて、今回は粘着ラバーの交換時期について、個人的な見解を述べたいと思います。  現時点の使用ラバー  フォア面:アポロ5(硬度 38°)  バック面:ボンバード極薄  ※両面とも中国製の粘着ラバーです。  私の現在の練習量は [続きを読む]
  • 意地でも裏面チキータでレシーブする
  •  最近私は、裏面打法によるレシーブがかなり安定してきたため、レシーブの大半を裏面打法で処理するようになりました。  すると、対戦相手が変化が大きい裏面チキータレシーブを嫌がってフォアサイド(特にフォア前)にサーブを集めることが多くなってきました。  私の経験上、強い人ほどサーブコースをフォア前に集めて、自分に有利な展開にしようとする切り替えが早いです。  当初私は、フォアサイドにきたサーブを裏面チキ [続きを読む]
  • レシーブ時の是正すべき私のクセ
  •  先日、上級者の方にアドバイスを頂いたことがあります。  それは、私がレシーブする時に関することだったのですが、  「 なるほど! これは改善せねば!!」  と思えることだったので、シェアしたいと思います  それは、相手のサーブが回転が見極めが難しく、適切なラケット角度が判断できない時に、  動きが固まってしまう。  というものでした。  レシーブ時に動きが固まってしまうと、以下のようにデメリットしかない [続きを読む]
  • 年代別マスターズ選手権(県予選)
  • 本日、約10年ぶりにマスターズ選手権の県予選(40歳代)に出場してきました。 結果として、あと1勝すれば全国大会出場権を得られるところまでいったのですが、その最後の相手が強すぎました。 とられた全てのセットにおいて、途中まで競り合うのですが、取りたいポイントをうまく取られて、自分の技術の引き出しの少なさを痛感しました。 まだまだ力が足りませんでした 正直言って、裏面打法を使用しないかつてのオールフォアのプ [続きを読む]
  • 【裏面打法】ボールの右側を捉える
  • 今回は、裏面打法を試合で使える人向けかもしれません。※以下、右利きの裏面打法として記載します。 裏面打法を使うと人間の骨格上、 『ボールの左側』 を捉えて、ボールは右側に曲がりながら飛んでいきます。 この軌道は、裏面打法の軌道に慣れていない相手に対しては、非常に効果的であると言えます。 しかしながら、上級者にはすぐに対応されるので、どうしても同じ軌道の裏面打法では、試合の終盤には得点率が下がります。 そ [続きを読む]
  • 「台の状態」や「ボールの種類」に鈍感な方が良い?
  • 卓球場にある全ての台が、『水平』で『バウンドも均一』なんてめったにないと思います。 私が一番使う練習場には、台が6台あり比較的新しいものが3台、古いものが3台と半々です。 新しい台3台は、弾みも均一でゆがみもなくストレスはほぼないです。 ですが、古い3台のうち最もガタが来ていて、『ビックリするくらい弾まない』『歪んでいてややイレギュラーする』というすごい台があります。 練習場があるだけであり難いので、 [続きを読む]
  • 裏面打法を本番の試合でも使えるようにする
  • 私が以前そうだったのですが、練習試合などのプレッシャーの少ない場面では、裏面打法をうまく使えるのに、緊張感のある実戦ではとんたんに使えなくなる人がいます。 理由は明白で、ミスするのが怖いので無意識に裏面打法を使わないのです(使えないというのが正しいかもしれません)。 これは、昔はオールフォアのペンドライブ型だった選手が、途中から裏面打法を取り入れた場合は特にそうなるのだと思います。 私も実戦で裏面打 [続きを読む]
  • フォアハンドのフォームを美しくしたい
  •  前回のブログにも書きましたが、我流卓球である私のフォアハンドはクセが強くて、自分自身で撮影した動画を見ても「かっこよくないな〜」と思ってしまいます。  普段は、トッププレーヤーの動画ばかりをみているので、たまに自分のスイングを見ると、あまりの違いに愕然としてしまいます。  ちなみに裏面打法は、使い始めから卓球場のコーチにアドバイスももらいながら習得したので、まともなフォームだと自分では思っています [続きを読む]
  • スイングは「前」の意識が大事?
  •  私は、卓球歴は30年以上と長いが、中学・高校と知識のある指導者に教わったことがなかったため自他ともに認める『我流卓球』である。  自分でもかなり癖のあるフォーム(特にフォアアンド)であることは、認識しているのであるが、今さら矯正は難しい。  先日、団体戦に出場したので久しぶりに自分の試合を録画してチェックしてみた。  すると自分の想像以上にフォアハンドのフォームが不自然なのである。  スイングが極端に [続きを読む]
  • 【メンタル】なぜ必要以上に緊張するのか?
  •  私はかつて試合では過度に緊張して、満足なプレーが出来なくなったことがありました。  なぜ、必要以上に緊張してしまうのでしょうか?  私なりに原因を考えてみました。 ①一人で勝手にあわててしまう  卓球は対人競技ですが、あわててプレーしているときは、「相手が全く見えていない状態」であることが多いです。  いわゆる「一人で卓球している」状態です。 ②第三者の目を気にしてしまう  チームのメンバーやギャラリ [続きを読む]
  • スワットCHN(TSP)を試してみる
  • 私は中国式ペンを使ってかれこれ10年以上が経過しましたが、昔から気になっていたラケットがありました。 それは、スワットCHN(TSP) というラケットです。定価は、5,616円(税込み)とリーズナブルな値段で、しかも一部のトップ選手も使っているというラケットです。値段が安いので失敗してもいいやという気持ちで、試しに買ってみました。 実際には、ジャスポで3,819円で購入しました。 とりあえず、以下の持ち合わせのラバーを [続きを読む]
  • サーブの長さは重要
  • サーブの長さの重要性については、これまで何度も書いてきましたが、最近改めて思うことがあります。 それは、対戦相手が、ある一定のレベルを超えると、 ショートサーブの2バウンド目が台から出てしまうと確実に攻撃的なレシーブ(2球目攻撃)を喰らってしまう ということです。 私は毎週、仲間内(15名程度)で練習試合をしていますが、その中に私が完全に負け越している人が2名います。 2名の方は、年代別(40歳〜50歳 [続きを読む]
  • 自分の得意技に固執しない
  • みなさんは、卓球技術で得意とするプレーや技術がありますか? 私の場合は、以下のような技術を挙げることが出来ますが、当然ながら全く相手に効果がないことがあります。 ・裏面打法によるチキータレシーブ ⇒そもそもチキータレシーブに慣れていて、簡単にカウンターを打たれる。 ・YGサーブによる横下回転と横上回転の使い分け ⇒回転を利用して、コンパクトなスイングでフォア側にするどいレシーブをされる。 ・ループフォア [続きを読む]
  • 用具(ラケット・ラバー)を固定する
  • 世界選手権が終わりましたね。 私の地域はテレビ東京が映らないので、ライブで無料観戦するにはITTFの中継を見るしかないのです。 しかし! 何の陰謀か知りませんが、日本戦はブロックがかかっていて観戦できないのです(他国の試合は見れます)。 私は、ある技を使って中継を見ることができましたが、本当にひどいな〜と思います。 さて、題名にあるとおり私はここ2カ月は用具(ラケット・ラバー)を固定しています。 昨年は、ワ [続きを読む]
  • 世界卓球(団体)
  • 初めてスマホから記事を書いています??何故なら、いつもの練習場で台が確保できず、次の時間帯まで2時間待ちで暇だからです??こどもの日だからか卓球施設も人でいっぱいです??さて、日本男子は残念ながら準々決勝で韓国に負けましたね。全ての試合が好ゲームで、見応え充分でした。私は、韓国選手のパワフルなプレーに、押し負けたという印象を持ちました。日本選手は、非常に技術は高いのですが、パワーで強引に持っていか [続きを読む]
  • テーマを貫いて試合をすることの難しさ
  • 私は、練習や試合でテーマを持って臨むことはとても大事なことだと思います。 テーマとは、今の自分が克服したい課題や目標のことです。 しっかりテーマをもって試合や練習に取り組むと、自分の課題が出来ているのか出来ていないのかを自己評価することができます。 自分のテーマを意識して練習すると、ただ漠然と卓球するより、格段に強くなります。 私自身のテーマの一例としては、 ・サーブの後は、3球目攻撃がしやすいように台 [続きを読む]
  • サービストスはきちんと上げましょう
  • 本日は、団体戦に参加しました。 その際に審判をしたのですが、よくありがちな場面に遭遇しました。 ①選手「A」が、対戦相手のバックハンドサービスをする際のトスが上がっていないので、注意してほしいと申告→正しいトスをあげるよう注意すると、フォアハンドサービスに切り替えて修正。 ②実は、トスが上がっていないと申告をしてきた選手「A」本人も、サービスが上がっていない→他人のルール違反は気になるが、自分も出来て [続きを読む]
  • 雑なプレーは試合の流れを変える
  • 卓球でも野球でもスポーツ全般において「試合の流れ」は、確かにあると思います。 私の場合は、特別に相手が強いわけでもなく、自分の調子も悪いわけでもないのに、どうあがいても点が取れない時に「試合の流れ」を強く感じます。 自分にとって「試合の流れ」が悪い時に、焦って強引なプレーをしたりすると自滅してしまう可能性が高くなります。 そんな時は、焦らず自分のできる限りのプレーに徹して、じっと我慢するしかないので [続きを読む]
  • 下回転サーブのキレ味を増すために
  • 今回は、自戒も込めて当たり前の事を書きたいと思います。 サーブをしっかり切るには、技術的なことは多々ありますが、特に重要な要素は、 ラケットを持つ力を出来るだけ抜く だと改めて言わせて頂きます。 ラケットを落としてしまうくらいラケットを軟らかく握って、そして インパクトの瞬間だけ力を入れる この一連の流れが、精度の高い良く切れたサーブを出す極意であると最近常々感じています。 試合の終盤にどうしても取りた [続きを読む]
  • 中国ラバーの重量個体差について
  • 私は、ラケット重量に関しては、気にする方です。 シェークハンドよりペンホルダーの方が、ラケット重要には敏感だと思います。 それは、手のひら全体でラケットを支えるシェークハンドと、ほぼ3本の指(親指、人差し指、中指)だけでラケット支えるペンホルダーでは、重量の感じ方がだいぶ違うからだと思います。 私自身、ラケット重量を気にするのは、例えば10gラケットの重量が変わっただけでスイングスピードや回転のかけ [続きを読む]
  • 【検証】ボンバード「薄」
  • 私は、中国式ペンで裏面打法用のラバーとして、 ボンバード極薄 をかれこれ4年近く使っています。 このラバーは、卓球用品のセレクトショップであるワールドラバーマーケット(以下:WRM)で販売しています。 最近、WRMで『ボンバード薄』の販売も始めたので、先日のセールの際に購入しました。 WRMでは、時々2枚同一の中国ラバーを買うと、1枚サービスのセールがあるので、その際に購入しました。 スポンジが、わずか [続きを読む]
  • 【検証】『硬いラケット』と『粘着ラバー』の相性
  • 最近、重いラケットを振りまわしていたら手首に痛みを感じるようになっていました そこで、私が一番所有しているラケットで軽めのものに粘着ラバーを貼り短期間使ってみることにしました。 使用したラケット:パチタンⅡ(ジュイック) 75gラバー:フォア面アポロ5(38°) 44g     バック面ボンバード極薄 28g     総重量:150g(接着剤も含む) ↑こんな感じになりました。※実は、このラケットも [続きを読む]
  • 脳内将棋(盤)ならぬ脳内卓球(台)
  • 近頃は大変な将棋ブームですね 私は、子供と時々指す程度の初級者レベルですが、基本的な定石を並べたり、簡単な詰将棋をするのは昔から好きなのです。 さて、将棋の上級者(プロや奨励会員)は、頭の中に将棋盤があり、実際の将棋盤がなくても対戦ができるほどです。 ユーチューブでも、目隠し将棋をやっているのを見ることが出来ますが、ものすごい記憶力です。 私は、卓球という競技でも上級者であれば同じような事をやっている [続きを読む]