まさぴー さん プロフィール

  •  
まさぴーさん: まさまゆ父さんの卓球ブログ
ハンドル名まさぴー さん
ブログタイトルまさまゆ父さんの卓球ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/wan-hao/
サイト紹介文卓球(特に裏面打法、中国式ペン、中ペン、中国ラバー、ラケット重量)に関する事ことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/03/06 00:56

まさぴー さんのブログ記事

  • 【中国式ペン】ラリー展開で裏面打法を使えない方へ
  • 私には、裏面打法を使うに当たり絶対に改善すべき点があります。 それは、ある状況下において、裏面打法をラリー展開で使えなくなることです。 その状況とは、例えば・・・ ● 団体戦等で、自分の勝ち負けがチームの勝敗に係るとき ● 相手が、自分の力を十分に発揮しないと太刀打ちが出来ないくらいの実力者の時 つまり、緊張した場面で、力みが生じるとフォアハンドに偏ったプレースタイルになってしまうのです。 実は私の場合、 [続きを読む]
  • 【試打】アポロ5
  • 現在、中国式ペンのフォア面には、 『 ラザンターR50 』を使用しています。 約6カ月使いましたが、非常に良いラバーで、特にフォアドライブのスピード・威力については申し分のない性能でした。 これまで、苦戦していたブロックのうまい選手にも、ボールの威力でねじ伏せるようなプレーも出来るようになりました。 しかしながら、反発力が高いためツッツキやストップ、サーブのような繊細な力加減を必要とするプレーについては [続きを読む]
  • 【考察】プレッシャーに負けないペンのグリップ②
  • 前回のブログで、愛知工業大学の松下大星選手のペングリップに関して記載しましたので、今回は続きを書きたいと思います。(以降、便宜的に「松下式グリップ」と表現します。) 松下選手のグリップ(裏面に置く指は、まっすぐに伸ばし、中指、薬指、小指を全てをラケットにつけて支える)は、以前の基本からは邪道扱いされるようなグリップです。 ですが、バックハンドは裏面打法のみで処理し、表面を使ったバックショートを使わな [続きを読む]
  • 【考察】プレッシャーに負けないペンのグリップ①
  • 前回のブログで記載した軽量化したラケットについては、自分自身では違和感があるものの、練習試合での成績がほとんど変わらないので、ひとまず使用を続けることにしました。 また、裏面打法を多用しても、手首の負担が軽くなったようで、練習後の手首の痛みがあまり感じなくなりました。 そして、理由は後述しますが、軽量化したラケットは、復元が出来ないほどグリップを削りました。 さて、題名にあるプレッシャーに負けないペ [続きを読む]
  • 久しぶりにラケットの軽量化
  • 現在の私の用具は、上記のとおりです。 総重量は、172g程度です。 中ペンであれば許容範囲の重量と言えますが、日本式ペンの片面ラバーで十年以上も練習をしていた私にとっては、非常に重い用具と言えます。 現在は、この用具にも大分慣れて、実戦でも十分に使いこなせています。 私が感じている重いラケットの利点は、● フォアハンドドライブが安定する● ブロックが安定する 逆にデメリットは、● スイングがやや遅くなる● [続きを読む]
  • 【裏面打法】バックドライブと台上チキータ
  •  私は、レシーブにおいて裏面打法を使う場合、おおまかに打法が2種類に分類されると考えています。 ① ショートサーブ  (相手サーブが自分のコートで2バウンド以上する) ② ロングサーブ  (相手サーブが自コートで2バウンド目が台から出る)  ①のショートサーブに対する裏面チキータレシーブは、裏面打法に挑戦を始めたときから徹底して訓練したので私の得意技です。  ショートサーブを台上で処理する場合、ボールの [続きを読む]
  • 【反省】マイナス言葉は厳禁だ!
  • 先日、私の中で一番重視している大会に出場しました。 自分の目標を達成できず、反省点が多い大会となってしまいました。特に、一番反省すべきところはメンタル面でした。 これまで過去に2回試合し、負けたことのない相手と、団体戦で対戦した時のことです。 まず、一つ目のありがちなミスをしました。 それは、『問題なく勝てるだろう』と、過去に2度勝っただけの相手(実際は2試合とも接戦でした)に、緊張感もなく試合に入っ [続きを読む]
  • レシーブの対応方法をシンプルにする
  • 先日、バックハンドサービスを上手くレシーブ出来ずに、無残に敗北してから、自分のレシーブ方法についてゼロから構築しています。 色々と反省点を整理した結果、 レシーブをあまりにも複雑に考えすぎて、かえってレシーブの精度が落ちていることに気が付きました。 最近は、レシーブの際は以下のような感じで考えながらレシーブしてました・・・ ・バックハンドの横回転系サービスは、ボールの回転が反時計回りだから、順回転レシ [続きを読む]
  • バックハンドサービスに対するレシーブ恐怖症
  • 私は、レシーブが苦手です(得意な人はあまりいないと思いますが・・・)。 特に、バックハンドサービスのレシーブが苦手です。 バックハンドサービスを出されると、適切な良い角度を出せずに、ミスを連発することもよくあります。 このような理由から、バックハンドサービスをレシーブする時は、まずは3球目攻撃をされても構わないので、とにかく相手の台に入れることを第一優先にしています。 そのような中、先日出場した団体戦 [続きを読む]
  • 『メンタル』だけのせいにしない
  •  私は、試合時に人一倍緊張します。  ナーバス(神経質)になりすぎたために、必要以上に力が入りすぎて、非常に質の低いプレーをすることがあります。  そのため、かつては良いプレーが出来ない原因を、安直に自分のメンタルだけの問題にしていたことがありました。  現在は、思いどおりのプレーが出来なかった原因は、メンタルだけの問題ではなく、単に身体的な準備不足等によることが多々あることを認識しています。  試合 [続きを読む]
  • 意識したい2つの『低さ』
  • 早いもので、ブログを書き始めて丸2年が経過しました。 週1回とのんびりペースですが、ブログを書くことで自分のプレーを振り返る機会が増えました。ありがたいことです。 さて最近、同レベル以上のプレーヤーと対戦した時に、必要性を感じることについて書きたいと思います。 それは、題名のとおり2つの低さについてです。 ①目線(重心)の低さ 特に大事だと思うのは、サーブ・レシーブの時です。  レシーブの時は、出来る [続きを読む]
  • チキータレシーブしにくいサーブ
  • 私が裏面チキータレシーブをするのが苦手なサーブがあります。 それは、 スピードの速い、下回転系のサーブです。 下回転系のサーブは、回転に負けないようにしっかりとバックスイングをとる必要があるので、サーブにスピードがあるとタイミングの取り方が難しくなるのです。 自分としては、スピードが遅いサーブであれば、どんなに切れていようが、コースが厳しかろうがチキータで返球出来るのですが、球足が速いとミスが激増しま [続きを読む]
  • 練習球を新調しました!
  • 多球練習用に、安価で品質の高いプラボールの練習球を模索していましたが、ようやく納得のいく製品を見つけたので思いきって10ダース(120個)購入しました。 ジャパントップ トレ球です! 楽天のトランスポーツで、10ダース8,880円(税抜き) 一個当たり74円でした。 このボールであれば、スリースターの公式球と比較しても弾みや打球感も悪くないです。それほどストレスなく練習することが出来ました。 これまで [続きを読む]
  • 自分の課題(弱点)を認識する
  • みなさんは卓球をする上での自分自身のメンタル的な課題は認識されていますでしょうか? 私の場合は明白です。 それは、緊張する場面になると慌てることです。 これは多くの選手にある傾向かもしれませんが、私の場合はこの悪い状態が顕著に出るのです。 慌てているというのは、自分の心をコントロール出来ておらず、周りの状況(特に相手)が、見えないままプレーしている状態であると思います。 ひどい時は、慌てすぎて普段の5 [続きを読む]
  • 試合後のアドバイス
  • 中学生くらいまでは、対戦した社会人に相手にアドバイスを求めるシーンを良く見かける。 高校生以上になると気恥ずかしさからか、変なプライドからかアドバイスを求めるシーンはあまりないような印象がある。 上級者ほど相手の分析がしっかり出来ているので、アドバイスを求められても躊躇なく的確なアドバイスができる。 相手を試合という限られた時間の中で、しっかりと分析できれば、勝つ可能性を高める事ができる(簡単には負 [続きを読む]
  • 戻る反動を使って打つ(裏面チキータレシーブ)
  • 私の場合、レシーブの大半を裏面チキータレシーブで対応します。 現在の課題は、 裏面チキータレシーブ後の戻りが遅いことです。 この戻りの遅さが影響して、レシーブ後に台から適切な距離を作れずに、チキータレシーブ後のラリーが不利になってしまうのです。 対戦相手のレベルが上がるほど、この弱点を突かれてしまう傾向があります。 本日は、時々ご指導して頂いているコーチに、レシーブ後の戻りの遅さについてアドバイスして [続きを読む]
  • ヤサカ「翔龍」の使用を断念
  • ヤサカ「翔龍」を以下の用具で試用していました。 ラケット:7P-2A.7t (ダーカー)ラバー:フォア 翔龍(特厚)     バック ボンバード(極薄) 以下の理由により、従来のラバー、『ラザンターR50(ULTRA MAX)』に戻すことにしました。 【理由】・ラバーが固すぎてボールコントロールが難しい ⇒十分な体勢で、当て気味にボールを捉えると威力十分の一撃必殺のフォアドライブが打てました。しかし、実戦で十分な体勢でボール [続きを読む]
  • 『翔龍(YASAKA)』気になるラバーを試し打ち
  • 本日は、YASAKAの『翔龍』特厚をフォア面に貼って練習試合に行ってきました。 『翔龍』は、最近はやりの粘着系テンションラバーで、以前より興味があったので貼ってみました。 【重量】51.60g/200? かなり重いと感じたラザンターR50(ウルトラMAX)が、51.82g/200?だったので、同程度の重量です。私が今まで使ったラバーの中でも、ベスト3にはいる重さです。 【使用感】私は、フォアハンドドライブは擦って飛ば [続きを読む]
  • 試合の入り方(様子見をしない)
  • 皆さんは、試合で対戦相手が初対戦となる場合に、どのように試合に入っていますか? 私の場合は、相手の情報を得ようとか色々と考えすぎて、試合の序盤は全力でプレーしないことがあります。 この試合の入り方は、自分ではダメだと思っています。 私の場合、様子見で試合に入ると以下のような状態になります。 ●レシーブでツッツキの割合が高くなり、裏面チキータレシーブも入れるだけの消極的なレシーブをしてしまう。 ●サーブ [続きを読む]
  • 裏面チキータレシーブに求めるもの(優先順位)
  • 私の場合、レシーブにおいて少なくとも50%以上は裏面チキータレシーブを使用します。 理由としては、 1:得意としているラリー展開に持っていきやすい 2:裏面チキータレシーブは、スイングからはコースが読まれにくい 3:裏面チキータの軌道に慣れていない相手に効果が非常に高い また、裏面打法に用いているラバーは「ボンバード極薄」です。 特徴としては、・回転がかかる・飛ばない(スピードが遅い)・コントロールがし [続きを読む]
  • 丹羽vsオフチャロフ(ネタバレ:2017世界選手権)
  • 丹羽選手が、オフチャロフ選手(ドイツ)に打ち勝ち、見事にベスト8に進出しました。 とにかく回り込みのフォアクロスとカウンターが精度が高く、何度もノータッチで抜き去りました。 私が知っている中では、羽丹選手のベストゲームだったのではないかと勝手に思っています。 オフチャロフ選手も非常に強かったので、見ごたえのある本当に良い試合でした。フルセットでしたがずっと競り合っていました。 あれ [続きを読む]
  • 丹羽vsオフチャロフ(ネタバレ:2017世界選手権)
  • 丹羽選手が、オフチャロフ選手(ドイツ)に打ち勝ち、見事にベスト8に進出しました。 とにかく回り込みのフォアクロスとカウンターが精度が高く、何度もノータッチで抜き去りました。 私が知っている中では、羽丹選手のベストゲームだったのではないかと勝手に思っています。 オフチャロフ選手も非常に強かったので、見ごたえのある本当に良い試合でした。フルセットでしたがずっと競り合っていました。 あれだけカウンターに精度 [続きを読む]
  • 混合ダブルス世界一!(2017世界卓球)
  • 2017世界選手権の混合ダブルスで、吉村・石川組が世界一になりました。 本当におめでとうございます! 40歳代の私でさえ卓球競技で日本選手が、世界一になるのを実際に見たのは、初めてかもしれません。 表彰セレモニーもしっかり最後まで見てしまいました。 日本の卓球人気が更に上がって、もっともっとメジャーになれば喜ばしいことです。 決勝では、陳建安がスーパープレーを大事な場面で連発し、セットカウント1−3と [続きを読む]
  • 受け身の怖さ(水谷 隼の2017世界選手権)
  • メダルが期待されていた水谷選手が、張本選手に2回戦で敗退するという大波乱が起きました。 水谷選手が、許昕に勝つのを楽しみにしていただけに非常に残念でしたが、敗戦には明確に原因が見えていた気がします。 水谷選手は、・完全に受け身で試合に入ってしまった。 ↓・張本選手の失うものが全くない攻めの卓球が、予想以上にミスがなく、しかも攻撃力が想像以上に高いために、受けきれず完全に劣勢になる。 ↓・日本中の期待 [続きを読む]
  • 裏面打法用のラバーを「ボンバード極薄」に戻す
  • 先日のブログで、裏面打法用のラバーとして、 ヤサカ『輝龍』(厚) を試用していることについて触れました。 このラバーは、週2〜3回のペースで約1カ月使いました。 このラバーの個人的な感想として、 ●粘着ラバーにしては軽い ●ブロックがナックルになって面白い ●粘着ラバーだけに回転量は申し分なし ●中陣からの裏面ドライブもそこそこ良いボールが打てる といった感じで、好感触でしたが ●裏面フラット打ち(ミート打 [続きを読む]