こ哲 さん プロフィール

  •  
こ哲さん: のんびり、ゆったり投資の備忘録
ハンドル名こ哲 さん
ブログタイトルのんびり、ゆったり投資の備忘録
ブログURLhttp://kotetsu35.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポンコツ父さんが寄り道しながらも、主にインデックス投資を通して、色々思いをつづるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/03/06 12:51

こ哲 さんのブログ記事

  • 2018年8月の積立投資
  • 2018年8月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同じ投資額にて積立投資。(といっても、毎月同じ記事をコピペしているわけではなく、ちゃんと毎回書いてます。)最近、国内の金利が上がってきていますね。個人向け国債(変動10年)の金利も8月から0.09%に上がっていました。一部のメディアでは0.25%程度まで上がるかも?という記事も目にしました。いよいよ米国に続き、国内の金利も上がっていくのでしょう [続きを読む]
  • 証券、柱の個人部門失速、とのことですが。。
  • 証券会社の個人部門の収益が悪化してきているそうです。証券、柱の個人部門失速証券会社の収益の柱であるリテール(個人営業)部門に急ブレーキがかかり始めた。 31日までにまとまった主な証券会社の2018年4〜6月期決算では、株式相場の膠着で個人株の売買が細ったうえに、各社が力を入れてきた投資信託の販売でも収入減が目立った。(2018年8月1日 日経新聞)この記事のなかで個人営業部門の収益が悪化している理 [続きを読む]
  • 個別株の運用状況 (2018年7月)
  • 月例ですが、7月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価)) を確認しました。 まずは保有している個別株の資産割合の確認から。保有比率はこんな感じで増減しました。 ほとんど変化なしですね。不動産 +1%、建設 +1%、その他製造 ▲1%、ETF +1%、サービス ▲1%その他製造株の株価が結構上がっていたのですが、月末にどっかり下落したので、結果として若干マイナスに。。さて、7月の個別株パフ [続きを読む]
  • 公的年金 運用益2兆円後半に!
  • 4〜6月のGPIFの運用益に関する記事が出ていました。公的年金運用益 2兆円台後半に公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4〜6月期の運用実績は2兆円台後半の黒字になったもようだ。 プラスは2四半期ぶり。 米国経済の好調を受け、外国株式で利益の多くを上げたとみられる。 (7月30日 日経新聞)GPIFも順調に運用益を上げているようですね。運用資産別ではこんな感じのようです。外国株式  [続きを読む]
  • 元本保証の外貨建て保険って。。 (もやもや)
  • こんどは”元本保証型”の外貨建て保険が開発されるそうです。日経新聞の片隅にこんな記事が出ていました。元本保証の外貨建て保険 三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。 運用期間は10年で、運用先の社債などから得た利息の一部を、指数が下がっても損失が出ないデリバティブ (金融派生製品) の購入にあてることで、相場が下がっても元本割れすることはないという [続きを読む]
  • インデックス投資の運用状況 (2018年7月)
  • 毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 今回は7月20日時の運用成績です。(運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月比 +0.6%の約5.2%に改善!今月はずいぶん運用利回りが上がりました。さらに、ずっとマイナスになっていた資産額(昨年度末比)も今月でプラスに復帰!とは言っても、今年はあまり大き [続きを読む]
  • 投信で損失 個人投資家の半数!??
  • 投信で損失 個人の半数投資信託を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている。 (中略) 過度な分配金や短期の売買で十分な運用収益が得られず、長期の資産形成に結びついていない。 (中略) 損失率が10%以下の個人が全体の35%ともっとも多かった。 (7月5日 日経新聞)市場全体が沈んでいる時代ならいざ知らず、全体的に上昇傾向のある今、個人投資家の半数近くが損失を抱えているという記事には少しびっくりし [続きを読む]
  • 2018年7月の積立投資
  • 2018年7月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同じ投資額にて積立投資。気が付けば、もう7月。 今年の投資も後半戦に入りました。毎月の積立投資後に月ごとのインデックス投資の運用状況を確認していますが、今年も想定範囲内(というより想定より良い成績)で推移しているので、投資ファンド、投資金額ともに変える理由はありません。悩む必要も、考える必要もなく、淡々と続けてます。悩んだり、考えたりする必 [続きを読む]
  • 国内債券と外国債券のパフォーマンスを比較していく。(その4)
  • いろいろ異論がでている外国債券への投資ですが、個人的に今年から外国債券の積立を再開しています。とはいえ、外国債券の基準価額は為替の影響で簡単に上下しますので、本当に大丈夫かな?という不安があります。 そこで積立投資をしながらも、国内債券へ投資した場合と比較して、外国債券投資のパフォーマンスを確認していこう、という主旨の第4回目です。 (気休めですけど。)さて、7月までの両資産クラスのパフォーマンス [続きを読む]
  • 元本確保型投信って、投信?
  • 元本確保型投信ができるそうです。投信に元本確保型投資したお金が目減りしない仕組みの投資信託が登場する。 資産運用会社大手、アセットマネジメントOneが新たに設定する 「ゴールドマン・サックス社債/国際分散戦略ファンド 2018-07」だ。 国内外の株式・債券の運用成績に連動する特殊な債券を組み入れる。 満期時には元本が原則戻ってくるという債券の特性を利用し、投資資金の目減りを防ぐ。 (6月24日 日経新聞)元本確 [続きを読む]
  • 個別株の運用状況 (2018年6月)
  • 月例ですが、6月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価)) を確認しました。 まずは保有している個別株の資産割合の確認から。保有比率としては、少し動きがありました。不動産 +1%、建設 ▲1%、その他製造 ▲3%、ETF +2%、サービス +1%6月はその他製造株の株価が相当下落してしまったので、資産比率が下がりました。。一方、不動産株、ETF株を少し買い入れしましたので、その分資産比率が上 [続きを読む]
  • つみたてNISA 「満足」 半数
  • 個人投資家のなかで、つみたてNISAの利用が拡大し、満足度も高いそうです。つみたてNISA 「満足」 半数積み立て型の小額投資非課税制度 「つみたてNISA」 を個人投資家の4人に1人が利用し、その半数が同制度に満足していることが雑誌 「日経マネー」 の調査で分かった。 (中略) 若い世代の利用者が多く、20代、30代の利用率はそれぞれ約3割に達した。投資歴が浅いほど利用率が高い傾向で、投資歴1年未満は37.6%、1 [続きを読む]
  • 確定拠出年金 貯蓄より投信へ?
  • 確定拠出年金の基本商品(初期設定商品)を定期預金から投信に切り替えする金融機関が増えてきたそうです。確定拠出型年金 貯蓄より投信確定拠出年金(DC) をめぐり、掛け金を主に投資信託で運用するよう促す金融機関が増えてきた。 5月の制度改正を機に、基本の運用商品を定期預金から投信に切り替える動きが相次ぐ。 (中略) 米国の確定拠出年金 (401k) は1981年に始まった。 ターゲットイヤー型投信を初期設定商品にしや [続きを読む]
  • インデックス投資の運用状況 (2018年6月)(前月比↓)
  • 毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 今回は6月20日時の運用成績です。(運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月比 ▲0.3%の約4.6%。残念ながら、下落してしまいました。月ごとに一喜一憂しても仕方がないことは理解しつつも、下がると残念。そんな気持ちになるなら、月ごとの確認なんてしなければ [続きを読む]
  • 単身世帯 貯蓄ゼロ4割? 2人以上世帯も3割?
  • 最近?こんな記事が出ていました。単身世帯 貯蓄ゼロ4割金融広報中央委員会の調査によると、17年の単身世帯の平均貯蓄額は942万円だった。 異次元緩和前の12年に比べて242万円増えて一見、豊かになっているように映る。 だが単身世帯全体を貯蓄の残高順に並べたとき、中央に位置する中央値世帯の貯蓄額は32万円で、5年前の100万円から大幅減った。 金融資産ゼロ世帯が4割超と増えているためだ。 (6月14日  [続きを読む]
  • 2018年6月の積立投資
  • 2018年6月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同じ投資額にて積立投資。先月は5月、Sell in Mayと言われますが、あまり株式が売られた感じもせず、株価も下がりませんでしたね。売られても、売られなくても、自分の投資行動に影響ありませんけど。そういえば今月で今年も折り返しですね。 時間が経つのは早い。 最近、ますますそう思います。年を取ってきたから? チャレンジしなくなってきたから? 新しいこと [続きを読む]
  • 人生100年時代のマネープランを。 100年。。
  • 人生100年時代のマネープランを「人生100年時代」というが、長い人生をどう生き、必要なお金を準備するかというマネープランをつくったことがある日本人は必ずしも多くないだろう。 2016年の野村総合研究所の調査では、18〜79歳の日本人のうち、マネープランをつくったことがある人の比率は9%だった。 (6月7日 日経新聞)マネープランって、いわゆるキャッシュフロー表をイメージするといいかもしれませんね。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 住民税控除を確認 (今年も)
  • 先日、今年度の住民税・県民税の特別徴収税額通知書を受け取りました。ふるさと納税をしているので、今年も寄付した分だけキチンと住民税控除されているのを確認せねば!と。(まず間違いないはずですが、何かあっては大問題。)通知書のなかで”市民税・県民税の税額控除額”が今回のチェックポイントです。今年の税額控除額(市民税+県民税)を見てみると、確かにふるさと納税で寄付した金額(と同程度の金額)が記載されていま [続きを読む]
  • 「考えないマネー」 ETF膨張って言われても。。
  • インデックス投資がどんどん増加しているそうです。他の方も引用されておられましたが、こんな記事が出ていました。「考えないマネー」 ETF膨張指数と同じ運用成績をめざすETFの膨張が止まらない。 世界のETFの4月末の時価総額は4兆9690億ドル (542兆円) と07年末の5.8倍に増えた。 (中略) ETFの膨張は新たな問題を引き起こしている。 ETFは業績の良しあしに関係なく、指数に入っている銘柄を機械的に買う。 (中 [続きを読む]
  • 個別株の運用状況(2018年5月)
  • 月例ですが、5月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価)) を確認しました。 まずは保有している個別株の資産割合の確認から。保有比率としては、ちょぼちょぼの増減。 (相変わらず)情報通信 ▲1%、建設 ▲1%、その他製造 +1%、ETF ▲1%、小売業 +1%、サービス +2%大体±1%、多くても±2%の動き。毎月株価の増減を確認していますが、そんな確認も意味がないような。。それはさておき [続きを読む]
  • 仮想通貨 FXから流入って。。
  • 少し古新聞ですが、こんな記事が出ていました。引用昨年末を境に価格が乱高下した仮想通貨。 このほど明らかになった2017年度のデータをみると、取引金額は約69兆円と16年度の約20倍に膨張した。 外国為替証拠金 (FX) 取引などから個人の資金が流れ込んだ実態が浮かび上がった。 (中略) 日本仮想通貨交換業協会 (東京・千代田) によると、ビットコインなど主な仮想通貨の国内取引額は17年度に約69兆円。 株式の [続きを読む]