miyabikun さん プロフィール

  •  
miyabikunさん: F1 えきぞーすとのーと
ハンドル名miyabikun さん
ブログタイトルF1 えきぞーすとのーと
ブログURLhttp://miyabikun.blog.jp
サイト紹介文F1の予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、懐かしの車やレース、データ分析を主体としたF1ブログです。
自由文1990年以降F1を観戦しはじめ早25年。様々な名ドライバーが生まれ、名レースが繰り広げられてきました。最新の技術を投入した世界最高峰の自動車レースにもかかわらず、環境問題や車離れ、勝者の偏りもありF1の人気は下降線です。メカにさほど強くない単なる乗り物好きのブログですが、予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、過去の車やレース、歴史に刻まれた記録やデータからF1の面白さやすごさを発信したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/03/07 08:28

miyabikun さんのブログ記事

  • 過去のレースを振り返る 1995年ベルギーGP
  • 夏休み期間に一回も過去のレースを振り返りませんでしたね。現在までこのブログでは特筆すべき69戦分振り返ってきました。あまりハイペースに振り返るといつか近代レースのほとんどを振り返るようなことになってしまいそうです。今回はいつもお決まりのGP前の振り返りとして、1995年のベルギーGPを選びました。前戦第10戦ハンガリーGPではベネトンのM・シューマッハがフェラーリと接触し始めたのが話題となりました。また、相対し [続きを読む]
  • 東京駅からベルギーGPに行ってみよう!
  • 夏休み期間が終わります。ゆっくり過ごせましたか?!後半戦はベルギーからです。果たしてどんな行き方になるのやら。いつもお借りしているGoogleマップのイメージが先日までのメルカトル図法から地球儀みたいに変更になりました。こちらの方がリアルではあるのですが、残念ながら飛行軌跡は違います。ウクライナ上空を飛ぶなんて何をされるかわからない、恐ろし過ぎる。実際の軌跡はロシアやフィンランド北側の北極圏をフライトす [続きを読む]
  • 2018年シーズン前半総評と後半への期待
  • 今シーズンのF1は全21戦中12戦終了して夏休みに入りました。2/3だったらキリがいいのですが、ちょっと中途半端。残るヨーロッパ連戦であるベルギー、イタリアを終えるとちょうど2/3を消化します。ただイタリアとその次のシンガポールまでは2週間しか空きがなく、何回かに分けあーだこーだ言っている時間やスペースはあまり無いと思います。今ちょうど夏休み期間で空きもあるため、このタイミングで「これまでのシーズンの印象と今 [続きを読む]
  • F1で聴ける国歌 〜オランダ編〜
  • 「ねーねーねー、この前お兄とチームの国歌はやったじゃん、でさーボクのは無いの?ボクの!」はいはい、わかりましたよ。君も立派なトップチームドライバーに在籍して、貴重な優勝を挙げてますね。ちゃんとやるからそうピーピー言いなさんな。というわけで母国GPは無くとも今シーズンもしっかり表彰式で国歌を聴かせてくれたフェルスタッペンのオランダです。パワーユニットが健全だったら、もう1つか2つ勝てるはずだった?!、、 [続きを読む]
  • 各名門チームドライバーを集めて並べてみると・・
  • 先日まで「名門チームとそれらを支えた代表的ドライバー」として10チームをみてきました。ドライバーをみればそのチームっぽい、逆にそのチームといえばその人ありき、みたいな色が出てましたよね。それぞれ「色の違い」が見えてきたと思います。これでチーム内での成績について各部門で点数化しましたので、チーム差や昔や最近、長い浅い関係なく単純に並列化できたはずです。しかしチームや時代、レギュレーションが異なるとそう [続きを読む]
  • 今はなきGPとサーキットをみていこう 〜アフリカ大陸編〜
  • 皆さん、夏休み期間中ゆっくりできていますか?!関東は7月に目一杯暑かったのに8月に入ると台風もあって少しだけ暑さがおさまっています。まだ8月上旬だから油断はできませんね。熱中症やゲリラ豪雨には細心の注意を払っていきましょう。F1の夏休みはリカルドの想定外の移籍発表に触発されてああでもないこうでもない想像が飛び交っています。ただでさえ暑いのに「ストーブ」で例年以上にアツいですね。極端に暑い時期や寒い時期 [続きを読む]
  • F1で聴ける国歌 〜オーストリア編〜
  • こちらもGP開催前にやる方が新鮮味があるのでしょうが、あの怒涛の3連戦のど真ん中に鎮座していたため、この夏休みのタイミングまで引っ張ってしまった次第です。ご存知のレッドブルの本拠地、そしてあるレジェンドドライバーの母国、オーストリアの国歌です。《オーストリア国歌》 曲名:Land der Berge, Land am Strome (山岳の国、大河の国) 制定:1946年 作詞:パウラ・フォン・プレラドヴィッチ 作 [続きを読む]
  • 名門チームを象徴するドライバーは? 〜ティレル編〜
  • 名門チームを見ていく企画は今回10チーム目のティレルです。ティレルは1970年にケン・ティレルがマトラから枝分かれしたプライベートチームです。ティレルは以前に「若手育成チーム」としても取り扱ったこともあり、概要はそちらにある程度書いているので、今回は割愛しちゃおうかな(笑)よかったら1年半前のネタと併せてご覧下さい。ティレル 初参戦 :1970年第11戦カナダGP 最終参戦 :1998年第16戦日本GP [続きを読む]
  • 今はなきGPとサーキットをみていこう 〜アメリカ大陸編〜
  • 昨シーズンから各GP前に、その国で行われてきたサーキットも同縮尺で作図して見てきました。2017年の20GPと2018年に復活を遂げた2GPについては、全てのサーキットを網羅(アメリカのラスベガスは断念)していると思います。ただ、昔から行われているF1ですから、当然今は行われなくなってしまった国やGPも数多くあります。F1のことは何でも知りたいmiyabikunはこの暇な夏休み期間を使って「まだ描けていないサーキットやGPも全部み [続きを読む]
  • F1で聴ける国歌 〜オーストラリア編〜
  • 本当はGP開催前にやれたらよかったのですが、この企画を思い立ったのが、スペインGPの直前。そして優勝のチャンスであり、実際に優勝を挙げたモナコGP直前には事もあろうに未だ勝ち星のないフィンランド国歌を優先的に掲載してしまいました。勝者が限られた近年、そして今シーズンは早くも2回の表彰式と1回の開会式で奏でられたオーストラリア国歌をこのタイミングで取り上げます。うまくいけば、今シーズンであと2回くらいは聴け [続きを読む]
  • F1新オープニングをミクロに見る
  • F1も夏休みに入ったことですし、我々もゆるりとやっていきましょう。今回は変に頭使わない、数字も扱わない息抜き回としました。皆さんご存知の通り、今のF1中継はフジテレビの場合、FOMからFOX SPORTS ASIAが放映権を買い、それをさらにフジテレビが買っている関係から我々は有料放送で視聴することができています。他、イギリスのパフォーム社が提供するスポーツ専用番組DAZN(読みはダズーン?ダゾーン?)でも観れますよね。結 [続きを読む]
  • F1第12戦 ハンガリーGP決勝
  • 「よーし、みんなで撮ろう!」げげ、前回と違って今回はいっぱいいる。目だけくり抜いたお面は日本では節分で豆をぶつける時に被ります。これだけ集まるとかなりkimoaな感じですね。決勝が行われた7/29はアロンソ様37歳の誕生日です。いつもライコネンばかりおっちゃん呼ばわりしちゃってますが、アロンソ様もいいお歳なんですよね。各種最年少記録更新と話題になったのもこのアロンソ様からでした。懐かしいですね。アロンソ様、 [続きを読む]
  • F1第12戦 ハンガリーGP予選
  • 日本は最近大雨や洪水、記録的猛暑と各地で自然災害に悩まされています。北半球に位置する日本の天気は偏西風の影響により、気圧の勢力が弱まると通常は西から東に移動するものですが、この週末は通常とは全く逆の東から西に台風が移動していますよね。関東は昨晩で雨や風の峠は越しました。関西など西日本は先日の被害から間もなく心配されますが、くれぐれもご注意下さい。日本から遠く離れたハンガロリンクの空も怪しげです。前 [続きを読む]
  • F1第12戦 ハンガリーGP予選予想!
  • これが終わると夏休みに入り、我々ファンはしばしの辛抱ですね。ドライバーは気持ちをリラックスさせ、前半戦で上手くいかなかった者は切り替えて、上手くいった者はより自信と強さを磨いていきましょう。スタッフは、中には休み返上で改良や新パーツ開発に励んでもらいましょう。miyabikunは何かネタを考えて、夏休みの空白期間も書いていけたらいいなと思っています。《ハンガリーGPの基本情報》 ハンガロリンク 全長 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 1997年ハンガリーGP
  • 前回のドイツGPはベルガーのメモリアルフィニッシュを振り返りました。今回はそのまま同じ年の続き、第11戦ハンガリーGPを選びます。レースは連続していますが、内容はガラリと変わっています。1997年は色んな意味で荒れたので、振り返るとなかなか面白いシーズンでしたね。今と同じハンガロリンクでのハンガリーGPではありますが、レイアウトが若干異なります。miyabikunはハンガロリンクを子供の頃から「海外アニメに出てきそう [続きを読む]
  • 東京駅からハンガリーGPに行ってみよう!
  • 夏休み前のラスト、ハンガリーですよー。先日のドイツGPからみたら、その前に行われたオーストリアを介した反対側、東欧エリアです。日本にちょこっとだけ近いですね。ハンガロリンクは首都ブダペスト郊外にあります。国名はハンガリーと表記しているのに、サーキットはフンガロリングになっています。首都であれば国際空港は大丈夫でしょう、と調べてみる。リスト・フェレンツ国際空港(BUD)といいます。空港コードが夏に美味し [続きを読む]
  • F1第11戦 ドイツGP決勝
  • スタジアムセクションのスタンドに見事なドイツ国旗のマスゲームです。一番下の色は黄色ではなく金ですからねー!横縞国旗なら可能。日本も真似できそうでどこに赤丸を置いたらいいかわからなくなってしまいますね。予選は無事にドライコンディションで行えました。ただ決勝はレース後半に雨の予報です。この雨がミソでしたね。それは後ほど。スタートは珍しくフェラーリが奇数列から鈍め。従いまして4番手フェルスタッペンがいつ [続きを読む]
  • F1第11戦 ドイツGP予選
  • よく見るホッケンハイムリンクの空撮の逆方向です。左側の森が切れているところが大昔のサーキットの名残。今はアウトバーンが横切り、スタンドも設置されて完全に分断されています。ガスっぽい空で遠くまで見渡せません。予選直前のフリー走行3回目は雨が降り、路面も整わない状況から入りました。地元の予選王子も少しラインを外して縁石に乗ればこのように水しぶきを上げます。雨の予選を望むチームやドライバーはいるかもしれ [続きを読む]
  • F1第11戦 ドイツGP予選予想!
  • これを終えると今シーズンも折り返しを迎えます。ハミルトンの地元イギリスはベッテルが取りました。続いてはベッテルの地元です。現在は8ポイント差。もしハミルトンが優勝、2位にベッテルとなっても1ポイント差でベッテルがランキング1位で折り返せることは確定しています。ポイント差が開くかまたは近付くか、混沌とした争いが続いています。《ドイツGPの基本情報》 ホッケンハイムリンク 全長 :4.574km×67 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 1997年ドイツGP
  • 第2戦ブラジルGPの2位表彰台以降低迷し、蓄のう症のため3戦欠場から明けたベネトンのベルガーは第9戦ドイツGPを前は会見を行っています。「自分が今後何をしたいのか2〜3戦以内にハッキリする。僕としては来年ベネトンでは走らない」数少なくなった80年代のF1を知るベテランの37歳。周りにはイキのいい若手、ベルガーの代役を務めたヴルツも第8戦イギリスGPでいきなり3位表彰台を獲得。さらに欠場中には父親を航空機事故で亡くし、 [続きを読む]
  • ドイツGPから歴史と地理のお勉強
  • 全21戦のちょうど真ん中にあたる第11戦にドイツGPを差し込んできました。いいドライバー、いいコンストラクターがあるのに近年は隔年開催みたいになっています。フランスに続いて昨年やっていたF1に関する「歴史と地理」について、ドイツも見ていきましょう。この企画もこのドイツを終えれば一通りやってきたので、しばらく新規国もなさそうだし今回で最終回かな。《国の基本情報ほか》国名称:ドイツ連邦共和国 人口 :8270万人 [続きを読む]
  • 東京駅からドイツGPに行ってみよう!
  • ヨーロッパを行ったり来たりでまたヨーロッパ本土に戻ってきました。今回はドイツのホッケンハイムリンクです。森に囲まれているということは都市から少し離れた郊外か、空港に降り立ってから嫌な予感がしますね。ホッケンハイムリンクはドイツの南西側、フランス寄りの山岳地帯に差し掛かるあたりにあります。近くの大都市といえば味濃いめの粗挽きソーセージを連想しそうなフランクフルト・アム・マインが北に位置していますので [続きを読む]
  • チャンが本当の「ちゃん」だった頃
  • 何やら小さいカートに小さい子が乗っています。おお、スピンターンか!一人前にヘルメット被ってクイックにステアリングを切る。可愛いですね。今回のこの子は一体誰だ?こちらはもう少し成長した同じ子。現役のF1ドライバーです。どことなく面影がありますね。チャンベッテルちゃんの本当に「ちゃん」の頃の映像です。子供の頃からカートで名を馳せてきた者が集まるのがF1の世界なのですが、このクラスになるとやっぱり小さい頃か [続きを読む]
  • 名門チームを象徴するドライバーは? 〜ベネトン編〜
  • miyabikunはまだイギリスにいます。なぜなら今は懐かしベネトンはイギリスのコンストラクターだったから。えっと、ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンはイタリアのアパレルメーカーでは?そうなんです、会社はイタリア企業で間違いないのですが、ベネトンが名を馳せた時期はイタリアではなくイギリス所属のチームだったのです。F1はイギリスからドイツへ舞台を移す真っ最中ではありますが、遅れ馳せながら戦績もカラーリング [続きを読む]
  • F1第10戦 イギリスGP決勝
  • グレーの空を連想しがちなイギリスの空は気持ちよく晴れて、路面を熱々にしてくれました。今回のイギリスも薄肉タイヤ導入で、前回のオーストリアのようなブツブツなブリスターまでの心配は要らなそうですが、上手に使う方がいいに越したことはありません。地元で連続ポールは獲得しつつ、ほんのちょこっとだけライバルより使ってしまっているハミルトンのスタートに注目されます。2番手のベッテルの方が蹴り出しがよく、1コーナー [続きを読む]