マシュマロ さん プロフィール

  •  
マシュマロさん: 風の散歩道
ハンドル名マシュマロ さん
ブログタイトル風の散歩道
ブログURLhttps://ameblo.jp/myuu-hina/
サイト紹介文日々の出来事や感じたこと 風景や出かけた思い出の記事などを「マシュマロ」の名で投稿しております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/03/07 14:32

マシュマロ さんのブログ記事

  • 今年の運勢〜金の鳳凰〜
  • 今年上半期の運勢を占ってみました☆ 私のタイプは「金の鳳凰」 (画像はお借りしました)) ▼ゲッターズ飯田が占うあなたのタイプと2019年の運勢あなたのタイプと運勢をチェック2019年の運勢をもっと詳しく占う うっかりミス! 昨年終盤から、いくつか心当たりが・・・ 再確認をしっかりとしなければなりませんね 1月から3月までは多忙ですが運気は上昇 それ以降の体調の急降下が気になります 現在はストレスを感じたときの耳 [続きを読む]
  • 謹賀新年〜那智の滝にかかる虹〜
  • 新年あけましておめでとうございます 2019年、平成最後のお正月を良いお天気で穏やかに迎えました 昨年12月に訪れた和歌山県那智勝浦町にある那智の滝 この日は虹がかかっておりました 今年はどんな年になるのでしょうか 新しい年、新しい時代でもいろんなチャレンジや出会いで虹色に輝かせたいな 本年もどうぞよろしくお願いいたします [続きを読む]
  • ひょうたん らんぷ館
  • 岐阜県養老町にある「ひょうたん らんぷ館」に行った記事です 養老公園から養老の滝に向かう山間の散策道にある「吉田商店」という店の奥様がデザインされ、ご主人様がドリルで穴をあけて作成していらっしゃる瓢箪ランプが展示されたギャラリー 種蒔きから育てた自家栽培の瓢箪を利用し作成された約130点もの個性的なランプは販売されていないので見られるのはここだけ 入館料は100円 ミニひょうたんの暖簾をくぐり中では制作 [続きを読む]
  • 映画鑑賞2018/part3
  • 「イコライザー2」 主演:デンゼル・ワシントン 元CIAエージェントで裁くことのできない悪人を抹殺していく「イコライザー」の続編で、今回は元同僚の関与が疑われ真相に近づいていくアクション・サスペンス映画 クールでスマートなアクションは秀逸、口数が少なくともその言葉には愛とウェットがある 「ルイスと不思議の時計」 主演:ジャック・ブラック ファンタジー小説「壁のなかの時計」を映画化、両親を亡くした少年が [続きを読む]
  • 映画鑑賞2018/part2
  • 「検察側の罪人」 主演:木村拓哉 エリート検事と新米検事がある殺人事件を巡り対立するミステリー映画、木村拓哉さんと二宮和也さん初共演も見どころ ストーリーよりも二人の役者っぷり対決に見入ってしまって、見終わって「ん?これで終わり?」とモヤモヤ感が残ったのは狙いなのかな 「銀魂2 掟は破るためにこそある」 主演:小栗旬 人気コミック「銀魂」の実写映画第2弾、原作「新選組動乱篇」と「将軍接待篇」を合わせたス [続きを読む]
  • 映画鑑賞2018/part1
  • 2018年、私が観た映画の記事です グレイテスト・ショーマン 主演:ヒュー・ジャックマン 19世紀のアメリカで「地上で最も偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興業師フェニアス・テイラー・バーナムの半生を描いたミュージカル映画 劇中のミュージカル・ナンバーとパフォーマンスがとても素晴らしかった 空海KU-KAI  美しき王妃の謎 主演:染谷将太 弘法大使としても知られる真言宗の開祖、空海が遣唐使として中国に渡った若き日 [続きを読む]
  • ノートルダムの鐘&スカイガーデン
  • 劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観に行ってきた記事です 文豪ヴィクトル・ユゴーの「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」とディズニー音楽の作曲家アラン・メイソンの楽曲が融合 15世紀のパリを舞台にノートルダム大聖堂の鐘楼に住む醜男カジモドと彼の面倒をみる聖職者フロロー、警備隊長のフィーバスの3人がジプシー娘エスメラルダを愛してしまう悲しい物語 演技や演出はもちろんのこと、感情のこもった歌声が [続きを読む]
  • 松尾敏夫展&クリスマスマーケット
  • 愛知県名古屋市にある松坂屋美術館で開催されている「松尾敏夫展」に行ってきた記事です 2012年に文化勲章を受章した日本画家・松田敏夫氏の没後初めての回顧展 初期から晩年までの代表作など約50点が展示されておりました 初期の抽象的な作風から中期の海外の情景、後期の牡丹をはじめとする花々など 90歳で亡くなられるまでの70有余年に渡り描かれた様々な題材はどれも心惹かれ、繊細な表現でありながらも大胆な作品 [続きを読む]
  • 井伊谷宮
  • 龍潭寺の塔頭寺院跡にある井伊谷宮へ参拝した記事です 明治5年に明治天皇により鎮座し、静岡県内でも数少ない官弊社(井伊谷宮は官弊中社)という格式高い神社 御祭神・宗良親王は後醍醐天皇第四子で南北朝時代に征東将軍として、この地を本拠に50余年の間、吉野朝方のために関東各地を転戦し活躍 手水舎 御神木 訪れた日は七五三参りのご家族が多く訪れておりました 君が代を 絶えず照らせ 五十鈴川 我は水屑と 沈 [続きを読む]
  • 龍潭寺
  • 11月に訪れた静岡県浜松市にある龍潭寺の記事です 寺伝によれば天平5年(733年)に行基によって開かれた奥浜名湖の古刹 井伊氏初代当主・井伊共保は、寛治7年(1093年)に没すると八幡山地蔵寺(現・龍潭寺)に葬られ、以降豪族・井伊氏の菩提寺となりました 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」ゆかりの地でもあります 永禄3年(1560年)、井伊谷城主・井伊直盛が桶狭間の戦い [続きを読む]
  • 1000年目の満月
  • 今夜は美しい満月が観れました 旧暦の1018年10月16日から1000年後にあたる2018年11月23日 今日は藤原道長が「望月の歌」 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしとも思へば を詠んでから1000年目の満月だそうです [続きを読む]
  • 秋葉山本宮秋葉神社/下社
  • 秋葉山本宮秋葉神社には上社と下社があります 上社参拝後、私は車で移動して下社へ向かいました 地図上は近そうに見えましたが、秋葉山の山頂にあった上社から天竜川まで降り、152号線から362号線に乗り換えて40分ほどで下社へ 駐車場のすぐそばに流れる気田の河川敷ではキャンプができるようになっており、上社に比べて気軽に参拝しやすい雰囲気 とはいえ境内に入ると鬱蒼とした杉に囲まれ、心が厳かに静まっていくのを [続きを読む]
  • 秋葉山本宮秋葉神社/上社
  • 静岡県浜松市にある秋葉山本宮秋葉神社に行ってきた記事です 先ずは、秋葉神社上社へ 鳥居の手前に駐車場がありました ここまで天竜川沿いの国道152号線から約20分ほどやや狭い舗装された林道を上って来なければなりません 鳥居の両脇の大きな狛犬はオオカミだそうです  常夜灯のある参道は駐車場からの裏参道 表参道は標高750mを約2時間かけて7?ほど歩く登山道になっているようです 裏参道の600段ほどある階段を上る [続きを読む]
  • 黒姫高原
  • 9月に長野県信濃町にある黒姫高原へ行ってきた記事です 北信五岳の一つである標高2053mの黒姫山の裾野に広がる黒姫高原では7月の終わりから10月の初めまでダリア園・コスモス園が開園しておりました コスモスより一足早く咲き始めていた50種類のダリアの花 色も形も大きさも様々な約2万輪が高原の夏に色を添えていました 高原からは野尻湖も眺められましたよ そして“ひとめ100万本のコスモス”とし [続きを読む]
  • 妙高高原スカイケーブル
  • 新潟県妙高市にある妙高高原スカイケーブルに乗ってきた記事です 妙高高原スカイケーブルターミナル大人往復1800円、片道1300円ですが、私は割引クーポンを利用して片道1000円のチケットを購入2018年は11月4日まで運行 標高1300mへ約11分間の空中散歩に出発実は動画を撮影したのですが、上手く撮れていなくて残念 この日は晴れていて、妙高山がきれいに見えました 今の季節なら紅葉も楽しめるのではないでしょうか 山頂駅から [続きを読む]
  • 苗名滝
  • 新潟県妙高市にある苗名滝に行ってきた記事です 長野県との県境にある関川にかかる落差55mの滝で日本の滝百選にも選ばれています 前回の記事にも載せた森林セラピーロードに指定された妙高高原自然遊歩道の一方の出発点 新潟県側にある駐車場から吊り橋を渡って長野県側の遊歩道を15分ほど歩きました 関川1号砂防堰堤 1995年に梅雨前線豪雨で上流域から大量の土砂が下流に流出、苗名滝に向かう吊り橋や遊歩道が被害を [続きを読む]
  • いもり池
  • 新潟県妙高市にある、いもり池に行った記事です 妙高高原池の平温泉にある周囲500mほどの池で、昔はいもりが多く生息していたことから名付けられたと言われています 私が訪れた日は曇り空でしたが、晴れた日には標高2454mの妙高山が眺められるスポット (こちらの画像はお借りしました) 池を一周する遊歩道があり、湿性植物や白樺の林、4月下旬から5月上旬は水芭蕉の群生が見られるようです (こちらの画像はお借りし [続きを読む]
  • アパリュージョン2018
  • 新潟県妙高市にあるアパリゾート上越妙高のナイトイベント「アパリュージョン2018」を見に行った記事です 夜景評論家・丸々もとお氏プロデュースのプレミアムイルミネーション 7つの異次元の世界にタイムスリップする光のアトラクションがテーマになっているのだそう 1番目はウエルカムゲートから天空へ登っていくように星座が瞬くミルキーウェイ 勾配のある坂を上り、フォトスポットから見下ろすと地上が遥か彼方に見え [続きを読む]
  • 爲三郎記念館「柏会30周年記念展」
  • 9月に投稿した「ジュディ・オング倩玉/木版画の世界」を観賞後 古川美術館の分館である爲三郎記念館へ行った記事です かつて、名古屋でヘラルドグループとして多岐にわたる事業を興した故・古川爲三郎氏 古川美術館は氏が生前に収集した近代日本画など約2800点を収蔵しているそうですが、この美術館から徒歩1分ほどの場所に数奇屋造りの居宅が公開されておりました 母屋にあたる爲春亭(いしゅんてい)は昭和9年に棟上げ [続きを読む]
  • 第一回津屋川ひがん花祭り
  • 岐阜県海津市で開催された「第一回津屋川ひがん花祭り」に行ってきた記事です 津屋川堤防沿いに自生した彼岸花は約10万株だそうです 真っ赤に染まった斜面は3kmにもわたり、訪れた人々が散策したり撮影したりしておりました ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 現在、台風24号が日本列島に上陸し雨風が吹き荒れています どうか大きな被害、災害が起きませんように 皆様も気をつけてお過ごしくださいませ [続きを読む]