sirokumama さん プロフィール

  •  
sirokumamaさん: 虹の彼方に
ハンドル名sirokumama さん
ブログタイトル虹の彼方に
ブログURLhttps://ameblo.jp/sirokuma2016/
サイト紹介文2018年日能研で中学受験終了。中高一貫女子校にて夢をかなえるまでのつれづれ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/03/08 19:52

sirokumama さんのブログ記事

  • 受験生みんなの明日が晴れますように
  • いよいよ受験シーズン本番ですね うちの娘、学校の帰り道、駅でNバッグを背負った小学生をよく見かけるんだそうで、「ああ、こんな時間から勉強なんてえらいなぁ。思わず『がんばって!』て言ってあげたくなる。」と生意気なことを言っています。一年前の今頃はとても大変な思いをしたはずなのに、今では受験なんてまるで他人事のような発言。 ↑「がんばって!」って言ってあげるくらいしかできないんだけど・・・と言って娘が [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 怒らないことによって怒りにうち勝て。善いことによって悪いことにうち勝て。分かち合うことによって物惜しみにうち勝て。真実によって虚言の人にうち勝て。 ダンマパダ(法句経)223節より。  あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します くるみのクッキーで有名な西光亭のパッケージもお正月仕様。Suicaのペンギンをデザインした坂崎千春さんとのコラボ。2019年特別バージョン。   長かった休暇も [続きを読む]
  • クリスマス休戦
  • 終わりの来ないような戦いも今宵は休戦して祝杯をあげる 人はそれぞれ「正義」があって争い合うのは仕方ないのかもしれない だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があると思うんだ   我が家も、娘が冬休みに入り争いも小休止していますが、期末テスト期間中はピリピリモードでした さすがに定期テスト4回目ともなると要領が少しつかめてきたようで、一夜漬けは「宗教」くらいでそれ以外は、1週間前くらいからプリントをま [続きを読む]
  • 初冬のファンタジー  
  • 平安時代の前期〜中期に活躍した書の三跡のひとり、小野道風はスランプに陥っていたある雨の日散歩に出かけると、柳に必死に飛びつこうと繰り返し飛び跳ねているカエルの姿を見た。「バカだな。どうせ無理なのに。」そう思っていた道風だったがそこにたまたま吹いた風が柳をしならせうまく飛び移ることができた。これを見た道風は「自分は、このカエルのような努力をしていない。」と目を覚ましまた書道に勤しむようになった。   [続きを読む]
  • 神無月のころ  
  • ハロウィンですね 画・シロクマ娘ハロウィンのつづりが間違っていますね。ヘロウィンになってる。  前回ブログを更新してからあっという間に1ヶ月経過してしまい、もはや「月刊」ブログですね。  10月もいろいろありました。 昨年、験担ぎで注文した「合格応援おせち」。今年もほぼ同じデザインでカタログに載っていました。 「おせちは苦手」という我が家もこれは食べてくれました。受験生のいるご家庭にオススメです。   [続きを読む]
  • 仲秋のセレナーデ
  • 名月や 池をめぐりて 夜もすがら 仲秋の名月を眺めながら池の周りを歩いていたら、いつの間にか夜が明けてしまった。 芭蕉、43歳の時の作品で、「月見の会」をした時に隅田川に舟を浮かべて詠んだ歌、と言われています  月光バーガー。通常の月見バーガーに比べ、パティが3倍。昨年も、この時期、月見バーガーをUPした記憶があります。そして、ちょうど、過去問を解き始めた時期でもありました。 先日、芭蕉の故郷、伊賀 [続きを読む]
  • 晩夏のエレジー  
  • 台風21号および平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます   ご無沙汰しております。夏休みもあっという間に終わり、娘の学校は、9月1日に始業式があり、9月3日から本格的に授業が始まりました。  9月4日は台風のため、早々に休校が決まり、私も仕事を早めに切り上げて早退しました。 風が強くなってきた午後、停電が数時間あったものの、職場近くの信号機が風であおられて少しゆ [続きを読む]
  • わたしの期末試験
  • 平成30年7月豪雨により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。   夏のご挨拶の時期ですね いつもお世話になっている方への贈り物に悩んでいた時に職場の休憩室に置いてある冊子の中でおもしろいものを見つけたので、自分用にも購入してみました。   大分は湯布院にあるジャズとようかん。羊羹にピアノの鍵盤模様が施されていて、とってもオシャレです。2016年の熊本地震のあと再出発をして今では1か月先まで [続きを読む]
  • シロクマ狂詩曲
  • 期末テストのシーズンですねうちの娘の学校は、7月10日〜13日と遅めでまだテスト週間に入っていないこともあり、相変わらず危機感がありません。 朝も、なかなか起きません。毎日、娘を30分以上かけて起こすのですが、その度にこちらの寿命が1日ずつ縮まっている気がします。 先日も、英語の小テストの直しを提出していないことが発覚してケンカになりました。 先生からの催促お手紙がお弁当袋にしわくちゃになって入っていたの [続きを読む]
  • テストにまつわるエトセトラ
  • 入学から2か月。 中間テスト、塾の私立中学生テスト、校外学習(オリエンテーション合宿)、英検4級書き取りコンクール と、5月末〜6月初旬にかけてさまざまなテストがありました  まずは、中間テストの結果。5/22〜5/25にかけて、行われました。 地理(世界地理・日本地理)8割5分生物(A・B)5割(!)代数 9割弱英語B 8割英語A 7割5分講読(国語)7割5分 中1の中間テストなんて範囲も狭いし、9割以上が当 [続きを読む]
  • パラダイス・タイム
  • すべての悲劇というものは死によって終わり、すべての人生劇は結婚をもって終わるby バイロン(イギリスの詩人)  5月19日はハリー王子とメーガンさんのロイヤルウェディング。ということで、我が家も便乗してイギリス生まれのピーターラビットやパディントンたちと一緒にお祝いしました  ちなみに、「結婚」にまつわる名言として、冒頭のバイロン以外にも、シェークスピアの「若くて妻帯、我が身の災難」、フランスのことわ [続きを読む]
  • ちはやふるの世界
  • もうすぐ中間テスト 塾は試験期間関係なくあるのでしぶしぶ行っていますが、全然勉強している気配のないうちの娘です。 部活動も試験前1週間はお休みなので勉強する時間はたっぷりあるはずですが、指摘するとケンカになるので最近は私の方からあまりガミガミ言わないように、適度に距離を保つようにしています。    そんななか、先日「ちはやふる」の原画展に行ってきました。※スタッフの方に撮影OKであることを確認して、 [続きを読む]
  • 人生100年時代
  • ありまやま ゐなの笹原 風吹けばいでそよ人を 忘れやはする  先日、有馬温泉に行ってきました有馬温泉でも、わりと高台にある宿「高山荘 華野」さん。かなり坂がきつく、入り口から玄関までも急な階段があります。 ロビーや廊下の至るところに生け花が飾ってあり、ギャラリーのよう。お部屋も17部屋しかない小規模なお宿で、繁忙期でもあまり他人とかぶることなく大浴場を使えることができ、本当に落ち着いた雰囲気でした。 [続きを読む]
  • クマを求めて その2
  • 5月3日、灘の文化祭に行ってきました 初めて参戦した昨年は始発の新幹線でいったにもかかわらず「そんなに早く行ってもやることないよね〜。」と言って新大阪で時間をつぶして、販売開始の9時少し前に行ったら既にグッズ売り場は長蛇の列。狙っていたグッズが買えなかったという反省を生かし、今年は早朝から並ぶ、と決めていました。 噂では、灘ベア(小)が大人気で、初日も開始早々売り切れたらしいので、朝食後、8時に行 [続きを読む]
  • クマを求めて その1
  • ゴールデンウィーク後半、クマを求めて三宮に行ってきました 5月2日、学校から帰ってきた娘を連れて新幹線で夜遅くに神戸へ到着。  その後、宿泊先のケーニヒスクローネホテルへ。 一歩入ると、そこは一面クマの世界でした。 くまポチ君のお出迎え。 お土産も充実しています。 ホテル内で使用されているアメニティグッズも販売されています。 宿泊者(大人)にもらえるグッズ。 お部屋に入るまでの間も、くまポチ君のク [続きを読む]
  • ヤマアラシのジレンマ  
  • ある冬の寒い日、たくさんのヤマアラシたちが暖を求めて群がったが、互いのトゲによって刺されるので離れざるを得なくなった。しかし再び寒さが彼らを駆り立てて同じことが起きた。 結局、何度も群れては離れを繰り返し、互いに多少の距離を保つのが最適であるのを発見した。 これと同様に、社会における必要に駆り立てられ、人間というヤマアラシを集まらせるが、多くのトゲや互いに性格の不一致によって不快を感じさせられる。 [続きを読む]
  • 中学debutの1週間
  • 4月9日の入学式から1週間。朝の渋滞にイライラし、帰りの渋滞にぐったりする新生活に慣れなくて、心身のバランスを崩しがちなシロクママです今のところ、娘がわりと元気に通っているのだけが救いです。   すっかり桜も散ってしまって少し肌寒かった4月9日。入学式の前に1時間ほど教室でガイダンスがありました。 1クラス40人程のうち、着物のお母さまは2〜3人、パステル調のセットアップは2割、ネイビーや黒などのダ [続きを読む]
  • ペースメーカー
  • ペースメーカー(陸上競技)とは: 高水準かつ均等なペースで、レースや特定の選手を引っ張る役目の走者のこと。ペースメーカーを導入することにより、レース序盤でライバル選手を意識しすぎてペースを乱すことがなくなり、高記録が期待できる。また、選手の風除けの役割も果たす。   最近の週末のお昼は、娘と一緒にドラマの再放送を見るのが習慣になっています違うドラマのはずなのに、刑事はいつも内藤剛志、という安定感。 [続きを読む]
  • エア十三参り
  • 世の中には「旦那DEATH NOTE」なるものがあるそうですね閲覧してみて、内容の過激さに驚きつつ、どこの奥様も、みんな思うところがあるんだなー、と共感する部分もあるものの、さすがにまだ書き込んだことはありません。 ちなみに、我が家の場合は「DEATH」ではなく「DEBU」。 「名前を旦那DEBU NOTEに書いただろう?」と、自分が太った原因を私にあるかのように責めますが、わたくし、書いた覚えはございません。たしかに「DEBU [続きを読む]
  • 春色
  • 朝晩はまだ少し冷えますが、昼間は随分暖かくなりましたね。日中、車を運転していたら、暑くて思わず冷房を入れました  3/20から参加していた河合塾の春期講習も、本日で終了しました。日能研生は無料だし、家でグータラしているよりは、と思って申込しましたが4日間、しかも午前中だけだとちょっと物足らない感じがします。 昨年の季節講習で9時〜17時+残業4時間の鬼日程を経験しているから、余計に。  そして、先日真 [続きを読む]
  • 出会いと別れの季節
  • ご無沙汰しております ここ2週間くらい、仕事が終わらなくて徹夜続きのツラい毎日でした。 24時間、戦えますか。 バブルの頃、時任三郎さんがCMをやっていましたね。まさか、自分がこれを飲む時が来るなんて、思いもしませんでした。 体に良くないと思いつつ毎晩いろんな栄養ドリンクを日替わりで飲んで乗り切りました。 世の中にはいろんな種類のドリンクがあるんですね。なかには1本3,000円くらいする、すごいのが [続きを読む]
  • 千里の道も一歩から
  • 合抱(ごうほう)の木も毫松(ごうまつ)より生じ、九層の台も累土(るいど)より起こり、千里の行も足下より始まるby老子 受験も終わり、のんびりできると思いきや娘のサポートに費やした分自分の仕事をおろそかにしてしまったため現在、そのツケが一気に来てしまってとてもしんどい毎日です 約半年前、娘が算数の428題になかなか取り組まなくて提出期限ギリギリに泣きながらやっていた姿と今の自分の姿が重なります。 「何 [続きを読む]
  • 卒業式まで1か月
  • あなたがいて わたしがいてふりかえれば 笑顔がある桜が咲き 季節巡りそれでも そこに あなたがいた 遠く 遠く 陽炎がのぼる坂道いつか 景色が変わっても変わらないものがある 心の中に  卒業式まで約1か月となった先週末、合格者説明会がありました。  200名いるはずなのに、やけに少ないなー、と思ったら9時〜と11時〜の2部制だったようです。我が家は9時〜の部でした。 校長先生のあいさつと、教頭先生 [続きを読む]
  • それぞれのバレンタイン  
  • バレンタインですね いつも通勤で聴くラジオでは国生さゆりの「バレンタイン・キッス」がずっと流れていました。これ、秋元康さん作詞なんですね。   職場の男性に配るチョコはもちろんのこと、娘がお友だちにあげるチョコを買うのも私。そして1ヵ月後にはパパが職場でもらったチョコのお返しも考えなければなりません。何だか、この時期はずっとギフト選びをしている気がします。 毎年、ステキなディスプレイでワクワクしま [続きを読む]
  • 未来へのスタートライン
  • 中学受験終了!「さくらさく・・かも 2018中学受験♪」から心機一転。シロクママによる「虹の彼方に」はじまります♪ Somewhere over the rainbow虹を渡ったどこか Way up highずっと高いところに There’s land that I heard ofひとつの国があると Once in a lullaby子守歌で聞いたことがある And the dreams that you dare to dreamそこでは どんな夢もReally do come trueきっとかなえられる   受験もひと段落し [続きを読む]