Samurai Experience さん プロフィール

  •  
Samurai Experienceさん: 全日本侍道協会 Samurai Experience
ハンドル名Samurai Experience さん
ブログタイトル全日本侍道協会 Samurai Experience
ブログURLhttp://kix-sennan.com/ja/
サイト紹介文殺陣や演舞とは違う・・・本当の武士が見せる試斬演武と、武士の知識
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/08 21:18

Samurai Experience さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 泉南にぎわい祭りの成果
  • 泉南にぎわい祭りの成果我等、大和志斬会の偉大なる先生である飯塚先生に、ご出演して頂きました!全日本侍道協会、顧問の倉益先生にもご出演して頂きました!泉南市長もご隠居スタイルでご登場しました。応援よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • さらに4プランご用意できました
  • 泉南の観光として、発足した侍体験ですが、この度、さらに各種プランをご用意させて頂きました!訪日旅行のお客様のみならず、日本在住の方々にもお楽しみ頂けます。詳細は各URLにて。クイック侍クイック侍とは、お手軽なお値段で、お手軽に侍の格好をして、お寺で写真撮影や動画撮影をご自由にして楽しんで頂けるプランです。スペシャルプラン武士道精神ここにあり!武士の魂の真髄に迫れる、プレミアムなコースです。二日間の練 [続きを読む]
  • 徳川家康が愛用した日本刀
  • 日本刀の紹介徳川家康が愛用した日本刀この刀は、「三池典太光世、徳川家康拵え大刀」と言われる。三池典太光世は、家康により徳川家を子々孫々まで鎮護する宝刀として定められた一振りです。家康の死去に伴い、久能山東照宮に安置され、現在国宝の指定を受けています。 応援 お願いします! [続きを読む]
  • 風神流宗家 杉尾仁先生
  • 風神流宗家 杉尾仁先生にお会いしてきました。無駄な動きが一切ない素晴らしい刀さばきをご覧下さい。応援宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 「泉南にぎわい祭」
  • 「泉南にぎわい祭」として、ふじまつり、時代まつり、ABCまつりを同時開催し、泉南市を祭りで大いに盛り上げます。泉南にぎわい祭チラシ(表)pdf (約3M)泉南にぎわい祭チラシ(裏) pdf (約3M)・熊野街道信達宿のふじまつり(一般公開)「大阪ミュージアム構想」ベストセレクションに認定されている信達宿の野田藤(野田藤のページはコチラ)が、歴史ある街道を薄紫色にそめます。とき : 4月24日(日)〜30日(土)10:00〜20: [続きを読む]
  • 「泉南にぎわい祭」
  • 「泉南にぎわい祭」として、ふじまつり、時代まつり、ABCまつりを同時開催し、泉南市を祭りで大いに盛り上げます。泉南にぎわい祭チラシ(表)pdf (約3M)泉南にぎわい祭チラシ(裏) pdf (約3M)■熊野街道信達宿のふじまつり(一般公開)「大阪ミュージアム構想」ベストセレクションに認定されている信達宿の野田藤(野田藤のページはコチラ)が、歴史ある街道を薄紫色にそめます。とき : 4月24日(日)〜30日(土)10:00〜20 [続きを読む]
  • 織田信長が愛用した日本刀
  • 日本刀の紹介織田信長が愛用した日本刀この刀は、「へしきり長谷部」と言われる。「へしきり」という名の由来は、手打ちにされそうになった家臣が棚の中に逃げ込んだのを、信長がこの刀を隙間に差しこみ、そのまま押し切ったという逸話だそうな。 応援 お願いします! [続きを読む]
  • 刀剣クイズ第1問
  • このコーナーでは、武士に関する知識をお伝えしていきます。武士と言えば、刀ですね。まず手始めに、刀についてクイズ形式でお伝えしていきたいと思います。Q1:日本刀は、日本固有の製造法によって作られた刀剣類の総称。刀剣類は、日本では古墳時代から作られていたが、一般に日本刀と呼ばれるものは、平安時代末期に出現してそれ以降主流となった湾曲した刀のことを指す。寸法により刀、( )、( )に分類される。 ( )に当てはま [続きを読む]
  • 北条の家紋入り足軽鎧武者の登場!
  • 北条の家紋が入った鎧武者が登場しました!その名は才蔵・・・自前のマゲを育成中です(笑)才蔵、ここに参上いたした!!仏門を御守りいたす!!今日もよく働いたぞ・・・今後の彼のマゲの育成を応援宜しくお願いします!!にほんブログ村歴史 ブログランキングへ [続きを読む]
  • ブログを始めました!
  • 居合抜刀道大和志斬会のブログをはじめました。本当の武士が魅せる真剣演武、試斬演武や、武士の知識をお伝えしていきたいと思います!宜しくお願い致します。応援宜しくお願いいたします!にほんブログ村歴史 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 過去の記事 …