とくみつ さん プロフィール

  •  
とくみつさん: とくみつのひきこもり相談ブログ
ハンドル名とくみつ さん
ブログタイトルとくみつのひきこもり相談ブログ
ブログURLhttps://tokumitsu.muragon.com/
サイト紹介文7年3ヶ月ひきこもり無職の後働き始めました。
自由文無職の時、幻聴に殺されそうになり
幻聴に命を救われました。
その経験を伝え生かしたいです。

あと私はPL教団の会員です。
ひきこもりから脱出できたのは
PLの教えのおかげなのでPLの話もします。
ですが布教するつもりはありません。
理由は他の宗教の方も同じ思いでしょうが
オウム事件以降 今の日本人の多くは宗教とカルトの区別ができてないと感じたからです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/03/08 23:40

とくみつ さんのブログ記事

  • 感情に走れば自由を失う
  • この記事はPL会員向けの記事です。 「感情に走れば自己を失う」に折り畳まれている教えです。 PLの示す自由は自分勝手に生きる自由とは対極にあるものです。 PL処世訓は自由に生きるための心構えや方法を示したものです。 処世訓に反すれば自由に生きることが難しくなります。 反するとは創意工夫をしないこと、表現しないこと、 感情に走ること、自分を客観的に見ないこと、 不明瞭なことや説明できないことを行うこ [続きを読む]
  • ハインリッヒの法則が示すもの
  • 統計は嘘を吐きません。 データを取り続けると一定の値に収束します。 ハインリッヒの法則は負の側面において 因果応報が統計によって証明されたようなものです。 負の側面で因果応報が成り立つなら正の側面でも成り立ちます。 実際に私は何度か揺り戻しを体験しています。 そのたびに道徳に沿うことは大切だと思い知らされました。 嘘だと思うなら実際に試してみれば良いです。 負の感情を1000回使ったら自分と周りの [続きを読む]
  • なぜ人を嫌ってはいけないのか
  • この記事はPL会員向けの記事です。 自分が生まれる前は自分は存在していません。 しかし自分が生まれる前には自分の元となったものが存在しています。 宇宙が誕生した直後でも自分の元となったものは在るのです。 肉体なら元となった物質が存在しています。 では心はどうなのか。 心もまた元となった何かが在ったのです。 死後はその元となった何かに戻るだけなのです。 無になることはありません。 宇宙が誕生した直後 [続きを読む]
  • 体幹の歪みに注意
  • 体幹が歪んでいる人をよく見かけます。 自覚が無い場合が多く早く知っていただきたいと思っています。 体幹の歪みを放置するとどうなるか。 バランスが崩れているので片方の足、特に膝を痛めやすくなります。 体幹のバランスが取れている人より早く寝たきりになってしまうのです。 原因は片方の肩や手に荷物を持ち続ける、 運動不足、虫歯の放置、猫背などの姿勢が悪いからなどです。 対策として荷物は左右に持ち変えること [続きを読む]
  • なぜ怒りが在るのか
  • 怒ることが道から外れるなら なぜ人間は怒ることができるのかという疑問が出てくると思います。 それは怒りがどれだけ自分に悪影響を与えるかを学ばせるためです。 最初から怒りの概念が無かったら なぜ怒ってはいけないのかも理解できません。 怒ると状態が悪くなることを学ばせるために 自然の摂理は人間に怒りを与えたのです。 怒りの概念が無い人間と怒りを知っている人間の どちらが豊かな感性を持って表現できるのか [続きを読む]
  • 進化する人工知能
  • 科学の進歩は目覚ましく 10年後の未来でさえ予測できない状態になっています。 特に人工知能は一部の分野で人間の予想を上回る成果を上げています。 ディープラーニングという技術は 人工知能にひらめきを生ませようとしています。 私は人工知能の進化に期待しています。 人間の想像を遥かに超える進化を遂げた人工知能は 宗教について何らかの見解を示してくれるはずです。 それは古い価値観に縛られた宗教に変革を促す [続きを読む]
  • 原罪
  • この記事はPL会員向けの記事です。 キリスト教には原罪の概念がありますが 歴史から原罪を考えてみました。 日本は豪族の争いや応仁の乱、戦国時代や幕末などで内戦を繰り返してきました。 当然多くの人が亡くなっています。 今生き残っている人達の多くは勝った側の子孫です。 つまり人殺しの子孫ということになります。 前にも書きましたが30年ごとに先祖の数を倍にしていくと 810年で1億3000万人を超えます [続きを読む]
  • 体質を知る
  • 高齢化社会になり健康が重視されるようになって 健康に関する情報が溢れるようになりました。 情報を集めていると疑問を抱くようなことがあります。 例えばこの食べ物は体に良い、いや体に悪いと、 全く逆の情報に触れることがあります。 どちらが正しいのだろうかと思いがちですが どちらもその主張は正しいとするのが良いです。 なぜなら体質によって変わるからです。 その食べ物が体に馴染むのなら健康に良いですし 体 [続きを読む]
  • 教祖祭PL花火芸術2018
  • この記事はPL会員向けの記事です。 今年も8月1日にPL花火芸術が行われます。 PL最大のイベントと言って良いです。 花火は火薬を平和的に使う芸術なので このためにお布施が使われるのならPL会員として本望です。 PLは花火を打ち上げる宗教という印象を持たれてもそれはそれで良いと思います。 よく昔の方が凄かったと言う人がいますが それを言うのはもう控えた方が良いと思います。 花火職人さんは毎年ベスト [続きを読む]
  • 慣れに潜む危険性
  • 仕事などで慣れてくると無意識に手抜きをするようになり失敗する確率が上がります。 慣れてない時の方が集中できている場合が有ります。 筋トレは最初が一番つらく、ある一定期間が過ぎると 最初にやったトレーニングは楽にこなせるようになります。 人間は暑い場所や寒い場所でも住んでいるうちに その環境に適応できるようになります。 最低限のストレスが無いと人間は弱くなります。 例えば重力という負荷が無ければ骨は [続きを読む]
  • 相対的に想像する
  • 相手の立場を想像することは調和が取れた世界を作る基本です。 歩行者と運転者を例に挙げます。 狭い道路で車のすれ違いが発生した場合、 歩行者の私はすれ違いの邪魔にならないよう速やかに退避します。 危険を避ける為なのはもちろんですがもっと広い意味が有ります。 もし退避しなかったらどうなるか。 運転者は大なり小なりイライラします。 交通事故を引き起こす確率が上がるわけです。 その運転者が事故を起こさなく [続きを読む]
  • 区別できる人になる
  • この記事はPL会員向けの記事です。 私はオウム事件が起きた時、宗教界に漂った重い空気を知っています。 宗教がらみのトラブルに巻き込まれる人が減って良かった、 宗教を敬遠している人達はそう考えたと思います。 全体的に流れが良くなったように見えますが 道徳を学べる機会が減ってしまったのが問題です。 宗教がこのまま廃れていく、それが時代の流れならそれも仕方無いです。 しかし道徳を知らない人が増えるのは防 [続きを読む]
  • 説明できる人になる
  • 説明を求められた時はできる限り応えた方が良いです。 説明できない、黙ったままでいるのは道から外れている可能性が有るからです。 私は仕事の行動全てに説明を求められたら理由を説明できるようにしています。 例えば私はクールビズ期間であってもネクタイを着けています。 その理由はストレスの平準化のためです。 クールビズ期間が終わるとネクタイを着けなくてはいけないという大きなストレスが発生します。 一年中当た [続きを読む]
  • 信仰心というクオリア
  • この記事はPL会員向けの記事です。 私はクオリアの概念を持った後で信仰心を持ちました。 それで気付いたことは信仰心を持つと新たな思考の檻に囚われると気付きました。 それは信仰心が無いというクオリアが想像できなくなり 自分の信仰心を客観的に評価できなくなることです。 信仰心に伴う行動が道に沿っているかどうかの判断は信仰心だけではできません。 私は道徳や科学の知識で判断しています。 科学の知識が無いと [続きを読む]
  • 恐怖は無いより有った方が良い
  • 恐怖を感じることは大切です。 全く恐怖を感じないと生存確率が下がります。 例えば自撮りをしようとして高所に登り転落死するようになります。 恐怖の感覚は進化の過程で手に入れ遺伝情報に含まれています。 恐怖を感じることは遺伝するということです。 苦痛を感じることも恐怖を感じることも 無いよりは有った方が長生きできるから存在しています。 心の痛みも無いよりは有った方が生存確率を上げることにつながります。 [続きを読む]
  • 宗教家はM理論まで知るべき
  • この記事はPL会員向けの記事です。 現代ではこの宇宙は11次元で構成されていると考えられています。 いきなり11次元と言われても想像が付かないと思います。 私も最初は全然理解できませんでした。 しかし最先端の科学者達がそう言うなら根拠が有るわけで その根拠を知った今では11次元だと受け入れています。 その根拠をざっくり記します。 現代の物理学は相対性理論と量子論が主流になっています。 どちらも様々 [続きを読む]
  • 忠告は救いの手の一つ
  • 忠告を聞き入れられない状態は危険です。 忠告は自分一人では気付け無いことを気付かせてくれるものです。 自分一人の知識では限界が有ります。 忠告を聞き入れないと間違ったまま過ごす確率が上がります。 忠告は自分の過ちを気付かせてくれる救いの手のようなものです。 忠告を聞き入れないことは救いの手を振り払うことになります。 救いの手を振り払い続けると誰も忠告してくれなくなります。 そして死ぬまで自分が間違 [続きを読む]
  • 科学による揺り戻し
  • 揺り戻しとは世界が悪い方向に行き過ぎた時に それを正そうとする流れのことです。 科学の発展でも揺り戻しが起きています。 ドライブレコーダーによって当たり屋が逮捕されるようになりました。 ボイスレコーダーによってパワハラをする上司が告発されるようになりました。 昔なら泣き寝入りするしかなかった事が防げるようになりました。 多くの人がスマホを持ち公共の場で負の表現をしようものなら 複数の人に撮影されネ [続きを読む]
  • 名前
  • この記事はPL会員向けの記事です。 PLでは「名に因って道がある」と名前の重要性を説いています。 道に沿った名前なら生きやすくなり 沿っていないと必要以上に苦労することになります。 名前に沿って生きれば生きやすくなり 沿っていないと無意識のストレスを受け失敗しやすくなります。 名前は命名者の呪いであり祝福なのです。 名前に従わなくてはいけないかと言うとそんなことは無く 自由意志をもって自分の道を切 [続きを読む]
  • 知ることを恐れない
  • 一応閲覧注意です。 気付ける人になるには たとえ自分が傷ついたとしても事実を知りたいと思うことが大事です。 私は朝起きた時に顔から出血していることが有り 理由が分からなかったのですが判明しました。 ゴキブリに食われていました。 一人暮らしを始めてから出血し始めたので ちょっと考えれば分かることでした。 普通の人ならショックを受けるかも知れませんが 私は真相が判明してほっとしました。 自分で傷を付け [続きを読む]
  • 選ぶ
  • この記事はPL会員向けの記事です。 諸行無常には元々良い意味も悪い意味もありません。 世の中は変化を続けている、ただそれだけを示した言葉です。 ネガティブなイメージが出てくるのは恐らく無常が無情と同じ発音だからです。 PLは諸行無常を良い意味で捉え 「一切は進歩発展する」としました。 ここに生き方のヒントが有ります。 ただ生きるのか楽しんで生きるのかを選ぶなら 楽しんで生きた方が良いという考えです [続きを読む]
  • 道徳について
  • なぜ警察があるのかは犯罪を犯す人がいるからです。 道徳の視点から見ると社会としては未熟です。 道徳を理解している人は警察が無くても犯罪をしないからです。 逆に言えば警察は潜在的な犯罪者を救っていることになります。 警察が無いと犯罪を犯してしまう人達です。 警察が無かったら犯罪を犯してしまうかもと考えている人こそ 警察が有ることに感謝するべきです。 道徳は善人になるための方法ではありません。 自然の [続きを読む]
  • 想像力を働かせる
  • 想像力が豊かであれば無用なトラブルを回避できるようになります。 例えば鉄扉を開ける時に扉の向こうに人が居るかもしれないと考えることができれば 何も考えずに開けるよりトラブルが起きる確率が下がります。 道徳の知識と想像力が有れば日々を平穏に過ごせる確率が上がります。 道徳の知識や想像力が無い人は無いことが原因でトラブルに遭う確率が上がっています。 事故の恐ろしい所は1000人中999人が安全に気を付 [続きを読む]
  • 決めつけに対する気付き
  • この記事はPL会員向けの記事です。 何でも決めつけていると間違った認識のまま過ごすことがあります。 私が勤めている会社に当たり付き自販機があります。 当たると全額返ってくるタイプの自販機です。 私はこんなの当たるわけ無いと思いながら買っていましたが先日当たりました。 当たり付き自販機で当たったのは生まれて初めてだったので あ、当たるんだと思うと同時に当たらないと決めつけていた自分を戒めました。 返 [続きを読む]
  • 一段思考を進める
  • 何事にも最良というものは存在していません。 これが一番だと思った先にもう一段先に思考を巡らせられるかで 気付けるかどうか変わっていきます。 煙草を吸う人は吸わない人より平均寿命が短くなります。 ここまでは広く知られています。ここでもう一段思考を進めて欲しいのです。 喫煙者の中で煙草のポイ捨てをする人としない人、 どちらが平均寿命が短くなるのかということ。 ポイ捨てをする人はその分だけ自分の体のこと [続きを読む]