masa@ さん プロフィール

  •  
masa@さん: ちょっとだけ早く自由人になりました。その後何
ハンドル名masa@ さん
ブログタイトルちょっとだけ早く自由人になりました。その後何
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/take478/
サイト紹介文自由人雇われない暮らし 2015年、定年前に会社員を卒業、自分のスタイルを探して今日までやってきた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/03/09 01:33

masa@ さんのブログ記事

  • 会社を辞めてわかった守りたいシンプルな3つのルール
  • それは simple で 簡単なこと。  素直で明るいこと  謙虚で人の話をよく聞くこと  待つこと、待てること私自身、最近余裕がなくなっている?なんでそんなに焦るの?もう会社を辞めて3年が過ぎたのに大人になれないでいる。(年齢はもうシニアの世代ですが・・・・。)もうちょっと余裕を持てば!毎日暇しているのに、どうしてそんなに余裕が無いんだろう?そうか、昔から相も変わらずキャパシティーが狭いのか、と変に納得。 [続きを読む]
  • 「雇われないで生きていく」かそれとも勤め人を続けるか
  • 不確実な将来に目を背けて目先の幸せを追うのかそれとも現実と向き合い一歩一歩変えていくか「人生100年時代」などの言葉に惑わされない!100年と言われたら、40歳でははまだ若いと感じ、50歳もまだ中間点と錯覚してしまう。けれども50歳といえば、男性も女性も体の変化は間違いなくおきています。会社ではまだかすかな希望に時間を割いているのかもしれない。また、コミュニケーションにアフター5も含めて時間を割いている(?) [続きを読む]
  • 自分の『居場所』を探し求めて
  • 会社員を辞めて早くも3年がたちました。自分の『居場所』はどこにあるのか?時として、自分の立ち位置、ポジショニングがわからなくなったりします。自分の居場所とは、どんな場所でしょうか?切なく寂しい場所?それともとても人が大勢でにぎやかなところ?探し続けてどれくらい歩いたのか、たどり着いたのはとてもシンプルな、どこにでもありそうな幼い頃よく見かけた風景に似ている、のかもしれません。自分の居場所とは、自分 [続きを読む]
  • 好きなことをして、嫌いなことはしない、それが継続へのコツ⁉
  • いったい私は今、何をやっているんだろう?ふとそう思うことがよくあります。毎日会社(もう三年前に辞めました)へ行くわけでもなく、時間は自由ですので自分ですべてコントロールすることができます。時間だけではありません。場所も自由です。家におろうが出かけようがそれも誰にも制約されません。時間、場所、そして最も大事なことはお金(?)、経済的な自由、かもしれません。とりあえず、生活できるお金があればなんとかな [続きを読む]
  • リタイア後、投資はしない方がいい?
  • 何もしない、という選択肢もある。誘惑にのらないためには?このテーマは、何度も自ら問いかけていますし、ここでも取りあげたように思います。先週もあるメガバンクから勧誘の電話がありました。大金持ち、小金持ちでもない一般庶民ですら誘惑は多くあります。チャンスは向こうからは絶対にやってきません。弱者から強者へお金が流れていく、とすれば弱者は防衛するしかありません。防衛と言えば守り一辺倒のようなイメージがあり [続きを読む]
  • さっさと諦めて、まずは自分のこころを自由にしてあげる
  • それから自分の人生、ゆっくり考えてみる組織人として、自分は、認められている、必要とされている、仕事の充実感がある、組織の役にたっている、達成感がある、昇進への願望もあり将来明るい、組織人として上昇志向は大切なこと。人それぞれ、人生いろいろ。ついつい人と比べたり、他人の眼が気になったり、世間体を気にしたりしがちになります。最終的には落ちこぼれサラリーマンだった私も遠い過去にはそう考えていた()一人か [続きを読む]
  • できるだけ会社員を続けてた方が楽でしょう!?
  • 雇われていた方がたとえちょっとストレスがあっても悩みは限られる? 1.毎日何をしようか考える必要がない  ⇒出勤日は職場へ行くので時間の使い方がある程度パターン化される 2.定期的にお金(給料)が得られる  ⇒収入が安定 3.健保、(年金支払い)等、深く考える必要がない  ⇒健保、年金の手続きをあまり考えなくてすむ   4.税金の手続きは雇い主がやってくれる  ⇒税金のことはあまり考えないで済む  5.ほどほ [続きを読む]
  • こころの自立、自立はすぐに手の届くところにある?
  • 『やりたいことより、やりたくないことを減らしていく』記事よりやりたいことよりやりたくないことを減らしていく 退職時いくら必要か?退職後何をしたいか?  時間の自由  経済的自由  こころの豊かさ基本は自分の心地よい場所で心地よく暮らすこと 心地よい場所は自分で見つけるしかない。 その心地よい場所をあせって見つけようとすると無理がたたる。 おごらず高ぶらず、自分と正直に向き合う。自分の居場所、 [続きを読む]
  • 毎日何をする?ゆっくり考えてみよう
  • 毎日何をしようか?それは風任せ・・・・。ゆっくり考えてみる。書店へ行くと「退職後・・・」、「退職前・・・」、「老後…」やたらと、こんな活字が目につくのは、私が適齢期であるからだろうか。いや、そんなの関係ない、そう自分に言い聞かせてあまり立ち読みもしない。そう、もはや「適齢期」をも超えている(?)かもしれない。それは、毎日風任せであるから、なのかもしれない。こんな生活はつまらない、と思われる方も多い(?)かも [続きを読む]
  • もうそんなに頑張らなくてもいいんだよ
  • そう、誰も言ってはくれませんので、自分で言うしかありません。私も、以前に 「会社を辞めようと思う」そう家内に言ったところ、もっと頑張りなさい、とその当時、第一声は言われました。それは、本人のやりたいこと、意志よりも『経済的』なことが先にくるのではないでしょうか。次にくることばは、 「辞めて何するの」。そんな事、自分で決めればいい。自分の頭で考えればいい。けれども本当はそう言っている自分が一番プレッ [続きを読む]
  • やりたいことをやればいい
  • そして、無理はしない。型にはまらない。他人と比べない。私の周りの人を見渡すと、60歳で会社を辞める人はいません。そして皆さん、とてもはつらつと働いておられます。けれども、私みたいにどちらかと言えば、早くリタイアしたいなぁ、と思っている人もおられます。それは十人十色。まわりはもう気にする必要はありません。ただし、働き続ける場合はひとつだけポイントがある、と私は考えます。それは、職場では自分より年齢が [続きを読む]
  • なぜ、今ここを歩いているんだろう?
  • もう会社はずいぶん前に辞めてしまって、一応、今は毎日、好きなことをして暮らしているのですが、自分ですべてが決められるのに、ふと、なんでここを歩いているの?毎日何をしているの?そう、考えてしまうことがあります。誰にも制約されないのに、時間、場所、そして暮らしていけるだけのささやかな経済的豊かさ(?)時には、かえってストレスを感じているような気がします。友人が言っていたことを思い出してみる。雇われてい [続きを読む]
  • ちょっと出かけてきました
  • 久々に〈海外出張〉 中国本土へ行って昨日帰国しました。帰国後、出張報告書やら、いろいろなめんどくさい報告書はありません。あたりまえですね、会社員は辞めていますので全ては自分で払って自分で決める。使ったお金、費用はすべて自己責任です。ちょっと贅沢しようが、節約しようが、全ては自分で決められるので楽です。という訳で、今回は〈ビジネスクラス〉を使いました。空港のカウンターの手続き、搭乗、機内での空間、普 [続きを読む]
  • 主役は自分。群れから離れてみるのもいい⁈
  • 私たち人間は自分にとって心地良い場所を探し続ける習性があります。そして、その心地よい《群れ》《集い》が大好きです。夜の飲み会、ちょっと小旅行、様々なサークル。会社をリタイアしても何かしらそのような《集い》に参加されている方も多いのではないでしょうか。また、社会とのかかわり方も以前お勤めしていた関係からお付き合いされている方も少なくありません。何も変人・奇人になって人を遠ざけるのではなくて、客観的に [続きを読む]
  • リタイア後、何をする?構えないで気楽にやればいい
  • 時間がたくさんあるので新聞を以前勤めていた時よりも多く読むか、と言えばそれは逆です。  ⇒現在リタイア後約2年半ですより選別して、記事も事実だけをとらえるようになりました。また、書籍の広告なども、あっ、これはこの類だな、とか勝手な解釈も増えてきました。(見出しやタイトルだけで・・・・、勝手な個人的解釈です)自分にとって良い情報とは、選択肢をより増やすことは、心地よい、ということがわかってきました。そう [続きを読む]
  • 会社を辞めて何をしますか?
  • 夏からもう冬になってしまいました。そして、今年もあとわずか。長い間、更新してませんでした。訪問された方、申し訳ございません。ありがとうございます。 何かトラブル? 自滅? どこかに雇われた? 長い旅に出た?いえ、ふつうに暮らしていました。海外にはどうも出不精気味でした。国内旅行は、1.5カ月に1度は出かけています。さて、近況は?会社を辞めて2年半が経ち、3年目。やっと日々の暮らし、パターンも落ち着いてき [続きを読む]
  • 夏の終わりに、ちょっと「自由」について考えてみた
  • 大好きなことをして暮らすには?一般的には、 1.収入を増やす 2.支出を減らす 3.投資・資産運用+不労所得《プラス》 ①無駄な思考を排除し目的に向かってシンプルに行動する。 ②欲・感情をもコントロールして正しい行動をする。 ③ロスは最小に、利益が出ることに注力する、できる能力を身につけるさてその先へ進むにはまた、どうすれば「自由」になれるのでしょうか。具体的にどう考えて行動するか。そして何よりもストレ [続きを読む]
  • 人生の『自由度』についてなんとなく考えてみた
  • 『自由度』とは変数のうち独立に選べるものの数、すなわち、全変数の数から、それら相互間に成り立つ関係式(束縛条件、拘束条件)の数を引いたものである。全体として一定の拘束条件がある系で、その条件を満たしてしかも独立に動かせる変数の個数。らしい。束縛、拘束条件がない生活とは?ところで今週はいろいろな『集まり』がありました。  1.以前勤めていた会社のOB会(全員先輩)  2.地元のスポーツを通じての会。   [続きを読む]
  • いかに取り組むかで人生変わる?
  • 自分自身の棚卸ができているか?自己分析できているか?いかに取り組むかで人生変わってくる 自分自身のことだから自分で考えて自分で行動する。自分のやりたかったこと、そして夢。会社のこと、社会のこと、政治や経済?それらのことも大事なことだけどもっと大切なものは、すぐそこにある。人のことよりもまずは足元をしっかりと見据えることが次への、その先へと歩いていける。諦めるか、それとも自分で掴み取るか。とてもわか [続きを読む]
  • 不自由さに慣れてしまっていないか?
  • 阿吽(あうん)の呼吸、忖度(そんたく)、そこそこ、まあまあ。あまり満足はしていないけど、そんなに『不自由』でもない?『不自由』でないけど『自由』でもない?あいまいな暮らしに慣れてしまっていないだろうか?組織の中で生きるということは、そんな事なんだろうか?自然と身体や言葉や行動、生活が適応してしまうのかもしれない。けれども適応しない場合は、ちょっと厄介なことになりかねない。私の場合、その悲鳴をあげる [続きを読む]
  • 全ては自分の心の中
  • 会社員を辞めて2年がたちました。人生やりたいこと、楽しいこと、ちょっと辛いこと、いろいろありましたがとにかく今、はどうでしょうか?今が幸せならばそれでいい、そう考え方はいたってシンプル。ということで、今はとても幸せです。何よりも「時間」が自由。付き合う人も自由。経済的には、何とかやっています。迷いはあったがやってみないと何もわからないし何にも生まれない「仕事を辞めた後をどう生きるか」「何がしたいか [続きを読む]
  • 今、何をする?
  • 何をする、何処へ行く?高齢者の占める割合は、総人口の27.3%。《出典:総務省統計局HP》65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は3461万人(平成28年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は27.3%となっています。前年(3388万人、26.7%)と比較すると、73万人、0.6ポイント増と大きく増加しており、人口、割合共に過去最高となりました。  年齢階級別にみると、70歳以上人口は2437万人(総人口の19 [続きを読む]
  • 自分で決める、決められる、決められない!
  • 仕事を辞める年齢は? 定年まで働き続ける。 定年後も何かしら働く。 長い旅のために自立する… 辞めたいけどやめられない 辞めたらやることがない まだ元気なので働きたい 収入がないと不安だ自分で決める、決められる、決められない…自分の旅は自分で決める、けれども時には流れに身を任せることも。この先、自分は何をしたいか、何を楽しみたいか?お金、時間、健康・・・・・・、何が一番大切か?もちろんどれも大切です。例 [続きを読む]