じゅんぺー さん プロフィール

  •  
じゅんぺーさん: うっかりやっちゃうブログ
ハンドル名じゅんぺー さん
ブログタイトルうっかりやっちゃうブログ
ブログURLhttp://project-juno.com/ukkari/
サイト紹介文早期リタイア、セミリタイア後の生き方。読んだ本や好きな漫画の話。仕事を辞めて移住しながら貧乏生活中
自由文あまり深刻に考えず、とりあえずやってみよう! あとはなんとかなるw。貧乏セミリタイア生活ながらも、少ない資金で人生を楽しむブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/03/09 21:29

じゅんぺー さんのブログ記事

  • 絨毯だけ搬入
  • 特にこれといった話題もありませんが、昨日は一日移動して実家に戻り、今日は自室に敷いてあった絨毯を引っぺがして新アパートに運びました。電気と水道は使えるようになっていますが、ガスは明後日に立ち会いで開栓の予定です。札幌から送った荷物の搬入もマージンを取ってもう数日先です。(元々が中二日位ないと届かないんですが) 朝の寒さは札幌と変わらないですね。志賀高原の霧氷のニュースが流れていたよ。でも室内は実家 [続きを読む]
  • アパートを退去
  • アパートは特に問題なく退去立ち会いも済み、札幌駅近くのホテルでこれを書いております。最後に宿の近くの店で味噌ラーメンも食べて、ソフトカツゲンも飲んでるw引っ越し作業で疲れたよ。今夜はもう、出歩く気がしません。 ヤマトの単身ボックスは二個使って77,000円でしたわ。札幌−松本と長距離なので仕方ないね。 最後にボックス(パイプのフレームに、色はオレンジですがブルーシートが組み込まれている状態)をシリアルナンバ [続きを読む]
  • 自転車の防犯登録を抹消
  • 自転車はサイズ的に単身ボックスで運びにくい。リサイクルショップに持っていこうと思います。売るにも廃棄、譲渡するにも防犯登録の抹消が必要。 天気も良かったし近所の派出所に行きました。一瞬ふざけて「消防署の方から来ました。」と言いたい誘惑に駆られましたがw、「それで?」と言われてもあれなので普通に防犯登録抹消の旨を伝えます。 一応購入時に防犯登録した用紙の控え(「防犯登録カード」のカーボンコピー)を持っ [続きを読む]
  • 辛ければ逃げろは無責任なのか
  • 辛ければ逃げろっていうのが無責任というのをしばしばネットで見かけますが、じゃあ氏ねってことなのかなあ。真面目な人程そんなに簡単に逃げ出すわけじゃない。自力の頑張りでどうにもならない逃げるか死ぬかみたいな二択の状況になっているんですよ。もちろん収入や生活の責任はとれないけど、体を壊したり精神がおかしくなるよりいいんじゃないの?という話。 最悪、生きていれば何らかの可能性はあるって話です。元々すぐに逃 [続きを読む]
  • 銀行届出印はあった!
  • 以前、銀行届出印がなくなったと書きましたが、引っ越しで荷物を整理していたらありました。やっぱり札幌にあったんだ。変更した銀行以外は今でも今回発見した印鑑が届出印のままですから。 記憶通りに通帳とは別の場所に置いていて、封筒に入れて押し入れに入ってました。押し入れという記憶はなかった。なぜに押し入れに? もっと別の場所があっただろうにw今度は飲みにくくて使ってないので捨てようと思っていたマグ水筒に入れ [続きを読む]
  • もうダウンを着ている人を見たよ
  • スーパーに行ったらついにダウンジャケット装着者を発見しました。しかも年寄りでなく結構若めの人。軽めのライトダウンですけど。若い人なんてお洒落なのか何なのか、真冬でも意外とダウンは着てないけどな。コートのインナーに着てるのかもしれませんが。 私は裏地がある程度のウィンドブレーカーで、あと数日の札幌生活を乗り切ります。3年前の旅行では同じ時期の小樽(10/22だからもうちょっと先か)で雪が微妙にぱらついたか [続きを読む]
  • プログラマのつらいとこ
  • たまにニュースで野菜とか牛乳を廃棄してる映像が流れます。あれはもったいないとか罪悪巻を感じますよね。物は捨てるときに何らかの気持ちの動きはありますよね。機械ならまだ動きそうなのにもったいないとか、今まで良く動いてくれたとか、お疲れ様とか。でもアプリとかプログラムって削除しても一般の人は特に何も感じないんじゃないかなあ。またいつでもインストールできるものだし。 あと、家を建てる時って、ほぼ完成近くに [続きを読む]
  • またいい漫画あったわ『妄想テレパシー』
  • こんばんは〜、ラブコメ好きでーす。筒井康隆の『七瀬ふたたび』は御存じでしょうか。テレパスといって他人の考えていることが分かってしまう能力がある女性の話です。この『妄想テレパシー』もその設定は同じ。 中野さんという人付き合いが苦手な女子がいるんだけど、彼女は七瀬と同じで考えが読めるのね。読めるというか視覚的に見える。それで、その子を好きな戸田くんという男の子がいるのよ。戸田くんは成績もいいしモテるん [続きを読む]
  • ぴったり9千円をお札で支払うと最低何枚必要か
  • 私はクイズ番組が好きだ。 でも最近はほとんど見てません。なぜなら私はおひとり様、一人で答えていては難しい問題に正解しても自己顕示欲が満たせないからだ。ただし自己満足感はありますが。 ええ、自己顕示欲とかどうせダサイですよ。こういうのはクイズが好きなのでなく、クイズに答えてどや顔する自分が好きということなのだ。本当に好きなことなら他人は関係なく一人でも精進しますからね。しかも昔よりうっかり間違いが増え [続きを読む]
  • バイトするなら薬を飲まないと辛そうです。「自立支援医療」とは
  • 実は外に出るとちょっと変になってきました。多分、三ヶ月くらい前からです。ずっと家にいるだけなら大丈夫ですが、(セミリタイアのセミの部分で資金面で必要となる)バイトはできないかもしれません。 上階の音も関係しているかもしれないよ。波があって少ないときはいいのだけど、多くなると朝夜深夜とイライラするから。(引っ越しでやっとオサラバよ)不安感は特になく、以前より弱めで全然耐えられる程度ですが、緊張性の頭 [続きを読む]
  • 分解と梱包
  • 自分がよく引っ越しで利用するヤマトの「単身ボックス」とは、決まった体積に荷物を積めるだけ積んで運ぶという方式です。 (※BOXの内寸:1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3)大きな宅配便というイメージで、搬出もアート引越センターとかを使う引っ越しと宅配便の集荷の中間という感じです。基本は特に何もせずに運び出すだけなので(オプションサービスはあると思います)、8:2でかなり集荷寄りですが、それでも引っ越し感はありま [続きを読む]
  • ノーベル文学賞に乗っかりましょう
  • カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞したということで、過去記事のリンクを貼ります。2013年に読んだときの記事。 綾瀬はるかでドラマ化されたときの記事。「わたしを離さないで」が連続ドラマ化 賞効果で誰かうっかりポチってくれないかなあw ここから買いたくなるレベルに書けよって話ですけども、本自体はお墨付きですもんね。わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)posted with ヨメレバカズオ・イシグロ 早川書房 2008- [続きを読む]
  • 『ゴールデンカムイ』二巻まで
  • こんばんは。日記書き太郎ですw またマンガかよ!と思ったんなら、ごめーんね。せこく無料で読める範囲を読んでいます。(せこさのスキルをゲットしてる)こんなに漫画の話ばかり書くなら専門ブログに分けますか。でもWordPressでの複数ブログ管理は面倒くさいです。放置してプラグインの更新とかしないとセキュリティが甘くなって何かの踏み台に使われちゃうかもしれないから、一応は更新しないと…。 ざくっと一巻の導入部を。 [続きを読む]
  • 押見修造『漂流ネットカフェ』全七巻まで読みましたよ
  • 昨日からの続きで七巻まで読みました。これで完結です。なるべく面白さを損なわないように詳細はぼかして書こうと思いますが、大筋がネタバレしてます。(もし本を読むならブログ内容を忘れた頃に読んでね) あらすじを少し。嫁と上手くいかない日が続き、なんとなく家に帰りたくない気分で入ったネットカフェ。そこにいたのは中学時代に想いを寄せた遠野という女子だった。もし過去に遠野の言葉に応えていたら、その後の人生はど [続きを読む]
  • 押見修造『漂流ネットカフェ』全七巻(の今半分)感想
  • 皆さんは御存じでしょうか。楳図かずおの『漂流教室』という漫画を。子供の頃に読んだ漫画です。大人になって読み返した程の印象深いもの。 学校ごとどこかの異空間に飛ばされて、大きな子供が小さな子供を助けながら生き抜く為に、また元の世界に戻るために奮闘するという話であるよ。ちなみに結末は全く覚えてませんw 恐怖のチキンジョージが出てくるやつってこれじゃないですよね? そこで、今回は『漂流ネットカフェ』なので [続きを読む]
  • 北海道が気軽に行ったり来たりできる場所になった
  • 引きこもりがちでラーメン記事もないですがまだ札幌にいますよ。「北海道からはじ○TV」が9ヶ月間の放送を終え最終回を向かえたというので観てました。出演者としてベッキーとジュニアが出ていたんだけど、二人とも北海道が身近になったと言ってましたね。 確かに俺も(何度か来たことはあったとしても)札幌に住むまでは北海道って遠いなあというイメージはありました。でも実際に帰省したりで何度か行き来していると、割と気軽に [続きを読む]
  • マンガ『もぐささん』一巻を読んで、いいかもと思う
  • 食堂の息子「小口」君。ある日店の手伝いをしていると同級生の「百草みのり」がやってきた。普段の大人しそうな百草さんとは別人のように「バグダンから揚げ定食」を注文し、幸せそうに食べている。百草さんに興味を持ってしまった小口君。観察していると授業中も気づかれないようにプリッツを鉛筆に模して食べているw自然すぎて横を通る先生さえも気づかないようだ。まるで職人技だ!ナイス、百草さん。 どうやら百草さんは、食べ [続きを読む]
  • 何処に住んでもそれなりに
  • 俺の場合は何処に住んでもそれなりに楽しいです。 インドア好きで、結局やることは一緒だからですね。とりあえずネットが来ていれば大丈夫。図書館が近所にあればベストだけど、人がいて落ち着かない部分もあります。屁とか自由にこけないしね。本はネットがあれば読めるし、マンガも映画も観られる。あとはスーパーが近所にあることですね。スーパーに徒歩で行けること、雨でも行く気になる近さ。病院に通いやすいとかそういうこ [続きを読む]
  • 覚えたいことはブログに書く
  • 以前ブログに書いたことで、あるアイドルグループの名前が記憶に定着したようです。アイドルグループの名前はどうでもいいかもしれませんが、何かについてじっくり調べたりしながら書くと、それを忘れないという効用があります。くだらないことでも自分が覚えておきたいこと。とはいえ、読み返すとこんなこと書いたかなあという内容がほとんどですが、そういうのは多分サッと書いたもの。間違ったことを書かないように時間をかけて [続きを読む]
  • もう少し値下げしてもらえれば決めていた
  • どうでもいい話ですが、地元で家探しをした時に別の部屋も候補だったのです。その部屋でも十分だったのだけど、決め手に欠けて家賃を少し値切りました。なかなか貸主に連絡がつかなかったそうで、その後千円だけ値引くとの連絡が。うーん千円か、二千円なら決めたのにと迷っていたら、別の物件が空いたので見てみては?との連絡がありました。それで当然案内してもらいましたよ。築古だけど数年前にフルリフォームしたそうで中身は [続きを読む]
  • せっかく絶妙に配置しているWindow位置を勝手に変えるんじゃねえ
  • Windowsですが、自分が使いやすいように配置しているウィンドウを勝手に上下にくっつけたりするんですよね。インテリジェントにやってくれればいいのだけど、ウィンドウの下部分がタスクバーに隠れてしまったりで見たい時に見えなかったりする。(隠れるというかギリでぴったりなんだろうけど見づらい)たまにマウス操作を失敗して思いもよらない位置にびょーんと飛ばされたりとか。とっさにエ○動画を後ろに回したい時に、後ろじ [続きを読む]
  • 他人の事を考えられるのは自分に余裕があるときだから
  • 特に立派な人を除けば、経済的にも健康的にもそうだと思うのですが。健康というのは精神的に辛い場合もそうで、ある程度なら人を気遣えるけど自分がダメなときは本当にダメだった。ギスギスしてる人はお金も時間も無いのだろう。経済的にあまり人を気遣えないような人を増やさない方がいいと思うんだけども、もうなんともならないのかなあ。 [続きを読む]
  • プチプチを買ってダンボールはスーパーでもらってきた
  • 引っ越しの梱包用に資材を調達して来ました。段ボールは札幌に来た時のものを幾つか取ってあったので再利用できます。ただちょっと足りないかもしれず、最後の忙しくバンバン詰めているときに足りないよりは余る方がいいと考え、スーパーに置いてあるのをもらってきました。単身パックの場合、大きい物は包まなくてもある程度クッション的なものをかましてくれるということですが、幾つかはプチプチで包んでおきます。 ○プチプチ [続きを読む]
  • 『僕だけがいない街』(三部けい)感想
  • 「再上映(リバイバル)」という時間が巻き戻る現象を体験する主人公「藤沼悟」の話。彼にリバイバルが起きる時、実際は既に何かの出来事が起きてしまっている。彼がある時点に戻った時、その起きてしまった出来事を感じ取り、正しい(と思われる)流れに戻さなければリバイバルは繰り返される。彼は何度かこの現象を経験済みで、通常は数分前に戻り事故に遭いそうになる子供を助けるようなものだった。だがある日、母の身に起こっ [続きを読む]