Bacchus Ishigaki さん プロフィール

  •  
Bacchus Ishigakiさん: 大和路サイクリング 〜奈良の名所と銘酒〜
ハンドル名Bacchus Ishigaki さん
ブログタイトル大和路サイクリング 〜奈良の名所と銘酒〜
ブログURLhttp://www.nara-cycling.ilovemanta.jp/
サイト紹介文奈良は自転車が最高! お勧めのポイントを走るサイクリングコースを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/03/11 11:47

Bacchus Ishigaki さんのブログ記事

  • まほろば大仏プリン
  • 奈良の代名詞ともなっている東大寺の大仏さん。その名を冠した奈良名物がまほろば大仏プリン。奈良の材料を多く使った柔らかでトロッとしたプリン。近鉄大和西大寺駅構内にお店があり、手土産にも最適でちょくちょく利用している。いつ頃から販売しているのか、会社のホームページを見ると13年前に販売開始とのこと。奈良に長い間住んでいて、全く知らんかった。スタンダードなカスタードの他にレアチーズや大和茶など6種類が販売 [続きを読む]
  • 聖徳太子ゆかりの地
  • 概要日本の歴史上、最も有名な人物の一人、聖徳太子。近年ではお札に使われていた肖像は聖徳太子ではなかったとか、厩戸皇子はそれ程有力な政治家ではなかったとか、聖徳太子は存在していなかったなど、いろいろな説があります。いろいろと謎が多い人物ですが、明日香村や斑鳩地方には聖徳太子が建立したと伝わるお寺やゆかりの地が多くあります。明日香村から太子道を走って斑鳩の里へ聖徳太子ゆかりの地をまわります。お勧めの季 [続きを読む]
  • かぎろひの里、大宇陀
  • 概要柿本人麻呂の歌で知られる大宇陀は古くから交通の要所として栄え、安土桃山時代にはお城が築かれました。現在も古い町並みが残る大宇陀の酒造所を訪れます。お勧めの季節冬以外標高の高い場所なので冬は寒いです。・奈良豊澤酒造JR帯解駅近くにある明治元年創業の酒造所。主要銘柄は”豊祝”。近鉄奈良駅、大和西大寺駅、難波駅に直営飲食店あり。・大神神社トイレ休憩がてらお詣りを。・白玉屋榮壽江戸時代末期創業の和菓子屋 [続きを読む]
  • 勝間田池
  • 池の向こうに薬師寺の塔が見え、背後には若草山。子供の頃、よく父親に連れられて来た馴染み深い風景。大和路を代表する景観として有名な大池から見る薬師寺は奈良の代表的な写真家、入江泰吉氏もよく撮影していた。この景観を有名にしたのはおそらく入江泰吉氏だろう。また、入江泰吉氏は大池と呼ばず、万葉集に勝間田の池として詠まれていた名前を使用していた。勝間田池の名前を一般的にしたのも入江氏だろう。個人的には南都八 [続きを読む]
  • 藤原宮跡
  • 藤原京は平城京に遷都される前の694〜710年まで日本の首都が置かれた場所で日本で初めての条坊制を用いた本格的な唐風都城だった。大和三山に囲まれた宮殿を中心に約5km四方の都は平城京や平安京よりも広く、古代日本最大の都市であった。現在は建物もなく、大極殿などの柱の位置を示す杭があるのみで周辺は史跡として整備されている。またその広い土地を利用して季節の花が栽培されていて、写真愛好家をはじめ奈良の人々の憩いの [続きを読む]
  • 大和川から初瀬川へ
  • 概要奈良盆地を流れるほとんどの川が集まる大和川。古くから灌漑や水運に利用されてきました。上流の初瀬川や竜田川、飛鳥川は万葉集にも詠まれています。歴史ある大和川に沿って桜井付近までさかのぼるコースです。お勧めの季節通年・富雄川との合流点この少し下流で竜田川と合流し、奈良盆地のほとんどの川の集約が完成する。・曽我川との合流点この合流点の南西側(写真右上方)に水の神様を祀る廣瀬大社がある。・佐保川との合 [続きを読む]
  • 今西酒造神社参道店の日本酒アイスクリーム
  • 大神神社の近くで江戸時代から酒造りをしている今西酒造。大神神社の参道にも直売所を構える。そのお店で人気なのがアイスクリーム。私の一番のお気に入りは日本酒アイス。ソフトクリームの機械からコーンに入れるのでソフトクリームと思ったら、普通のソフトクリームより少し硬めでジェラードっぽい食感とほのかに香る酒粕の香り。大神神社に参拝に来ると、いつも食べてしまう一品。 [続きを読む]
  • 茶筅の里、生駒高山
  • 概要古来より竹製品の産地として知られる生駒高山町。特に茶筅は全国シェア90%以上を占めています。そんな竹林の多い高山町からくろんど池を周り、東へ木津川までの奈良北部、京都南部を走ります。お勧めの季節通年・秋篠寺奈良時代終わり頃の創建とされるが正確な時期や事情はわかっていない。780年の記録があるのでそれ以前と考えられる。平安時代後期から寺領を増大させ、南に位置する西大寺との間にはたびたび寺領をめぐる争論 [続きを読む]
  • 藤原京の寺院巡り
  • 概要日本で最初の条坊制を用いた本格的な唐風都城の藤原京。その当時の寺院を中心に訪れるコースです。コース南部に坂道がありますが、平地メインなのでシティサイクルでも行けるかと思います。近鉄橿原神宮前駅近くにはレンタサイクルも有り。 お勧めの季節夏以外春と秋が特にお勧め・本薬師寺跡飛鳥時代末期に建立された薬師寺は平城遷都に伴い移転されたがその後も本薬師寺として残り平安時代終わり頃まで存続したとされる。現 [続きを読む]
  • 喜光寺
  • 奈良市菅原町の阪奈道路沿いにある喜光寺は721年、後に東大寺の造営を行う行基によって創建された。当初は菅原寺と呼ばれていたが748年に聖武天皇がご参詣された時に喜光寺という名を授けられた。行基は東大寺創建に当たり、喜光寺の本堂をスケールアップしたものを建設したという伝承から、「試みの大仏殿」として知られている。戦国時代にほとんどの建物が戦災により焼失した。現在の本堂は室町時代に再建されたものが残っている [続きを読む]
  • 郵便名柄館・Tegami Cafeの天使のパフェ
  • 奈良葛城を舞台に心温まるストーリーと小芝風花ちゃんの可愛らしさが印象的な「天使のいる図書館」。そのロケ地となった郵便名柄館・Tegami Cafeで主人公さくらが食べていたのが「天使のパフェ」。御所市長柄にあった大正時代に建てられた郵便局の建物を使い、郵便資料館としてオープン。併設されているカフェでは地元の食材を使った月替りの「テガミランチ」が人気となっている。カフェがロケ地になるということで新しいメニュー [続きを読む]
  • 映画「天使のいる図書館」ロケ地
  • 概要奈良葛城を舞台に心温まるストーリーと小芝風花ちゃんの可愛らしさが印象的な「天使のいる図書館」。主人公の職場となった広陵町立図書館をスタートして、そのロケ地を訪れます。「奈良って鳥居が多すぎる」を実感しましょう。映画のキャスト小芝風花:吉井さくら香川京子:芦高礼子横浜流星:芦高幸介森本レオ:田中草一朗内場勝則:吉井満彦お勧めの季節通年・広陵町立図書館主人公さくらの職場。入口前で職員は毎日始業前に [続きを読む]
  • 平宗法隆寺店の柿氷
  • 奈良県は日本有数の柿の産地で果実だけではなく、葉を利用した柿の葉寿司も有名で、奈良の特産物となっている。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」で詠われた法隆寺の門前に店を構える柿の葉寿司の老舗、平宗の法隆寺店では柿のスイーツが食べられる。その名も柿氷(かきごおり)。大きく盛られたかき氷の上には濃厚な柿シロップ。中はミルク味のかき氷で相性バツグン。お口直しの干し柿が添えられていてなかなかのボリューム。サイク [続きを読む]
  • 南都七大寺
  • 概要奈良時代に平城京およびその周辺に存在して朝廷の保護を受けた奈良を代表するお寺、南都七大寺を訪れます。お勧めの季節通年・興福寺710年の平城遷都の時に藤原氏ゆかりの厩坂寺(うまやさかでら)を現在の場所に移転し、興福寺となった。平氏の焼き討ちに遭ってほとんどの建物が焼失し、現存するものはそれ以降の再建の建物となっている。五重塔が有名だけど三重塔もなかなか立派。・東大寺733年、若草山麓に創建された金鐘寺 [続きを読む]
  • 古墳巡り
  • 概要奈良県には約1万個の古墳があり、3〜6世紀には日本の政治の中心であったことを物語っています。その中から、三角縁神獣鏡の出土で話題になった黒塚古墳を含む柳本古墳群、邪馬台国の中心地と言われる巻向、そして明日香村の古墳をまわります。お勧めの季節通年・矢矧塚古墳明治時代の開墾で副葬品が出土したがその後未調査のまま、現在は柿畑になっている。・黒塚古墳3世紀末頃に築造された前方後円墳で1997年の発掘調査で三角 [続きを読む]
  • 秋篠寺
  • 秋篠寺は近鉄大和西大寺駅の北西に位置する奈良時代創建の寺院で、776年に光仁天皇の勅願により僧、善珠が創建したとされているが、それ以前に地元の豪族、秋篠氏の氏寺として創建されたという説もあり、正確にはわかっていない。780年の記録があるので、その頃には存在していたことは確実となっている。伽藍の造営は平安京遷都頃に完成し、金堂、講堂、東西の塔を持つ大きな寺院だった。平安時代後期には南にある西大寺とたびたび [続きを読む]
  • 唐招提寺
  • 759年に唐からやってきた鑑真和上によって創建された寺院で、新田部親王の邸宅跡を朝廷より譲り受け、お寺としたもの。742年に遣唐使として唐を訪れていた僧、栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗。5回目の渡航時には失明までしていたが、753年にようやく成功し、日本にやって来た。その後、東大寺に滞在していたが759年に唐招提寺 [続きを読む]
  • 平城京の寺院巡り
  • 概要710年に平城京へ遷都され、万葉集にも詠まれているように奈良はたいそう栄えたと伝えられます。それが最大のピークやったかも・・・その当時の賑わいを感じられる(かな?)奈良時代創建の寺院を中心にまわります。お勧めの季節通年・西大寺765年に孝謙上皇の命により建立された西大寺は当時、広い伽藍に東西の塔を備えた壮大な寺だった。現在は江戸時代に建てられた建物と東塔跡が残る。・菅原天満宮菅原道真公生誕の地と伝わ [続きを読む]
  • 中将堂本舗の中将餅
  • 新鮮なよもぎのいい香りと程よい甘さのこしあんがいいお味の中将餅。近鉄当麻寺駅の改札を出て、當麻寺へ行く右に曲がる角にある中将堂本舗の銘菓。藤原豊成の娘であった中将姫にちなんで名付けられた中将餅は當麻の地に昔から伝わる掌の大きさのあんつけ餅を一口大にして牡丹の花びらを型どったもので、あんこ系和菓子の好きな人たちの間で結構有名とのこと。歴史ある佇まいのお店の扉を開けるとよもぎのいい香りがして注文してか [続きを読む]
  • 日本最古の厄除霊場と紫陽花の寺
  • 概要大和郡山から西へ走り、矢田丘陵の矢田寺と松尾寺に寄りながら麓を南下して斑鳩の里へ。帰りは大和小泉を通り大和郡山まで戻ります。お勧めの季節通年矢田寺の紫陽花と矢田丘陵の紅葉は特にお勧めです。・矢田坐久志玉比古神社六世紀には既にこの地に建立されていたと伝わる、古い神社。御祭神は、物部氏の祖先神であり、天磐船で空を駆けたとされる櫛玉饒速日命とその妻・御炊屋姫命。御祭神が天磐船で空を駆けたところから航 [続きを読む]
  • リアルインディアンカレー
  • 奈良でも本格的なインドカレーが食べられるお店は増えた。インターネットで検索すると10件以上の情報が表示される。でもまさかこんな所で食べれるとは驚いた。サイクリングの途中でイオンバイク西大和店西大和店に立ち寄ったのでちょっと何か食べようと隣のイオン西大和店に入った。小さめの店舗なので飲食店はないかと思ったら、フードコートがあった。と言ってもこじんまりした4店舗しかないフードコート。その中でマクドナルド [続きを読む]
  • 吉野川沿いの酒蔵と金峯山寺
  • 概要明日香村から芋ヶ峠を越え、吉野の酒造所と金峯山寺をまわります。峠越えと金峯山寺までのハードな登りがあるヒルクライムコースです。お勧めの季節冬以外桜の季節と紅葉の季節は金峯山寺周辺は特に人が多く、自動車も多いので休日は避けた方が良いかと。・稲渕の棚田奈良で唯一”日本の棚田百選”に認定されている神奈備の郷(稲渕)の棚田・稲渕の男縄明日香村に古くから伝わる神事。子孫繁栄、五穀豊穣を祈願し、栢森の女縄と [続きを読む]
  • 吉野川沿いの酒蔵と金峯山寺
  • 概要明日香村から芋ヶ峠を越え、吉野の酒造所と金峯山寺をまわります。峠越えと金峯山寺までのハードな登りがあるヒルクライムコースです。お勧めの季節冬以外桜の季節と紅葉の季節は金峯山寺周辺は特に人が多く、自動車も多いので休日は避けた方が良いかと。・稲渕の棚田奈良で唯一”日本の棚田百選”に認定されている神奈備の郷(稲渕)の棚田・稲渕の男縄明日香村に古くから伝わる神事。子孫繁栄、五穀豊穣を祈願し、栢森の女縄と [続きを読む]
  • 本家菊屋の御城之口餅
  • 大和大納言、豊臣秀長公が大和郡山城主となり、太閤殿下をお迎えしての御茶会に出すお菓子を自身が連れてきた菓子職人に何か珍しいものを作るように命じて作らせたのが御城之口餅。粒餡を餅で包み、きな粉をまぶした素朴なお菓子。秀吉公はたいそうお気に召され、鶯餅と名付けられた。その菓子職人、菊屋治兵衛が店を構えたのが大和郡山城大門の前。その後、いつの頃からかお城の入り口で売っている餅と言うことで御城之口餅と人々 [続きを読む]
  • 本家菊屋の御城之口餅
  • 大和大納言、豊臣秀長公が大和郡山城主となり、太閤殿下をお迎えしての御茶会に出すお菓子を自身が連れてきた菓子職人に何か珍しいものを作るように命じて作らせたのが御城之口餅。粒餡を餅で包み、きな粉をまぶした素朴なお菓子。秀吉公はたいそうお気に召され、鶯餅と名付けられた。その菓子職人、菊屋治兵衛が店を構えたのが大和郡山城大門の前。その後、いつの頃からかお城の入り口で売っている餅と言うことで御城之口餅と人々 [続きを読む]