失念YOME さん プロフィール

  •  
失念YOMEさん: つぶやいたり、ぼやいたり
ハンドル名失念YOME さん
ブログタイトルつぶやいたり、ぼやいたり
ブログURLhttp://030514kkkyom160104.diary.to/
サイト紹介文失念YOMEが失念できない、2016年1月に逝ってしまった夫への思いを書き連ねる日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/03/11 21:52

失念YOME さんのブログ記事

  • 近所の商店街にある本屋さんは、時々寄ったものだ。入ってレジ脇を通り過ぎ右手には、新刊が並んでいる。左手には、月刊誌や週刊誌。突き当たりにはパソコン関連と、高校生用だろうか?参考書など。そこから左手に進むと、料理本や家庭の医学みたいな本、資格取得関連の本。... [続きを読む]
  • 夢を見た気がする
  • 日付が変わったので昨日のこと。朝、目が覚めた時、「夢を見た」と感じた。ここのところ、夢を見ていない。もしかしたら忘れているだけかも知れないが、「ああ、夢を見たな」と思えることが無かった。目覚めの「mine(夫専用メッセージアプリ)」で、いつものように「お早う... [続きを読む]
  • これ以上はワガママかも知れない
  • 例えば、月1ボウリング。ずっと夫婦で参加していたので、メンバーの多くは夫のことを悲しみ、私を今でも気づかってくれる。彼ら彼女らは、少なくとも月に1度は、夫のことを思い出してくれている。これはかなり、ありがたい事なんだよなぁ。思い出を語るために、夫のカラオ... [続きを読む]
  • 1日の終わり
  • 夫専用の「つぶやきアプリ mine」で、夫にあれやこれや報告とか愚痴等を書き連ねブログアプリを立ち上げて、真っ白なページを見つめながら、夫のことを考える。目頭がジンワリ。あのとこの時が走馬灯のように甦り、私は何も書くことができず、声を殺して泣く。実は一時、泣け... [続きを読む]
  • ピヨピヨ
  • 夫がまだ、ガラケー使いだった頃。職場に泊まり込み勤務、又は近隣の宿泊まりの夫を、メールと電話で起こしていたのだが・・これが起きない★マナーモードの解除忘れもたまにあったけれど、中々起きないので焦り、近隣の宿泊まりの際は、宿に電話して繋いで貰う事が続いた。... [続きを読む]
  • アンバランス
  • ゴールデンウィーク後半2日目。空気はヒンヤリしているけれど、日差しは強い。このアンバランスな状態、私が大嫌いな雷様には、好条件らしい。いつも行くお花屋さんの店頭の「サービス仏花(ひと束300円)」は、やや小振り。こういう時は、3束入手して、バランスを取るのだ... [続きを読む]
  • とりとめなく、つぶやいてみる
  • 書きたいことは沢山あるのだけれど、フィットする言葉が見つからない。文才の無い私がブログを始めたのは、自分の中の様々な何かを、吐き出す場が欲しかったからと言う、至って自分本位の理由だ。誰にも言えない事、勿論此処でも書けない事はそれなりにあるけれど、此処でだ... [続きを読む]
  • ニユーバランス
  • 土曜日、靴を二足買った。仕事用と休日用を、一足ずつ。前は、上野まで買いに行っていたけれど、方向音痴な私は一人だと辿り着ける自信がないので、近所の商店街の靴屋さんで買った。「間抜けな小足」なので、サイズは端から諦めている。中敷きで何とかできて、手頃なお値段... [続きを読む]
  • 営業電話〜夫の場合
  • これは、結婚して間もない頃の話。帰宅した夫に、夕飯の準備をしていたら、当時住んでいた部屋の電話が鳴った。夫と2人で暮らしていた部屋には、とにかく不動産会社からの営業電話が多かった。賃貸住まいのリストに載ってしまった様で、中々強気な営業電話なのだ。と、常々... [続きを読む]
  • トリノフン
  • 昨日、冬物の殆どをしまって、春夏物を出して、暑くなるかなと思ったので半袖を着てみたらまだ早かった様で・・上に長袖のパーカーを。お墓参りに行こうと考えていていたのだけれど、雲行きがどうも怪しい。結局、一滴も降らなかったが。今日はとてもいいお天気だった。なの... [続きを読む]
  • 14年前の4月
  • 2004年の4月某日、結婚式を挙げた。因みに入籍は、その前年5月だ。結婚式は、夫が主導で進めていた。実は私、式を挙げる事に躊躇いがあった。理由は、私がバツイチだから。当時の苗字は、その名残。私が恥をかくのは自業自得。でも、夫や嫁ぎ先の家に恥をかかせてしまうの... [続きを読む]
  • スマホの中の夫
  • 「つぶやきアプリ main」LINEに似たもので、返事が無いだけ。夫の写真を背景に設定して、毎日毎日語りかける。写真の夫は笑顔。こちらもつい、ニッコリしてしまう程の笑顔。ただ、小さいんだよなぁ。スマホの背景だから、仕方ないのだけれど。時々、顔の輪郭をなぞる。のっ... [続きを読む]
  • 今川焼き
  • 東京はかつて、幾つも路面電車が走っていたらしい。夫が子供の頃に、どんどん廃線となったようだ。でも、夫の記憶には、育った所に走っていた路面電車が残っている様で、今では想像もつかない風景を私に話してくれた。実は私、東京の路面電車には、ほんのり苦い記憶がある。... [続きを読む]
  • ネット環境
  • 我が家はADSLで、基地局は近いのだけれど、その前の二人暮らしだった頃が光だった為、夫はいくらかストレスを感じていた。そこで、ケーブルテレビを検討したのだが、残念な事にウチのマンションの我が家が係る系統に劣化があり、出力が酷く弱く、契約出来ない状態だと判... [続きを読む]
  • ふたりで行きたいところ
  • 夫は時々、出張があった。隣接県の時もあれば、関西や四国、東北や北陸もあった。北陸へ出張に行くと、夫は必ず寄るところがある。それは、兼六園。NHK大河ドラマ「利家とまつ」が大好きな夫は、金沢に強い思い入れがある。他の出張先に比べ近いこともあり、「いつか一緒... [続きを読む]
  • うれしかなしい カナシウレシイ
  • 夢の中とは言え、ほんのひとときだけれど、夫が傍にいたのは嬉しい。毎晩だと、私は弱い人間だから、寝逃げしちゃうだろう。長い夢だったら、目覚めたときの落胆は酷いだろう。だから、あれ位が良いんだろうなぁ。うれしかなしい、カナシウレシイ少しだけほんわかして、じん... [続きを読む]
  • 肉まん?あんまん?
  • 今朝、5時頃に目が覚めた(?)のだけれど、うとうとと二度寝(月曜日なのに)すると、久しぶりに夫が夢に降臨。何故か、肉まんかあんまんを買いに行く設定で、「いくじょー」と部屋のドアのところで、夫が待っている。そこで目が覚めた。・・・何故、肉まんやあんまん?(... [続きを読む]
  • タケノコ掘り
  • 今年も、タケノコ掘りの知らせが来た。月1ボウリング繋がりで、行くようになったタケノコ掘り。夫のスマホには、いつのだろう?タケノコの写真がある。写真を見て、少し記憶が蘇る。この時は、大収穫だった年だ。2枚目の写真は、こんなにデカいのもあるぞーと、夫が母にメ... [続きを読む]
  • ダメスイッチ
  • 朝から、通勤電車で、駅から会社への道で、職場で、帰りの電車で、家で、涙が出る・・夕飯時は、必死に堪えたけれど、ナンなんだ?このスイッチ。筋肉痛だから?(なわけないか)・・・・涙って、何なんだろ?アタマノナカに、あの曲が流れ出した。飾りじゃないのよ涙は・・... [続きを読む]
  • 今更ながら、春休みかっ
  • 久々に、早朝割りタイムのボウリングに行ったのだが・・・・ヤケに早い時間から混んでいるなぁと。春休みなんですね・・・忘れてた。私にとってボウリングは・・・いや、ボウリングに限らずなんだけれど、集中力がもの凄ーく影響する。賑やかなのは良いのだけれど(行きつけ... [続きを読む]
  • 雨音の調べ
  • 外は凄い雨。帰宅時は、傘要らないかな?ってかんじだったのに。不思議だねぇ、私は雨女なのに。ふと、夫のどや顔が浮かぶ。「俺のおかげだ。」って。あなたは、大きな傘なんだね。ありがとうね。今夜はそんな感謝の気持ちが、素直に湧いてきた。肩の力が抜けて、良い感じに... [続きを読む]
  • 意のままにならない妄想
  • 夫の胸元に額を、くぃーっと押し付ける。すると夫は、私の頭を撫でる。挨拶の様に繰り返したから、今でも夫のシャツに同じ事をする。さっきは、夫は頭を撫でてくれた(気がした)時々、そう感じる事がある。帰りの自宅最寄り駅で、何人か前に髪をカットしたばかりの男性がい... [続きを読む]
  • 夫の力こぶの感触
  • 平日はもれなく乗っている電車は、朝も夜も混んでいる。そんな電車に揺られながら、ふと夫の力こぶの感触がよみがえった。一緒に出掛けた時、つり革に捉まる夫の腕が私のつり革。指が覚えてる。触りたーい! [続きを読む]