毒女 さん プロフィール

  •  
毒女さん: 毒女inイタリア
ハンドル名毒女 さん
ブログタイトル毒女inイタリア
ブログURLhttp://www.dokujoinitalia.net/
サイト紹介文独身女がしがらみを捨ててイタリアにくるも、結婚など夢のまた夢であることを語るアイタタな自虐系ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/03/11 22:23

毒女 さんのブログ記事

  • その後の毒女細々と
  • 毒女のパートナー探しはまだ続行中である。この年齢になると紹介などはほぼ見込めず、もっぱらアプリ頼み。使うアプリはティンダーである。。。他にも何個か平行して使っていたのだが、めんどうになってやめた。ティンダーで出会った人の中にはいい人も、うーんな人もいたが、あからさまな誘われ方をしたのは一回だけだ。アペリティーボ(夕飯の前の軽食)に誘われることもあるが、「コーヒーなら」で終わらせている。最初に会うと [続きを読む]
  • Tinderで知り合った人と付き合った②
  • Tinderで出会った人。とても気のいい人物だったのだが、なんせ自己否定感がひどく、愚痴る愚痴る愚痴る。そして、話が通じないことが多かったが、それは毒女のイタリア語の能力の関係ではないことが判明。話があっちこっちに飛んで脈絡が全くない。新聞を読まない、ニュースを見ない、家にある本は漫画。。。毒女のしてきた研究を全く評価しない。。。学歴などで評価してはならないとは思うが、次からはある程度の知的な人を選ぼう [続きを読む]
  • Tinderの人と付き合って別れた ①
  • 毒女はTinderアプリを通じてある人と知り合い、そして恋愛をした。で、3か月程度で別れた(笑なぜ別れたのかって?その人はですね、控えめで日本人っぽいところがいいと思ったのですよ。ええ。でもね、日本で育った人だったら日本の風習を理解しているので、それが美点になるのですが、イタリアで育った人が控えめだからって、それは単に自分に自信のない後ろ向きな人なわけですな。毒女さんは散々その男に「いかに自分が不幸でブ [続きを読む]
  • 生存確認
  • 毒女は生きていた!!仕事が見つかった。契約もするという。そしてどーなった。契約されずにこき使われ、契約を迫ると「契約はできません」と言われたのだ。そして、残業代も何ももらえずに辞めたのだった。一応、働いた分は回収できているので、まあイタリアにしてはいいか。お給料の回収に労働組合CGILとか行ったりするのは大変だしね。。。イタリアだしね。。。もう驚きもしませんよ。ものすごい勢いで週6日働き続けたので最後 [続きを読む]
  • かわいそうな毒女
  • かわいそうな毒女さん。朝5時に起きて6時に家を出発、7時ちょっとすぎに病院に辿り着いた毒女。専門外来の番号札をもらい、診察料金(くどいようだがタダ)を払い、やっとこさ名前、いや番号を呼ばれる。基本的にここの外来では先生を選べない(と謳っている)らしいのだが、この前当たった先生は毒女を見ると「は?フィリピン人?」と面と向かって言い、ろくに症状を見ることもきくこともなく、イラネーな薬を処方したのだった。 [続きを読む]
  • パスタにいも虫
  • パスタに芋虫。DIVELLAのパスタはCONADでよく特売品として売り出されるので、500g0.37?などの時によく買いだめをする。ペンネ・リガーテばかり。スパゲッティはあまり好きではない毒女なので。しかし。この前特売品のパスタスープで海の幸スパゲッティでも食べようかね。と思った毒女、パスタを保存しているダイソーの密封容器内に、怪しげな白い点を多数発見した。よく見てみると、釣りに使う虫の小型版がパスタの中を這っている [続きを読む]
  • 専門医のところに行く
  • さあ専門医のところに行こうと思った毒女。お目当てのHPの説明を読むが、「SSN(国民保険)の方は直接外来に来れます」という文章と「処方箋(ASLが主治医を通じて発行する予約票のことか???)の方は予約が必要です」という、矛盾する二つの文章に悩まされる。sponsored linkイタリア人二人に読ませるも、「矛盾しているから、よくわからない」と。イタリア人が分からない文章を毒女が分かるわけがない!!!電話したら?と言わ [続きを読む]
  • お薬の高いイタリア
  • 毒女は貧乏なので、医者にかかるも一苦労。失業者の現在、元々無料の主治医の診察に加え、ASL管轄の専門医の診療もタダになる。しかし。イタリアの処方薬は、安いものと高いものがあることを疑問に思っていた毒女。そして、調べたところ、イタリアの薬は三種類に分かれることが判明。A・C・そしてH。fascia(クラス) A・C・Hと分別される。sponsored link(1)クラスAは必要不可欠 な薬、もしくは慢性的 な病気に対する薬。これはタ [続きを読む]
  • イタリア人の謎行動
  • イタリア人の謎行動。①トイレで水を流さない 高い社会的地位の人にもそういう人がいます。本当です。②ごみの分別ができない 犬のブリオッシュのうんちは紙ではありません。③運転中にウィンカーを出さない 「見りゃわかるじゃん」だそうです。私はあなたの行動をいつでも読めるわけではありません。sponsored link④マニキュアが剥げていても気にしないとりあえず色が爪を覆っていればいいようです。壊れていても気にしない。て [続きを読む]
  • 失礼な男。③
  • 失礼な男編。最終回。シチリア料理がおいしいお店に入った毒女であったが、お茶だけしたい、と奴が言い出し普通のバールに移動。コーラをちびちび飲む毒女。飲み物についてきたおまけのスナックをぱくぱく食べるその男。sponsored link奴は大学院を出て専門職をしているらしいのだが、そういう職業の人が身の回りにいる、と話を合わせたら喋る喋る。もう途中から、どうぞご勝手に鼻ほじほじレベルの退屈さに。毒女はこの男の話に付 [続きを読む]
  • 失礼な男。②
  • 前回の続き。前回の記事はこちらwww.dokujoinitalia.net/article/455576428.htmlそれで18時半に待ち合わせのバールの前で待つ毒女。10分待っても来ない。そのうち、「ごめん。僕サルデーニャから来たばっかりでローマのことがよく分からない。トラムが遅いんだ」というメッセージが来た。この人はwhatsappと言わなかったので電話番号が分からず直接電話ができない。sponsored linkえ?何番のトラム?って言ったら、それはバスの番 [続きを読む]
  • 失礼な男。①
  • 今までで一番失礼だった男 編。考えれば考えるほど失礼だった。というか、毒女は即時的な判断ができないので、しばらくたって怒りに襲われるタイプなのである。ハプンで出会った男。「求める相手は賢くて話が面白くて人生を楽しんでいて」などとなんだか相手に求める条件がうざかったが、それでも会うことにした。sponsored link数日ハプンを放置していた日々があったのだが、その後メッセージがまた来たので会うことにした。イタ [続きを読む]
  • そういう目的の男の場合
  • 毒女がイタリアに来てまだ一年目か二年目の頃、日本語を習いたい的なネット上の掲示板で知り合った男性が居た。詳細は省くが、その男を結局は怒らせることになり、「あんたみたいな失礼な日本人は初めてだ!!他の日本人女性はみんな優しい!!」と言われた。何度かデートして、ベッドに行かないなんて頭おかしい。って意味です。sponsored link私の知っている限り、本格的に付き合いを始める前にまずアモーレしてみる。みたいな人 [続きを読む]
  • そういう目的の男④
  • 毒女、マッチングアプリ(出会い系ともいう)で出会った男性とcaffèの待ち合わせのはずが、なぜかドライブになる。その1はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455417923.htmlその2はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455415318.htmlその3はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455466718.htmlそして、運悪くPoliziaの検問に引っかかる。その男が運転免許証その他を出し、毒女も [続きを読む]
  • そういう目的の男③
  • caffèを飲みながらお喋り。のはずが、なぜか車に乗っていた毒女。その①はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455417923.htmlその②はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455415318.html急かされて車につい乗ってしまった毒女。その日は寒い日だったので寒い!!手が痛い!!というと、「可哀そうにアモーレ」と言って手を握られた。。。キモッと思って、「アタクシ日本人なのでそういう行為は好 [続きを読む]
  • そういう目的の男②
  • 前回の記事の続き。前回の記事はこちら↓↓↓http://www.dokujoinitalia.net/article/455417923.htmlその男性と知り合ったのはhappnだった。フランスの。ハプン。もうチャットを削除してしまったのでよく覚えていないのだが、ハプン→FB→whatsappだったかどうか。で、会おうという話になって、caffè?ということである週末に会うことになった。sponsored link私は友達の家に行かなくてはならなかったので、その前でもいい?と。言 [続きを読む]
  • そういう目的の男と出会う。その1
  • 毒女、とうとうヤリ目(汚い言い方でスミマセン)の男と出会う。マッチングアプリ数種類を駆使して複数の男性とかっふぇ。を飲んだ毒女ではあったが、その結果は芳しくなく、そもそも、出会う前にフェイスブック使ってる?で顔写真をみてさよおなら。といきなりフェイドアウトされることを繰り返し、かっふぇ。を飲んだとしても、その後連絡がくることなど皆無に等しいのだった。sponsored linkそして、毒女が合う前にcaffè!を繰 [続きを読む]
  • うどんの鶏
  • 先日、国営放送のRaiを見ていたら、「うどんの鶏」という単語が聞こえた。pollo di うどん???毒女はテレビを契約していない。一人暮らしをしていた時代はテレビがありません!!と高い書留代金を払って書類をだしていた。が、今の家はwifiを同居人が契約しているので、Raiの諸番組をRaiのHP経由で見ている。同居人はテレビなど見ないので、契約料を払っているかどうかは不明。。。sponsored linkうどんの鶏とはなにごと!!鶏肉 [続きを読む]
  • 日本の梨と思うも
  • スーパーで梨とご対面。梨だ!!と思って喜んで買ったら梨の形をした、洋ナシとリンゴの味のする果物だった。sponsored link外見が日本の梨に似ているだけに。。。残念。気が向いたらぽちっとよろしくお願い致しますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 最終兵器結節系痒疹
  • 渡伊してしばらくはアトピーが治まっていた毒女。イタリアってなんて素晴らしい。。。と感動していた。が、しばらくすると、日本とは別の意味でストレスフルな生活を続けてストレスが貯まり、(毒女はとても几帳面な人物なのだ)しかもアレルギー性の喘息まで発症し、ストレスというものはすごいのであるなあ。とバカみたいにある意味感動していた。アフロ田中シリーズを読んでストレスを解消しようともするも、アトピーは一向に治 [続きを読む]
  • 日本人の娼婦
  • 日本食がイタリアで大ブーム。ただし、多くは中国人経営 。経済的にイタリアよりも優れていて、EDUCATO(イタリア人を形容する言葉から非常に遠い 単語)の日本に憧れがあるのか日本とつければ何でも売れると思っている輩が多いのも現実。sponsored linkよくあるのが、日本人のコールガール!!!毒女のよく聴くラジオの番組にもよく出てくる「日本人の娼婦 」。が、イタリア語のアクセントからして絶対日本人ではない「日本人の娼 [続きを読む]
  • サン・ロレンツォ
  • サン・ロレンツォの比較的静かな場所(あるのか?)に住みたいと思いつつ既に数年。きったない場所だが気に入っている。が、わりに高い。sponsored linkいつか住めるかな。。。気が向いたらぽちっとよろしくお願い致しますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 既婚者現れる
  • happnで知り合った人が毒女の生息場所の近くで働いているらしい。そんなわけで、コーヒーでもいかがかね。といういつものやり取りをしたあと、喜んで。ということでお会いすることになった。毒女はいつもノースリにショーパンという子供っぽい恰好なので(胸もお尻もないので子供のようである)今日はフレアスカートを穿いていってみましたよ。そーいうのがイタリア人の趣味かどうか分かんないけれど。ショーパンにリュックよりは [続きを読む]
  • 行先にくそ野郎。
  • イタリアのワクチン問題。。。イタリアでは就学前のワクチン接種が義務化されたわけですが、ワクチンに反対!ワクチンは病気を引き起こす!という人々も多くいらっしゃいます。アンチワクチンな人々。そして、そんな人々がフェイスブック上にページを作っていたりします。sponsored link今回のニュースはローマ市交通局ATACのバス運転手さんが、行先の電光表示板に VACCINATI STO CAZZOと表示させて、それをご丁寧にFBのアンチワク [続きを読む]
  • 愛のポエム
  • マッチングアプリで知り合った人で怖い人、第二弾。やたらポエムを送ってくる。一度も実際には会っていないんですよ。。。こわいよー君を考えるとうんちゃらかんちゃらって詩が送られてくる!しかも、定期的に。最初に送られてきたときに、「これあなたが作ったの?」とは聞きましたよ。で、そう、とは言っていましたがその第二弾や第三弾、そして第四弾も!sponsored link怖いので、元気、なにしてる?のチャットにも返事するのを [続きを読む]