UKON さん プロフィール

  •  
UKONさん: PINEAPPLE DIARY
ハンドル名UKON さん
ブログタイトルPINEAPPLE DIARY
ブログURLhttp://hachi814.blog.fc2.com/
サイト紹介文新米チランジア愛好家。 立派なクランプ目指して邁進中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/03/12 20:43

UKON さんのブログ記事

  • クロカータの成長
  • 基本種のクロカータさんです。葉が伸びて株が増えたかな?と思うのですが、なかなか花が咲きません。少しずつ増えるだけ!丸くクランプ化しているので二年前に比べると団子っぽさが倍増ですね。前回のクロカータの記事が二年前なのですが、それにしても微々たる成長。環境が悪いのかな日当たりよし、風通し良し、夏場はホースのシャワーで灌水ジャバーだし、特別暑さ寒さに弱い株でも無し…この株の個性なのかな?クロカータは変種 [続きを読む]
  • T.edithae エディシアエ
  • 二〇一七年十月下旬購入のエディシアエです。ずっと欲しかった有茎種なんだけど、大きな株はお高いので、小さめの株を選んだので、全然有茎種っぽくないですね。花が特徴的で、真っ赤な苞に、これまた真っ赤な花を咲かせます。でも不定芽を出して長くなってほしいので、咲かないでほしいな〜。肉厚で、トリコームの多い葉が特徴。あまり他のチラと区別せず育てているので、寒さで少し紅葉していますね。早く暖かくなって、この子の [続きを読む]
  • セクンダの成長
  • セクンダの記事は16年の紹介記事が最後だったので、久しぶりの登場です。一見普通のロゼットタイプですが、ヴィヴィパラで、巨大化する種類です。まだ開花サイズではないけれど、これまでの成長速度が素晴らしい!もちろん、チランジア基準ですよ。ピカピカの薄いトリコームも綺麗だし…これでもう少し葉色が良かったらなあ。寒いせいか葉が黄色っぽくなってます。アップにすると、ゴミがついてちょっと汚い笑開花サイズまではまだ [続きを読む]
  • ディスティカ・ミノールに花芽
  • ディスティカの矮小種ミノールに花芽がきました。他のディスティカに比べるとトリコームがほとんどなくてほぼ緑葉なので、花芽付近の紅葉がよくわかります。ミノールなのでかなり小型。手のひらサイズです。ディスティカ・ペトラに比べると一目瞭然。別種みたいです。ずっと気になっていたのですが、ディスティカで検索するとランナーを出して子株を付ける姿があります。園芸店でランナーを出しているディスティカを見たことがあり [続きを読む]
  • T.neglecta Red Giant ネグレクタ・レッドジャイアント
  • 二〇一七年十月下旬に購入したネグレクタ・レッドジャイアントです。ネグレクタの変種で、葉が硬く、基本種よりも大ぶりです。強光下では赤黒く紅葉するみたいですが、今は緑。暖かくなって屋外管理するようになったら綺麗な紅葉が見られると思うのですが・・・。大胆なカールと、他のネグレクタにはない硬くて深い色の葉がカッコイイ!去年購入した株の中では一番のカッコよさ!子株等はまだ出ていませんが、期待しています。二月 [続きを読む]
  • イオナンタ・ロンの別タイプ
  • イオナンタ・ロンのちょっと変わったタイプです。去年の10月中旬頃に購入しました。葉が薄くて細く、小型のロンです。どのイオナンタにも似ていない見た目で、ややウニ型です。この小さくて薄い葉のロンは最近出て来た種類のようで、もとからロンとされてきた株は下画像のように葉が厚めで外側に勢いよくカールしているのが特徴です。この薄い葉のロンの開花画像を探してみたのですが見つかりません。この株が開花するまではまだか [続きを読む]
  • T.araujei purple star アラウジェイ・パープルスター
  • 二〇一七年十月中旬に購入したアラウジェイ・パープルスターです。強光下だと紫色に紅葉するアラウジェイの変種で、硬い葉が特徴的。葉の展開もグリーンスター同様星の形に見えるのでこの名前です。かなり葉が詰んで出てくるのがカッコイイです。硬いツンツンとした葉も大好物!l購入時の画像は成長点付近が紅葉していますが、室内管理の今は日照不足で紅葉はありません。だけれどそれを補って余りあるかっこよさ!個人の感想です [続きを読む]
  • T.stricta Purple Spiral ストリクタ・パープルスパイラル
  • 二〇一七年九月上旬に購入したストリクタ・パープルスパイラルです。硬い葉の質感が気に入って購入しました。強光下では紫色に葉が染まり、葉がらせん状に湾曲するのでこの名前みたいです。購入時の画像は緑ですが、今は中心部分が紫色です。手持ちの普通のハードリーフストリクタは紅葉しないので面白いです。スパイラルは・・・もう少し大きくなったら特徴が出るのかな?今のところふつうのロゼットです。結構大きいんですよね。 [続きを読む]
  • T.araujei 'Green Star' アラウジェイ・グリーンスター に花芽
  • 二〇一七年十二月上旬購入のアラウジェイ・グリーンスターです。緑の強い葉が開いた姿が星に見えることからこの名前になったのかな。普通のアラウジェイよりずんぐりむっくりしている所がかなり好きです。花芽がきました。苞の色を見る限り、普通のピンク苞×白花のアラウジェイみたい。すごく素敵な株だけどアラウジェイっぽくないなあ。同じアラウジェイ変種のパープルスターも育てているのですが、こちらもずんぐりむっくりとし [続きを読む]
  • ベルティナの子株
  • 去年の夏に開花した大きなベルティナ。子株が四つ出たうちの一つが有り余るパワーから開花(未遂)。そのまま成長する事も子株を出すこともなく、結局子株の数を減らしただけになりました。この株が未成熟開花した株です。もう確認できませんが、秋ごろは奥の方に紫色の花弁らしきものが確認できました。パワーが有り余って子株が開花ってほんとありふれています。今ぱっと思いつくだけでも、ベルティナ・イオナンタ系・マレモンテ [続きを読む]
  • T. tenuifolia Green Goddess テヌイフォリア・グリーンゴッデス
  • 二〇一七年九月上旬購入のテヌイフォリア・グリーンゴッデスです。テヌイフォリアの変種で、細くて長い葉が特徴の株です。そして、有茎種!購入時の写真です。普通のテヌイフォリアには似ても似つかない姿。カウレッセンスにちょっと似てるかな?でも葉はけっこう柔らかいです。お気に入りの株だったのですが、去年の台風シーズンに行方不明になり…。庭を探し回ったのですが、結局見つからず、めちゃくちゃ後悔していました涙年が [続きを読む]
  • イオナンタ・スカポーサ(チランジア・スカポーサ)に花芽
  • イオナンタ・スカポーサの名前で購入した株に花芽が出てきました。コルビーとイオナンタ・スカポーサはまとめてチランジア・スカポーサとなっていますが、どこかで、花茎が出るのと出ないのとで区別できるという話を聞いて、コルビーは持っていたのですがイオナンタ・スカポーサの名前で販売してあった株も購入しました。セオリー通りなら、イオナンタ・スカポーサは花茎が出ないという事になるのでしょうか…。結構花茎出てないで [続きを読む]
  • ハンバグ 開花!
  • 交配種ハンバグが開花しました。花芽の記事が11月23日でしたので、約二ヵ月で開花ですね。イオナンタ×パウシフォリアの交配なので、筒花です。が、花よりも紅葉具合が素敵。寒いからかな?綺麗な赤色です。イオナンタが親なので、沢山子株を出してくれるのを期待してしまいますが、前回の開花の結果が子株二個な所を見ると、二個ずつくらいだしてくれたら御の字かな。 [続きを読む]
  • ベイレイに花芽
  • 本物の方のベイレイに花芽です。子株が一個出ていて、親株の方から花芽が出ています。ベイレイはプセウドベイレイと比べてやや小型です。葉も柔らかめで、ブッツィーにも少し似ているかも。一応ヘゴには着けているけど、根っこは付いてませんね。この株は少し水不足気味で、しわが寄ってる。ベイレイはブルボーサに似た花。プセウドベイレイはカプトメデューサエに似た花と認識しています。ヘゴに着けてはいますが、着生はなし。咲 [続きを読む]
  • T.aeranthos Hybrid clump アエラントス・ハイブリット
  • 二〇一七年十二月上旬に購入したアエラントス・ハイブリットです。アエラントスとベルゲリなどの交配だそうです。「ベルゲリなど」なのでベルゲリ以外もかかってるってことなのかな?沢山子株が出て、素敵な株です。葉姿が魅力的ですよね!有茎種大好きなので、やっぱりこのニョロニョロと伸びて子株がたくさん出ているのには目がないです。寒いですね・・・テレビなどを見ると雪で大変な中継ばかりやっています。こちらの地域は今 [続きを読む]
  • スイートイザベルに子株
  • 交配種のスイートイザベルに子株がきました。パレアセア×テクトラムでどうしてこんな形になるんでしょうね、不思議です。でもこの葉姿だいすきなんですよね。成長点近くから二つ子株が出ております。冬の間の管理は二日に一回から三日に一回全体がびしょびしょになるくらいまで霧吹きで水やりです。というか、ほとんどの株がこんな感じで水やりしてますね。水やりの後は扇風機で乾燥。無加温なので、四時間くらい回す時もあります [続きを読む]
  • アエラントスに花芽
  • 大好きな有茎種の中でも一番好きなアエラントスに花芽がきました。多分今育てているチラの中で一番大切な株ですね・・・。もちろん普通のアエラントスで、多分450円くらいで購入したものです。でも値段なんて関係なく、思い入れのある株です。成長点が七つある中で、三つに花芽です。そういえば、根っこも出ていますね。ギリギリ、針金外しても大丈夫そうです。今度外そう。例にもれずこの株もアエラントスの雑交配です。本家本元 [続きを読む]
  • ドゥラティー 開花!
  • 九月上旬に花芽が出たドゥラティーが開花しました!四か月かかりましたね!春になってから咲くのかな?と思っていたんですが、一番寒いこの時期に開花するとは。やっぱり、まだ暖かいのかな… 一応「南国」と呼ばれることもある地域なのでね。でもこの間の雪には驚きました。田んぼが真っ白になていたし、通行止めの道や橋がたくさん出て大変でしたよ。さすがのこのサイズは撮影ボックスに入らないので、温室のままで失礼。寒いし [続きを読む]
  • T.ionantha Peanut イオナンタ・ピーナッツ
  • 二〇一七年九月上旬購入のイオナンタ・ピーナッツです。(正式名称Tillandsia ionantha var.strictha forma fastigiata)小さいサイズで、開花しなくても子株を増やすイオナンタ。正式名称ににストリクタと付いているので、葉が細い所が、イオナンタ・ストリクタに似ています。今は購入時には無かった子株が4〜5個付いています。着生させたいな!ピーナッツの選抜品種に「ヘーゼルナッツ」という名前で流通しているものがあります [続きを読む]
  • エド・ドハーティーに子株
  • 交配種のエド・ドハーティー(アエラントス×レオナミアナ)です。親は両方とも不定芽を出すタイプなので、子株が出てきました。嬉しいな!花芽を確認した時と、子株を発見した時はテンションが上がります。しかし、室内管理になって、水不足感が否めません。二日に一回の水やりだし、まず湿度が低いのだから、こればっかりはしょうがないけど。本文が短いので小ネタを二個イオナンタ・ドルイドの外した子株が小さいまま咲いちゃっ [続きを読む]
  • T.capillaris Giant Form カピラリス・ジャイアントフォーム
  • 二〇一七年九月上旬に購入したカピラリス・ジャイアントフォームです。購入時の写真なので屋外ですね。去年の夏ごろから色々な所で見かけるようになりました。確かに大きめのカピラリスですね。(比較した画像がカピラリスの基本種の記事にあります。)この株は子株が一つ付いています。購入してしばらくなりますが、あまり変化はない模様。成長はゆっくりみたいです。(寒いからかな?)何かに着生させると良しと言われているので [続きを読む]
  • フネブリス 開花!
  • 九月に花芽確認したレクタングラの名前で購入した花が開花しました。花は・・・黄土色?かな…。花弁の先がくるんと巻く、三枚花弁です。あと、芳香があり、とてもいい香りですね。フネブリス・・・ですよね。葉姿もフネブリスっぽいなあって思ってたんですが、黄花だったらレクタングラかなと。私の中では、黄花→レクタングラ茶色・黄土色→フネブリスという見解です。モヤモヤしますが、とりあえず開花ということで!あと、レク [続きを読む]
  • ステリフェラの成長
  • 有茎種のステリフェラ。トリコームの長いのは苦手だけれど、なんだかんだ大きくなっていっています。子株が二個出ていたのですが、いつの間にかいっこ取れてしまいました。二年前の画像を見ると、二倍くらいの長さになっているのかな?水は制限していると言えるほど制限はしていません。全体にビショビショになるほどかけずに、軽〜くかける程度。夏も冬も二日に一回程度です。なので、トリコームはへたり気味。でも、葉がピンとし [続きを読む]
  • ナナの子株
  • 今年の夏、イナゴの食害に遭った株の一つ、ナナです。親株の半ばから根元が一気に食べられてしまいました。虫の分際で許すまじ!でもイナゴは子株の葉には手を付けず…なんでだろうね、子株の方が柔らかくておいしそうな気がしますが…イナゴなりの気遣いなのか?そんな気遣いいらないのでそこらへんの雑草を食べていてほしかった。親株の葉が無くなって日当たりが良くなったせいなのか、子株の方は好調です。好調ですが、新しい子 [続きを読む]
  • プセウドベイレイに花芽
  • ダイソーで購入したプセウドベイレイ(ジュードベイレイ)。いつの間にかこんなに巨大化して花芽がきました。最初はバークにくっつけいてたのですが、根が貧弱なくせに本体が巨大化しすぎて着生は諦めました・・・。花芽の付いたプセウドベイレイはもう一株あるのですが、そちらは大きくなりすぎて撮影ボックスに入らないので撮影できず。プセウドベイレイはクランプ化しない株で有名ですが、これは親株が枯れたら子株がバラバラに [続きを読む]