UKON さん プロフィール

  •  
UKONさん: PINEAPPLE DIARY
ハンドル名UKON さん
ブログタイトルPINEAPPLE DIARY
ブログURLhttp://hachi814.blog.fc2.com/
サイト紹介文新米チランジア愛好家。 立派なクランプ目指して邁進中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/03/12 20:43

UKON さんのブログ記事

  • カウリゲラに子株
  • 前回の記事から一年たったカウリゲラ。個別に記事を作ってもいいかなと思い、一年間の成長の記録です。大きな変化は子株が二個出た事。親株自体も葉が増えてしっかりしました。ムキムキです。根元の方は枯れ込んできていますが・・・。健康で、良い株です!花はカプト系の緑色の苞に、薄いピンク色の花を咲かせます。子株を出して、クランプ化しやすい種類だそうです。暑さに弱く、水切れに弱いそうですが、うちの管理では適当。直 [続きを読む]
  • ロリアセアに花芽
  • ロリアセアに花芽きました。ニョロニョロしたかわいい花序が出るんですよね。黄色い花を咲かせます。五つくらい花芽が確認できます。約一年前の画像と見比べると、大きくなっているのが分かります。葉色も濃い緑色に変わって、葉の隙間の実生も、大きくなっています!でも何株のクランプなのかは良く分かりませんね。しっちゃかめっちゃかで・・・。ロリアセアは乾燥を好む種類みたいですが、あんまり気にせず夏の間もビシャビシャ [続きを読む]
  • アルベルティアナに花芽
  • アルベルティアナに花芽がきました。ビビットな赤い花を咲かせます。一つの親株から子株が出て、その子株からまた子株が出る…といった具合に、クランプ化しました。見える子株を数えたら、14株でした。株分けしたい…けどもう寒いのでね、来年になりますね。アルベルティアナも数タイプあるようで、葉の長いタイプ(この記事のタイプ)や、葉の短いタイプ、有茎っぽく細く伸びるタイプ(すごく欲しい!)など。小型でよく増えて丈 [続きを読む]
  • T.chartacea チャルタセア(チャータセア・カルタセア)
  • 二〇十七年十月下旬に購入したチャルタセア(チャータセア・カルタセア)です。大型有茎種で、葉は薄く柔らかめ、トリコームもほとんどありません。手に持つと大きさがわかると思います。重さのわりにデカイ株。ラティフォリアのカウレッセントラティフォリアのカウレッセントフォームに似ています。でもチャルタセアの方が大きくなりそうですね。長さではラティフォリアのカウレッセントフォームの方が勝ち!子株等はなし。chartace [続きを読む]
  • T. Gordon C ゴードンC
  • 二〇一七年八月下旬に購入したゴードンCです。アエラントス×テヌイフォリアの交配種です。アエラントスが入っているという事で購入。でも、有茎っぽく長くなるかは個体差があるらしいです。花はアエラントス系の青花。トリコーム少なめの水好きそうな見た目。黄緑色の葉は、アエラントスの血が濃いからかな?アエラントスもテヌイフォリアも大好きな品種です。子株出してくれたらいいなあ〜。水やりをしてたらストリクタの鉢を倒 [続きを読む]
  • T. ixioides イキシオイデス
  • 二〇一七年八月下旬に購入したイキシオイデスです。ロゼットタイプで硬い葉のチランジアです。葉が硬い割にもろくて、気を付けないとぽきっといっちゃいそう!めずらしい黄色い花を咲かせる種類です。色々変種がありますね。でも、強健な種類で、直射日光もわりとへっちゃら。(バリバリ銀葉だし)香りのある花が咲く変種や花の色が青くなる変種なんかもあるみたい。なんだかジュクンダによく似ておられるなあ。まだ小さい株ですが [続きを読む]
  • T.ionantha 'Tall Velvet' イオナンタ・トールベルベット
  • 二〇一七年10月中旬に購入したイオナンタ・トールベルベットです。背の高くなるタイプのイオナンタです。見ての通り、親株が開花した後に、子株が二つ出ています。背の高くなるイオナンタというと、コーンヘッドのイメージが強いですが、「トール=背が高い」と名の付くこの株もなかなかの背高のっぽさんになるんでしょうね。「ベルベット」はトリコームが強いからかな?確かに基部が白っぽいように感じますイオナンタの中では大型 [続きを読む]
  • T. capillaris カピラリス
  • 二〇一七年八月下旬に購入したカピラリスです。ディアフォランテマ亜属の一つで、水を好む種類です。有茎種に入るのかな。ぷりぷりした葉と毛脚の短いトリコームが綺麗です。流木か何かに着生させたいなあと思いつつ、そのまま管理。根元を縛って吊り下げるのも良いかなあ。チランジアの着生にという触れ込みで植物用の接着剤がありますね。ああいうので着けたらいいのかな。こちらカピラリスのジャイアントフォームです。ジャイア [続きを読む]
  • 冬の管理を考える
  • 冬の管理について少しづつ準備を初めています。一昨日は全てのチラを室内に取り込みました。この状態から、鉢物とビカクシダを置きます。過密気味です。南向きの部屋の縁側に防水シートを敷き、もう少し寒くなれば窓にプラスチックダンボールを張って断熱します。ビニル温室にチランジアを分けて管理。去年は最終的に大小温室二個体制でしたが、今年は大きい温室三つで管理します。加温・加湿はしません。毎年雪がちらつく程度の寒 [続きを読む]
  • T.diaguitensis ‘ Thick form’ ディアギテンシス・チックフォーム
  • 二〇一七年九月上旬に購入したディアギテンシス・チックフォームです。シックフォームでもいいのかな?よくわかりませんが、ディアギテンシス変種で、芯が太く、相対的に葉が短く感じる株です。「Thick」は厚いという意味なのでそのままですね。かかかかっこいいいい!葉色は基本種よりもやや暗い色ですが健康そうです。そしてすごく葉が硬い。とっても好みの株です。子株等はないのですが、クランプ化して咲かずに大きくなってほ [続きを読む]
  • プルプレア・シューティングスターの子株が沢山
  • この夏の間にプルプレア・シューティングスターに子株が大量発生しました。直角に曲がった新しい部分は我が家に来てから成長した部分で、古い部分は枯れてしまいました。根っこは出ずじまいですねー。子株十個以上・・・。笑わさわさ出ています。嬉しいけど、成長はゆっくりかな〜。ゆっくりでも成長して、立派なクランプのプルプレアになってほしいなあ!台風のあとのストレプトフィラです。葉が細めのタイプなのですが、葉が伸び [続きを読む]
  • プラギオトロピカ・パープルの子株
  • プラギオトロピカ・パ-プルの子株が大きくなってきました。やったー!二個です!紅葉というほどではないけれど、赤く色づいて紫色の花を咲かせる株ですが、今回は不発でした・・・。ショックですが、しかたないので子株を待っていたら二個出てくれました。嬉しいなあ。でかいか・・・?そうそう、これよりも前に開花した、基本種のプラギオトロピカですが、見事な開花を見せてくれたのに、子株がまだ出て来ていません。かなり心配 [続きを読む]
  • T. tenuifolia Silver Comb テヌイフォリア・シルバーコーム
  • 二〇一七年八月下旬に購入したテヌイフォリア・シルバーコームです。有茎タイプのテヌイフォリアの一つで、葉が短く閉じたタイプです。まだ全然小さいので、これから有茎の真価が発揮されていくでしょう。他の有茎のテヌイは色々ありますが、この株はその中でもアラウジェイに近い種類の様です。確かに葉の感じはアラウジェイのブロンズなんかに良く似ています。あまり写真がなくて寂しいので小ネタですが・・・ハリシーです。もち [続きを読む]
  • T.balbisiana x exserta バルビジアーナxエクセルタ
  • 二〇一七年七月下旬購入の交配種バルビジアーナxエクセルタです。「Ready For Liftoff」と同じ交配ですが、グレックス・・・でいいのかな?バルビシアーナもエクセルタも大好きな品種なので、楽しみな株です。葉姿はバルビシアーナ寄り。すぐ根っこも出してくれたので着生もしてくれそう。もっと銀葉でエクセルタっぽくなってくれたら嬉しいんだけど・・・。アラウジェイ・オープンフォームからわさわさ子株が・・・七個くらい出て [続きを読む]
  • T. marconae マルコーニ
  • 二〇一七年八月下旬に購入したマルコーニ(マルコナ、マルコナエとも)です。トリコームが強く柔らかい葉の有茎種です。砂漠地帯の出身なので乾燥に強くて、光が大好きらしいです。クランプ化したら綺麗だろうなあ!まだまだ小さいSサイズですが、脇芽をたくさん出して、大きくなってほしいなあ。お花はピンクの苞に紫色の三枚花弁。んーでも当分は咲かないで良いかな〜。というか、日本の環境下では咲かないらしいです。砂漠地帯 [続きを読む]
  • T. chaetophylla カエトフィラ 
  • 二〇一七年八月下旬に購入したカエトフィラです。画像は購入時のものです。典型的なグラス系のチランジアで、フェスツコイデスやセタセアに似ています。他のグラス系に比べると葉が細く繊細な印象です。グラス系はあまり興味がなかったのですが、繊細でしなやかな葉姿が気になって購入しました。(あまり名前を聞いたことがなかったから、そしてお手頃だったのもありますが)しかし、思ったよりも葉は硬いです!お花は緑色〜オレン [続きを読む]
  • T. aeranthos Amethyst アエラントス・アメジスト
  • 二〇一七年八月下旬に購入したアエラントス・アメジストです。その名の通り、強光下で育てると紫色に紅葉する種類だそうです。今はばりばり緑ですけど・・・。手持ちのアエラントスに比べると葉が少し柔らかくて、長いかな?そのほかは性質を含めて普通のアエラントスと同じ。丈夫で良く増える優良種ですね♪強い日に当ててもいいけど葉が柔らかいのでちょっと怖い・・・。根がたくさん出ておられるので、何かに着けてもいいですね [続きを読む]
  • ジュンシフォリアの子株
  • 六月に開花したトリコーム多めのジュンシフォリアの子株です。いっこだけー!さみしい・・・でも小さくてもグラス系の形をしています。子株はジュンシフォリアっぽくなるかな?と思ったけど、トリコーム強いし普通にジュンセアじゃん!開花中の画像なのですが・・・。咲きながら種を作っています。(しかも子株も出ているのですよ)ゆっくり開花する種類ならこそですね。 [続きを読む]
  • プルイノーサの子株
  • 去年花芽が出たのに蒸らして腐らせてしまったプルイノーサです。左が親株、右が子株です。子株が親株と同じくらいのサイズになりました。この株の開花は絶対見たい!つぼ型ではブルボーサの次に小さいのではないかというサイズ感ですが、これでも開花するんですよね。コロンビアフォームならもっと大きいんでしょうけれど。お久しぶりのキセログラフィカです。綺麗な銀葉!整った綺麗な葉姿!王様の名にふさわしい〜!大きくなって [続きを読む]
  • ディスティカ・ペトラ 開花!&黄色い花つながり
  • 七月の終わりに花芽が出たディスティカ・ペトラですがやっとやっと開花しました。二ヵ月ちょいかかりました。グラス系はかかりますね〜。三枚花弁のちいさな黄色い花です。雌しべも雄しべも精一杯出て、元気な開花です。親指に絆創膏を貼ってるのは、栗をむいた時に負った傷ですな。ディスティカの語源は二列性。苞が綺麗な二列になるからなのです。お尻のつぼ部分。子株が一つ出ています。焦らしたんだからもっとたくさん出ていい [続きを読む]
  • プエブレンシス!?
  • ずっと前から思っていたのですが、私の持ってるプエブレンシス、プエブレンシスじゃないよね。ってことで、注文してみました。プエブレンシス。下がよくあるプエブレンシス、上がプエブレンシス?です。下の方は、ザラザラしたトリコームで肉厚、硬いけれどしなやかさのある葉。上の方は、ツルツルしたトリコームで肉厚、筋のあるカチカチの葉。葉が同じ方向に湾曲するのは同じです。成長がかなり遅いし、根っこだって最近ようやく [続きを読む]
  • バルビシアーナ 開花!
  • バルビシアーナ、やっと開花しました。花芽を見つけたのが八月の上旬なので、二ヵ月で開花です。これが冬なら、こんなもんかな?ってな具合ですから、夏から秋にかけての成長でこれですからね。チランジアは本当にのんびり屋さんです。ピントがうまく合わない・・・orz赤い(一部緑)の花序に紫色の花。さして珍しくはありませんが、感慨はあります。うれしいなあ!でっかくなった!子株の方はまだです。クランプ化してくれるかな [続きを読む]
  • T.diaguitensis ディアギテンシス
  • 二〇一七年七月中旬に購入したディアギテンシスです。強健な有茎種で、アエラントスやベルゲリにも良く似ていますが、あまり詰んだ葉の出し方はしない種類ですね。ありていに言えばすかすかです。ああ素敵。かっこいいなあ〜!花は咲かせずに不定芽をたくさん出して大きくなってほしい。あ、白い三枚花弁で、クシフィオイデスに良く似た柑橘系の芳香のする花を咲かせるそうです。でも、かなり開花しづらい種類なのだとか。成長は早 [続きを読む]
  • カクティコラの子株
  • 六月下旬に開花したカクティコラの子株です。二つ子株が出たうちの一つだけがモリモリ大きくなって、もう片方はなぜかだめでした。クランプ化はまだまだ先になりそうですが、枯れ込みが少なくて綺麗な株です。お気に入り!湿度の多い時期に水がたまって蒸れた、とかかな〜?ストレプトカルパの咲き終わりです。良い香りを楽しませてくれました。子株に期待! [続きを読む]