暮らしの中で さん プロフィール

  •  
暮らしの中でさん: 暮らしの中で
ハンドル名暮らしの中で さん
ブログタイトル暮らしの中で
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/fukasaka200
サイト紹介文ポメラニアンと共につぶやいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/03/13 19:54

暮らしの中で さんのブログ記事

  • 心の時代
  • 恋の病というのがあった・・この恋の病に病まされた若き時代、       いまもあるのだろう・・これは時が解決してくれる。現代は「心の時代」といわれ、それほど心が問題であり人の心の豊かさを      必要とする時代になったと言えるのかもしれない。いまは医学がすすみ、確かに肉体的な延命の効果をもたらしたが・・    物質万能とともに心の病に冒されている人が多くなった。本人だけでなく、周りの人も、社会も [続きを読む]
  • 退職後の税金対策
  • 退職した後は、現役時代以上に税金の存在を気にしたほうがいいと         元国税局の大村大次郎氏は指摘している・・・・・再就職した場合、前勤務先の現在の年末調整されているかを再就職せずに・・   アルバイトする場合も同様確認し、アルバイトの場合は年末調整されないケースが多く税金を払い過ぎたままになってしまいがちだ、特にバイト先で   社会保険に入っていないと申告すれば還付になるケースが大半で・ [続きを読む]
  • 年金受給・繰上げか、繰り下げか
  • 公的年金の「繰上げ受給と繰り下げ受給」あなたならどちら?を、    選ぶべきかとの議論をよく聞きますが、年金は遅く貰う方が・・・節税になるという視点です・・・・65歳受給開始が基本の公的年金は、    60歳まで繰り上げると額が30%と減り、逆に70歳まで繰り下げると、42%増額になる・・そこで額は減るけれど健康なうちに貰える繰上げも選択肢。60歳まで繰上げても、77歳までに亡くなる場合は得という話がなされ、  [続きを読む]
  • 銀行の使い分け8割超
  • いろんな事情で増えている銀行口座のメインバンクやサブバンクとして、    どのように使い分けているのか銀行の使い分け調査の結果ガ公表。複数の口座を所有する人は、全体の9割で用途に応じて使い分けている人は85.4%!  口座を2個所有者では使い分けしていないが2割強と他の層より高くなっている。2個以上の口座を所有する理由は、お金を下すATMや店舗が近くにある銀行が使え、    金利、手数料など利便性に応じての [続きを読む]
  • 物忘れと認知症の境界線
  • 今年4月に82歳で亡くなった女優の朝丘雪路さんが、認知症だったとの    報道に芸能人やニュ−スで認知症患者の自動車運転事故など耳にし・・認知症は怖いと感じている人は少なくないだろう。現在65歳以上の日本人のうち、   約4人に1人がその予備軍だといわれ、2025年には5人に1人が認知症になる。「人の名前が思い出せない」「物をしまった場所を忘れたり」一見紡らわしい   老化による「物忘れと認知症による記憶障 [続きを読む]
  • パパ頑張って!!
  • 六月第三日曜日は、なぜか父の日だ・・・    母の日が先にありきで、あとから取ってつけたように・・父の日ができいまだに定着しない現実を見ても、女性優位時代は明らかで、    女房関白という言葉はないが、かかあ天下は永久に不滅だ。ぬれ落ち葉や、座布団亭主などと小馬鹿にした言葉が年末大賞で選ばれても、   いまや男の願望にもほど遠い権威のなさだが、でも・オトウサンは、一家繁栄のために懸命に頑張っている [続きを読む]
  • 老後対策のリスク
  • 「老後のための貯金は3000万円は必要」「退職金は運用で増やせば良い」      「相続税の課税対象は早めの対策」等々、老後の対策情報が氾濫している。お金のプロ達は、何をやってはいけないのか知っておくべで性急な対策の結果      かえっつて老後資産を目減りさせていると警告している・・・例えば、老後資金3000万円の貯蓄が必要と言うのは、2つの数字が根拠になり、   老後を夫婦2人のゆとり生活を送る必要な [続きを読む]
  • 18歳成人成立へ
  • 参院法務委員会は12日、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる、         民法改正案を与党などの賛成で可決した・・・13日の参院本会議で成立する見通出、施行は2022年4月1日の予定可決後、     法務委は、若年者の消費者被害を防止し、救済を図るための必要な法整備を行うことなどを求める付帯決議を全員一致で採択した、    年齢引き下げは、既に18歳以上にひき下げた選挙権年齢と合わせ、少子高齢化ガ進 [続きを読む]
  • 銀行手数料改定ラッシュ
  • 今年に入って、銀行の手数料改定ラッシュが始まっている・・・     これまで、顧客を集めるための客寄せで手数料を無料にしていたが、マイナス金利政策で銀行収支が悪化し、どの銀行も手数料有料化に舵を切り始めた   そこで手数料を払わなくてよい裏技はある・・・多くの銀行が設けている「ステ−ジ」や「ランク」と呼ばれている優遇制度を活用することだ・・・・例えば、新生銀行は、3段階に分かれている「ステ−ジ」う [続きを読む]
  • 事実は言葉では隠せない?
  • 良い時には名前を出したがるが、悪い時にはかかわりを伏せたい・・       名前を出さなくても悪いのは悪い事実は巌然として存在するからだ。国会の証言を放映すれば、国民の言葉の真意や、善悪をモット正しく判断する    資料にできると思うのだがあえてやらない・・参考人もだめ・・・証人は嫌だという。人権を考えて映像化はだめだという・・・・                  国民の人権はどこへいったのだろ [続きを読む]
  • 年金受給70歳を考える
  • 現在の年金支給開始は原則65歳だが、開始年齢を60歳から70歳の間で、    自由に選べる制度になっているが、政府は受給開始を80歳程度まで・・繰り下げる制度改革に着手している・「一億総活躍社会」と言うキャチフレーズのもと   「みんな70歳まで働け」という方針を水面下で確実に推進している。例えば、2014年に公的年金の将来見通しを試算した厚生働労の財政検証の推計では、   2030年の65〜69歳男性の労働力率が67% [続きを読む]
  • より良き老後
  • 日本人の平均寿命が長くなり、今や100年時代を迎えると言われる。        そのためか、老後をどう過ごしたら良いかと・・・・自らの来るべき老後を考える必要に迫られている・・その事はいいことだが、   行き当たりばったりでは救われない・・・いい歳になってまで、若い時のように遊びぼうけていて、素晴らしい老後を望むというのは、            ムリというものだろう・・・・それまでの人生をよりよく [続きを読む]
  • 残念ながら
  • 私たちはよく気軽に「これでもないよりましだ」と言う。      けれども、私たちはまもなくこの「ないよりましだ」という、謙虚な世界を通り越してしまう。百円持てば五百円を思い・・・     千円をあこがれる・・だが、無一文の人間が百円を持った時の喜びは、百円を持っている人間が千円を手に入れた時の喜びより、        はるかに大きい筈だ・・・「足るを知る」ということは、容易なことではない・・・「ま [続きを読む]
  • 感情の起伏
  • 悲しい体験もあれば・・・おかしな体験もある。          そして、嬉しい体験、感動した体験もある。悲しいことがあるからこそ、喜びも倍加するのだろう。  ツライことがあるから、嬉しいこともあり、感動することもある。おかしさもあれば、苦悩することもある・・・人はさまさざまな・・   感情の起伏を体験しながら紆余曲折のある道を生きる。喜びも、悲しみも、感動も、そして嬉しさも・・・          [続きを読む]
  • ルール違反
  •     ないないずくしで、知らぬ存ぜぬ、ウソ八百で、あぁぁ〜疲れちゃった!!「お前は」・・・・と言われると返す言葉がない・・・          法にふれて、お上からおとがめを受けるほど・・・大罪は犯さなかったつもりだが、小さな反則行為は無数にしてきた。   だからことが表面化すると、あの人は運が悪かったと同情することになる。悪いものは悪いとはっきりけじめをつけないと、「ル−ル違反」など、   運が [続きを読む]
  • もしも・・・あのとき!!
  • 四季折々に見せてくれる自然の美しさ・・・    心洗われる可憐な草花、それがいくらかの審美眼を養ってくれる。美に憧れる心をもたらしてくれた・様々なものとの出合い、   いろいろな人との出合いから、もしも・あのとき、あの人と出会わなかったら、全く別な道を歩いていたであろうと思うこと数限りなくある。        人生は多彩な出会いの連続だ・・・・天は何を基準にしてその人に人生の役割を指示してくれるの [続きを読む]
  • 最期は自宅で??
  • 「入院から在宅へ」・・・これは超高齢化社会で社会保険費を抑制した   国の「鉄板方針」であり「看取り」ともいわれる人生の最期についても、今年4月の診療報酬改定で、在宅医療や介護施設における看取りが奨励された・   介護を受けたい自宅と答えた人が34.9%だが、金銭負担は在宅が入院を上回る。ガンで余命半年と診断された年金生活の男性(75歳要介護度5)が最後の30日を、   ホスピス(緩和ケア病棟)で過ごす場合、入 [続きを読む]
  • お風呂の防カビ剤
  • 今年も、カビが繁殖しやすい梅雨の季節がやってくる・・・          特に広い浴室のケアは大変だ・・・浴室の掃除といえば塩素系カビ取り剤を使って汚れや黒いカビを落す方法が、   一般的だが、これがなかなか天井迄拭き取りは疲れて辛いものだ。ところがライオンのルックプラス風呂の「防カビくん煙剤」(610円税込み)・・   防カビくんは、銀イオンの煙により浴室全体の黒カビ原因菌を除菌してカビを防ぐ商品だ [続きを読む]
  • オンラインゲーム依存症?
  • スマ−トフォンの普及でオンラインゲームなど若年層を中心に、   小中高生の7割以上がネットゲームにより、国内では潜在的な患者を含め420万人いるといわれ、中高生に限ると51万人になると厚生省データもあり、          年々増加の傾向にあるといわれている。特に依存性の高いネットゲームは、「MMORPG」と呼ばれる・・・・        ロールプレーイングゲームやシュ-ティングゲ-ムなど・・多くが「ガチ [続きを読む]
  • 回転寿司の高いネタと低いネタ
  • 成長を続ける回転寿司は今や600億円市場といわれるが、数ある飲食店の       業態の中でも、とりわけ原価率の高いことで知られてきた・・・生鮮食材を扱うためにロスが多くなり、業界最大手でネタ味の良さを売り物にする       スシローでは、原価率が50%を超えるといわれている・・・他の外食チェーンでは30%を切るのが当たり前らしい・・・        1皿100円で出しているネタのなかでも、とりわけ高いのが [続きを読む]
  • 36計逃げるに如り
  • すぐに嘘とわかる言い訳や露骨な責任転嫁、傲慢な居直り姿勢で、     今、世間の集中砲火を浴びている日本大学・・・しかし「嘘と居直り」責任転嫁にかけてはやはり、この人の右に出るものはいないのではないか・・    一昨日、国会での集中審議が行われ、安部晋三はまたも説明責任もなく、あからかな嘘や全く答えになっていない答弁を平気で口にし野党が反発すると    「私の発言を妨害している」とキレ芸を披露・・ [続きを読む]
  • 老いる
  • 今日、長命であることが無条件に良いとされているように見える。     平均寿命の長さが日々、新聞等々で伝わってくる・・・だが、尾長鳥の尻尾ではないが、長いからいいというものではない・・誰もが長生きしたいと願い、誰もが老人になりたくないと思う。    言うまでもなく、若くありたい若々しく生きたいということは、人間にとって金輪際、不可能なことなのだ・・どんなにジタバタしても、   どんなに若々しい精神 [続きを読む]
  • マニアが注目するカ−ド?
  • 最近、クレジットカ−ド業界でちょっとした異変が起きている。     ポイント還元率の改悪がつづいている。以前は利用金貨額の1%を超える高い還元率のカ−ドが存在していたが、昨今は還元率の引き下げや発行停止など     相次いでカ−ド独自のサービスが改めて見直されている・・・その中で、カ−ドマニアの支持を集めているのが「エポスカ−ド」だ。まず・なんと言ってもお得なのがマルイとモディ各店での利用でエポスカ [続きを読む]
  • 老後格差
  • イソップ寓話の中に「ずるい狐」という逸話がある・・・・   2匹の猫が獲物の取り合いをしていると「公平に分けてやる」ともちかけ、わざと不公平に分配する・・一方ネコが「向こうが大きい」と苦情を言うと、   反対の獲物を少し食べ、もう一方のネコが「今度はあっちが大きくなった」と、言えば逆を食べる・・・そうして狐は獲物を全部平らげてしまう・・・政府のやり方もそうだ。政策の行き詰まりと失政を誤魔化しに世代 [続きを読む]
  • 明治150年記念貨幣発行
  • 明治元年から150年を迎え財務省は明治初期の鉄道の駅など、    デザインした額面が1000円の記念貨幣を発行することになりました。記念貨幣は純金製で、4センチ・重さ31.1グラム・・・・    貨幣の表は明示時代の初期の鉄道の駅の様子を描いた錦絵をもとに、蒸気機関車や和装に身を包んだ人々がデザインされています・・・・裏は明治時代の初期に発行された20円金貨に描かれていた竜が              当事 [続きを読む]