いたる さん プロフィール

  •  
いたるさん: 海を歩く〜水中写真家 高久至の日本一周記〜
ハンドル名いたる さん
ブログタイトル海を歩く〜水中写真家 高久至の日本一周記〜
ブログURLhttp://itaru-t.blogspot.jp/
サイト紹介文屋久島在住・水中写真家・高久至のブログ
自由文自作キャンピングカーにダイビングタンクを詰め込んで日本の海を津々浦々潜り歩く。
約一年かけて日本の海を記録していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/03/14 00:18

いたる さんのブログ記事

  • 「アザハタ王と海底城」(アリス館)
  • 先日東京で印刷立会いをしてきた絵本が出版されました。「アザハタ王と海底城」(アリス館)屋久島の一湊にに沈む漁礁(飛行機の残骸)を舞台に アザハタの王様が活躍するドキュメンタリー風な写真絵本です。海の中にある「魚の街」を感じてもらえる1冊に仕上がったと思います。この絵本を「屋久島経済新聞」にて取り上げて頂きました。素敵な記事を書いて頂き感謝です。発売は6月4日。「Amazon 」「紀伊國屋書店」 等の通販でも購 [続きを読む]
  • 第2回 「至塾」× スライド&トーク
  • 2018年5月19,20日鹿児島: 錦江湾 大当開催地:ダイビングショップSB参加ショップSEDNA 大分ダイビングサービスアルムエルソ(福岡)キューブリック(山口) 今年もお招きいただき、鹿児島へ渡り、小っ恥ずかしい名前のフォトセミナーやスライド&トークをさせてもらいました。全部参加してくれた方もスライドだけ参加の方などまちまちです。朝から晩までひたすらに楽しませてもらい、屋久島に帰ってきてから爆睡(笑)ご参加 [続きを読む]
  • 「海のぷかぷか」ミニ写真展!
  • 4月16日今日は新刊の色校が届いてうきうき。良い感じに仕上がってきていると思う。あと一押し。こんな作業を屋久島でやれてることに幸せを感じる。協力してくれている皆さまのおかげ。今回の告知はそれとは別で「海のぷかぷか」ミニ写真展!場所は横須賀の絵本屋さんのカフェです。「うみべのえほんや ツバメ号」小さな展示ですが。かわいいぷかぷかたちが登場します!是非ふらりとお立ち寄りください! [続きを読む]
  • ジュゴン。
  • 2018年4月9日フィリピン・ブスアンガ久し振りの更新になってしまった。この冬は北へ南へと旅をした。葉山(神奈川)、志津川(宮城)、男鹿(秋田)、小笠原、フィリピン。一応、今回の旅で日本の海編を一区切り。今年中にこの旅をまとめて、来年には形にしたいな。ここのところは毎日そのまとめ作業。全然はかどらない。まとめきれのか。。。写真は取材で行ったフィリピン・ブスアンガのジュゴン。ツアーは「ワールドツアープラン [続きを読む]
  • 東京都・小笠原 旅の締めくくり。
  • 2018年2月21〜3月2日東京都・小笠原父島・母島お世話になったお店「パパスダイビングスタジオ」「ディープブルー」「ボニンウェーブ」「エスコート」「母島ダイブリゾート」久しぶりの投稿。旅をしながらブログを書く生活に疲れてしまったっぽい。でも今日は〜海を歩く〜の旅を始めて丸2年!あれから2年も経ったんだなぁ。半年間の屋久島でのガイド期間があったとはいえこの2年間は誰よりも日本の海を潜ったと思う。それでも潜れ [続きを読む]
  • クジラに逢う日、
  • 旅立ちを前に。5mmのウェットに、6.5mmのカブリに、ドライスーツ。フルフットのプラフィンに、ゴムのフルフットフィンに、ドライ用のフィン。暖かいところに、寒いところに、ほど良いところ。それぞれ行くので大荷物になって収拾がつかない。やりたいこともそれぞれ違って、プチパニック。準備が多岐にわたり数日がかりで、出発前からヘロヘロ。なんだかなぁ。早く潜りたい。 さて写真は久米島で初めて行ったときに出会ったザ [続きを読む]
  • 飛び始め〜フライイング・ビーグル号〜
  • 新しいおもちゃ(ドローン)を手に入れた!さっそく名前をつける。フライング ビーグル号!いきなり家の中でぶつけちゃってゴメンね。。。 この1週間屋久島の冬の本気を味わった。毎日アラレがカツンカツン降る。家出好きのニャタロウが家から出ない。。。 ようやく天気が回復したので、一湊で飛んでもらった。 われらが一湊、矢筈岬苦労して一湊の山に登ってもこんな絵撮れなかったなぁ。ビーチから楽々撮れた。でもちょっと飛 [続きを読む]
  • 潜り納め。
  • 12月31日屋久島 一湊透明度20m 北西・波1.5〜2.5m年末に穏やかだなんて、珍しいと思ってたらやっぱり時化に。潜ってる途中から揺れる揺れる。写真も全然撮れてない。 写真はベタ凪だった昨日のもの。水温が戻ってくると同時にクラゲもたくさん。そこに紛れて、カレイの幼生!!1匹見つけて追いかけていたら、フラフラと泳いで違うクラゲへ。そしたらなんと、もう1匹!!しかも写真を見返して気が付いたけど、違う種類だった。 [続きを読む]
  • 水中無脊椎動物の夜明け!
  • 屋久島12月30日 一湊透明度20-30m 水温21.7℃ 西の風・波1m 猫と戯れて、潜って、カタカタして、ネコと寝る。家族も友達も帰省して一人の年末。でも新しいおもちゃを手にして、結構楽しんでる。 INONより新発売のストロボ、Z-330が届いた!!けど今回はクローズアップレンズ「UCL-90 M67」のご紹介!まぁ感動した。浦島いたる気分ですな。 実はクローズアップレンズあまり好きじゃなかった。撮影倍率は上がるけど、ピントが合い [続きを読む]
  • ありがとうビーグル号!
  • 相棒がそろそろ休みたいと言ってきた。日本中を一緒に共にしてきたビーグル号。後ろのバンパーが落ちて、運転席のドアも落ちかけてて、その他諸々傷だらけ。一緒に色んな海を見てきた。もうすぐ休めるぞ。あとほんの少しだけ宜しくね。 ごくごく一部だけど、思いで写真を載せておこう。 能登半島 男鹿半島 礼文島 オホーツク 能取湖 根室 襟裳岬 宮城 大阪 東京香川 四万十川 佐多岬 ありがとうビーグル号。ほんとに泣けてき [続きを読む]
  • ドバイよりも霧島でブルガリア。
  • 結婚十周年でドバイならぬ霧島に来ている。 やっぱり霧島でしょう。幕末の風雲児である坂本龍馬も長期逗留した場所であることからして、もはや世界的な場所である。紅葉の名残が情緒を誘い、視界を遮るほどに立ち込める霧と湯煙はこれまでの鹿児島の印象を新たにしてくれた。 それはさておき、「屋久島経済新聞」「yahoo!ニュース」さんにオリジナルプリントの記事を取り上げて頂きました。 それに伴い、今日までだった販売期間を [続きを読む]
  • 海中も冬の色どり
  • 2017年12月3日鹿児島県・屋久島水温22℃? 透明度30m 北東 一日一潜。あとは引き篭もって創作活動。 海中は冬爛漫!冬はついつい壁に向かってしまう。ホヤやカイメンやヒドロ虫などが壁で密やかなに賑わいを見せる時期。ウミウシも随分と目に付くようになった。しばらくは壁と向き合う日々が続きそうだ。 カイメンと八放サンゴの仲間? 緑のカイメンとコケムシの仲間? ヒドロ虫の仲間 2月10日まで「期間限定オリジナルプリン [続きを読む]
  • 長崎県・五島列島 中通島 サンゴとソフトコーラルとマグロとおっぱい
  • 2017年11月18日長崎県・五島列島・中通島水温20-21℃ 透明度10-15m 北西3mお店 「五島ダイビングセンター ナイスばでぃー」 気が付くと師走。一年で一番静かな時だけど、なんとなく忙しない。ひとまず上五島のブログを書かないと。。。 福江島からフェリーで1時間。上五島の中通島までやって来た。「五島ダイビングセンター ナイスばでぃー」の奈津美さんに迎えに来てもらって、到着するなりファンダイビング! 中通島は福 [続きを読む]
  • 期間限定オリジナルプリント販売 
  • 今年も残すところあと1ヵ月。予定は何にも入れていないので、存分にこれまでの整理をしていきたいと思う。 春に一年間の日本の旅を終えて 、今年、来年は離島をちょこちょこ周ろうと決めていた。来年で日本の旅も一区切りできるかな。もちろん日本の海は生涯のテーマだけど、日本の海ばかりを見ていても日本の海の事は分からない。屋久島にいるだけじゃ屋久島の魅力が分からないのと同じこと。日本の旅をまとめた何かは今準備中。 [続きを読む]
  • 長崎県・五島列島 福江島 クジラのいた海
  • 2017年11月14-17日長崎県・五島列島・福江島水温20-21℃ 透明度5-10m 北西3mやっと着いた〜。。。。(涙)屋久島を出てから22時間。飛行機を乗り継いでトントンと来る予定だった。それなのに空港から車で港へ行って、フェリーで鹿児島、夜行バスで福岡、電車で福岡空港、そんでようやくの五島列島、福江島!はぁぁぁぁ〜。。。遠かったぁ。まぁそれはそれで結構楽しかった(笑)でも委託された仕事に2時間ほど遅れてしまった。 [続きを読む]
  • 三島(黒島・硫黄島・竹島)巡り
  • 2017年11月7.8日鹿児島県:黒島・硫黄島・竹島デン島(湯瀬)・ヤクロ瀬水温24-25℃ 透明度20-30m 北東1.5m-2m 黒島・硫黄島・竹島の三島を合わせて、三島(みしま) と呼ばれる。一昔前は十島村(じっとうそん)と呼ばれ現在のトカラ列島 の島々と同じ村だったようだ。毎年サンゴ調査という国の仕事で訪れていて今年で7回目の参加となった。屋久島の隣の島々とは言え気軽には来れないので毎年の楽しみの一つでもある。サ [続きを読む]
  • 「魚が食べられなくなる日」
  • 2017年11月3日屋久島日本の漁業に関する本を読み漁っている。その中で、お勧めを一つ。 「魚が食べられなくなる日」 勝川俊雄本の帯にはこう書かれている。「ニッポンの海」の嘘と誤解①魚の激減は中国漁船の乱獲のせいだ②増えたクジラが魚を食べつくしている③養殖があるから漁獲量が減っても大丈夫④獲れないなら輸入すればいい⑤日本は世界一の漁業大国’’日本の漁獲量は最盛期の4割以下、クロマグロ、ウナギは絶滅危惧種 [続きを読む]
  • トカラ列島潜り③ 小宝島編
  • 2017年9月30日-10月1日鹿児島県屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島随分と遠回りしたなぁ。遂に目的地の小宝島!予期せずしてトカラ列島を行ったり来たりすることになったけどおかげでこの海域の特徴がなんとなく掴めた。 海が、海がぁ〜!!青い!!!宝島と小宝島の海の色はとにかく美しい!海底がサンゴ由来の砂だから白い。海は明るく輝いている。ネットで情報を調べると誰もが宝と小宝の海の色が美しいと絶賛している。だ [続きを読む]
  • トカラ列島潜り② 諏訪之瀬島編
  • 2017年9月27日-29日鹿児島県屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島 今回の旅の道具。・カメラとハウジングD610にアンティスのハウジング。レンズはnikon 14-24mmイノンのストロボ。合計8キロくらい。・ペラペラの5mmウェット。ウェイトなしだとちょい不愉快で近所のおニイちゃんに2キロ借りた。・クレッシーのプラフィン カメラがとにかく重い。これを担いで毎日1-1,5キロくらい歩いて海へ。帰りは山道。カメラ以外は最軽 [続きを読む]
  • トカラ列島・巡り潜り①
  • 2017年9月25日〜10月2日鹿児島県屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島8月に行けなかったトカラ列島。今回こそ!吐?喇!前回に同じく屋久島から鹿児島へ渡り、僅かな隙に錦江湾で泳いだ。しかしそこは、、、割愛。た、たまき様すいませぬ。。。 「SB(エスビー)」 さんにお世話になりました。超わがまま放題でごめんね、、、(苦笑) 23時出港「フェリーとしま」 で南下開始!夜明け前にトカラの玄関にあたる口之島に到着。そ [続きを読む]
  • 宝島へ行ってきます。
  • 2017年8月22日鹿児島県 屋久島-錦江湾 ぽっかり空いたスケジュールを見て、突然旅立つことに決めた。前日の宮之浦のお祭りで二日酔いになり、今日はお休み〜とか嫁に話していたけど、やっぱやめた。 置手紙を残して、旅立った(笑) 屋久島と奄美大島の間に位置するトカラ列島。トカラ列島は黒潮の通り道。屋久島も黒潮の島だけど夏を除くと外れていることが結構多い。それに比べてトカラ列島は常に黒潮がぶち抜いているだろうとこ [続きを読む]
  • 形になるということ。
  • 屋久島にてダイビング業を再開してアワアワと送る日々。あわあわしているけど、屋久島ライフはほのぼのと、心地よい。 写真とガイド両方はやっぱり難しい。集中できない。でも現状で最善を尽くすのみだ。 自分自身が海と向かい合う時間と撮影した写真で何をどうしていこうか妄想する時間。その時間を捻出するために、時間をいかに作るかが大切。そんな訳で海行ってるか、引き篭もっているかのどっちか。意外と根暗な生活だったりす [続きを読む]
  • 鹿児島 錦江湾と南薩摩の海 鹿児島フォトセミナー
  • 2017年5月20日 錦江湾-沖小島2017年5月20日 南薩摩-大当 鹿児島ダイビングコミュニティ企画でフォトセミナーを開催させて頂きました。夜は「海を歩く」のスライド&トーク。フォトセミナーでは旅でもお世話になった、 「海来館」さんと「SB(エスビー)」さんのゲストさんたちと潜りました。鹿児島の海を盛り上げていこう!という意気込みがビリビリ!なんていっても鹿児島の海は凄い!内湾で [続きを読む]
  • 写真絵本「海のぷかぷか」校了!
  • 2017年4月19日屋久島頻繁に東京には行けないなぁ。。。なので今日は祈っていた。皆さまありがとうございます!、、、無事校了〜!良い感じに仕上がったと聞いてホッと安心。後は製本されて書店に並ぶのを待つのみ!「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真) 海の魅力が凝縮された水面という空間に、ぷかぷか暮らす不思議でかわいい生き物たち。そんな子たちが集まって、ぷかぷかワイ [続きを読む]
  • 東京から屋久島へ。
  • 2017年4月17日東京-屋久島池袋〜。マリンダイビングフェア。ガイド会のメンバーと懇親会!あ〜いつも光景だ。ハイボールが、、、1,2,3,4,5,6。うん、いつもの光景だ。翌日はフラフラのまま東京を巡り、夜には北の会に参加させてもらう。 不安だったスライドも楽しんでもらえたようで、ホッとした。翌日はフラフラのまま、東京を巡り、、、夜はガイド会ライブに参加させてもらう。これまたスライドショーを見てもら [続きを読む]