daisysacky さん プロフィール

  •  
daisysackyさん: 戦う骨無し女
ハンドル名daisysacky さん
ブログタイトル戦う骨無し女
ブログURLhttps://ameblo.jp/daisysacky/
サイト紹介文ささやかな日常の感想や写真。あとは小説を二本書いてます。
自由文突然のベルトコンベアー事故で、上腕部〜肘下までの骨を、永久に失いました。
だけれど、そんな体ですが、気持ちはいつも、のんきに!前向きに、笑って生きよう!をコンセプトに
気に入った風景、花など写真と、面白おかしく書き散らしたエッセイもどきと、小説を書いてます。
よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6217回 / 365日(平均119.2回/週) - 参加 2016/03/14 00:54

daisysacky さんのブログ記事

  • 台風の一過のお昼前…いつまでも、あると思うな親と金
  • こんにちは!暇人です。今日ものんきに、麻酔科です。昨日は、大変な雨でしたね〜なにしろ、接近前から大雨で…1日閉じこもってるのも、辛くって…結局、外へ。すると、びしょ濡れ〜ぬれねずみの水も滴るいいオンナ?結局、夜中はずっと降ってました。そして、朝起きると、まずは、窓の外を確認!実は、台風対策、ほとんどしてなかった!なので、見ると〜ウワー、久しぶりの青空〜雲がスンゴイ…先週は、スッキリしない天気が続い [続きを読む]
  • 10月22日に投稿したなう
  • daisysackyさんの投稿したなうアルファポリスに小説を投稿しました。よろしければ、お立ち寄りくださいね!https://www.alphapolis.co.jp/novelです。ライト文芸に載せてます。10/22 3:33朝井リョウマジで面白い!…「風と共にゆとりぬ」大爆笑の嵐でした。ダンナ、怪訝な顔。たまには、こういうのも、いいかも!次は「時をかけるゆとり」かな?(=⌒▽⌒=)10/22 14:58大雨が降り続く…台風接近か?10/22 23:33リメイクアレンジメ [続きを読む]
  • 宝の島を探しに行こう!(仮題)第5部 261
  •   そのうち、ピリピリと緊張感が流れた。物言わぬ、岸本先生からの、緊迫した空気が、こちらにも伝わっているようだ。その察しのよさに、岸本先生は感心していた。自分も」少しは見習わねば・・・と思う。 「先生、盗聴器を探す道具とか、持っていませんよね?」ようやく理科室につくと、辺りを見回し、誰もいないことを見計らって、岸本先生は切り出した。すると、吉川先生は、ニヤリ…と笑って、「先生、何かするのかい?」と [続きを読む]
  • Case 13 新たなる訪問者  25
  • 善行としては、この男、どこまで信じたらいいのか、わかりません。「とりあえず、また今度にでも、出直しいておいで。その時に。もう少し、話をつめていこう」とだけ言いました。 その日は、l・・・やはり例によって、喫茶メモリーズに向かうことにしました。みんなの意見を、聞いてみようと思ったからです。もしかしたら、トシオのことを、誰か、知ってるかもしない。うまい対処法を、教えてくれるかもしれない。 そんな時、 [続きを読む]
  • 時をかけるオヤジ… ひと味違うこだわりの男の巻
  • こんばんは!暇人です。今日は雨降り〜台風が接近するようです…風というより、雨がすごい!なので、お散歩は行けずじまい……とはいえ、図書館には、行きました。今朝は、ダンナ落ち着かず、朝からソワソワ〜警報が出ると、呼び出しを受けるので…「いつ、呼ばれるか、わからないよ」と言う。そのわりに、久しぶりに、 カビキラーにゴム手袋。そして、スポンジを握りしめ、せっせとアライグマです。こだわりの男です。なぜだか、 [続きを読む]
  • 10月21日に投稿したなう
  • daisysackyさんの投稿したなうアルファポリスに小説を投稿しました。よろしければ、お立ち寄りくださいね!https://ww w.10/21 5:26すみません、途中で飛んでしまいました。https://www.alphapolis.co.jp/novelです。ライト文芸に載せてます。10/21 5:27いつものスーパーで、困ったオジさんに出会う…詳しくはブログに書くけれど、車イスのおじさん、奥さんを怒らせて、ゲーセンに来たらしい10/21 15:07のんきなおじさん!奥さんは [続きを読む]
  • 宝の島を探しに行こう!(仮題)第5部 260
  •   岸本先生は、手持ちぶさたで、ボンヤリと、職員室をうかがったり、グラウンドの方を、眺めたりしていた。グラウンドでは、運動部が、走っているのが見える。休みに入ったとはいえ、案外、子供の姿がチラチラ見えたので、「みんな、まだ、学校に来てるなぁ」と、嬉しそうに、表情を緩めた。そうこうするうちに、「お待たせ」と、携帯を片手に、現れた吉川先生。「ついでに、鍵ももらってきたよ」と、軽くカギを掲げて見せた。す [続きを読む]
  • Case 13 新たなる訪問者  24
  • 「トシオって、どこの子か?近くか?」善行は、トシオのことを、子供扱いです。結構、いい歳の大人なんでしょうけどね。前向きに、検討しよう・・・と、善行にしては、珍しく柔軟な対応です。 「どこの・・・って、大したとこには、住んでないけど?と、今ひとつの反応なので、善行は、これ以上の追求はやめました。「まぁ、考えておくわ」と言い、「実家は近くか?」と聞くと、「ああ」とうなづき「5丁目だ」と、それ以上は、語る [続きを読む]
  • 断捨離するダンナと、外に出たい困った人たち
  • こんばんは!暇人です。今日も、雨降りの1日です。冷たい雨で…暖かいお茶が、美味しい季節です。そろそろコタツが恋しいなぁ〜と思ってますが、まだ早い!とガマンガマン!ダンナは、突然、狂ったように、片付けスイッチがオン!「断捨離するんだ!」と、ごみ袋を手に、バタンバタンとクローゼットを開け閉め…「あんたも棄てれば!」と、飛び火!こうなると、厄介なことになりますから…クワバラクワバラ…さわらぬ神に、たたり [続きを読む]
  • もう一つの宝の島 401 宝の島を探しに行こう!アナザーストーリー
  •  マサミちゃんもうなづきながら、その点を見つめます・・・「懐かしいわぁ〜、よく行ったわね」2人は顔を見合わせて、うなづきました。かやの外にいるユウタとソウタ。地図を見ても、わけがわからないし、大人二人は、自分達の世界に入っているしで、さっぱり わけがわからない・・・それは、ソウタも同じで、「ね、どこか、わかる?」小声で聞くユウタに、頭を振るソウタ。すると、マサミちゃんがようやく、手持ちぶさたな3人に [続きを読む]