225option さん プロフィール

  •  
225optionさん: 100万円をどれだけ殖やせるか?
ハンドル名225option さん
ブログタイトル100万円をどれだけ殖やせるか?
ブログURLhttp://option-kabu.blog.jp
サイト紹介文投機の作法 ー225オプションでどれだけ稼げるかの実験ー
自由文投機の作法 ー225オプションでどれだけ稼げるかの実験ー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 277日(平均5.4回/週) - 参加 2016/03/14 14:20

225option さんのブログ記事

  • 投機の作法ー多数意見は疑え!
  • 多数意見経済実態はよくないので、上値はあっても23000円そこそこ、むしろ更なる一段安を警戒すべきだ。相場が多数意見の通りに動くかどうかは分からない経験則から言えば相場は多数意見つまり市場コンセンサス通りに動かなかったことの方が多かったのですが・・。オプション取引をする目的は相場を宛てることではない。単純に儲けるためにやっているはずです。そのためには原資産である日経平均が、ここから1000円程度で [続きを読む]
  • 不安な投資家はけい線に縋るが・・
  • けい線は溺れる者の藁に過ぎない。藁にも縋りたい気持ちは分かるが、藁に縋っても助からない、というのが統計学者の言い分です。(言い出したのは民族学者、柳田国男氏ですが)面白いことにけい線は知名度の高さに比例して、独断と偏見に満ちてくる傾向があるようです。(限りなく宗教に近づく)目の球が飛び出すような高額の本を売りつけておいて「この本はわざと難しく書いてあるので百回読め」といったようなことを臆面もなく言 [続きを読む]
  • この波乱をどうとらえるか?!
  • リスキーであるからとしてヘッジをしまくり、結果として大怪我こそなかったが利益もなかったという道を選ぶのか、それとも波乱をチャンスとみて積極的にリスクをとりに行くのか。私は無論、後者を選びます。下がるから売る売るから下がるという下げの循環に入り、下値のメドが云々される段階になって小賢しげにリスクパラメータがどうのこうのと能書きをたれても始まりません。ピンチがチャンス。これが紀伊国屋文左衛門以来の歴史 [続きを読む]
  • 当面は手堅く
  • 「裸売り」(それにしても品の無い言葉です、せめてセルボラとでもいってほしい)していて何が手堅くだ、というムキもあるかも知れませんが、その点当方なりの熟慮の結果であり確率的根拠に基づいての行動であるといっておきます。100万円程度の少額資金を運用するのにリスクテイクを過度に恐れていては、何時になっても資金は殖えません。今のように市場参加者がおっかなびっくり疑心暗鬼でいる時にIVが急上昇したことがないの [続きを読む]
  • 年間倍増程度は・・
  • これだけいいチャンスがあり、いいタイミングでスタートできたのにも拘わらずはなはだ不本意ではありますが、それでも年間倍増程度にはなるのではないかと思います。週明けから少しづつ手を加えていく予定です。 [続きを読む]
  • 日経VI指数を見ながら考える
  • 日経平均VI指数が15ポイントに近づくか、30ポイントをオーバーするまでは基本的に勝負に出ない。目先相場は今日のように波乱はあっても意外性はありません。これは市場参加者がすでに波乱を覚悟しており、予想外のIV上昇はないとみても大過ないと考えています。日経平均VI指数現在の損益図(上記チャ−ト及び指標計算はJP法研究会「オプション・ストラテジィ」使用)225オプションソフトhttp://www.neuralnet.co.jp/system/05.html [続きを読む]
  • つかの間の均衡
  • 建玉数が少なかったこと、かなりアウトを売っていたこともあり本日の急落にも余り影響されませんでした。ただし、IVの大幅上昇は予測違いでした。投下資金の大きい向きは、予想外の下げがあろうとなかろうとプットを買ってリスクヘッジしておくべきでしょう。当方の場合、投下資金が少ないこと、現時点ではポジションデルタがわずかではあるがマイナスになっていることを勘案して、とりあえずは静観します。 [続きを読む]
  • 面白くなってきた!!
  • 予想外の急騰で面白くはなってきましたが、相場の勢いには逆らえません。様子を見てポジションに多少手を加える必要がでてきたかも知れません。(コール売りを後退させプット売りを追加する)現在の損益図 [続きを読む]
  • 当面静観
  • 多少の相場波乱は覚悟していますが、IVの急上昇はないと思っています。しかし、週末から中間選挙の結果が分かる来週前半までの相場を見てから方針を決めるつもりです。リスクをいくらヘッジしても損をする時は損をします。(ただ壊滅的損失は免れるというだけの話です)小さな利益しか見込めない時に小賢しくリスクヘッジをしてまで市場に参加したいとは思いません。(相場大暴落に賭けて先物を売るというなら話はべつですが・・) [続きを読む]
  • ポジション調整
  • 12月限23000円コール売り205円で買い返済。11月限24000円コール2円で買い返済。11月限25000円コール各1円で買い返済。12月限18000円プット54円で1枚新規売り。12月限24000円コール56円で1枚新規売り。追加11月限19500円プット15円で1枚買い返済。1月限15000円プット21円で1枚新規売り。 [続きを読む]
  • 個人投資家だからこそ儲かる
  • 大手機関投資家やヘッジファンドがしのぎを削る中で個人投資家が勝てるはずがないと思っている人がいるかもしれません。私は全く逆であると信じます。何故なら個人投資家は勝てるも見込みのない時には何もしなければいいだけですが機関投資家やファンドの運用担当者はそういうわけにいきません。その証拠に今回程度の下げでも多額の評価損を抱えたり、閉鎖を余儀なくされたファンドがけっこうあります。私はこれまで自分の目で金融 [続きを読む]
  • ギリシャ文字を理解する前に人間を理解すべきだ!!
  • このブログしぶとく生き残っています。私の実験ポジションは今でも年率100%の路線上を走っていると思っています。不思議と私の裸売りが非難された直後にIVの縮小が起こってるのは事実です。私はギリシャ文字(変な言葉ですね)以前に人間の行動心理学を重視します。人間を理解できずに人間の行動の所産である相場が分かるはずがありません。 [続きを読む]
  • あくまで裸売りを続ける!!
  • 以下あくまで個人的な判断であることをお断りしておきます。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------なぜ裸売りを続けるのか?1)チマチマとヘッジをかけていたのでは利益の急激な増加は期待できない。2)IV(予想変動率)のタカを括ったから。何故、IVのタカを括ったのか?市場参加者のリスク回避行動が山場を越したとみるから。基本的な方針として [続きを読む]
  • 無礼は許さない!!
  • コメント欄も賑わってきてうれしい限りです。ただし、投稿者の品性と知性を疑わせるような「アホがいる」的な発言は許せません。私が最も嫌いかつ憎むのは「ブラック・スワン」の著者N・N・タレブいうところの「ソビエト=ハーバード流の錯覚」です。私が目指しているのは、これまで度々言ってきたように「百万円のという少額資金を如何に短期間に非日常的な水準にまで殖やせるか」という実験であり、そのためには手持ち資金もある [続きを読む]
  • 執拗に市場につきまとう
  • なんか新規まき直しの感じになってきました。2月から営々と積み重ねてきた利益は現時点では49万7千円と大幅に減少してしまいました。(20750円のプットを手仕舞った結果)以下、具体的な方針だけを記します。できれば今日の夜間取引で、20000円のプット売りも手仕舞い、IVが40ポイント近くのプットを3枚ほど売る予定です。指値及び行使価格は市場性の問題もあり今回に限り事後報告とさせて頂きます。 [続きを読む]
  • 機会を見て反撃に・・
  • 多分、相場は大方の参加者がみているように「下値模索」の段階なのかも知れません。例月ですと、今週末あたりから11月限のプレミアムが急速に剥げ、12月限を仕掛けるタイミングになるはずなのですが、再度の急落によりIVの急騰があるのかどうか、その時、証拠金はどうなっているのか見定めて反撃にでたいと思います。現時点で狙っているのは12月限17000円から17500円のプットの売りです。 [続きを読む]
  • 一歩後退・・
  • とりあえず保証金に配慮して21000円プットを190円で1枚買い返済。更にもう1枚返済するつもりです。完全に相場を間違えました。当面撤退します。ここで撤退しても、これだけボラが高ければ必ず回復できる(さほど時間をかけずに)と信じています。最悪の事態は負けて市場から退出することです。約定成立さらに21000円プットを200円で1枚買い返済。現在のポジション [続きを読む]
  • 日経VIは下方収れん・・
  • 当面は原資産である日経平均よりもIVがどうなるかに注目すべきであり、現在のように市場参加者が急落の可能性に怯えている時に、IVの急上昇はない。過去の経験則を識者の意見より重視することにしました。本日寄り前の時点で、大方の市場参加者は「相場は急落するだろう」と予想していました。しかし、中国市場の急騰をみて日経平均は逆にプラスになってしまいました。相場の動きはどうなるか自分の能力では分からない。ただし、ビ [続きを読む]
  • 予想変動率(IV)と時間的価値の減少が味方するはず
  • 日経平均VI指数は想定通り落ち着いた動きになってきました。現時点のポジションはちょっぴり評価損になっていますが、心配はしていません。来週後半になると11月限プットは時間的価値の減少によりプレミアムの剥落に拍車がかかるはずです。------------------------------------------------------------------------------------------------------------今月11日、12日付けで「ここから新規にオプション取引を始めるなら」と [続きを読む]