めい さん プロフィール

  •  
めいさん: ?4歳と2歳  マイペースにモンテ教育と英語育児?
ハンドル名めい さん
ブログタイトル?4歳と2歳 マイペースにモンテ教育と英語育児?
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yuayua0523/
サイト紹介文モンテッソーリ教育、アドラー心理学に沿った育児ブログです。 DWEやってます
自由文4歳の娘と2歳の息子の成長を中心にブログを綴ってます(*^^*)
笑顔で2人育児を楽しむのが目標\(^o^)/

モンテッソーリ教育とアドラー心理学に基づいた育児を実践中!
英語や知育もゆるーくやっております?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/03/14 16:25

めい さんのブログ記事

  • 2歳 はさみのお仕事を始めました
  • 娘の保育中、はさみを息子に持たせてみました初めてのはさみに最適かわかりませんが、今家にあるのが折り紙だけだったので、それを一度で切れる太さにしてから渡しましたお姉さんの工作をいつも羨ましそうに見ていた息子。何度もはさみを使いたがっていたのですが、まだまだ持ち方が危なげだったので先延ばしにしていました今回はスムーズに切れていたので、本格的に家でもやらせてみようと思っています念願のはさみを手にしたから [続きを読む]
  • 極寒の中、公園に行けないのは私だけ?
  • お昼から気温が上がり、過ごしやすい日でしたそんな今日でさえ、公園に行く勇気が湧いてこなかった私幼稚園からも、全身運動のために毎日マラソンをするようにと指導されてるのですが、積雪を理由に今年に入ってからサボりまくっています最近子供達がギャーギャー騒ぐのも、運動が足りていないんだろうな〜同じ年代のお子さんを持つお母様方は、どう乗り切られてるのだろう??やっぱり我慢して公園連れて行っているのでしょうか? [続きを読む]
  • イヤイヤ期なんてない?子どもの行動には意味があります
  • 敏感期の子どもの特徴・卓越した集中力・夢中になる力を発揮する ・固執何度も何度も繰り返したがる ・「もう十分、マスターした」と納得すると、その行動に興味を示さなくなる。敏感期に整えられた環境を与えられた子どもは心身共に満たされ、幸福感を感じ自信に満ちています。できるようになるまで見守ってもらえることへの安心感で、安定した心や自己コントロールも培われていきます。さらに、自分の成長が大切にされているとい [続きを読む]
  • それ本当にイヤイヤ期?子どもの行動を分析してみよう
  • イヤイヤ期の実態赤ちゃんは生まれてから3ヶ月で首がすわり、次に6ヶ月でお座りができて、ずり這い、ハイハイののちに1歳前後には歩けるようになりますこのように子どもには、生まれたときから自分で自分を成長させる力を持っています子どもは《自然から課された宿題》を成し遂げるために、例え大人から遮られても決して屈しません。 大人しいなと思っていたら、ティッシュを全て出して遊んでいた急いでいる時、靴を自分で履きたが [続きを読む]
  • 自立した子どもに育てたい!おススメの教育は?
  • ブログのタイトルにあるモンテッソーリ教育最近、藤井四段の集中力を育てたと日本で有名になりましたが、海外では主流のようですね私がモンテッソーリと出会えたきっかけは①主人の通っていた幼稚園もモンテッソーリ教育を取り入れていた②転勤で関東に越してきたところに丁度モンテッソーリ園があったこと主人はお仕事の様子をみるまで、自身がモンテッソーリ教育を受けていたことを忘れていたようですが、義母に勧められてプレス [続きを読む]
  • 3歳で性格が決まる?新米ママの心得
  • 子どもの性格上の問題は、全て0-6歳の間に受けてきた扱い方が原因です3歳頃までの環境によって、それぞれの子どもの性格がでてきます0-3歳で間違った扱い方を受けてきた子どもは、3-6歳で補うことができます0-6歳で性格形成が十分出なかった場合、6歳以降に十分な精神発達ができず、悪化することもあります昨年末、娘の通うモンテッソーリ園の懇談会での話ですプレスクールから通っていますが、3歳までの親の子への接し方で全てが [続きを読む]
  • プチプラ知育!子どもの可能性をぐんぐん伸ばそう
  • 知育玩具って高いな〜そんなイメージありませんか??最近の100均はクオリティが高く、少しの工夫で立派な知育玩具に変身してくれますよ我が家でイチオシの100均おもちゃを紹介します1位 塗り絵工夫なんて全く必要なく、コンパクトでどこでも持ち歩いて遊べるのですごく便利です4歳にもなるとかなり完成度が高くなってきて、見本と同じ色で塗るのが好きみたいです2位 小麦粘土モンテッソーリ園では2歳児クラスからお仕事として登場 [続きを読む]