ニシ さん プロフィール

  •  
ニシさん: ニシゾウさん
ハンドル名ニシ さん
ブログタイトルニシゾウさん
ブログURLhttp://nishizou.blog.jp/
サイト紹介文洋書メインの読書記録&海外子育ての話
自由文2016年からシンガポール滞在。それ以前は中東、ヨーロッパ、日本、オセアニアに住んでいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/03/14 16:40

ニシ さんのブログ記事

  • Matilda Bone - Karen Cushman
  • この1冊でKaren Cushmanにハマったーたまたま図書館で見つけた本だけど、いつも私の借りる本の基準は、「たまたま手に取った」なんだけどねこれはヒットですKaren Cushmaの描写する古いイギリスの世界観が好き。Matilda Bone [Kindle版]Karen CushmanClarion Books2000-10-1614世紀の庶民の生活が生き生きと書かれていてまるで目の前で起こっているかのようなにぎやかな市場、キレイではなかろう路地、寒さに震える夜、助け合う人 [続きを読む]
  • 約1年、ご無沙汰してました
  • この1年間は娘の成長とともに、娘の読む本の傾向が変わってきたよ。子どもってすごいな〜って感心よ。2017年3月の時点では、幼稚園年長で、学校から読書の宿題が出るのね。幼稚園年長だったけど、幼稚園に行っていたわけではなく、インターだから8時半〜16時まで学校みたいな感じで授業もあるし、全校集会もあるし、宿題も出るんだよね。年長さんが読む宿題は毎日1冊もちろんテストもあって、レベルがどんどん上がってい [続きを読む]
  • Big, bad owl - Steve Smallman
  • 娘のフクロウ熱も最近落ち着いてきたな。可愛いフクロウのお話より、もうちょっと複雑な話が好きになってきた。子供の成長って早いな〜って思う。この本は、大切にしてるフクロウのお人形に読んであげたいと言って借りてきた本の1つ。Big, Bad Owl [ペーパーバック]Steve SmallmanLittle Tiger Press2014-04-07内容は、特別な感じでもないけどね〜。こんな感じ↓いつも文句ばかり言ってて、不機嫌なフクロウのScowl。他の動物たち [続きを読む]
  • Dr.Suessでライミング (Rhyming )
  • 先月、子供のインターでDr. SuessのFox in socksのweekがあったの。Fox in Socks Book & CD (Book and CD) [ペーパーバック]Dr. SeussRandom House Books for Young Readers2005-01-051週間かけて、Crazyな雰囲気を味わった娘。その日以来、Dr.Suessの大ファンにFox in socks weekでは、学校からのお知らせで、月曜日はCrazy hatを着用。娘と手作りしたよ↓火曜日はCrazy socks色違いのシマシマ靴下にしたよ。水曜日はCrazy colour [続きを読む]
  • リーディングの練習の付き合い
  • 日本で言うとまだ年長さんなんだけど、娘のインターでは宿題が毎日出るのよ。英語のリーディングは毎日提出(;´д`)トホホ英語のライティングは週1で提出。(コレ結構大変)毎日コツコツと宿題をやるのは非常にメンドクサイ一番サボりたいのは母ちゃんですビール飲んで柿の種食べて、ゴロゴロしたいのです。インターでは月〜水はエクストラカリキュラムがあり、帰りが17時ごろ。金曜日は水泳のレッスン。帰りは18時ごろ。娘が友 [続きを読む]
  • The owl who was afraid of the dark - Jill Tomlinson
  • The Owl Who Was Afraid of the Dark [ペーパーバック]Jill TomlinsonEgmont Books Ltd2000-09-01フクロウの子Plopは、暗いのが怖い。パパとママが暗いのは怖くないと教えても、怖がって夜は巣から出たがらない。Plopは、夜の暗さについて、色んな人にどう思うか聞いてみます。Plopが夜の暗さを克服して、夜が大好きになるお話し。フクロウ可愛いな〜。こんなフクロウに話しかけられたら、ドキューンだわ [続きを読む]
  • Granny - Anthony Horowitz
  • Granny [Kindle版]Anthony HorowitzWalker2011-03-17グラニーの殺意が怖かった〜でも面白かった!最強に意地悪でわがままで恐ろしいグラニー(お婆ちゃん)の話。こんな怖いお婆ちゃんいたら、家に帰りたくない。主人公ジョーが直面する数々のグラニーの悪行を誰にも話せなくて、誰にも助けを求められなくて、グラニーは着々とジョーを殺すための準備に入る。ジョーはまさか自分が若返りのための薬の材料とは知らず、グラニーにま [続きを読む]
  • Mossy - Jan Brett
  • Mossy [Kindle版]Jan BrettG.P. Putnam's Sons Books for Young Readers2012-09-18絵に引き寄せられた感じ亀の甲羅の上に苔が生えてて、草花やベリーも育ち、小さなガーデンになってる!こんな絵画があれば欲しい!ストーリーは、亀の恋バナみたいんもん。亀のモッシーは、ジメジメしてて涼しいところが大好き。 モッシーの背中には色々な植物が生えてて、そんな自分の姿を池に映してみるのが大好きある日、池から目がルビー [続きを読む]
  • The Devil and his Boy - Anthony Horowitz
  • The Devil and His Boy [ペーパーバック]Anthony HorowitzPuffin Books2007-01-11おもしろかった〜。パチパチパチ〜。最近、Anthony Horowitzもお気に入りGroosham Grangeを読んでから好きになっちゃいました。コメディーっぽいところも好き話は、実際の人物をベースに書かれてる。時代は16世紀のイギリス。登場人物の中にエリアベス1世やシェイクスピアも出てきて、スリや泥棒、殺し屋とか全員が実在人物で、読んでてワクワク。そ [続きを読む]
  • The Happy Owls - Celestino Piatti
  • The Happy Owls [ハードカバー]Celestino PiattiNorth South Books2013-05どうしてフクロウが喧嘩もせずに仲良く幸せに一年中過ごせるのか、説明しても全然理解できない家畜の鳥たち。季節の移り変わりを美しいと思わない鳥たちと自然を楽しみ、それを幸せと思うフクロウの決定的な価値観の違い。 なんか、こんな人間、いるよな〜って思った。ふふふ。子供にしてみれば、この本は、説明してあげないと、ちょっと難しいかもし [続きを読む]
  • The Big Woods Orchestra - Guido Van Genechten
  • The Big Woods Orchestra [ハードカバー]Guido Van GenechtenClavis Publishing2012-04夜遅く、みんなが寝静まっているころ、耳を澄ますと聞こえてくる鳥たちの演奏。フクロウ、ツグミ、キツツキ、山鳩、カラスなど、順番に次々と沢山の鳥が出てきます。そして最後はお決まりの、朝1番になくニワトリ!こんな演奏、聞いてみたい!贅沢〜 [続きを読む]
  • Hoot and Peep - Lita Judge
  • Hoot and Peep [Kindle版]Lita JudgeDial Books2016-03-01フクロウのPeepは兄フクロウHootより、ルールやしきたりにとらわれない自由な生き方を好む女の子。兄Hootが妹Peepにフクロウのルールを教えようとするけれど、妹Peepは独自のやり方を貫き通す。兄Hootは次第に妹Peepがやっていることがフクロウの常識ではないけれど、面白くて素晴らしいことだと気が付き始める。パリの夜の景色がキレイ! [続きを読む]
  • Owl Babies - Martin Waddell
  • Owl Babies [ペーパーバック]Martin WaddellCandlewick2002-04-01フクロウ好きにはどうぞ!可愛いフクロウの3人姉弟。夜、3羽が寝ている間にママは餌を捕りに出かけました。3羽は目が覚めてママが居なくてビックリ。どこへ行ったんだろう?餌を捕り行ったのかな?キツネに捕まっちゃったのかな?ママに会いたいな。ママ、無事に帰ってきて。3羽はきちんとママを待てたかな?末っ子フクロウのビルが可愛い [続きを読む]
  • Willy the Wimp - Anthony Browne
  • Willy the Wimp (Willy the Chimp) [ペーパーバック]Anthony BrowneWalker Books Ltd2014-09-04強い男とは、体だけじゃない。、優しい心と自信と勇気が必要なんだよね。虫も殺せない心の優しいWillyが強い男になりたくて通販でボディビルダーの教材を購入する。教材通りに運動し、努力を続けた結果、体はマッチョに!!マッチョなWillyは、ゴリラギャングに虐められている人を発見。今まではWillyが虐められていたけど、マッチョな [続きを読む]
  • Gorilla - Anthony Browne
  • Gorilla [ペーパーバック]Anthony BrowneCandlewick2014-02-11アンソニーブラウンの本って、クスって笑えて、心が温まる本が多いな〜。心の栄養になる本が多いんだよね。ハナはゴリラが大好き。ゴリラの本を読んだりTVを見たり絵を描いたり、とにかくゴリラが大好きなんだよね。でもまだ本物のゴリラを見たことがない。パパは毎日仕事で忙しく、家に帰ってきてからも仕事をしているのでちっとも遊んでくれない。ハナは誕生日のプレ [続きを読む]
  • Esio Trot - Roald Dahl
  • Esio Trot (Colour Edition) [ペーパーバック]Roald DahlPuffin2016-11-22さすがロアルド・ダール、よくこのタイトルを思いついたな〜と感心この本を手に取ったとき、ESIO TROTがTORTOISEの反対だとは気が付かなかった!カメがキューピッドの恋バナ。主人公のホッピーさんは、仕事を退職し、ベランダで花の栽培をして過ごす毎日。1階下に住む未亡人のシルバーさんに恋をしてて、いつかは仲良くなりたいと思うけど、なかなかきっか [続きを読む]
  • 好きな場所は図書館
  • 今年もあっという間に始まってしまった 年末は、香港&日本で過ごし、先週、シンガポールへ戻ってきました年末年始は親せきの子供達が遊びに来たから家が託児所のようになり、私と母で子供たちの面倒を見る係に変身母は料理担当、私は遊び担当。去年後半くらいから、急に児童書が好きになってしまい、児童書ばっかり読んでるよ。児童書って、おもしろいわ〜。ラブシーンも出てこないし、殺人も出てこないし、読んでいて気が楽今ま [続きを読む]
  • For one more day - Mitch Albom
  • For One More Day [ペーパーバック]Mitch AlbomHyperion2008-04-01もう一日 for one more day [単行本]ミッチ・アルボム日本放送出版協会2007-02-24ミッチ・アルボムの小説は本当に読みやすい。淡々と物語が進んでいくけど、とても引き込まれる作品読んでてびっくりしたのは、チャーリーの父ちゃんの隠された秘密。いくらなんでもそれはヒドイ!ヒドイよ、父ちゃん元プロ野球選手のチャーリー。チャーリーが10歳の時、両親は離婚。 [続きを読む]
  • Dead Boy - Laurel Gale
  • Dead Boy [Kindle版]Laurel GaleCrown Books for Young Readers2015-09-29これはなかなか面白かった読んでいて飽きない!大人でも充分楽しめるストーリータイトルからわかるけど、主人公の少年Crowは死んでるよ死んでいるけど生きていて、ちゃんと成長するの。ある意味、ゾンビみたいな感じ。このCrowが何故こんな体になってしまったのか。Crowの親は何か大切な秘密を隠していること。Crowは友達が欲しくて欲しくてたまらないこと [続きを読む]
  • Diary of a Christmas Wombat - Jackie French
  • Diary of a Christmas Wombat [ペーパーバック]Jackie FrenchHarperCollins Children's Books2012-10-25寝る前に読み聞かせすると、おもしろくて、眠気が吹き飛びますWombatにとって、クリスマスもサンタさんもどーでもいいことで、大好きなニンジンを求めて知らないうちに旅をします。実際、旅をしている間は、サンタさんのソリで爆睡です。ニンジンが誰にもとられないように、バトルをしたりもします。とにかくWombatがキュート [続きを読む]
  • Groosham Grange - Anthony Horowitz
  • Groosham Grange [ペーパーバック]Anthony HorowitzWalker Books Ltd2003-05-05おもしろい!ハリーポッターに設定が似てるんだけど、ハリーポッターよりもコメディ!こういうの好きだわ〜ハリーポッターのホグワーツのような学校がGroosham Grangeで、学校の生徒は、なぜかみな変顔は青いし、笑わないし、死人のような。先生たちは、狼男だったり、黒魔術師だったり、死人だったり、数百年生きていたり、頭が二つあったりする。主 [続きを読む]
  • Puss Jekyll Cat Hyde -Joyce Dunbar
  • Puss Jekyll Cat Hyde [ハードカバー]Joyce DunbarFrances Lincoln Children's Bks2013-03-26すごく怖い!寝る前に読んだら、恐怖で眠れない。ギャーーーストーリーが怖いんじゃないよ。ジキルとハイドのハイドの時のネコの絵が怖いの!最後のほうに、こんな怖い猫↓キャーやめてくれー本は詩のような感じに書かれてるから、リズムがあって読みやすいけど、絵が怖いから油断禁物!ジキルとハイドをなんとなく知ってないと、なんで [続きを読む]
  • Home for Christmas - Jan Brett
  • Home for Christmas [ハードカバー]Jan BrettG.P. Putnam's Sons Books for Young Readers2011-11-01絵が凝ってる〜。北欧の絵って感じで好きトナカイの毛、1本1本が丁寧に描かれて、アートワークが素晴らしい! クリスマスシーズンにどうぞわがままで自分勝手なロロは、家族の手伝いもせずに、自分の好きなことばかりして遊びまくり♪家族を思いやる心を持たないと、尻尾が取れないんだよね。遊んで遊んで遊びまくって、全 [続きを読む]
  • The Lion and the Bird - Marianne Dubuc
  • The Lion and the Bird [ハードカバー]Marianne DubucEnchanted Lion Books2014-05-06癒される系〜。心がほっこり温かくなる。心の優しいライオンが、怪我をして動けなくなった鳥を助けてあげて、二人の間に友情が芽生えます。鳥がライオンの頭の上に座って寒い冬を過ごすのがとっても可愛い!1ページに2行くらいの英語で絵がシンプルで可愛い。読み聞かせで何度も読んであげました [続きを読む]
  • Man's search for meaning - Viktor E. Frankl
  • Man's Search for Meaning [マスマーケット]Viktor E. FranklBeacon Press2006-06-01あ〜、難しかったなんじゃこりゃーって思うほど、後半からは難しかったよ本の半分は、本人の体験記。分析と体験を語りながらの前半はスラスラと簡単に読めたんだけど、後半の専門的な分析は、正直難しくて、くじけそうになった私、こんなに英語の読解力なかったっけ?って思うほど、自信を無くした一冊だわ〜。でもね、読み終わったら、すごい自 [続きを読む]