チャーリー55 さん プロフィール

  •  
チャーリー55さん: VIVAOKINAWA〜チャーリー55の写真日記〜
ハンドル名チャーリー55 さん
ブログタイトルVIVAOKINAWA〜チャーリー55の写真日記〜
ブログURLhttp://charlie555.blog.fc2.com/
サイト紹介文三十路男子の勝手気ままな写真日記です。 日々の出来事をブログに気軽に綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/16 13:40

チャーリー55 さんのブログ記事

  • 火を宿す葉
  • この葉はクロトンの葉で、トウダイグサ科の常緑低木で高さは1m〜2mになり沖縄ではよく見受けられます。葉の色は白・黄・赤・緑・淡紫・褐色と色彩豊かでバリエーションも豊富、形状も種類によっては独特な形をしていて艶があり不思議な魅力があります。また、沖縄では古くから火の神様にクロトンをお供えする風習があります。いつ見てもその独特な色彩に引き込まれ何か妖力めいたものを纏っているように感じてなりません。南国の沖 [続きを読む]
  • シークヮーサーの成分と効果
  • シークヮーサーの果皮と果汁に6種類のフラボノイドが豊富に含まれていまして、その中でもフラボノイドの一種であるノビレチンは、他の柑橘類のおよそ2倍〜12倍、皮の部分では400倍も含まれています。ノビレチンは、血糖値を下げるホルモンやインスリンの働きを促進させるので糖尿病に役立ち、血圧コントロールし血液をサラサラにする効果があるので高血圧にもよい効能があるとされ生活習慣病を予防すると共にがんを抑制する作用が [続きを読む]
  • パパイアの木 Papaya tree
  • この日、晴れた空の下畑にてパパイアの木をパシャり♪写真で見えているのはまだ未熟な果実である青パパイアでたくさんの実をつけて重そうです。今にも落っこちてきそう(゚△゚;ノ)ノ葉の形状も独特で雪の結晶を見ているようです。それと、パパイアという響きと英語の読みからパパイアペン〜♪というフレーズが浮かんできます(笑)沖縄でよく目にするパパイアの木は大きくなると高さ7〜10メートルにもなり、樹木は背が高いぶん台風など [続きを読む]
  • 月光-Super moon-
  • 1948年以来68年ぶりのスーパームーンを沖縄で見ることができました^_^闇夜の中神々しく輝き、月明かりがいつも以上に明るく町並みを照らしていました。時間帯によっては大きく見えたようです。私が見たときはいつもより若干大きいかなと思うぐらいの満月でしたが、それでもその満月は68年ぶりなだけあって特別な光を放っていました。白熱電球が蛍光灯に変わったぐらいの明るさと言ったほうが分かりやすいかもしれません。 [続きを読む]
  • 第61回沖縄全島エイサーまつり(最終日1)
  • 第61回沖縄全島エイサーまつり、最終日の模様です。この日は時間の都合でエイサーの演舞は見ることは出来ず(T_T)エイサー終了後に行われるカチャーシーとフィナーレイリュージョンであるレーザーショーと打ち上げ花火を見ることが出来ました。カチャーシーは沖縄方言で「かき回す」という意味があり、両手を頭上に上げて演奏のリズムに合わせ手を左右に振り、かき混ぜるように観客も一緒になって踊ります。沖縄では演奏や宴席の [続きを読む]
  • 第61回沖縄全島エイサーまつり(初日)
  • この日は沖縄の夏祭りのトリを飾る第61回沖縄全島エイサーまつりの初日にあたりエイサーをしながら練り歩く道じゅねーです。市内の青年会8団体と宜野湾市普天間一区青年会が一堂に集まり道じゅねーを行います。その光景は、ほかではほとんど見られず、まさしくエイサーの町沖縄市ならではですね〜道じゅねーの最終地点であるコザゲート通りで撮影していて沿道沿いにはエイサーを見ようと大勢の観客で賑わっていました。迫力のある [続きを読む]
  • 人魚の涙 sea glass
  • 波に揉まれ幾千の時を経て作りあげられた自然の芸術。とても淡く、やさしく、涼しげです。けど、元を辿れば人間の手によって捨てられたゴミが海の手(波)によって押しては返され海の宝石として流れ着く。綺麗ですけど、なんか複雑な気持ちで眺めていました。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • サカモトサワガニ Sakamoto river crab
  • 和名:サカモトサワガニ分類:エビ目サワガニ科学名:Geothelphusa sakamotoanaここ勝山の畑でも小川があり清らかな水が流れている場所なのでサカモトサワガニをたまに見かけることがあります。小さい固体のうちは川の中で岩の下などに身を隠しながら成長していき、主に水中で生活しますが、大きくなるとこのように陸上でも活動するようになり水辺よりその周辺の陸上へと活動範囲を広げていくようです。沖縄島、奄美大島、徳之島、 [続きを読む]
  • 旧盆の舞い
  •  8月15日のこの日は旧盆の初日(ウンケー)にあたりこの時期になると夜な夜な太鼓を叩く音と三線の音色が町内に響き渡り、手踊りの優艶な舞いが繰り広げられます。そう、沖縄と言えばエイサーですよね!沖縄の伝統芸能であるエイサーでご先祖様をお出迎えします。沖縄では旧盆の初日にあたる8月15日は先祖をお迎えする日になっていてウンケーといいます。※毎年、沖縄では旧暦でお盆を行うので、お盆の時期は変わります。私の地元 [続きを読む]
  • 夕暮れ時 At dusk
  • 光と影の境目に佇み、海を望み見る。平和な時間、安らぎの時、今日も記憶の1ページが刻まれる。どうか、どうか、永久に永遠であれ・・・                            byチャーリー55にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • シークヮーサーの特徴
  • シークヮーサーの果実の大きさは3〜4cm程で重さが25〜60 グラムの小さい果実ですが、沖縄のティーダ(太陽)をたくさん浴び、やんばる(勝山)の大地から自然のエネルギーを吸収し凝縮され結晶となったミラクルフルーツです!青切りシークヮーサーは濃い緑色の果皮でしてレモンと違い香りと酸味にさわやかでいて深みがあります。青く未熟な状態で収穫されるのが通常で完熟果皮が黄色くなる完熟シークヮーサーの頃合には、糖度 [続きを読む]
  • 月桃 Alpinia zerumbet
  • 月桃はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草で高さは3メートルぐらいです。みずみずしい白色のつぼみが太陽の光を浴び白く輝き、爽やかな香りを放っていました。少し見えにくいですが、数個のつぼみから蘭に良く似た鮮やかな黄色い花を咲かせているのが見えます。沖縄の方言では月桃をサンニンと呼び、沖縄では古くからお餅を月桃の葉で巻き、蒸して作るムーチー(餅、鬼餅)に利用されてきたことから沖縄ではとても [続きを読む]
  • シークヮーサーとは?
  • シークヮーサーはミカン科の常緑低木・かんきつ類で、沖縄など琉球諸島や台湾に自生しています。高さは5 メートルほどの常緑低木に白い花を咲かせ、和名では「ヒラミレモン」とも呼ばれています。 名前の由来は 酸っぱいの「シー」、食べさせるの「クワーサー」という沖縄の方言から来ており、皮が濃い緑色をした未熟果の時は球体で丸みを帯びそれを青切りシークヮーサーといい、熟するにつれてミカンのように扁平型のオレンジ色に [続きを読む]
  • ヒカゲヘゴ 4colors
  • 恐竜の木の正体は沖縄県北部の亜熱帯地域である「やんばる」で見られるヒカゲヘゴというシダ植物です。なんとヒカゲヘゴは1億年前に誕生した植物です!高さが10m以上にもなる木生のシダで大きく広げた葉は一枚の大きさが3m近くにもなるようです。なので大きく広げた葉は近くで見ると迫力がありながらも繊細でとても美しいです。そして湿度が高く、日当たりの良い場所に生えるヒカゲヘゴはシダ植物なので実はつけず、胞子を飛ばす [続きを読む]
  • 恐竜の木
  • その木を眺めていると恐竜が闊歩する太古の森に迷い込んだかのよう。人類のいない遠い世界、進化の過程が走馬灯のように頭をよぎる。静かに目を閉じる、今は暗い地中に眠るのが見える。今度は深く目を閉じる、そうすると一本の壮大な生命の糸で繋がっているのが分かる。地球を感じる、地球の鼓動が聞こえてくる。地球の歴史、恐竜の歴史、人類の歴史、どれも尊い生命の物語。                           [続きを読む]