安土桃太郎 さん プロフィール

  •  
安土桃太郎さん: 廃城にゆく
ハンドル名安土桃太郎 さん
ブログタイトル廃城にゆく
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hokuto19760725/
サイト紹介文お城や神社を中心とした史跡巡りのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/03/17 01:52

安土桃太郎 さんのブログ記事

  • 篠山城にゆく 其の六:内濠沿いからの石垣
  • 兵庫県篠山市にあります篠山城趾です。 今回は埋門まで戻り、埋門より先の石垣沿いの散策からスタートです。 三ノ丸跡まで降ります。 篠山城跡では二の丸の南側にある埋門を抜け、南内堀沿いを歩いて見学できるルートが整備されています。この周遊ルートを歩くと篠山城跡でもっとも高い天守台の石垣や、現在おこなわれている内堀石垣の復元整備工事を間近で見ることができます。 [続きを読む]
  • 篠山城にゆく 其の五:大書院内部後編
  • 兵庫県篠山市にあります篠山城趾です。 今回も大書院内部よりスタートです。 葡萄之間より奥に進みます。 梵鐘が展示されていました。 この梵鐘は四代藩主松平康信公によって、 造られ城中の道場にかけていたものです。 いよいよ上段之間へと向かいます。 ここから一気に雰囲気も変わってきます。 [続きを読む]
  • 篠山城にゆく 其の参:本丸跡
  • 兵庫県篠山市にあります篠山城趾です。 今回は、本丸跡よりスタートです。本丸へはこの石鳥居をくぐり向かいます。 現在の本丸跡は、青山神社の境内になっています。 本丸跡の説明板です。 篠山城の本丸の場所は築城当初は、殿守丸と呼ばれ、現在の二ノ丸が本丸でしたが、天守台が造られたことにともなって、ここが本丸になったそうです。 石碑があります。 [続きを読む]
  • 篠山城にゆく 其の弐:二ノ丸跡から埋門跡
  • 兵庫県篠山市にあります篠山城趾です。 今回は二ノ丸広場よりスタートです。 だいの真裏になります。二ノ丸広場の地面には、二ノ丸御殿の部屋割りが表示されています。 二ノ丸御殿整備および二ノ丸の説明板です。 二の丸御殿跡は古絵図にのっとって、当時の部屋割りをみかげ石で区切り、平面表示の工法で、2002年に完成しました。総工費1億1千万円をかけて整備された [続きを読む]
  • 篠山城にゆく 其の壱:大手道から二ノ丸へ
  • 兵庫県篠山市にあります篠山城趾です。 当ブログ85城目となる篠山城趾は、JR篠山口駅からバスで15分ほどで到着します。 当日は、三ノ丸跡で丹波篠山さくらまつりが開催されていました。 篠山城趾は桜の名所としても有名でシーズンになると城跡をとりまく堀の周りに約1,000本のソメイヨシノが咲き誇ります。 大正天皇の即位を祝い、篠山城跡東壕に桜が植栽されたのが [続きを読む]
  • 岩国城にゆく 其の参:本丸跡
  • 山口県岩国市にあります岩国城趾です。 当ブログ84城目となる岩国城趾は、蛇行した錦川に囲まれた天然の要害の地である横山の山頂に築城した城です。吉香公園からは、ロープウェイに乗り山頂までやって来ます。 天守までは、2通りのルートがあるようです。 行きは、雨も激しいので舗装された城山園道を通るルートで向かいます。 大釣井です。 [続きを読む]
  • 岩国城にゆく 其の壱:錦帯橋
  • 山口県岩国市にあります岩国城趾に向かいます。 岩国城には、日本三大大橋である錦帯橋を渡り向かうことになります。 錦帯橋にはJR岩国駅よりバスで15分ほどで到着します。 この日もあいにくの雨。 しかも気温も低くコンデション的には、最悪の日でした。 錦帯橋の説明板です。 第三代岩国藩主吉川広嘉公によって創建されました。 錦帯橋が見えてきまし [続きを読む]
  • 太宰府にゆく 其の弐:太宰府天満宮
  • 福岡県福岡市にあります太宰府天満宮です。 太宰府政庁跡からバスで西鉄太宰府駅まで戻ってきました。 せっかくですので、太宰府天満宮にも参拝して行こうと思います。 一の鳥居です。 さらに進むと二ノ鳥居があります。 ここに太宰府天満宮の説明板があります。太宰府天満宮は、菅原道真すがわらのみちざね公の御墓 [続きを読む]
  • 太宰府にゆく 其の壱:太宰府政庁趾
  • 福岡県福岡市にあります太宰府政庁趾です。 大宰府は、7世紀後半に、九州の筑前国に設置された地方行政機関です。 7世紀後半、大和朝廷は那の津の官家をここに移し、奈良・平安時代を通して、 九州を治め、我西の守り(防衛)、外国との交渉の窓口となる役所(大宰府)としました。 その規模は平 [続きを読む]
  • 桜島にゆく
  • 鹿児島県鹿児島市にあります桜島です。桜島へはフェリーの乗って向かいます。 フェリーに向かいます。 フェリーに乗ること約15分。いよいよ桜島が近づいてきました。 フェリーの駅を出るとさっそく史跡の説明板が薩英戦争砲台跡です。 桜島の全体図です。思ってた以上に大きな島で、とても1日で全て回るのは不可能ですね。 [続きを読む]