安土桃太郎 さん プロフィール

  •  
安土桃太郎さん: 廃城にゆく
ハンドル名安土桃太郎 さん
ブログタイトル廃城にゆく
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hokuto19760725/
サイト紹介文お城や神社を中心とした史跡巡りのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/03/17 01:52

安土桃太郎 さんのブログ記事

  • 熱田神宮にゆく 其の壱:本宮
  • 愛知県名古屋市にあります熱田神宮です。熱田神宮は、三種の神器である天叢雲剣を御神体とする神社です。また、信長公が桶狭間の戦いで必勝祈願し、その勝利を記して寄進した信長塀が現存していることでも有名です。境内の案内図です。東門より境内に入ります。東門の鳥居をくぐります。境内は、外の喧騒と一線を画しており、神聖な雰囲気があります。西門、正門から合流する十字路の参道に来ました。その脇にあります佐久間灯籠で [続きを読む]
  • 熱田神宮にゆく 其の弍:信長塀
  • 愛知県名古屋市にあります熱田神宮です。本宮の参拝を終えたところから今回は、スタートです。ならずの梅です。一度も実をつけたことがないことからこの名がつけられたそうです。西楽所です。江戸幕府五代将軍、綱吉公によって建設された、楽を奉納される場所です。つまり、舞い踊るための場所です。熱田神宮の境内でも数少ない江戸期の貴重な建造物です。 いよいよ今回の1番の目的である信長塀です。信長塀は、信長公が熱田神宮に [続きを読む]
  • 犬山城にゆく 其の六:天守からの眺め
  • 愛知県犬山市にあります犬山城です。最終話となる今回は天守最上階からの景色からスタートです。本丸です。中央が本丸御門で右の売店の上にある小銃櫓です。 北側の廻緑から西側への景色です。 木曽川下流と伊木山です。 別アングルです。伊木山には、信長公が築いた対の城がありました。 廻緑東側の景色です。 [続きを読む]
  • 犬山城にゆく 其の四:天守内部一階
  • 愛知県犬山市にあります犬山城です。後編の今回は、犬山城天守内部よりスタートです。一階へ向かいます。 天守構造の大要です。 一階は、中央部に一の間、二の間、上段の間、納戸の間の四室に分けられ、それらを武者走りが取り巻く構造になっています。 南側の武者走りです。 武者走りに展示されています鯱鉾です。 [続きを読む]
  • 犬山城にゆく 其の参:本丸へ
  • 愛知県犬山市にあります犬山城です。今回は、天守周辺と本丸を散策します。 まず天守をじっくりとみます。 正面から見て天守左側になります。 三重四階の望楼型天守です。 こちらは正面から見て天守右側です。 付櫓です。 天守入口が敵兵に破られそうな時に、側面からの攻撃を加えることができます。 石垣内部には、地下二階もあります。天守右横にあります大杉様です。 [続きを読む]
  • 犬山城にゆく 其の弐:三光稲荷から本丸門へ
  • 愛知県犬山市にあります犬山城です。今回は三光稲荷神社からスタートです。 三光稲荷神社は、かつては三狐山に鎮座し、織田信康公の保護を受けていました。江戸時代以降は、犬山城主成瀬氏の守護神とされていました。 境内に入ります。 鳥居をくぐります。 どうやらここから犬山城へも行けるみたいですね。 三光稲荷の拝殿です。せっかくなので参拝していきま [続きを読む]
  • 犬山城にゆく 其の壱:城下町跡から針綱神社へ
  • 2018年最初の更新です。2018年は戌年ということで、犬つながりから愛知県犬山城を最初のお城として紹介したいと思います。当ブログ94城目となる犬山城は、現存12天守の一つであり、さらに国宝5城の一つでもあります。木曽川を押さえる軍事上・経済上・交通上の重要拠点とされてきました。李白の詩にちなみ、白帝城とも呼ばれているほど美しいお城で、その天守は現存する天守の中で、最も古いと云われています。※諸説あります [続きを読む]
  • 2017年登城記
  • 今回のブログ更新が2017年の本日で最後の更新になります。 今回は、一年の総括の意味を込めまして、2017年に訪れたお城および史跡を振り返ってみたいと 思います。 ◎2017年訪城一覧 ?長野県・小諸城 7月に行ってきました。石垣が見応えたっ [続きを読む]
  • 月山富田城にゆく 其の四:本丸跡へ
  • 島根県安来市にあります月山富田城址です。 最終回となる今回は、二ノ丸を跡にし、本丸へ向かうところからスタートです。 二ノ丸を後にし、本丸へ向かいます。 本丸へは二ノ丸石垣沿いをまっすぐ進みます。 二ノ丸石垣です。 この先が本丸跡になります。 本丸石垣が見えてきました。 [続きを読む]
  • 月山富田城にゆく 其の弐:山中御殿平跡
  • 島根県安来市にあります月山富田城址です。 今回は花ノ壇散策を終えたところからスタートです。 花ノ壇の下段に向かいます。 花ノ壇の石垣です。 発掘調査によって掘り出して積み直したものになります。 先ほど散策しました花ノ壇の復元建造物です。 少し進みます。 山中御殿跡の手前まで来ました [続きを読む]
  • 月山富田城にゆく 其の壱:太鼓壇から花ノ壇へ
  • 島根県安来市にあります月山富田城址です。 当ブログ93城目となります月山富田城は、月山に築かれた複郭式の山城です。 富田城は、南東以外の三方は急峻な斜面であり、北側を正面とし、山麓部から山頂部へ曲輪を 連ねる「連郭式」の縄張となっています。 城への進入路は、北麓の菅谷口からの大手道、富田橋を渡った正面の御子守口からの搦手道、 南麓の塩谷口からの裏手道 [続きを読む]
  • 掛川城にゆく 其の七:大手門
  • 静岡県掛川市にあります掛川城址です。 最終回の今回は、天守を後にし、本丸まで戻ってきたところからスタートです。 本丸門跡を通り、本丸跡を抜けます。 掛川城公園の石碑がありました。 二ノ丸御殿に向かう際に見ました三日月濠です。 説明板です。 深さは八メートルあり、濠の南側には、石垣と柱穴が見つかったそうです。 [続きを読む]
  • 掛川城にゆく 其の六:天守内部
  • 静岡県掛川市にあります掛川城址です。 今回は掛川城の天守内部からスタートです。 中に入ります。 こちらは山内一豊公の銅像です。 掛川城に初めての天守を建築した人物です。 石落しも再現されています。 掛川城天守復元の説明板です。 木造再現天守として有名です。 一階の展示は最後に見るようになって [続きを読む]
  • 掛川城にゆく 其の参:二ノ丸御殿内部前編
  • 静岡県掛川市にあります掛川城址です。 今回は二ノ丸御殿内部より紹介していきます。 書院造で畳を敷きつめた多くの室が連なっています。 太鼓櫓に設置されていました時報を知らせる太鼓です。時刻の大太鼓と呼ばれています。 午前0時を起点に十二支を当てはめ、太鼓や鐘を打って知らせていたそうです。 1855年に制作された太鼓だそうです。 [続きを読む]
  • 掛川城にゆく 其の弐:登城路から腰曲輪跡
  • 静岡県掛川市にあります掛川城址です。 今回は天守へ向かう石段よりスタートです。 天守に向かう石段は何度も折り曲がっており、上に行くほど道幅も狭くなり、防御に適した造りになっています。 説明板によると江戸時代には緩やかな曲線になっていたそうです。石段から見る太鼓櫓です。 腰櫓台跡です。敵の侵入を広い範囲で見渡せる櫓がここにはあったそうです。 [続きを読む]
  • 掛川城にゆく 其の壱:本丸跡
  • 静岡県掛川市にあります掛川城址です。 当ブログ92城目となる掛川城は、JR掛川駅より徒歩7分で到着します。 しばらく歩いていると復元された天守と太鼓櫓が見えてきます。 緑橋を渡ります。 逆川です。当時の逆川は、城の主要部分の守りを担っていた川です。現在は、改修によりその面影は失われているようです。 緑橋を渡った先 [続きを読む]