片岡海之助 さん プロフィール

  •  
片岡海之助さん: 五十路からの釣り
ハンドル名片岡海之助 さん
ブログタイトル五十路からの釣り
ブログURLhttp://cable.blog48.fc2.com/
サイト紹介文釣り始めは50歳すぎてから。船釣りの釣行記を主に。生涯目標:真鯛70 ヒラメ80 グレ50
自由文船釣りがメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/03/17 10:21

片岡海之助 さんのブログ記事

  • 鳴尾浜臨海公園海づり広場の波止場釣り2018.8.6
  •  高校2年の娘「Y子」が高校のクラブの行事で釣りに行くので、送迎してほしいといわれていました。 私は釣りならば協力しようと、サビキセットの段取り、クーラーの用意、サルカンへの道糸の接続の教授、などいろいろ準備しました。娘は「ガチ過ぎる、恥ずかしい」とか何とか言っていましたが、釣り師の娘やったらこんなもんあたりまえやろと説得して、早朝、鳴尾浜臨海公園へ連れてゆきました。 当然、私もフカセ釣りの段取り [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.8.5
  •  磯釣り師 I 氏と久々にスケジュールが合い、一緒に釣行することになりました。 I 氏のリクエストは船のタテ釣り。いつもの鳥羽石鏡の釣り船に予約を入れました。 当日、5時前には二人揃いました。さすがに日曜日、港には人が多いです。ジギングのお客さんが多いようで、伊勢湾口にベイトが集まっているのでしょうか。乗船する船は我々以外には、常連さんがあと一人だけでした。私も I 氏も知っている方です。いつぞや私がヒラメを4〜 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.18
  •  「また来週」という私の予告通り、1週間後の18日の午前5時前には石鏡港に到着しました。今回は同行者がいて、釣り初心者W氏と船釣り初心者S氏2名と私の三名で予約しました。W氏とS氏はすでに到着していました。我々以外には四名の高齢者グループが来ていて、すでにクーラーを置かれて場所取りされていました。 二人の道具の段取りなどに追われて、あわただしく時間は過ぎ、出港となりました。私は左舷ミヨシ、W氏が左舷胴 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.10
  •  メインで乗っている釣り船の釣果ブログに本カツオが釣れたと載っていました。釣り船始まって以来のお初の釣果らしいです。私はカツオを釣ってみたくて、御前崎の釣り船をチェックしていたほどで、今回またとないチャンスを逃すまいと、必死で仕事を片付け、平日に鳥羽の石鏡港へたどり着きました。まだ早朝。5時です。豪雨の影響で、港内にはゴミがいっぱい。海水も緑っぽいドブ水のような色。見事な濁り潮です。ここまでの濁り [続きを読む]
  • 三重県熊野の磯釣り(半夜便)2018.6.27
  •  梅雨が明ける前に熊野の磯に行かないと、餌取りがわいて、40オーバーのグレを釣るチャンスが遠のく。仕事と天候の様子を見ながらチャンスをうかがっていました。 はれて27日水曜日に熊野へ出発しました。波浪はさほどでもないですが10m以上吹くという予想が気になっていました。半夜便は出るということなのでなんとかできる磯には、上げてもらえるでしょう。港について、堤防に上がると、晴れていますが、けっこうなうねりが打 [続きを読む]
  • タカベの塩焼き
  •  熊野のスズコで釣れたタカベを塩焼きにしてみました。 船長に教わった通りにして焼きました。 いただきました。海の魚特有の匂いがありません。甘い香り。あぶらがのっています。甘いさわやかな食味。何か似た味の魚を思い出しました。鮎です。タカベは海の鮎です。調べるとタカベは小さいながら高級魚だそうです。分かります。高級な清酒を冷やで、やりたいですね。また釣ってみたい魚です。 一緒に釣ったグレも料理しました [続きを読む]
  • 三重県熊野の磯釣り(半夜便)2018.6.13
  • 大阪から熊野市鬼が城の駐車場まで2時間50分で到着しました。11時に港に集合なので、海の状況を見たりして時間を過ごしました。 10時に港へ行くと誰もいません、渡船すらいません。支度していると、年配の他客が1名来られました。11時過ぎに渡船は入港してきました。二名の半夜便のお客を乗せてすぐに出港です。 マブリカは隣の港の渡船がつけました。優先当番はあちらのようです。マブリカを一瞥した船長はスズコ島へ一直線に走 [続きを読む]
  • 三重県熊野の磯釣り2018.5.27
  •  大阪から熊野市鬼が城駐車場に到着したのは23時。3時間半で到着しました。熊野に来たのは昨年の8月以来。ここで車中泊しました。車中泊シートを車の後部座席を倒して敷きました。車をステーションワゴンからセダンに買い替えたのですが、なんとかなりました。3時起床です。トイレで顔を洗って歯を磨いて、近くの港へ向かいました。さすがにまだ真っ暗です。 4時過ぎに、磯釣り師 I 氏が到着です。I 氏のお誘いで釣行とな [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り貸切便_2018.5.16
  •  ある繋がりのグループで釣行することになり、私が世話役として、段取りすることになりました。船釣りがリクエストだったので、いつもお世話になっている三重県鳥羽市石鏡の釣り船にお願いしました。 釣りものをどうするか?というのが問題でした。前回の釣行時に船長と協議しました。この日は大潮で初体験者が混じるメンバーでは、ウタセマダイでは難しい。アジ釣りも考えたのですがこの周辺では釣果があがっていない。結局、船 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.5.6
  •  GWの最終日。高速道路も空いているだろうと、メインで通っている釣り船に予約を入れるとすでに7人の先客がいました。私を入れると8人だそうです。これも修行です。ひとりで行くことにしました。 午前9時過ぎ 石鏡港に到着すると先客のクーラーが置いてあります。今日はミヨシに釣り座を構えることになりそうです。港内でウキフカセでチヌ釣りをします。メインの釣り船の船長にチヌが居ついていると教えてもらったポイントで [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.4.21
  •  磯釣り師 I 氏が土曜日に釣行したいというので、土曜日は仕事がなかったので同行することにしました。一日おいての同じ船での釣行になりました。 照れくさかったので、予約は I 氏に匿名でお願いしました。 I 氏のリクエストで、港でウキフカセ釣りする予定だったので、名神、新名神、伊勢道、パールロードをひた走り、3時間で石鏡港へ着きました。8時過ぎ準備をしていると I 氏が到着です。 港内にチヌが居ついている場所が [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.4.19
  •  石鏡のメインでお世話になっている釣り船がやっとウタセマダイをはじめたので予約を入れました。南阪奈道-国道166号-伊勢道-パールロードをひた走り、4時間かかって石鏡港につきました。 石鏡港では町をあげてのひじき取りの時期で、地域の人々がひじき干しの作業中です。船長の姿もその中にありました。堤防に上がって神島方面を眺めるとなぎです。 偏光グラスをかけて、港の構内の水中を観察していました。小魚や極小コッパ [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市菅島の船釣り一日便_2018.4.8
  •  南阪奈道-国道166号線-伊勢道を夜に走り、多気PAに到着したのが、7日の22時。ここで寝ることにします。車中泊シートを車内にひいて、冬用寝袋で眠りにつきました。 翌朝、目覚めたのは4時でした。早速ここで顔を洗い出発です。途中ファミマで食料を買い物したり、ボーっとしたりして、釣り船の乗船場である鳥羽赤崎港に到着したのは午前5時半でした。磯釣り師 I 師も同行予定だったのですが、体調がすぐれないということでキャ [続きを読む]
  • 兵庫県新温泉町三尾の磯釣り2018.3.29
  •  新名神の高槻ー神戸JTが開通して、一気に近くなると思えた新温泉町浜坂でしたがやはり3時間かかって、目的地「道の駅浜坂の郷」に到着したのは午前1時。ここで寝ます。久々に車中泊マットを車内にひいて冬用寝袋で就寝です。翌朝、4時半起床です。よく眠れました。歯を磨いて着替えて三尾港へ向かいます。 着くと先着が2台。この後3台車が来て、8人のお客が集まりました。潮はこんなでした。天気予報では10m近い風が吹く [続きを読む]
  • 兵庫県新温泉町浜坂漁港の波止釣り_2018.3.15
  •  七釜温泉の民宿で目が覚めたらひと風呂入り、朝食を頂いたら大阪へ帰る予定だったのですが、今日中に帰れば良いわけだし、何か用事があれば、携帯電話にかかってくるだろうし、昨日はウキがシュッと沈んだり、胸が高まるような魚とのやりとりもなかったことだし、地磯か港でフカセ釣りやってから帰ろうと、朝食を食べ終わる頃には決めていました。 宿を出発して、浜坂海岸の近くの釣具屋で、生オキアミ3kgと刺しえもスーパー [続きを読む]
  • 兵庫県新温泉町三尾の磯釣り2018.3.14
  •  大阪から3時間かけて三尾に到着したのは午前3時。今回もひとり釣行です。港に入る下り道の途中で、2時間ほど仮眠しました。午前5時港に降りると、3台先客がいて仮眠しています。午前6時には18人のお客が集まっていました。夜は明けています。6時半渡船は出港しました。東に向かって船は走ります。4度目の渡礁で呼ばれました。「昨日、ここで西向きに竿を出して尾長35センチが釣れました、西向きは水深15m、東向きは30mです [続きを読む]
  • 近況とか
  • 1月はインフルエンザA型とB型両方に感染してしまったようで、仕事に支障をきたしてしまいました。2月に入っても体調はすぐれず、仕事も多忙、天候は寒波到来で釣行どころではなくなってしまいました。3月に入ったらですかねえ。寒グレを釣って、食べてみたいです。 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市菅島の船釣り一日便_2018.1.7
  •  本当は8日の成人の日に磯釣り師 I 氏と熊野の渡船で磯釣りの予定だったのですが、I 氏から雨予報と体調が万全でないことを理由に、辞退の申し出がありました。私も風邪気味で体調があまりよくなく、迷っていたのですが、せっかく嫁はんに釣行の許可ももらったことだし、潮風を胸いっぱい吸えば風邪は治るという甘い考えで、7日に単独釣行することにしました。7日は日曜日。熊野も三尾も船は出そうでしたが、釣り客が殺到する [続きを読む]
  • マダイの干物(ひもの)
  •  石鏡沖で釣ったマダイ。2匹しか釣れなかったのですが、船長が自分の釣った小鯛もいけすに放り込んでくれていました。それらも含め、小鯛たちを干物にしてみました。 うろこ、はらわたを取った小鯛を腹から開いて、水分を取ります。 塩水に浸します。塩が濃すぎて失敗したとよく聞いたので、海水より少し塩をすくな目にしてみました。 20分浸します。色が少しだけ白っぽくなりました。 塩水からあげたら、よく水分を取り、干 [続きを読む]
  • ヒラメのフリッター
  •  石鏡沖で釣ったヒラメをフリッターにしてみました。フリッターとは洋風の天ぷらです。揚げ物担当の高校1年の娘Y子が揚げてくれました。 5枚下ろしにしたヒラメの身の皮をひいて、適当に切り、塩コショウして小麦粉をふりました。衣は、小麦粉、ベーキングパウダー、片栗粉各適量に、冷えたビールを注いで混ぜました。ビールの銘柄はサッポロクラシックラガーです。衣をまとわせ、揚げました。 見た目は鶏から揚げみたいになり [続きを読む]
  • アコウ(キジハタ)の煮つけ
  •  石鏡沖でヒラメ釣りをしているときにゲストで釣れたアコウを煮つけにしてみました。豆腐とゴボウも一緒に煮ました。 半身とカマの部分です。 アコウは以前にも釣って料理したことがあります。その時も思ったのですが、魚としてそれほどうま味を出すわけではありません。白身としても70点。不可ではないというレベルです。高級魚としてもてはやされる程ではないといえば言い過ぎでしょうか。アコウは刺し身でも食べました。いち [続きを読む]
  • 折れた真鯛ハイパースペック顛末
  •  根がかりで竿をあおって折ってしまったがまかつ がま船 真鯛ハイパースペック。 真ん中の継ぎ竿が折れたとばっかり思っていましたが、気を取り直して取り出して見てみると、いちばん下の元竿の継ぎ手の筒が粉々に破壊されていました。筒のいちばん先が真ん中の継ぎ竿に残っています。 落ち込んでいてもしょうがないので、いつも行くある大手釣り具店へ持ち込みました。何度この店で折れた竿を直してもらったのでしょうか。昔、 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2017.12.3
  •  午前便の乗船者が多かったので、午後便ウタセマダイは出港が12時30分を過ぎていました。乗船者は私だけ。船長と二人っきりの午後便となりました。潮はこんなでした。タックルはこんなでした。竿:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300リール:DAIWA 17 タナセンサー 400 道糸:ラインシステム ウタセマダイ6号(フロロ6号)200m巻く仕掛け:(船支給)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、エダスフロロ5号1.5m、間隔1.5mステ糸 [続きを読む]
  • 三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2017.12.3
  •  午前零時に大阪を出発して、阪神高速ー南阪奈道-166号-伊勢道-パ-ルロードと乗り継ぎ、石鏡港へ到着したのは午前3時40分。2台の車が止まっています。乗船する船の前にクーラーを置きに行くと、すでにひとつ置いてありました。今日は釣り座選択順は2番です。あとから到着する磯釣り師 I 氏のためにクーラーを二つ置いて、2番、3番を確保しました。しばし、仮眠します。 午前5時目が覚めると磯釣り師 I 氏が到着していました。挨拶を [続きを読む]
  • マハタの煮つけ
  •  石鏡沖で釣ったマハタを煮魚にしました。えら、はらわたを抜いて、3日ほど冷蔵庫の中でねかしていました。まだ目もきれいです。 鍋に、しょうゆ、みりん、酒を各適量入れて、煮切ってからマハタを入れました。 アルミホイルをかぶせて、蓋をして、火が鍋に届かないほどの弱火で熱を入れます。 10分ほどで出来上がりです。お昼ごはんでいただきました。身がプリッとして、おいしい煮魚でした。 [続きを読む]