豊田マーケティング事務所 さん プロフィール

  •  
豊田マーケティング事務所さん: もう使えない営業はいらない!マーケティング…
ハンドル名豊田マーケティング事務所 さん
ブログタイトルもう使えない営業はいらない!マーケティング…
ブログURLhttp://www.toyoda.marketing/blog/
サイト紹介文マーケティング担当者による売り上げアップ大作戦: 豊田マーケティング事務所 豊田栄康のブログです
自由文「マーケティングは初めてで何から始めたらいいのか分からない」
「マーケティングやりたいけれど人材がいなくて」
「今の営業組織に満足していない」
経営者の課題をマーケティングの内製化で解決します。売れる仕組み構築からクリエイターの育成までワンストップでマーケティングの内製化をプロデュース致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/03/18 16:56

豊田マーケティング事務所 さんのブログ記事

  • マーケティング活動を継続的に回す仕組み
  • 今まで営業主体だった会社でマーケティング活動を始めると、すぐネタ切れで活動がストップしてしまう現象が見られます。営業の発言力が大きく、マーケティング担当者は営業の下請けとなってしまい、営業の指導・引率の元での活動になってしまいます。営業の御用聞きです。「なんかないっスか?」と。一時のマーケティングブームでマーケティング活動を始めた直後はモチベーションもありアイデアも出て動けたものの、そのうち営業は [続きを読む]
  • 広告は信用しないが記事広告は信用してしまう
  • 営業スタッフは自社の商品サービスを宣伝する手段です。広告も自社の商品サービスを宣伝する手段です。営業という人海戦術では賄いきれない範囲に、未知の顧客へ知ってもらう機会のために活用する手段です。人はみな営業に遭うと警戒します。強引に売りつけられないか、と。広告も、売り込むための上手い言葉で購入意欲を煽ります。広告イコール売り込みであり、人はそれを認識しているため、広告を見ると不快感を抱きます。ところ [続きを読む]
  • 顧客が喜ぶ活用事例集の副産物
  • 事例は自社のノウハウです。そのノウハウを大ぴらに公開することを危惧する経営者もいます。はたしてすぐマネされる程度のものが社外秘なのでしょうか?その程度のものであれば、いつか誰かに開発されるものです。いつまでも秘密にして抱えておくよりも、公開することで集客に役立て、顧客からの信用度向上に役立て、業績につなげた方が良い話です。そして他社にマネされるまでに、次のノウハウの仕込みに努めるべきでしょう。常に [続きを読む]
  • 自社商品を分かっていないで営業している
  • 転職が多い私、新しい勤め先でまずやることは自社商品の勉強です。ある会社で、周囲に聞いても理解できない商品がありました。概念がふわっとしていて形になっていない。目に見えない。システム開発商品や作業請負サービスがいい例です。周りの営業たちは「顧客によって違うから」などと言います。売ってる営業本人たちはあまり気にしていないのです。それは、顧客に言われるまま商品を用意しているからで、こちらから積極的に提案 [続きを読む]
  • マーケティング担当者と個人情報保護
  • 個人情報保護士の更新手続きを行いました。個人情報保護法平成27年改正、5000件要件の撤廃、個人情報保護委員会の設置。私が資格を取得した頃より内容がいろいろ変わりました。ISMSやプライバシーマークを取得していた会社に勤めていて、資格取得のため一生懸命覚えた常識はもう過去のもの。気付かずにいたら犯罪者になってたかもしれません。会社に命じられてやってたら実は違反だった、そんなことがあるかもしれません。でも処罰 [続きを読む]
  • 目的が変われば手段も変わる
  • 毎日コーヒーを飲みます。朝に事務所に出社してT-falでお湯を沸かしてドリップして。若いころは全く飲まなかったのですが、現在はほぼ毎日、ブラック党です。スタバでスイーツ、手軽にセブンカフェ、目覚めの缶コーヒー・モーニングショット、ルノアールでゆったりと。コーヒーを入手する手段はたくさんあります。実はコーヒーはあまり好きではありません。苦いし、不味いし。では何のために飲んでいるかというと、カフェインを摂 [続きを読む]
  • ヒアリングする前に想定課題の解決策を
  • 営業が初めての顧客と面談する際、手ぶらで、何の提案も持たずに商談に挑むなんて、ありえない話です。時々いますけれど。顧客にしてみれば、何しに来たの?という感覚です。営業からすると、面談で顧客の課題を聞き出すつもりなのかもしれませんが。質問ばかりしてくる営業がいます。その内容が、売り込み側にとっての質問ばかりなので、顧客はうんざりします。顧客はまず最初に提案が欲しいのです。そのために面談という貴重な時 [続きを読む]
  • 営業部門とマーケティング部門の関係
  • 最近のマーケティング本やマーケティング関係のサイトを見ると、ITノウハウや騙しテクニックばかり目立ちます。小手先マーケティングテクニックです。まるでマーケティング単体で売り上げがなんとかなるような幻想を抱かせるものばかりです。個人事業や店舗商売・ネット販売ならまだしも、BtoB向け・法人向けにはありえない話です。法人向けビジネスは営業部門ありき、です。顧客と直接に接触するのが営業部門。顧客と営業をつなぐ [続きを読む]
  • マーケティング担当者は変態がいい
  • 営業部門とは違うスタイルで顧客に仕掛けるのがマーケティング担当者です。有象無象・星の数ほどある広告宣伝の中で、ターゲット顧客に見つけてもらうためには何らかの工夫が必要です。目立つ・感情に訴えかける・面白刺激・将来への期待感・課題解決の提案などなど、奇を衒うアイデアを常に創出していかなければなりません。平凡な人生を送っている人にはちょっと無理かもしれません。常に頭の中でこんなことを考えている人、行動 [続きを読む]
  • Webサイトの改ざん被害に遭いました
  • 昨日は面倒ばかり。電話番号を順番にテレアポしている関西のリサイクル屋の売り込みから始まって、施設の公共工事と勘違いさせるWiFi通信屋の売り込み、ウチの事業を知らないのかWebマーケティングの売り込み。そんな中で、当Webサイトがリダイレクトに別ページに飛ぶようになってたのに気が付いて急遽対応に追われました。なにもウチのような小規模事業者に…結論としては、Webサーバーに管理者権限のあるサブアカウントが勝手に [続きを読む]
  • ひとつの商品から活用方法を複数模索できるか
  • ソリューション営業の場合、手持ちの商品をそのまま売れるのなら営業スタッフはいりません。顧客に合わせて提案できるかがポイントになります。顧客の話に耳を傾けているとヒントがあります。ニーズ・要望、顧客自身にはまだ具体的なイメージがないもの。そのヒントを自分のものにできるかが営業のスキルです。顧客に提示するために発想力・応用力・持ってる引き出しの多さ。ひとつの商品から活用方法を複数模索して顧客に提示でき [続きを読む]
  • ネット広告の不正と対策と不信感
  • 『Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!』インターネットを見ていると突然こんなメッセージがでてくることがあります。最近出てきたフィッシングサイトです。それも怪しいサイトではなく、大手の、普通のサイト閲覧中に飛ばされます。その仕組みは、恐らくネット広告。広告収入で運営しているサイトでは、広告が自動で配信される仕組みを採用していることが多いです。その配信された広告の中に、フィッシングサイトへ誘 [続きを読む]
  • 何を売ってるのか分からない会社の営業
  • 世の中、何を売ってるのか分からない会社があります。イベントやって、タレント呼んで、グッズ販売して、輸入販売もして、コンサルティングもやる?ついでにSEも抱えているからシステム開発もやるよ?社長つながりの引き合いで、顧客に言われたままを用意提供するビジネス。社長の顔・縁故で商売がなりたっている業態です。このような会社は決まった商品・固定サービスがないのでカタログ・パンフレットの作りようがない。積極的な [続きを読む]
  • 単身セミナー始めました
  • 以前から考えていたのですが、単身セミナー始めることにしました。会場手配の関係で、決まった曜日・時間でのセミナーでしたので、毎回参加できなかった方もいらっしゃると思います。お時間の関係で参加できない方に向けて、ご都合に合わせた出張先でのセミナー、もしくは当事務所での単身でのセミナーご用意いたしました。土日祝日もご相談によっては可能です。例えば、土曜の午後に貴社事務所でメンバーみんなで話を聞きたい、と [続きを読む]
  • 自分で自分がどうしたいのかが分からない系
  • 相談の中には、自分で自分がどうしたいのか分からない、というのがあります。コンサルティング業に限らず、製造業でもシステム開発業でも、です。こういった場合は、どんなゴールがいいのかも分かっていません。そんな場合は、いくつか提案したり事例を挙げて選択させる方法が、ゴールへと導きやすいです。いくつもの提案や事例は、相手に思考をまとめるためのたたき台になります。その結果、次のステップへ進むことができます。次 [続きを読む]
  • 営業に引き継いだのに動いてくれない
  • 問い合わせがあってその企業について調べたら有望物件、きっと面白い仕事が取れるだろうと期待を胸に営業に引き渡したのに、営業はやる気を見せない。私のマーケティング担当者時代にも、営業マン時代にもそんな事がありました。営業マン時代の時はひどくて、私の顧客を引き継いだ営業はやる気を見せず、結局その顧客と疎遠になってしまい取り引きもなくなってしまいました。おさがりの顧客は嫌なのです。そして先に築いた顧客との [続きを読む]
  • 社長にしか提案出来ないのは営業の経験不足
  • 「なぜ営業は提案できないのか?」営業に対してそう感じる経営者も多いかと思います。創業社長はゼロから事業を作ってきた方なので、自社の商品サービスの強み、ターゲットとする顧客像が頭の中に入っております。それまでの経験から応用を導き出せるので、顧客に良い提案が出来ます。しかし、途中参加の営業スタッフ達には経験がありません。そのため、”何をしてほしいのか”分からない顧客に対して、どう提案してよいのか分から [続きを読む]
  • 経営者の認識する狭い意味のマーケティング
  • 経営者の方と話をすると、『マーケティング』を狭い意味でしか認識していない方が多いことに残念に思います。マーケティングといえばすぐに「Webマーケティング」そして、「ホームページ作るだけで売り上げが伸びる」「Facebook広告出すだけで売り上げが伸びる」「Youtubeにアップするだけで集客できる」と想像されてしまいます。そしてマーケティングをぶつ切りで考えてしまう結果、「1回広告出してダメだった」で終わってしまい [続きを読む]
  • 情報は降ってこない。情報を知る努力を
  • 「マーケティング担当者はリサーチしているだろうから、ネットからすぐデータを出してくれる」マーケティング担当者現役のころ、営業からはそんな風に思われてたようです。ウチのシェアが何位か調べてくれ、というものでした。大分類の分野なら○○白書とウチの売り上げでデータが出せますが、そもそも私の在籍したニッチな産業についての統計を取っている公的機関はないのです。情報が落ちているというのは妄想。勘違い。仕事が降 [続きを読む]
  • 知識の共有で共通認識せよ
  • 課題解決型営業の場合、営業マンだけで解決することはなく、業務スタッフやプログラマーなどと協力して商品を作り上げ、顧客へ提供します。営業・業務スタッフ・プログラマー、それぞれ得意分野・精通していることが違います。そのため、営業がヒアリングしてきた顧客の要望を上手く社内に伝達できず、顧客の要望から外れたものを納品してしまうことがあります。例えば、営業はシステムが分からない。業務スタッフは業務に関するこ [続きを読む]
  • 事例づくりから始めるマーケティング
  • 「えっ?俺が作るの?」社長の号令で始まった、事例づくり。各営業が体験した案件を見える化して社内で情報を共有し、各営業の認識力を高めようという試みです。ところが、誰が制作するのか?となると、そのまま営業にぶん投げられてしまいます。営業マン、正直いっぱいいっぱい。テレアポ、見積書作成、提案書作成、日報作成、商品配達、営業会議、工場と打ち合わせ、売り上げの計上に顧客訪問とやることリスト満載です。おそらく [続きを読む]
  • フル要件定義よりも事例提案の方がゴールが早い
  • 顧客の要望を最初からヒアリングして要件定義を行う”フルカスタマイズ”は、顧客の要望とこちらの提供可能なこととのすり合わせに大変時間がかかります。場合によっては、どこかで的外れな解釈されて納品物がおかしなものになったりもします。フルで要件定義を進めるよりも、過去の事例や”こんなものできます”の例を紹介しながら説明した方がゴールに早く到達できます。”なんでもできます!おまかせください!”企画力・提案力 [続きを読む]
  • 事例紹介で二匹目の泥鰌狙い
  • 受注した案件、もしくは失注した案件は、同様のニーズがあると考えるべきです。その案件をベースにした事例紹介で、二匹目の泥鰌が狙えるかもしれません。名古屋にある、自動車部品製造会社に、誤出荷防止する仕組み(システム)を提供しました。こちら側としては、そんなニーズがあると思わなかったのですが、クライアントとの打ち合わせで完成した仕組み(システム)が面白く、汎用化して事例紹介として営業と情報共有したところ [続きを読む]
  • 広告づくり、大手×大手と中小×中小の違い
  • 広告代理店に任せておけば、いい広告を作ってくれる。TVCMや新聞雑誌等でカッコいい広告を見かけます。だから外注(広告代理店)に丸投げでOK、と考えている経営者もいるかもしれませんが、それは大手企業と大手広告代理店だから上手くいった広告です。大手企業×大手広告代理店の場合、広告代理店の担当が専属で企業へ出向し、企業の商品サービスを把握して広告の制作にかかります。しかし、中小企業と中小企業向け広告会社もしく [続きを読む]
  • データで見る、『営業が動くようになった』
  • 最近はこんなテーマのセミナーをやっています。販促担当者から仕掛けるマーケティング戦略 『動かない営業を戦力化する仕組みづくり』マーケティング担当者の活動で営業が動くようになった、そんな仕組みについてのセミナーです。活用事例の制作を中心とした、情報収集の方法・組織づくり・情報の共有化・営業教育、といった内容です。果たして、『活用事例の制作』で『営業が動くようになる』のか?どう動くようになったのかを、 [続きを読む]