でらいら さん プロフィール

  •  
でらいらさん: DATTESA
ハンドル名でらいら さん
ブログタイトルDATTESA
ブログURLhttp://dekitamon.net/
サイト紹介文芸能人やお相撲さんの話題を中心にお届けしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/03/20 19:17

でらいら さんのブログ記事

  • 現役中に亡くなった横綱〜大相撲のちょっと切ない話
  • 今年納めの九州場所、土俵に上るお相撲さんたち、特に若手が連日熱戦を繰広げています。今場所は相撲に直接関係ない話がニュースの見出しに躍っているのが残念ですがここは閑話休題的気分転換に土俵の外で起きたちょっと切なくなるお話をいくつかご紹介します。スポンサードリンク【玉の海の付け人の言葉】長い相撲の歴史の中には現役中に亡くなった力士が何人かいます。その中でも横綱現役中に亡くなったのは玉の海(二所ノ関〜片 [続きを読む]
  • 日馬富士が貴ノ岩に大怪我負わせて休場させた背景に何があった?
  • 横綱日馬富士が酔った挙句に巡業先でモンゴル人後輩力士の貴ノ岩に大怪我を負わせて休場させてしまったことが明らかになりました。巡業の取り組み中ならまだしも土俵の外で起こした不祥事に進退を問う声も上っていますが、日馬富士はこの頃本当に一生懸命横綱の責任を果たそうと頑張っていたのになんでまた…と不思議でなりません。貴ノ岩と日馬富士の間に一体何があったのでしょう。スポンサードリンク【貴ノ岩の容態は?】鳥取巡 [続きを読む]
  • 嘉風子どもを亡くしたベテランの相撲が30歳を過ぎてから良くなったわけ
  • めっぽう強いわけではないけど人気のある力士の一人として数えられる尾車部屋の嘉風。若々しい相撲が印象的ですが現在35歳。プライベートでは一男一女の父であります。しかし過去には子どもを亡くした悲しい出来事も。三賞を何度も受賞していますが、かつては幕内中盤を上ったり下がったりで三賞とは縁のない地味な力士でした。そんな嘉風が場内を大いに沸かせる人気力士になれたわけは?スポンサードリンク【嘉風の家族は?】嘉風 [続きを読む]
  • 豊ノ島はなぜ幕下で勝てない?このまま引退の可能性が濃厚に?
  • 稽古中にアキレス腱断裂の大怪我を負い、昨年九州場所で幕下に落っこちてしまった人気者の豊ノ島。すぐに戻ってくるだろうと思っていたのに未だ幕下で低迷中で、今場所も勝ち越しが危うくなってきました。アキレス腱を切るまでは当たり前に幕内で相撲を取り、時には優勝争いに名を連ねた元関脇のベテランはなぜ幕下で勝てないのか。このまま大銀杏で土俵に上ることなく引退してしまうのでしょうか。スポンサードリンク【豊ノ島の尋 [続きを読む]
  • 鶴竜6度目の休場で迫る引退危機?日本国籍を持たない横綱の進退を憂う
  • 困り顔の横綱鶴竜が5月場所を4日終えた時点で1勝3敗を喫して6回目の休場であります。4横綱時代に入ってお休みがとりやすい雰囲気があるとは言え、こうも慢性的に不調なんじゃ「引退」の文字がより一層見え隠れしてきてしまいます。モンゴル人横綱が3人とも日本国籍を取得しないまま30歳を超えています。親方として協会に残るために日本国籍が必要というルールが変わる気配がない現状のなか、モンゴル人横綱3人はどうなるんだろう [続きを読む]
  • NHK桑子真帆アナ谷岡慎一アナと局またぎ結婚のなれそめは?
  • ブラタモリの2代目お供アナだった桑子真帆アナが、かねてから交際中と噂されていたフジテレビの谷岡慎一アナとめでたくご結婚だそーです。今回ばかりは噂じゃなくてお相手の谷岡アナが局を通じて発表してますから諸手を挙げておめでとー!ですね。桑子アナと谷岡アナはそれぞれNHKとフジの局またぎ。プロポーズはベタの見本のようだった?スポンサードリンク【入籍済み?挙式は?】5月11日、フジテレビの谷岡慎一アナは局を通じて [続きを読む]
  • 玉鷲女子力高すぎ大関候補は結婚してるのに口説き上手の浮気者?
  • 初場所に初土俵から77場所もかけて新関脇に昇進したモンゴル出身の玉鷲。にこにこ顔と女子力の超高い趣味で注目され、玉鷲かわいい〜♪と人気です。既婚ですがけっこう浮気者じゃないの?と思う節も。可愛い趣味とは裏腹な激しい突き押し相撲です。2008年の新入幕以来、時々十両に落っこちながら地味〜に平幕中ほどを上ったり下がったりしてましたが、昨年秋〜九州場所あたりで突如覚醒。果たして遅咲きの大関昇進があるでしょうか [続きを読む]
  • 琴奨菊中日を前に5敗を喫する不調の理由は?昨年初場所は夢を見てたの?
  • 中日までにママには似てない御岳海が2横綱2大関に黒星をつける大活躍をし、連覇がかかる横綱鶴竜があろうことか3連敗を喫していつもの困り顔を披露している初場所、カド番を迎えている大関琴奨菊が絶不調の5敗目です。一体どうしたことでしょう。昨年の初場所の優勝は一体なんだったの?(追記あり)スポンサードリンク【場所前から調子悪かった?】琴奨菊のカド番は今回で7回目です。今まではなんとかかいくぐって大関の地位を守 [続きを読む]