回転木馬 さん プロフィール

  •  
回転木馬さん: 子供全員自閉症のママの人生立て直し記録
ハンドル名回転木馬 さん
ブログタイトル子供全員自閉症のママの人生立て直し記録
ブログURLhttp://fanblogs.jp/mamafightfight/
サイト紹介文超有名大卒、子供全員自閉症のママの転落人生脱出チャレンジ記録です。
自由文超有名大学卒業後、就職そして結婚、出産。子供が全員自閉症と診断され、結果的に仕事と貯金の大半を失い、生活レベルも転がり落ちてしまいました。
高齢の両親を抱えつつの過酷な育児・療育に絶望する中、人生立て直しのチャレンジ等を記録します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/19 01:27

回転木馬 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自閉症児全員が「指しゃぶり」を卒業する。
  • 今年の4月を前にして、我が家の自閉症児全員が、とうとう 「指しゃぶり」を卒業した。結局、末っ子は 約1年がかりだった。第1子に比べると、少し早い卒業なのに、長い長い 「指しゃぶり」 期だったように感じるのは、取り組んだ期間が長かったからだろう。この子供のことで、「指しゃぶり」の考え方や弊害等についていろいろ調べることになってしまった。一応、手軽に参考になるサイトは、ここ。日本小児歯科学会「指しゃぶ [続きを読む]
  • 自閉症児の保育園生活
  • 我が家の自閉症児の一人が、なんとか保育園に入園できた。過去に門前払いされた経験があるため、戦略は練りに練った。保育園生活では、いろいろと守るべきことがある。登園時には挨拶し、靴箱に靴と靴下を入れる。朝の会では、決められたイスに着席する。この時、大声を出したり 立ち歩いて 皆の邪魔をしない。昼食は、皆と一緒に「いただきます」をするまで 待つ。人の食べ物に 手を出さない。出されたものは、残さず食べる。 [続きを読む]
  • 保育園に入園した自閉症の我が子
  • 実に久しぶりの投稿である。あっという間の 半年。いろいろあった。 ほぼ、全力疾走に近い。やりすぎないようにしなければ。先は長い。昨年の12月から  我が家の自閉症児達の 第一子がようやく 保育園に入園した。 もちろん、無認可だ。しかし、無認可にも関わらず、保育園入園は 大学入試以上に 困難を極めた。 原因は 我が子らの「自閉症」 だ。そこで、保育園に関し 研究を重ねた。給与・待遇・勤務条件 など保 [続きを読む]
  • 自閉症児とトミカワールド
  • 久しぶりのブログ更新である。最近、少し嬉しいことがあった。我が家の自閉症児の中で、最も、「おもちゃで遊べない」子供もトミカで 遊べるようになったのだ。この子供、体の運動機能が あまり高くなく、おもちゃを 左右に移動させるような遊びは 難しかった。もちろん、手先の動きも未発達で 力もかなり弱い。 我が家の自閉症児達は、揃いも揃って「自動で動く物」 よりも 「物を自分で動かすこと」 に強い関心がある。 [続きを読む]
  • 終わりなき夜に生まれつく
  • 家庭療育のピッチをあげて約1ヶ月半だろうか。自閉症の我が子達は、特に 「観察すればわかる発達面(発語・模倣・粗大運動など)」に関して、以前よりも 急速に成長している。これは、子供達の発達の芽を運良く見いだせたために、「波に乗れた」結果だろう。我が子達の 「発語の 種類と頻度」を 現状程度まで増やすことは、家庭療育の短期目標ではあった。しかし、我が子達が、これほどまで喋るようになった時の家庭内の状況 [続きを読む]
  • 「ママ」と言わなかった自閉症児の我が子達
  • 我が家の自閉症の子供達。全員揃って言葉が遅いだけでなく、母たる私を 「ママ」と呼ばなかった。自閉症に関する多少の知識・経験を得てからは、我が子達が「ママ」と呼ばないことへの関心は 薄れた。そのことが、珍しいことではないことを知ったとともに家庭療育の照準を、別の事柄に合わせたから かもしれない。とはいえ、将来的に、人に話しかける際などには「相手の呼称」を付けて話せた方が良いと思うのでGWの少し前から  [続きを読む]
  • 「まね(模倣)」ができない自閉症児達
  • GW以降、記録の更新が一気に落ちたこのブログ。原因は、GWから集中的に始めた「家庭療育」。私自身の予想を超えた「伸び」が見られたため、ブログどころではなくなったのである。この「伸び」の1つは、「動作模倣(まね)」。先に発語していた子供達に関しては、音声模倣は、「言葉」と「状況」次第で可能だった。しかし、できる動作模倣は「バイバイ」程度。それも、模倣というよりも「教え込んだ」身振りであって何度か促さない [続きを読む]
  • 公園のすべり台を滑れなかった子供達
  • 我が家の自閉症の子供達。GWの連休中は、民間の療育機関がお休みだったため、もっぱら、我が家の家庭療育スケジュールに沿って過ごした。この休暇中の目標の一つは、「公園のすべり台を自力で登り、滑り下りてくること。」正直なところ、いかに病弱で家にこもりがちとはいえすべり台の練習まで必要だとは 想定しておらず、我が子達が、全員すべり台が滑れないことを知った時、まさに、二の句が継げなかった。しかし、待っていても [続きを読む]
  • 自閉症児「指しゃぶり」卒業企画の展開。
  • 我が家の自閉症の子供達。「指しゃぶり」を 完全に卒業してはいない。そこで、先日購入した「なめると苦いマニキュア」このGWを利用して、試してみた。cf.「指しゃぶり」、卒業してもらいます。一応、私が自分の爪に試し塗りをし少し舐めると、結構、苦いものであった。まず、末っ子以外の子供達の場合。「指しゃぶり」は、限られた条件でのみ生じていた。そこで、GWの初日の晩、親指の爪に薄く塗り、翌日のおやつタイムを、少し [続きを読む]
  • 過去の記事 …