fukumimi さん プロフィール

  •  
fukumimiさん: マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』
ハンドル名fukumimi さん
ブログタイトルマクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/genmai-fukumimi
サイト紹介文日本人としての伝統的な食生活や食育を基にした子育てを、一緒に考えていきましょう!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/03/19 12:55

fukumimi さんのブログ記事

  • 三年番茶の出番が増えてきました!
  • 段々と寒くなってきたので、我が家も三年番茶の出番が増えてきました。夏場の子供達の飲み物は、麦茶か水でした。しかし秋も深まってきたので、家内が麦茶を作る事を止めました。麦茶は身体を冷やす陰性な飲み物なので、毎年、自然と秋に入ると作らなくなります。その代りに子供達には、陽性な三年番茶を少し薄めて飲ませる様になります。今までは、幼稚園や小学校に麦茶や水を水筒に入れていましたが、これから来年の初夏の頃まで [続きを読む]
  •  ミーちゃんが来て、二週間が経ちました。
  • 我が家にミーちゃんが来て、二週間が経ちました。最初はよちよち歩きでしたが、今はわりと歩けるようになりました。二週間ほど前は、こんな感じです。台所は板の間なので、滑りながら歩いています。子供達も大喜びで、既に「おもちゃ」状態になっていますアップすると、こんな感じです。取りあえず、今は子猫用の安いキャットフードを食べさせていますが、時々、ご飯に小女子と鮭フレークを混ぜたものも食べさせています。どちらも [続きを読む]
  • 病気は治そうとするのではなく、「治っちゃうんです!」
  • 生活習慣病と言われる慢性病は、機械的に治そうとするのではなく、自然に治っちゃう様にした方が賢明なのだろうと思います。元々、その方々の生活習慣の「糧(かて)」から生まれたものですから、その「糧」の有り様(方向性)次第でどんどんと変化して行くと思います。その人の生まれながらの体質にも大きく影響されますが、病気(生活習慣病)は自然に出来上がるものですから、治るのも「自然に」で、悪化するのも「自然に」とな [続きを読む]
  • 長男の下痢と塩水と機関車トーマス
  • 先週の土曜日の夜に、我が家では珍しい話ですが長男が下痢になりました。ちょうど寝ようとしていた頃に長男が「オットー、お腹痛ーい」と。早速、トイレに駆け込ませました。トイレに座り顔をしかめながら、「うぅ〜うぅ〜」と、唸っていました。排泄されていくウンコを眺めていたら、正しく「下痢」でした。用が足りたのか?トイレから長男が出てきて、布団に潜り込みました。その後、また、お腹が痛くなったのか、トイレに駆け込 [続きを読む]
  • 季節の果物
  • 秋、真っ盛りです!秋と言えば、栗と柿です!長男が朝食後に、蒸した栗を食べていました。婆さんが、孫可愛さに作ってきました。スプーンで、一生懸命に食べていました。日本人は基本的に、西洋人などの肉食民族と異なり、「食後のデザート」という習慣がありません。西洋人(肉食民族)と比べて日本人の体温は、一度ほど低くなっています。フルーツは、強陰性な食べ物です。食べ過ぎると必ず、血液を薄くしてしまい、陰性体質に向 [続きを読む]
  • お握り弁当とキャベツ手当法
  • 先週、長男の遠足がありました。葛西臨海公園とやらへ行ってきた様です。その日のお弁当は、お握りでした。その流れを汲んで、幼稚園へ通う次男坊の弁当もお握りになりました。お握り四つに焼き芋と沢庵です。糖質無制限食です。またまた、その流れを汲んで、三男坊の朝食もお握りとなりました。一昨日の夜(金曜日)、お風呂上りに次男坊が「耳が熱ーい」というので熱を測ってみました。そしたら、何と39.4度でした。こうなる [続きを読む]
  • 玄米菜食と赤ウーピン
  • いよいよ、次男坊の運動会も近づいてきました。我が家の台所は、基本的にご飯と味噌汁から出来上がっています。その中でも、玄米菜食の食事を大事にしています。玄米菜食は、私と家内、それに次男坊が食べています。次男坊は、生まれながらに眼に障害(極度の遠視で乱視)の為、体質改善に伴い視力の安定(回復)を図るために、一日、1.5食は玄米ご飯(豆ご飯)にしています。その玄米ご飯は、毎朝、二重蓋の土鍋で水を多めにし [続きを読む]
  • 食事で病気が治る訳がない???とミーちゃん
  • 癌や糖尿病などの慢性病になって担当医に、「先生、玄米食で、癌は治るって聞いた事があるのですが、 どうなんでしょうか?」と聞くと、殆どの答えが、「迷信、迷信、食べ物で病気が治ったら、医者はいらないですよ〜」てな感じでしょう?!でもよぉーく考えたら、『医者の要らない世の中』になったら、素晴らしいですよねぇ〜!私は思います。日本人の体質が戦前や戦後初期の様に、体内が殆ど酸化されずに、また同時に、中庸やや [続きを読む]
  • 癌は、敵ではありません!
  • 癌は人間様にとって、敵ではないと思います。素直に考えて、癌もまた、慢性病の一つに過ぎません。戦前戦後辺りは慢性病の事を「老人病」と呼んでいて、その後、数十年前までは「成人病」で、今は「生活習慣病」へと変わりました。この先、どの様な名称(現代医学的に都合の良い)に変わっていくのでしょうか!?そして日本でもこの先は、二人に一人が癌になるとか?しかしその癌も、よくよく考えてみると慢性病のカテゴリーの中に [続きを読む]
  • 爪が伸びる間は、チャンスありです!
  • 現代西洋医学では体質は変えられないと言いますが、爪が伸びる間、髪の毛が伸びている間は、体質は変えられると思います。爪が伸びる事や髪が伸びるという事は、素直に考えて、その人の細胞が新しく入れ替わり続けているという事です。そうなると、良い細胞が作られ続ける様になるのと、悪い細胞が作られ続ける事では、その人の近未来は「段違い平行棒」になる事、請け合いです。生まれながらの体質的な違いや長い間の生活習慣の違 [続きを読む]
  • メニエール症候群の薬とホッケご飯に味噌汁
  • 私の兄貴は、半年以上前から耳鳴りの薬を飲んでいます。その兄貴が以前、「この薬を飲んでいても、何か?耳鳴りが良くならないんだよなぁ〜?」と、苦笑いしながら言っていましたそして先日、「最近、医師からメニエール症候群の薬を貰った。 これを飲むと、耳鳴りが少し良くなった様な気がする」「これで治るだろう」と言っていました。現代医学は耳鳴りもそうですが、耳に問題があるというか、耳鳴り自体に問題があると捉えます [続きを読む]
  • 黒豆玄米ご飯とわっぱ弁当とお新香ご飯に味噌汁
  • 先ずは、黒豆入り玄米ご飯です。二重蓋の土鍋で、ほぼ、毎朝炊いています。小豆入り玄米ご飯に対して、四分の一程度の頻度で黒豆入り玄米ご飯を炊きます。また、時々、稗をブレンドする事もあります。今後は、ハト麦もブレンドしてみようかなぁ〜と、計画中です。黒豆を常食していると、精力(精子)が付きますよ!小生の体験からですが、男性として「立ち」が段違い平行棒です。苦労しません!「バイアグラなんぞに頼る必要は、一 [続きを読む]
  • 筋肉痛と白帯再スタート
  • 先日の土曜日、長男を連れて隣町にある護身術教室へ行ってきました。13年ほど前に始まったこの団体は、初代の指導的立場にあったのは何と?小生でした。その護身術教室では当時から、子供クラスがあって空手の基本的な型である(突き、蹴り、捌き)を中心に教えていました。当時、小生はその道場の中で、大人クラスを教えて?いました。あれから月日が流れて、今度は、長男を通わせようと考えました。事あって、一度は止めた身で [続きを読む]
  • 平均寿命107歳?テラノサウルス?
  • 日本人の平均寿命は今後も伸びる?「2007年に生まれた子どもの半数が107歳より長く生きると予想されているが、 この数字はその後も伸び続けている。2014年に生まれた子どもの場合、 その年齢は109歳だ。100年前の人が100歳まで生きる確率はごくわずかだった」と。しかし、私は聞きたいです。現在60歳から70歳、もしくは、75歳前後の方々にです。それは、「貴方は素直に自分の身体の声を聴いて、100歳以上生きられると  [続きを読む]
  • 梅干しの種とトラクター
  • 昨日から我が家も、田んぼ会社のトラクター業務が始まりました。我が家もと言っても、業務(乗るのは)私だけですが。朝一番、7時過ぎ頃にはトラクターで田んぼの中にいました。昨日の私は朝からいまいちの体調で、何となく怠い様な感じでした。薬草茶を飲みながらトラクターを運転していましたが、肩や首の凝りや節々の痛み、身体全体の軽い辛さを感じていました。身体の方に気が行ってしまい、集中力が無いまま運転をしていまし [続きを読む]
  • 米粉のバナナロールケーキと一万円札
  • 数日前に、長男の8歳の誕生日を迎えました。今回もいつもの様に、市内にある EASY LIFE CAFE さんのお世話になりました。米粉で作ったバナナのロールケーキです。長男に、「婆ちゃんのところにも、少し、持って行けやぁ〜」と言ったら、「よし、分かった〜」と一切れのケーキを持ってすっ飛んで出て行きました。その時、「婆ちゃんに、爺ちゃんには食わせるなよ〜、と言え」と。二年ほど前に前立腺癌の末期と診断された爺さんに [続きを読む]
  • 炭水化物ダイエットとゴマ塩芋ご飯
  • 巷では相変わらず、糖質制限や炭水化物ダイエットなどが流行っています。しかし、我が家は相変わらず炭水化物無制限食を続けています。大手フィルムメーカーが作り出した健康食品。「糖質の吸収を抑え、整腸を促す」と。論理的には正しいのでしょうが、自然界の法則から眺めてみると、とんだお門違いなのだろうとつくづく思います。糖の吸収を抑え続けるという事は、結果的に見て、その人の糖の吸収力を弱めてしまいます。本来の姿 [続きを読む]
  • 上野動物園とスカイライナーと作っている人の顔
  • 数日前、次男坊は幼稚園の遠足で上野動物園へ行ってきました。何日も前から、「オレぇー、スカイライナーに乗るんだぁ〜」と大はしゃぎでした。いつもそうなんですが、幼稚園のイベントとなると必ず、幼稚園からおやつの支給があります。その都度、幼稚園からその中身を事前に教えて頂き、「これは、まずいなぁ〜」と思った場合は、自前で用意する許可を幼稚園から頂いています。そんな時は大体、市内にある EASY LIFE CAFE さん [続きを読む]
  • 通風の薬を、また、断りました!
  • 昨日、婆さんと二人で親戚の家に行きました。その車内で婆さんが、「昨日、定期健診の為にいつものY医院へ爺さんが行ってきて、その時もまた、 尿酸値が少し高いので、薬は飲んだ方がいいよ」と聞かれた様です。そして爺さんは、また、尿酸値の薬を断ってきた様です。車内で婆さんが一言、「医者は、薬で儲けているからなぁ〜」と。普通、通風になると大体、右足の親指辺りが痛くなります。人によっては、左足の場合もあります。 [続きを読む]
  • 二学期の始まりとインゲン豆とわっぱ弁当箱
  • いよいよ今日から、二学期の始まりです。今まで夏休みに慣れ切っていたのは、子供達だけではありません。親の方が、社会復帰?が難しいのではないかと、寝ぼけながら思います。長男を5時半に起こして、朝ご飯を食べさせて7時には登校させたり、次男坊を8時過ぎに幼稚園へ(片道25分)車で送ったり、その間に三男坊がぐずったりと、何から何まで余裕がなくなってきます。しかしながら、お蔭様で、稲刈りは(コンバイン)は無事 [続きを読む]
  • 無我の境地?
  • このクソ暑い中、コンバインに乗って稲刈りをしていて気が付いた事があります。それは作業中に、気が付いたら頭の中で鼻歌を歌っていたり、何かを考えたりしている事にです。誰でも当たり前にあると思います。車を運転している時に鼻歌を歌っていたり、何かの問題で悩んでいたりと。しかし不思議な事に、田んぼの寄せ刈り(草刈り)をしている時、特に、斜面が斜めで危険度が高い時です。足場が悪くて危険度が高い所は特にですが、 [続きを読む]
  • 疲れたら、塩です!
  • やっぱり、疲れた時は塩だと思います。一般的に、疲れた徳は甘い物がいいと言われています。稲刈り二日目の日が一番暑い日で、その日の夕方家で籾摺りをしていた時、自分もビックリするほどかなりヘロヘロ状態になってしまいました。四時半ごろで、あと一時間位で籾摺りが終わるころでした。そのヘロヘロ状態の時に思い出したのが、「そうだ〜、俺、今日は大汗をかきながら水は沢山飲んだけど、 塩は舐めていないやぁ〜」と。作業 [続きを読む]
  • 稲刈りと焼きそばと玄米胚芽(GGF)
  • 一昨日から我が家も、稲刈りに入りました。昨日も爺さんと交代で6時間近くコンバインに乗り、籾摺りも3時間くらいかかりました。夕方ごろになったら軟弱者の小生、ヘロヘロ状態でした。その脇で80歳過ぎの爺さん婆さんは、元気そのものでした。家の爺さんは前立腺癌の末期と言われていますが、私から見ると、「どっちが癌?」「どっちが爺さん?」てな感じでした。今日は今から、婆さんと二人で籾摺りです。その後、二人で稲刈 [続きを読む]
  • 今日から、稲刈りです。
  • 我が家も、今日から稲刈りが始まります。稲刈りだけなら何日も続いても、それ程気にはならないのですが、そこに籾摺り作業が入ってきますので、稲刈りをしながらこの作業をこなすのが大変です。コンバインで刈り取った稲を一晩乾燥させ、乾燥させたら今度は籾摺りです。この繰り返しが何日も続きます。大雑把ですが、早朝に籾摺りを半分やって、それから稲刈りに出て、帰って来たら残りの籾摺りをして、また、乾燥機に刈ってきた稲 [続きを読む]
  • 利尿剤は人工透析を早めます!
  • 利尿剤は、必ず、人工透析を早めます。利尿剤に限った事ではありませんが、インシュリン投与も結果的に糖尿病を悪化させてしまいます。対症療法ですから、致し方ない事なのですが、私としては、「実に、勿体ないなぁ〜」の一言です。確かに、利尿剤はとても便利です。前立腺などの病気でオシッコを出すのが辛くなった時、この利尿剤を飲むと不思議なくらいよく出る様になります。しかしそこには、大きな落とし穴が待っています。そ [続きを読む]