ログハウス さん プロフィール

  •  
ログハウスさん: ログハウスでガーデニング
ハンドル名ログハウス さん
ブログタイトルログハウスでガーデニング
ブログURLhttps://ameblo.jp/loghome/
サイト紹介文ログハウスに住むおやじのブログです。 庭でガーデニングを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/03/19 13:35

ログハウス さんのブログ記事

  • ジューンベリーの花 Flowers of Juneberry
  • 我が家の庭では、現在開花ラッシュ!様々な植物の花たちがつぎつぎと咲いてます。 ジューンベリーの花も咲きました。 昨年はたくさんの花が咲いたのですが、今年は数が少なめです。 ってことは、実も少なめということですね。数が少ないってことは、一つ一つの実が大きくなってくれるかもしれません。 細長い花びらが特徴的ですね。 たくさんの雄しべが中心の雌しべに向かってるように見えます。そのおかげか?毎年受粉作業は [続きを読む]
  • チューリップの花 Flower of Tulip
  • チューリップも咲きました。 ようやく咲いてくれた。 これで庭の球根植物は、すべて出そろいました。 スノーフレーク、スイセン、ムスカリの順に花開き、最後がチューリップでした。 3月中旬、2ケ所から葉っぱが伸びてきてました。 2つ花が咲くかな?って思ってたのですが・・・ 4月、蕾がついていたのは1つでした。 そして、大きな花が咲いてくれました。 暖かな気候のせいか?咲いたと思ったら、すぐに開ききってしまい [続きを読む]
  • かわいいムスカリの花 Flowers of Muscari
  • ムスカリの花って、かわいいですよね。 今年もたくさん咲いてくれました。 キジカクシ科ムスカリ属の球根植物です。原産地は地中海沿岸から西南アジアだそうです。 丸い壺のような小さい花がたくさんつき、まるでぶどうの房のようです。そのため別名グレープヒアシンスとも呼ばれるようです。 3月の10日頃、土の中からこのような蕾が顔を出します。 葉と葉の間、ちょうど真ん中から出てくるんですね。 3月20日頃には、花茎が [続きを読む]
  • 満開のスイセン Narcissus in full bloom
  • 我が家の庭でも水仙が満開になりました。 鮮やかな黄色がとてもきれいです。 ヒガンバナ科の多年草、球根植物です。とてもたくさんの種類があり、品種改良も盛んに行われているようです。 気をつけないといけないのは、スイセンは毒を持っています。菜園などに植えると、誤って葉を食べてしまうという事例もあるようです。 キズイセン(黄水仙)という種類だと思います。 葉が細く尖がっているので、イトズイセンとも呼ばれま [続きを読む]
  • 咲き始めたスノーフレーク Flowers of Snowflake
  • ようやく寒かった冬が終わり、ポカポカ暖かく春らしくなってきました。 我が家の庭でも、スノーフレークが咲き始めました。 この花、とっても好きなんです。 花弁の先端が少し反って、フリルのように波打っているのがかわいい。 スズランスイセンとも呼ばれていて、花が鈴蘭に似てます。(葉の形がスイセン似)多くの鈴蘭はもう少し丸っこい形をしてますが、少しスリムなこの形が好みです。 釣鐘のように垂れ下がっているのが [続きを読む]
  • 冬の寒さに耐えるハーブたち「タイム」 Thyme in winter
  • 今年の冬の寒さに悲鳴をあげているハーブたち、これまでラベンダー・ティーツリーを紹介しました。 冬の寒さに耐えるハーブたち「ラベンダー」 lavender in winter 冬の寒さに耐えるハーブたち「ティーツリー」 TeaTree in winter 今回はタイムを紹介します。ラベンダーやティーツリーは今年の寒さにやられちゃいましたが、タイムはどうでしょう? 葉が冬の間、赤く色づいてます。 コモンタイムです。防腐・殺菌・消化促進・咳止 [続きを読む]
  • ようやく梅が開花! Flowers of plum
  • 我が家の庭の梅の木にもようやく春がきました。 例年より遅い開花です。 いつもの年は、1月の終わりごろから2月初旬に咲いてます。今年はそれだけ寒かったということでしょうか? このところの暖かい気候で、一気に咲いてくれてます。 今はまだ五分咲きといったところでしょうか。 花見ができるくらいになってくれました。今日のように天気の良い日には、デッキで梅の花を眺めながら一杯??というのもいいですね。 まだまだ膨 [続きを読む]
  • 冬の寒さに耐えるハーブたち「ラベンダー」 lavender in winter
  • 今年の冬の寒さにハーブたちが悲鳴を上げています。 我が家のハーブたちのほとんどが地中海沿岸の暖かい地域が原産です。そう、みんな寒さが苦手なんです。 最もダメージが大きいのがラベンダーです。 こんなになってしまったのは初めてです。 我が家のラベンダーはデンタータラベンダーです。寒さに弱い品種です。北海道の富良野で有名なイングリッシュラベンダーは寒さに強いようなのですが・・・。 -5℃程度までは大丈夫なの [続きを読む]
  • 少し大きいプリムラが仲間入り Primula
  • 先月のブログ記事で、冬の寒い時期に咲いてくれるプリムラを紹介しました。 「プリムラが咲いてた! Primula」 そのプリムラの横に大きいプリムラを植え付けました。 プリムラ・ポリアンサでしょうか。ヨーロッパ原産で、古くから園芸用として育てられてきて、たくさんの品種があるようです。 プリムラ・ジュリアンと大変似てますが、ポリアンサの方が少しサイズが大きいようです。 花も葉っぱもひとまわり大きいですね。 花茎 [続きを読む]
  • しっとり雨の庭 Rainy Garden
  • 気温が暖かく、2月なのに雪ではなく雨です。これまでの凍てつく寒さはありません。 しっとりと濡れた雨の庭を紹介します。 コンクリートで固めることなく、雨水が地中へ浸透していくようにしています。洪水の抑制や地下水・湧水の保全、雨水が地中を通ることによる水質の浄化、夏の暑さの緩和などたくさんの効果があります。 門から玄関へのアプローチも、いつもの冬と違う表情です。 雨に濡れた枕木も味があり、いいもんです。 [続きを読む]
  • ブルーベリーの剪定 The pruning of blueberry
  • 今日は朝からブルーベリーの木の剪定作業です。 先日ティーツリー、梅の木2本の剪定が終わり、本日は3本のブルーベリーを剪定しました。ホームベル、ティフブルー、ウッダードという別々の品種を育てています。異なる品種を近くに植えると実つきが良くなるらしいです。 お気に入りの剪定バサミで、混みあった所をバッサバサ切ってしまいます。 この剪定ばさみ、相変わらず切れ味が良いです。 剪定ばさみの紹介記事はこちら「剪定 [続きを読む]
  • 庭に生える苔たち Moss
  • ウロウロ庭を見まわしてみてると、どうやらたくさんのコケが生えてるようです。 とくに日陰になる場所で見かけます。 コケとは、地面や岩などに這いつくばるように広がっていく小さな植物のようなものだそうです。基本的に暑さに弱いため、夏は苦手で冬に強いのです。 門の横に仕切りとして立てている枕木です。 ここはちょうど門の影になって日が当たりません。きっとコケにとって育ちやすい場所なのでしょう。 近づいてみると [続きを読む]
  • プリムラが咲いてた! Primula
  • 冬に咲く花でポピュラーなのはパンジーやビオラ、そしてプリムラです。これらの花は寄せ植えにもいいですね。 我が家の庭にもプリムラが咲いてます。花の色がカラフルで華やかです。 ヨーロッパからアジアに自生するサクラソウ科サクラソウ属の植物です。 日本の桜草もこのサクラソウ属の植物です。 交配などによりたくさんの品種があります。 主にはヨーロッパ原産のプリムラ・ポリアンサ、その交配種でプリムラ・ジュリアン、 [続きを読む]
  • 長年ほったらかしの枕木 Railroad tie of the wood
  • 約18年前に門から玄関へのアプローチを作るのに使用したのが枕木です。 耐久性が高く、腐食しにくいという特徴があります。腐りにくい固い木を使用しているのでしょう。設置する際は重いし、のこぎりで切断するのも固くて大変でした。 さらに防腐塗料で使用されるクレオソートという油を浸み込ませてあるのです。独特の濃い色をしているのはそのためです。 我が家に設置して約18年経ってます。 線路の下で使用されていた時間を合 [続きを読む]
  • バラの剪定 The pruning of Rose
  • ティーツリー、梅と選定作業をしてきましたが、本日はバラの剪定です。 「ティーツリーの剪定」「梅の木の剪定」 冬は株が休眠する時期です。そろそろ休ませてあげないと・・・。 バラは剪定をすることで、多くの新しい枝が伸びてきます。そのおかげでたくさんの花を咲かせてくれるのです。 まだまだつぼみが出来てますが、朝は凍りついています。うっ、さぶ〜っ! これはさすがにかわいそ〜。 葉っぱもご覧のとおりです。裏側 [続きを読む]
  • 梅の木の剪定 The pruning of plum trees
  • 先日紹介した「ティーツリーの剪定」に続いて、梅の木を剪定しました。 2本の梅の木があります。南高梅と甲州小梅です。 あっという間にたくさんの枝が伸び放題になってます。 毎年剪定しているのですが、ホントによく伸びますよね。木の勢いはスゴイです。 夏にも風通しを良くするよう、混みあった所を切りました。ところがいつの間にかたくさんの枝が伸び、ゴチャゴチャしてしまってます。 冬の剪定は夏よりも大胆に切っていき [続きを読む]
  • 冬も咲き続けるハーブたち Herbs in winter
  • 冬至も過ぎ、寒さも本格的になってまいりました。 そんな寒さにも負けず、庭ではハーブたちが花を咲かせてくれています。 ハーブの中でもとても元気が良いのがラベンダーです。 デンタータラベンダーという品種です。葉に鋸歯のようなギザギザがあるのが特徴です。 スペイン辺りの地中海沿岸が原産のようで、寒さに弱いとされています。しかしながら、これまで防寒対策は何もしてません。どうやらある程度の寒さには大丈夫なよう [続きを読む]
  • 凍りついてたバラ Frozen Rose
  • 冬も本格的になり、朝の気温がマイナスに・・・。寒い〜〜〜っ それでもまだバラは元気に咲き続けてます。 そろそろ冬の剪定をしないといけませんね。 休ませてあげないと。zzz ポストの屋根も凍ってます。 アスファルトシングルという屋根材を貼っているので、通常は黒い色をしてます。それが真っ白に! ガーデンテーブルの天板も凍って白くなってます。 濃いブラウンで塗装しているので、通常は手前の木口のような色を [続きを読む]
  • 恒例行事!ティーツリーの剪定 Annual event of the tea tree
  • 我が家の庭の最も日当たりが良い南側に鎮座するティーツリーの木。 昨年の剪定から1年が経ち、すっかり大きくなりました。 夏の暑い日には、大きな日陰をつくってくれています。ありがたい! 逆に冬はこのままだと日が当たりません。 この木の剪定作業が毎年の恒例行事になってしまいました。 これらの道具を使って作業していきます。 今年は新たに高枝切狭が加わりました。 この高枝切狭、長さも約3mまで伸びるので高い場所 [続きを読む]
  • 拡がり続けるヘデラ Spreading Hedera
  • 庭に植えているヘデラの勢いが凄いんです。 こちらは、枯れてしまったゴールドクレストの木。 ヘデラがすっぽり覆ってしまいました。木は全く見えなくなってしまってます。まるで何かのオブジェのよう・・・。 もともとはこの小さな一株を庭に植えただけでした。「雑草が生えなくなり草取り作業が軽減されるかも。」と門の横に。 枕木との相性もよく、雰囲気もマッチしてました。 そのまま放置していると、今では広範囲に拡 [続きを読む]
  • ようやく紅く色づいたモミジ Leaf of a red maple
  • 「葉の先端が枯れかかり、今年は紅葉せずに散ってしまうのでは?」と心配していた”もみじ”。先日「紅葉」の記事の中でも紹介してました。 今朝見ると、紅くなってました。 葉の先端は枯れたままですが、その他の部分は見事に紅葉!よかった〜っ。 裏庭に自然に生えてきたモミジを植え替えて2年目ですが、昨年に続き紅葉を楽しむことができました。 少し茶色が混ざってはいますが、なかなか綺麗です。 葉が赤くなるのはアント [続きを読む]
  • オリーブの塩漬け Salted olives
  • 先日オリーブの収穫を紹介しました。「オリーブの収穫」 たくさんとれた実を塩漬けにすることにしました。 うまくいくでしょうか・・・? オリーブの実を軽く水で洗います。 果実を傷つけないよう汚れを落とします。 そして虫食いや傷ついた実を取り除きます。 オリーブの実は渋みがあるおかげで虫食いは少ないですね。 種抜き器を使ってオリーブの実から種を取り除きます。この種抜き器、ドイツ製で簡単な構造ですがよく [続きを読む]
  • 紅葉 Red leaves in my garden
  • 立冬も過ぎ、すっかり朝晩の気温が下がってきました。秋も深まり、多くの場所で紅葉を楽しめていることでしょう。 我が家の庭でも紅葉を楽しんでます。 きれいに赤く色づいているのがブルーベリーです。 朝露に濡れて、風情がありますね。葉っぱ全体が真っ赤に色づいてくれています。 ブルーベリーは全体的に赤くなっているので、とてもきれいです。 昨年は暑さにやられ、枯れかけていたのですが見事に復活してくれました。「ブ [続きを読む]
  • オリーブの収穫 Harvest of olives
  • 今日は朝早くから、オリーブの収穫作業です。 昨年は収穫時期が遅くなり、すっかり実が熟してしまいました。「オリーブオイル作り失敗!?」オリーブオイルには完熟実は向いてないようです。 昨年の教訓を生かして、今年は少し早めに収穫することにしました。 こちらのマンザニロは豊作です。 昨年剪定をしなかったおかげか?たくさんの実がついてます。大きく膨らんで、サイズもいいようです。実の重さで枝がしだれています。 [続きを読む]